G みたどらま

2017年6月26日 (月)

0626 爽快の季節

16

【北欧連載No.15】ムーミンとの別れを惜しむフェリー乗客の少女

                        ◆

Photo

アップルストア銀座店(22日、中央区で)

Photo_2

七夕を前に銀座中央通りは手作りとみられる笹飾りが店の前に飾られている

バッテリーの死
◇スマホの調子が悪かった。バッテリーの充電ができたりできなかったりし、電話も不通になることがあったため、銀座のアップルストアでみてもらった。バッテリーの「膨張」が原因とのことだった。フェイスブックにも投稿したように、膨張は充電しながらiPhoneを使用したことが主因とのことだった。要はバッテリーを酷使したため。人間と同じでストレスの中で長時間、長期間働かせると膨張、つまり肥満になる。思い当たる節があった。車を使うことが最近増えて、シガーソケットから電源を取る古い変換器を使って充電を繰り返し、また太陽光が当たる劣悪な条件も膨張に加担し、なおかつ充電しながら通話やナビに使った。冷静に考えればこれだけ乱暴に扱えば人間だって壊れる。ということでバッテリー交換となった。
  週末前の木曜日、大引けの後、銀座まで歩いた。「病気の9割は歩くだけで治る! 歩行が人生を変える29の理由」というベストセラー本の広告を見たせいかもしれないが、自然に足が向いた。レインボーブリッジ経由だったので60分ほどかかった。豊洲市場経由だったら50分で行けたような気がする。観光客らでいっぱいの1階を通ってエレベーターで直接4階に行くと、スタッフが待ち構えていて、迅速に対応してくれた。待ち人でいっぱいだったので事前予約してから行くべきだったと後悔したものの、出直すのもムダだしと待つことにし、40分ほどの待ち時間でメールを送ってくれることになったので、街をぶらつこうかと再びエレベーターに乗ろうとしたところメールが来て、見てくれることになった。テーブルとイスと、アップルの人と修理を待つ人と、タブレットと壊れたアップル製品だけという部屋で、スタッフと1対1で不具合の要因を探る。バッテリー膨張は10分ぐらいで判明。バッテリー交換は9千円ちょっと、本体交換は3万5千円ほどという説明を受け、自分の場合は本体ごと交換が必要ということになり、それなら新しいのを買おうかと相談した直後、購入から2年未満ということで無料での交換となった。バックアップを取っていなかったので、取ったうえでの再来店を勧められたが、多少のリスクを覚悟のうえ、その場で交換することにした。一部はクラウドでできた。このバックアップとデータ移行は15分ほどで終了した。アップルの若いスタッフさんに感謝感激。電話帳などほとんどのデータは無事移行できた。アプリも入れ直してほぼ完ぺき。唯一消えて残念だったのが、ヘルスケアアプリの「歩数計」機能のデータ。北欧遠征でときには日に4万ほど歩いた汗の結晶がすべて消えてしまった。もちろんお台場から銀座までの歩数も。ブログで改めて書こうと思っていただけに残念。でも、まったくの新品のiPhone6Sを手に入れて、うれしいやら申し訳ないやら。修理という作業はもう昭和世代しか知らないような時代になったのかもしれない。
 
株主総会ラッシュ
◇日本の株式市場は年初来最高値を更新し、ここ最近は良く言えば高値で安定、悪く言えばもたもたしている。本日26日も日経平均の1日の値幅は数十円と、日経CNBCに出演した証券アナリストいわく「眠くなるような相場」で、実際、自分自身も昼間、ソファーでうとうとする始末だった。ネットでの広告などでは暴落恐怖をあおるような文言も散見されるが、今週は株主総会がピークを迎えるため、総会を無事乗り切るためにも下落を抑える力がかなり働くとみられる。総会後は配当金も支払われるため、機関投資家はもちろん、個人もその配当金で新たに買い増すケースも多いとみられる。都議選もあり、支持率急落の首相、与党としては、何としても今以上の株価を維持しなければならない。きょうの日経電子版にクイックニュースの記者による「連日決まった時間に160億円の取引、買い支えか」という記事が載った。先日、テレビで言っていたことを改めて記事にしたものと思われるが、なかなかおもしろかった。どこかの機関が「忖度」して買い支えているらしい。デイトレしている人には大迷惑な話だが、最近はすっかり安全運転に徹している自分にとってはありがたい。ありがたいといえば、マザーズ市場の急騰。数か月前に泣く泣く一部損切りしながら信用を新たにたて、そのときからでさえ8パーほどマイナスの含み損を抱えていた銘柄が、水曜5パー、木曜6パーと一気に上げた。1単元3ケタの値がさ株で、4ケタ分を所有していたが、プラスになった分から利益確定し、マイナスをほぼ払しょく。1単元は現引きし、信用は2単元だけになったところで、金曜はマザーズ市場全体が3パーほど暴落し、わが銘柄もそのくらい下げたものの、被害は最小限となり、週明けのきょうは再び3パー近く上がった。株取引をしない人にはちんぷんかんぷんの内容で申し訳ないが、要はマイナスの含み損を少し挽回できてうれしかった、という話。そしてそれは、自分の腕でも知識でもなく、時期的なものも含め運だったということ。今週はほとんど雨の天気予報だが、頑張って株主総会に出席し、おみやげ目当てなどというせこい目的ではなく、自身の勉強と、株主責任という観点で、しっかり代表取締役たちのシリを叩いてこよう。
 
みたどらまNo.150 ブラックリストS4#20「取り立て屋」
みたどらまNo.151 ブラックリストS4#21「ミスター・キャプラン(前編)」
 
よんだほんNo.1 マンガ日本の歴史がわかる本【古代~南北朝時代】篇 責任監修/小和田哲男 画/小杉あきら 三笠書房 (いただき本)
よんだほんNo.2マンガ日本の歴史がわかる本【室町・戦国~江戸時代】篇 同 (同)
よんだほんNo.3マンガ日本の歴史がわかる本【幕末・維新~現代】篇  同 (同)
 
◆「幸せの国」北欧9◆
 
  フ
ィンランド・ヘルシンキとスウェーデン・ストックホルムを結ぶ「タリンクシリヤライン」の第2回目。


151

ヘルシンキを出発

15

離岸

15_2

別会社「バイキングライン」のフェリーの横を通過。同社もヘルシンキとストックホルムを結んでいる

15_3

各部屋の通路。映画でみたタイタニックよりかなり狭い印象

155

“目抜き通り”

156

デッキ。寒い

157

ワンちゃん用の砂場も

158

メインのホール

159

ピアノの生演奏も

1510

バー

1511

カジノ、スロット

1512

カジノ、ルーレット

2017年6月 9日 (金)

0609 トンネルを抜けると そこはススキノだった

マイコさまさま
◇ジャイアンツが連敗を13で止めた。試合開始前時点で3位DeNAとは3.5差。優勝とか高望みは現時点ではしないけど、できればCSに行って、そこで日本一になってほしい。そうすれば、新しい記録、新しい記憶、新しい希望、そして新しい歴史をつくることができる。
  5連敗中のファイターズ相手だったのが幸運だった。連敗同士が戦えば、3連続引き分けという可能性がないことはないけれど、どちらかが脱出できる。負け続けているわけだから当然、戦力も落ちている。きょうの試合、どちらかのファンなら当然気づいているけど、巨人にいた日ハム選手、日ハムにいた巨人選手がやたら多かった。お互いの手の内がわかった試合。その中で、選手が落ち着いて実力を発揮し、接戦ではあったが、ジャイアンツが一足先にトンネルを抜けた。
  個人的には昨日の西武戦を半分捨てゲームにしたことが奏功したと思う。守り。捕手の小林を2試合、先発から外した。昨日は試合さえ出さずに温存した。2日前は28歳の誕生日だった。それは関係ない。捕手を変えたのに、連敗は止まらず、投壊はむしろひどくなった。これで小林のリードのせいではないことが証明された。ベンチはさらに、小林を自分たちの近くに座らせ、試合を見させた。どんな意図かわからないが、結果はベンチが負うと内外に示すことができたと、自分には感じた。これで彼の頭の混乱はだいぶ収まったと思う。現状で勝てるのは菅野か田口かマイコラスしかいないのだから、初戦のマイコに賭けた。そしてマイコは期待以上のパフォーマンスをみせた。マシソンも落ち着いていた。打撃も不調だった長野や小林にまでヒットが出て、比較的好調だったマギーや村田がお膳立てし、石川、坂本が決めた。勝つべくして勝った。連敗中、「地蔵」のようだとずっと揶揄されていた由伸監督の笑顔を久々にみた。球場でも泣いていたファンがいたが、お茶の間でも少なからぬ人たちが涙をみせていたに違いない。オレは大丈夫だったけど。いろんなことがあった約半月だけど、貴重なものをみせてもらえた。きょうは、日ハムが心配だ、ヤクルトはもっと心配だ、と書くことができる。
  昼間、仕事中の友人からメールがあった。きょう巨人は勝つと筋道立てて理由を書いて返信した。半世紀近くもファンをしていると、それなりに見えるものはある。前回のブログでは、すでに長かったので書ききれなかったことがいくつかあった。そのうちのひとつは、きのうかおととい、どこか読売グループとは関係ないメディアが、「清武の乱」がいまだに尾を引いているのではという“分析”記事をネットに載せていた。かなり納得できる内容だった。清武さんは記者としては押しの強い、目立ちたがり屋だったそうで、先輩に対して失礼だが好きなタイプではない。彼自身が「コンプライアンス上の問題」があったのもたぶん間違いない。しかし、球団代表、GMとして当時の巨人を強くしたのは彼の功績である。育成を重視し、魅力的なチーム作りをした。船橋市出身の名参謀、橋上コーチを呼んできたのも彼の功績である。これが今回の13連敗にも関係する。橋上コーチはいま、西武ライオンズのコーチである。野村ID野球の継承者であり、巨人3連覇の影の立役者でもあった。そのとき主力選手だった高橋監督が、橋上の戦略にかなうわけがない。西武戦はベンチワークを必要としないような勝ち方しかなかった。のだと、実際の舞台裏を取材したわけではないが、そんなことを感じた。ここ何年かのゴタゴタの中で、13連敗は必然でもあり、これを乗り越えた由伸監督は、名将に一歩近づくことができたのだと思う。きょうはさすがに無理なんだろうけど、3連戦が終わったらススキノですっきりしてください。
 
どうした陸の王者
◇慶応大出身者の失態が止まらない。最近のいちばんは高橋由伸監督だろうか。きょうで一区切りついたけど。彼が現役最後のとき、フライデーにいわゆる女性お持ち帰りの写真を掲載され、将来的に監督は無理なんじゃないかと個人的には思っていたけど、賭博問題でお鉢が回ってきた。もっとも現役続行を望んでいた彼には厳しい人事異動となった。直近のいちばんの話題は俳優の小出恵介くんか。17歳の女子高生との淫行で無期限の謹慎となった。NHKは連ドラの放送中止を発表し、映画「愚行録」も上映中止となり、そのほかも含めて賠償は数億円単位になりそうだという。ロケで大阪に滞在中での出来事。若い女の子ならだれでもいいと言って呼び出し、飲んだ後、女子高生本人も自分は未成年だけど大丈夫?と、先日復帰したばかりの芸人・狩野英孝を引き合いに出して自制を求めたにもかかわらず、行為に及んだという。事務所はいち早く対応。雑誌発売前の処分は極めて異例だそうだ。それだけ危機感が強かったのだろう。芸能人の「遊び」に対する世間の目は昔ほど緩くはない。まして未成年。大阪の条例は東京より緩やかだが、「誰でもいい」という証言で恋愛感情はなかったということになり、場合によっては逮捕もありうる。商社マンの父を持ち、インド時代は車で通学していたというお坊ちゃま。付属高からの持ちあがりという。自分自身はあまり印象がなかったのだが、役者としても高い評価を得ていて将来を嘱望されていたそうだ。一方で、女グセについては悪評が高かったという。残念。
  この2人以外でも同大学出身者のオンナとカネにまつわる話題が最近多い。忖度で逮捕を逃れたと糾弾されているレイプ疑惑の元TBSのジャーナリストも出身者。現在、月130万円のマンションに住んでいると週刊誌が暴露している。もともとはカメラマンだったそうだ。こちらはオンナとカネの両方のスキャンダル。先日強制わいせつで逮捕された電通社員も出身者。奥さんはモデル、声優だそうだが、性癖は治らず、前にも同じようなことをして不起訴処分になっていたそうだ。少々古いが、女衒のようなことをして女子アナへの謝礼をピンハネしていたお台場のテレビ局のアナも、同大学の野球部出身者。局から干された理由はピンハネの方ではなく野球関係者との金銭トラブルという。バブルを地でいくような、お金持ちのご子息が多い慶応出身者の最近のスキャンダル続出は、何かを暗示しているのかもしれない。まあ、入試直前に社会の選択科目を変えてまで受験したのに落ち続けた自分がどうこう言うと、嫉妬のように思われてしまうが、そうではない。自分の前の大学の出身校も関西では同じようにお金持ちの子息が多く、似たような“事件”、カネとオンナにまつわる不祥事がたくさんあった。女性(と最近はカネも)への関心、“意欲”はすっかり減退してしまった自分ではあるが、注意しようと気を引き締めている。
 
無事通過
◆現地8日に行われたイギリス総選挙、コミー前FBI長官の議会証言、ECB理事会の3つの大イベントは、日本の為替や株式市場にとってほぼ無風となり、メジャーSQの値こそ大台とならなかったものの、3ケタの上昇となった日経平均は終値で2万円台を回復した。今月後半は株式総会ラッシュ。3月期決算の配当金が支払われ、機関投資家らはそれを原資にまた株を買う。個人投資家も、オレは車の購入代金に充てなければならないが、大半の人はまた株を買う。今月末の上昇に期待。
 
みたどらまNo.149 ブラックリストS4#19「ボグダン・クリロフ医師」
 
◆「幸せの国」北欧13◆
 
  
ヘルシンキで1泊した後、スェーデンにフェリーで向かった。フェリーは人気のラインということで、日本で予約しておいた。出発は午後5時。正午にホテルをチェックアウトし、市内を観光しながらフェリー乗り場へ。キャスターの付いたキャリーケースだがバックパックにもなるバッグが、とても便利だった。石畳が多く、引っ張ったままで歩きにくいため。ヘルシンキの中心部は比較的こじんまりしていて、主なところはほとんど歩いて回れる。トランジットでヘルシンキに来た人も、できれば1泊して、街歩きするだけでも十分楽しいと思う。


131

ハンハ教会

132_2

ドイツ教会

133_2

街中の公園

135

日本大使館を含む世界の大使館が集まる地域。国旗があちこち掲げられているが、日の丸はみつからなかった

136

港近くの住宅街

137

流行のインダストリアル家具が似合いそうな街並み

138

昔の船のそばには軍艦も

139

カタヤノッカ地区からみたスウェーデン行きのフェリー「タリンク・シリヤタイン」

1310

フェリーとフェリー乗り場

 

2017年6月 3日 (土)

0603 MAKE ドラマ 再び

1

発砲、放火のあったマニラのカジノ

Photo

カジノ内のレストラン

3

マニラ国際空港にほど近いリゾート複合施設「リゾーツ・ワールド・マニラ」

2

火事のあったカジノ

あすは我が身?
◇フィリピンの首都マニラで2日未明、覆面男がカジノに押し入り、発砲後にテーブルにガソリンをまいて火を放ち、逃げ遅れたとみられる36人が死亡したという。現場はニノイ・アキノ国際空港に近い複合施設「リゾーツ・ワールド・マニラ」内のカジノ。3年前の2014年の年の瀬、この施設のこのカジノにいた。時間軸がずれていれば、自分が死んでいてもおかしくはなかった。ロンドンのキングスクロス駅の地下鉄火災もそうだった。北朝鮮のミサイルがいつ飛んでくるかわかない日本だけでなく、危険な場所は世界中にある。
  フィリピンではきょう3日、日本人2人の遺体が見つかったそうだ。殺害を指示した容疑者も日本人とみられ、遺体は銃撃を受け、切断されて海に遺棄されたらしい。自身で危険には十分注意を払うにしても、ひとりの力では避けられないことも多い。自分としては、安全な街になるよう治安当局がその威力を十分発揮できる環境を整えてあげたいと思う。もちろん、犯罪集団に情報を流して利益を得たり、政治的な忖度でレイプ魔を逃がしたりするような組織・人物には厳しい刑罰を与えないといけないが。
  フェイスブックに事件現場の写真を参考になればと投稿したが、ブログでも改めてアップする。この近くのホテルに滞在し、朝食をこのカジノで取るという不思議なシステムだった。したがってギャンブルそのものはしていない。しても別にかまわないと思うけど一応。そんなところに出入りしていたのだから死んでも仕方がないなどと、めちゃくちゃなことを言う人もいる時代なので。
 
球団記録は11連敗
◇再び巨人のことですいません。野球に関心のない人にはどうでもいい話ですが・・・。ジャイアンツはとうとう9連敗となった。9連敗以上は3シーズンで4度あるそうで、いずれも優勝を逃している。つまり優勝確率0%となってしまった。開幕5連勝で優勝確率は83.33%と、先々月のブログで書いた。8割強から2か月ほどで一気にゼロとなった。野球はなかなかエキサイティングだ。スポニチアネックスのネット記事によると、原監督が3年ぶりに復帰した2006年の巨人は、4月に8連勝するなど首位で交流戦を迎えたが、6月6~14日に8連敗、18~30日に10連敗を喫し、7月は4~14日に9連敗。首位の中日に23.5ゲーム差をつけられ、球団史上初の2年連続Bクラスとなった。由伸監督更迭、原監督復帰論がネットで盛り上がっているようだが、原さんだってかなりの修羅場をくぐっている。当時と違うのはいまほどネットで叩かれることがなかったことぐらいだろうか。しかし、選手だけでなく首脳陣も明らかに地に足がついていないというか迷走している。きょうは先発した捕手の小林を1打席もたたせずに交代させた。守り重視で田口と組ませたものの1回に大量失点したので相川に、というのは理屈の上ではわかるけど、それならなぜ先発させたのか。試合後のコメントでも「点の取られ方もある」とメディアを通じて厳しく叱責した。小林のメンタルが壊れなければいいのだが。後輩だから肩を持つわけではないが、阿部と合宿し、侍ジャパンで小久保監督や稲葉打撃コーチらの指導を受けた小林は、侍ジャパンでトップの打率を記録し、日本一の捕手との評価を受けた。あのノムさんからも絶賛された。いまの体たらくは、巨人に戻ってきてからのこと。まわりからいろいろなことを言われ、おそらくコーチ陣の言うことをすべて聞いて、その通りにやっているのは間違いない。としたら、やはり指導、指示する方に大きな問題があるではないか、と思う。まあどの選手もこのような経験をして成長していくのだから、いい機会とも言えなくもないが、小林君にはもっとわがままに、自分の考えでプレーしてもらいたいと思う。ベンチももっとどしっと構えてもらいたい。どうもネット民たちが言っている通りにしているような気がしてならない。現オーナーはファンあってのプロ野球だからと言っているそうだが、素人だらけのファンの要望に迅速に応えることがベンチの仕事ではない。堂々と自分たちの野球をやればいい。ベンチが浮足立つから選手が委縮する。そんな場面を残念ながら、親会社の中でたくさんみてきた。もっとも自分も次席時代に支局の中で四六時中浮き足立っていたのは間違いないが。首脳陣が選手を守れないようならそのチームに未来はない。球団の連敗記録は11。早ければ来週水曜日にも新記録達成となる。新記録の先にもしかしたら輝かしい未来があるのかもしれない。
 
こちらも新記録
◇トランプ大統領がパリ協定からの離脱を発表、安倍首相が人材投資強化などを柱とする骨太方針を発表し、ダウ平均株価は史上最高値、日経平均も年初来高値をつけた。この書き方は“印象操作”かな。因果関係はわからないが、とにかく日米の株価は上昇した。多くのアナリスト、コメンテーターの言っていたこととは逆に。特に日経平均は想像以上の上げとなった。これにも詳しく触れたいが、巨人のことを書き過ぎてしまったので次回にでも。共通することは、人の言うことを信じていたらダメになる。あくまで信じるのは自分自身。株価についてちょっとだけ言及しておくと、日経平均は木曜日に209円上げ、節目の2万円を回復した金曜日は317円も上昇し、終値は20,177円となった。木曜の引け後、多くのコメンテーターらは「理由なく上げたので金曜はどれだけ戻り売りの下落を抑えられるかに注目」などと下落を警告。先物で上がっていた金曜日の寄り付き前は「上値は重く、2万円にタッチできても売りが殺到して、逆に大幅下げに注意」などとコメントしていた。ところがどっこい、である。下げると利益がでる空売りや、ダブルインバースが積み上がっていたのは事実だが、空売りは当然買い戻し要因となり、予想以上のパワーを生んだ。狼狽売りの逆となった形である。識者たちの「警告」をまともに聞いてポジションを取っていた方たち、ご愁傷さまです。「株取引は自己責任」という言葉もあることなので、大多数が言っていることにはくれぐれも注意し、自分を信じましょう。もちろん、今回の株高を予想している人も少ないがいた。学者よりも記者の方が上昇予想は多かったように思う。専門家より素人の方が当たる、ということは往々にしてある。さて、月曜から株価はどうなるか。外れた人たちはどんな言い訳をするのだろうか。もちろん将来の株価なんて誰にもわからないものだけど、そう考えたプロセスを振り返ってみることは大事なこと。
 
みたどらまNo.146 「24」S6  8:00
みたどらまNo.147 「24」S6  9:00
みたどらまNo.148 「24」S6 10:00
 
◆「幸せの国」北欧10
 
  
ヘルシンキのランドマークはヘルシンキ大聖堂。ルーテル派の本山となる教会で、30年の歳月を費やして1852年に完成した。石畳の元老院広場は約3千平方メートルで、ロシア皇帝アレクサンドル2世の立像がある。


101

ヘルシンキのランドマーク、ヘルシンキ大聖堂

102

大聖堂の内部

103

立像はロシア皇帝アレクサンドル2世

104

大聖堂から元老院広場を臨む

105

元老院広場から臨む大聖堂

106

別角度から

2017年6月 2日 (金)

0601 定期人事異動

Photo_5

エストニアで買ったトートバック。ふらっと立ち寄ったこじゃれた店のおねえさんが自分で作ったものだと言ったので衝動買い

Photo_3

株主優待の2月決算分が出そろった。JALとANA、ビックカメラ、吉野家のほか、イオンは長期保有の優待(2千円分のギフトカード)を初めてゲット。そうか、個別株を始めて3年以上になるのか。もっとうまくならないと・・・

Photo_4

先月は40冊、今月は42冊を処分。先日、ブックオフの買い取り価格が安すぎるとネットでかなり叩かれていたが、それ以降も改善傾向は見られなかった。でもいちいちネットなどで売るのもめんどうというか時間の無駄なので、それぞれ1015円、1000円で買い取ってもらった。もう少し高いとイイね

7連敗と7戦連続2桁K
◇巨人ファンは冷酷だ。ふがいない負けが続くと、大きな声で批判を繰り広げるわけではないが、試合を見なくなるし簡単に見放す。負けても負けても、たとえ最下位に沈んでいても、球団や親会社やベンチや選手を口汚くののしりながらも、チームを愛し続けるタイガースやドラゴンズとは違うのだ。もっとも最近は、ネットでさんざん扱き下ろしながら、さっさと離れていく。ジャイアンツファンは自分のように、勝ち続けて強いから好きなのだ。東京在住だから、安倍政権を支える広報紙が親会社だから、応援するというわけではない。現実の世界で自らはひ弱で不遇だからこそ、強いジャイアンツを自分に見立てて日々を過ごしているのだ。だから、弱い巨人を連日見せられると、鏡を見ているような気になって苦しくてたまらない。巨人は泥沼の7連敗。ネットで記事を読んでいると、M感覚を楽しんでいる気になる。一方、イーグルスの則本は7戦連続2桁奪三振の日本新記録を樹立した。我々世代のヒーロー、野茂の記録を破る偉業である。ちなみに、巨人も14試合ぶりに本塁打を放つという頑張りも見せたのだが・・・。巨人は3連戦の初戦、日本のエース菅野がボロクソに打たれて負けた。だからエース則本を立ててきても、意外と勝っちゃうのが野球かなと思っていた。実際、途中まではそんな流れだった。プロ初先発の池田が則本よりも多く三振を取り、5回無失点の好投。村田はたった1球の甘いたぶんスライダーをレフトスタンドに放り込み、想像、想定通りの試合展開だった。ちょっと油断して他のチャンネルの番組を見ていて、戻した時にはしかし、2対2の同点になっていた。そりゃないだろう。そのまま見ていたらついに逆転。9回は粘りを見せたものの、ここ最近のお決まりのミスが出て万事休す。ネットでは高橋監督、そしてコーチ経験もなくいきなり監督にさせた球団への非難が渦巻いていた。偶然にもこの日と昨日の朝刊に、親会社の人事異動が掲載されていた。同期の名前がいっぱい載っていてちょっと感慨深いものがあったが、それはともかく、球団社長が変わることになった。もちろん更迭とかではなく株主総会に合わせた定期異動である。原監督が最初に辞めさせられたとき、当時のオーナーは人事異動のようなものだと言った。いまファンの間では、高橋監督の異動を求める声が大きくなっているようだ。十分に現役続行できるのに、いきなり監督などしたくなかったはずなのに、させられてしまった監督は本当にかわいそうだ。あすからオリックス戦。なんとか急な人事異動が発令されないように、今は運を味方にするしかないけれど、なんとか踏ん張ってくれないと。
 
みたどらまNo.143 ブラックリストS4#18「フィロミナ」
みたどらまNo.144 「24」S6 6:00
みたどらまNo.145 「24」S6 7:00
 
◆「幸せの国」北欧9◆


1

空港から30分ほどでヘルシンキ中央駅に到着

2

車内

3

中央駅の構内

4

待合室

5

ヘルシンキ中央駅の外観

2017年5月29日 (月)

0529 モチベーションの維持は一般男性でも確かに難しい

1

土曜日に行われた「未来型花火エンターテインメントSTAR ISLAND」。自宅から近い分、中止が決まった東京大華火祭の花火より迫力があった。

2

自宅から望遠で撮ったのでわかりづらいが、水圧で人が海に浮いている。音楽もありmなかなか斬新なイベント

Photo

今年の試験の施行要領と受験願書

モチベーション
◇現役引退をすでに表明していたプロゴルファーの宮里藍さんが、きょう29日に記者会見し、引退の理由について、「モチベーションの維持が難しくなった」と明かした。スポーツ選手ではないけれど、とても理解できる気がした。モチベーションの維持困難を平たく言えば「やる気がなくなった」とネガティブにも取れるが、ポジティブに表現すれば
「新しいことに挑戦したい」と。スケートの浅田真央ちゃんと同じかもしれない。その記録、記憶だけでなく人格的にも優れて多くのファンを抱えていた2人の女性アスリートの、予想以上に早い引退は残念な気もするものの、次のステップに進もうとする勇気に拍手を送りたい。カズやイチローが、ともに白髪が目立ち、ひと昔前なら考えられない年齢で現役を続行していることに驚きと称賛があり、確かにすごいなと憧れもある一方、女性たちの切り替えの早さ、潔さに、男女の差なのかなとちょっと思った。特に日本では、家や会社に縛られて生きるサラリーマン社会の男たちにとって、現役引退は終わりの意味あいが強いだけに、引退には無念さや寂しさがクローズアップされるのかもしれない。と、所属した会社の最年少で定年退職し、フリーとして新たな出発をした自分は感じる。
 
多動力
◇ホリエモンの新著「多動力」が発売前に2万部の重版が決まり、すでに5万部を突破する異例の売れ行きを記録しているという。実は最近、ハウツー本とかビジネス書とかの類をまったく読まなくなった。自分がビジネスパーソンではない(笑)という理由もあるけど、実際に役立つことはほとんどないし(精神安定剤?)、読む時間がもったいないこともあるし、1500円とか2000円出すのなら、その分でうまいもんを食った方がいい気がするし、何より新聞広告にそのエッセンスが載っているのでそれを読めば十分というのが大きい。「多重力」(幻冬舎、1400円)。「一つのことをコツコツとやる時代は終わった。何万の仕事を同時に動かす『究極の力』」がメインの宣伝文句である。内容にも触れており、「(前略)これからは全てのモノがインターネットにつながり、全産業の“タテの壁”が溶ける。もはや今までの経験や肩書は通用しない。このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」なのだ。」と新聞広告にはある。29日配信の東洋経済オンラインではさらに内容について、堀江貴文さん本人の署名で記事化して伝えてくれている。おもしろかった。「以前、ツイッターで『寿司職人が何年も修業するのはバカ』と投稿したら大炎上した。しかし、僕は未来のある若者が卵焼きを作るのに何年もの無駄な時間を費やすのを見ていられない。」「『石の上で3年我慢できたら次の仕事を教えてやる』などと言う親方のもとで働いていては貴重な時間が失われるだけで、とにかくチャレンジしようという行動力とアイデアを進化させる力が求められる。」 過激な文言が並ぶ。おもしろいからどんどん引用する。「僕の活動や肩書きを思いつくまま列挙するだけでも『実業家×コンサルタント×プログラマー×作家×コメンテーター×クイズタレント×(あと略、10ぐらい肩書き続く)』など、数えきれないほどある。(中略)『この肩書きで一生食っていく』などと言っている人は、自分のキャパシティを狭めてしまっているだけだと思う。(さらに中略)飽きやすいことをネガティブに捉える人もいるが、実は成長が速いということでもある。(同)僕は80点を取れるようになるとあっさり飽きてしまうことが多い。ある程度ハマれば、大半の知識は得られる。そこから長い年月をかけて100点を取ることに執着せず、次のジャンルに飛んだほうが、また新たな発見がある。」 発想が欧米的であり、先に書いたアスリートの引退で言えば女性的でもある。この内容なら買って読んでみる価値はありそうな気がした。
 
多角化
◇名刺に載せている自身の肩書は、フリーライター、ジャーナリスト、翻訳者。載せてはいないが実質的なメインの仕事は「個人投資家」。契約書などで選択の場合は自営業あるいは自由業となるらしい。以前、某百貨店で勧められてカードを作るとき、会社勤めじゃなくてフリーライターですけど審査通りますかねと尋ねたら、「フリーターでも大丈夫ですよ」と担当者が言い、「いやフルーランスのライター」と訂正したら、担当者は顔面蒼白になって平謝りし、上の方の人まで出てきて謝罪されたことがある。まあ、フリーライターもフリーターもそんな変わらない気もするけど。ライターでも実家暮らしだったらフリーターってとこか。それはともかく、肩書きの前の2つは開店休業状態だし、家にこもってする翻訳はホリエモン的に言えば最近飽きてきていて、また翻訳の報酬ではおそらく生きてはいけるものの家を買ったり別荘を買ったりはたぶん無理だろうし、体が動くうちは中断して外に出られない年齢になったら再開しようかと思案中。もっともその頃はAIの自動翻訳で仕事なくなっているかな。
  そんな中、新たな肩書きを得ようかと最近、友人らにその構想を話していたところ、やはり29日配信の朝日新聞デジタルに、関連する記事がアップされた。「通訳ガイド、無資格でも 外国人客急増で 質低下の懸念も」という特集風の短い記事。改正通訳案内士法が国会で26日に成立し、無資格者にも有償ガイドが解禁された。加計学園と同様に、政府の規制緩和の一環である。しかし記事では、ガイドの質低下を懸念し、「悪質ガイドにお墨付きを与えるようなもの」との声を伝えている。資格がなくても通訳ガイドができることは、自身かなり前から知っていたが、何か国家資格があった方が個人事業主としてはいいかなと思って受験を検討しているところだった。タイガースの試合を見に神宮球場に行く途中、受験案内も手に入れた。改めて朝日さんの記事を読むと、「日本の歴史や地理を伝えるのが通訳案内士で、『民間外交官』とも呼ばれる。試験は年1回あり、外国語に加え、地理や歴史、政治などの筆記テストと口述テストがある。(中略)昨年の合格率は21・3%」だった。そもそもこれを受けようと思ったのは、新しいことに挑戦とは言っても今さらスポーツ選手や医者になれるわけでもなく、そんな努力をする気はさらさらなく、でも英語はまあなんとかなるし、ガイドは定年退職者(自分も!)など高齢者も多いし、テンプル大学でジャーナリズムを専攻していたときには教授から欧米メディアのコーディネーター的な仕事(デーブ・スペクターさんの本業の方のような仕事)を勧められたこともあって、おもしろそうだなと思っていた。旅好きというのもある。平日は投資の本業が忙しいので、土日に、できればアルバイト的にというのもある。がっつり観光ガイドをするつもりはない。でも一番の理由はやはり東京オリンピック。少しはそこで社会のお役に立ち、同時にできれば経験を積み、その後は都内にマンションを残しつつ東京郊外か千葉か神奈川か静岡か山梨か、あるいは京都かの別荘で自給自足的な暮らしをしながら、冬はひなびた温泉街かどこかで外国人相手のガイド的なことをできたら、などと夢想している。
  そのときに役に立ちそうなのがこの通訳ガイドの資格。なくてもできても、あった方がいいに決まっている。受験案内を改めて確認すると、試験は外国語(英語)、日本地理、日本歴史、「産業・経済・政治及び文化に関する一般常識」の4つ。これに通れば口述試験が受けられる。ストラテジーを立ててみた。1次試験は8月、2次は12月。東京五輪までに(この制度が続いていたら)資格を取りたいので、2019年12月の合格を目指す。あと2年ちょっと。2018年12月ならあと1年ちょっと。英語がいちばん大変そうだが、TOEIC840点以上だと英語の試験は免除とある。すでに超えているので、地理、歴史、一般常識だけを受ければいい。一般常識は一応、新聞記者だったのでそこそこある。地理は、すべての都道府県を訪れたし、試験によく出る観光地・京都、奈良を含め8都府県に住んだことがあるので、何とかなりそうだ。問題は高校時代に赤点しか取ったことのない日本史。「過去問」をやってみた。地理、歴史は7割、一般常識は6割が合格ラインらしい。後輩カズレーザをライバル視してクイズには慣れ親しんでいるものの、100点満点で地理は74点、一般常識80点だったが、日本史は24点!だった。過去問の本にいいことが書いてあった。合格した科目は次の1年後の試験にも有効(免除)だという。ということで、今年の試験まであと2か月しかないが一応受けてみて、免除の英語と、できれば一般常識をクリアして、2018年の試験には日本史と地理だけで臨みたい、と思って受験案内を手に入れた。もう少し考えて、無駄かもしれないけど、今年受けるかどうかか決めようと思う。ブログを書きながら、「Qさま」はきちんと録画しておいた。晩酌しながらカズと戦おう。
  相変らず長くなってすいません。サミット、ミサイル、加計学園、都議選、クマなどニュースは目白押し。さきほどチェックしたネットの記事では、元TBS(ワシントン支局長)のジャーナリストにレイプされたという女性が顔と名前を公開して記者会見。このジャーナリストが安倍総理べったりの官邸お抱え記者で、官邸に泣きついて事件をもみ消したとの疑惑が報じられている。レイプも、なにか薬を盛られ、意識不明状態で裸にされ、気づくとこのジャーナリストさまが体の上にいたらしい。本当なら、卑劣にもほどがある。今後の行方に注目。
 
みたどらまNo.141 リミットレス#21「顔のない軍団」
みたどらまNo.142 リミットレス#22「フィナーレ!」(終)
 
◆「幸福の国」北欧8◆
 
  飛行機はヘルシンキに。フィンランドについて記述しようかと思っていたが、前置きが長くなったので次の機会に。


1_2

間もなくヘルシンキに到着

2_2

フィンランドは自然豊かな国だ

3

ヘルシンキに到着したJAL機の乗客の大半はトランジットで欧州各方面に向かったようで、ヘルシンキで降りた人はかなり少なかった。到着ロビーも小さい

4

ヘルシンキ国際空港

5

空港直結の電車に乗り、中央駅へは約30分

2017年5月27日 (土)

0526 計算できない経産省、店は不来デー

0525

家の前のお台場海浜公園が一部立ち入り禁止になっていたので何かなと思ったら、27日に「未来型花火エンターテインメント STAR ISLAND」が開催されることになっていた。ライトアップはその準備とテストらしい。26日昼間は音のテストも行われ、重低音の大音量が鳴り響き、家ではテレビの音も聞きとりずらく、仕事もできなかった。まあお台場に住んでいるのだからしょうがない(25日夜、港区で)

1

”前夜祭”なのか、なにかイベントをやっていた

2

高く上がるだけでなく、体操選手のようなアクロバティックなこともできるようだ(26日夕、自宅ベランダから撮影)

プレミアムフライデー
◇だということを、夜、ネットの記事を見るまで気づかなかった。勤め人ではないのでもっともかもしれないが、サラリーマンでも大半が意識していなかったようだ。26日の朝日デジタルの記事。「プレミアムフライデー、満喫1割以下 店に客なし」との見出しで、記者が実際に都内の繁華街を歩いてレポートした。興味のある方は直接そちらの記事を。要は、まったく浸透せず、「制度設計」に問題があるのではと指摘している。経産省と経団連などが音頭を取ったが、同省の担当者は取材に対し「粘り強く普及させていく」という。バカだよね、官僚って。言われたことはきちんと間違いなく時間通りにできる能力はあるんだろうけど、全体を見渡して計画する才能は欠如していると思われる。受験勉強の弊害だろうか。記事で立教大大学院の教授は、「月末の金曜日は一般的に業務が多く、担い手となる小売りや飲食などの中小企業は人手不足で逆に忙しくなる。このままでは定着しない」と冷静沈着に分析している。制度設計がダメなのだ。働き方改革の目玉のひとつなのだから、“死に体”のまま意地で続けるのではなく、月末から変えるとか、個々人が選べるとか、ネーミングが変わるけど金曜ではなく月曜午前にする(週末旅行がしやすい)とか、何か変えた方がいい。国会会期中に合コンのセッティングをする高級官僚はいないだろう。それと同じ。一流企業の高級サラリーマンだけでなく、もっとフツーの勤め人たちの生態を知らないと。

政治家VS官僚
◇加計学園問題はほとんど興味がなかったのだけど、風俗大好き事務次官の捨て身の記者会見のおかげで、俄然おもしろくなってきた。22日付読売新聞朝刊一社面の記事は、こちらが“油断”していたせいもあるのだけど、確かに読んだときに違和感があった。読売新聞は「記者の努力による渾身のスクープ」(笑)と主張しているそうだが、官邸のリークとみるのがふつうだろう。きょう26日のお昼、たまたまTBSの「ひるおび!」を見ていて、ジャーナリスト・大谷昭宏さんのコメントでいろいろ納得した。大谷さんは元読売新聞記者で、本籍は大阪本社。自分にとっては直属の先輩といったところだ。自分が入社する少し前に退社されてフリーになられ、同時に「新聞記者が危ないー内そとからの砲火」という、いわば暴露本を出していた。入社して支局に赴任するまで家のなかった自分は大阪・千里の研修所で1か月近く何人かの同期と暮らしていたのだが、その本の内容がいつも話題にあがり、声をひそめていろいろ語り合った。こんな怖い会社入ってだいじょうぶだろうか、と。しかし時はバブル。高揚感にうかれ、記者という仕事に邁進していく中で、次第に忘れていった。前段が長くなってしまったが、その大谷さんが今回もある暴露をした。風俗次官についての記事「前川前次官 出会い系バー通い/文科省在職中、平日夜」が、東京、大阪、西部(九州)各本社版とも、見出しも扱い(1社肩、3段)も記事も、すべて同じだったという。全国ニュースはそれぞれの本社が他の本社に記事を送るが、見出しの文言も扱いも各本社が判断し、記事も短くしたり変えたりするのが通常。したがって、3本社ともまったく同じというのは、社会部も連絡部も編成部も一切さわってはいけないという記事。これ以上は一応OBなので控えるけど、大谷さんがばらしちゃったから、まあいいかということで記しておいた。憲法改正問題といい、まあ言われている通りの、そういう新聞だと思います。すべての記者がヒラメだとは言いませんが・・・。加計学園問題も、与党対野党、官邸対官僚という見方のほか、「朝日新聞対読売新聞」という対立軸でみている人たちも少なからずいるそうだ。
  あまり細かい情報に注目していなかった自分なりの見方は、ごく単純に言って、政治家対官僚、改革派対既得権益派、である。なぜ前川さんが今頃になって急に、というのは単純な話で、事務次官を”クビ“になって捨て身だからであり、官僚の利権を奪われたことに対する官邸、あるいは与党、あるいは政治家に対する復讐だから。利権というのは許認可権であり、今回の場合は獣医学部。岩盤規制の黒幕のひとつは日本獣医師会でもある。これもたまたま、菅官房長官の定例会見をみた。あれほど気色ばむ官房長官は珍しいと思うが、官邸がピンチだからというより、前川という男にかなり怒っているというのが真相のようだ。例の天下り問題で、かなり陰湿な隠ぺい工作をし、政権をピンチに追いやった。それがバレるとさっさと次官を辞め、8千万円だかの退職金を手にした。例の文書は、おそらく存在していたと自分も思う。ただ、その証明義務は野党やメディア側にある。ないというのは悪魔の証明でできない。テレビでもおなじみの慶応大大学院メディアデザイン研究科の岸博幸教授が、ダイアモンド・オンラインにおもしろい分析記事を書いていた。さすが元官僚。規制改革で権限が奪われる官僚のあせりの実態が詳しく解説されている。メディア批判も鋭い。「前川氏がやっていることは明確に情報漏えいであり、国家公務員法の守秘義務違反に該当するではないでしょうか。現役のときに頑張らず、今になってそのようなことを平然とやる人が、野党やメディアがさも勇気ある告発者のように扱うのは、ちょっと違う気がします」と書いている。前川さんって変な人だなと感じたら、この記事を読むことをお勧めします。告発の記者会見も全部ではないが見た。記者たちは一応、出会い系のことも聞いた。本人は歌舞伎町の店に行ったこと、女性にお金を払ったことは認めた。しかしそれは、女性の貧困問題に関する「実地調査の意味合いがあった。教育行政の課題を見いだせ、意義があった」そうだ。それはウ
ソでしょう(爆笑)。

みたどらまNo.138 ブラックリストS4#17「レクイエム」
みたどらまNo.139 リミットレス#19「波乱の予感」
みたどらまNo.140 リミットレス#20「レベッカの逆襲」
 
◆「幸福の国」北欧7◆
 
 
成田国際空港を出発。


1_2

成田国際空港を出発

2

これがいわゆる「像の檻」らしい

3

横堀団結小屋の大鉄塔

4

桜が満開

5

上空からみた成田国際空港

6

今回の機内食は「和食」を極めることにした

7

おかずのあとにご飯とみそ汁など。前菜、デザートを含め計4回、わざわざ座席に運んでくれた

8

到着前の軽食。寝起きだったけどビールをちょっと

2017年5月24日 (水)

0523 虎の子

Photo

昼からビール(22日、千葉・習志野市で)

Photo_2

京成大久保駅から商店街を抜けると大学

Photo_3

日本大学生産工学部

Photo_4

東邦大学

Photo_5

京成線には京急電車も走る

頑張れジャイアンツ
◇巨人は23日、小林の二塁打であげた1点を菅野、マシソン、カミネロが無失点でつないで守り切り、阪神に辛勝。3連戦の頭、2位広島を含めると交流戦前の6連戦となるその頭をとった。首位阪神とは3.5ゲーム差。甲子園で行われたこの試合の9回裏、乱調ぎみのカミネロと必死のタイガース打線の攻防をテレビで見ていて、久しぶりに文字通り手に汗を握った。おもしろいというより緊張感たっぷりの試合観戦だった。阪神を見るのは先週金曜の神宮球場での外野席以来、巨人は日曜日に所用で見られなかったため木曜のヤクルト戦のテレビ観戦以来。前半戦の天王山となるだけに、ビール抜きで真剣にみた。0対0の7回表2死から石川が二塁打で出塁し、阪神はネットでいちばん叩かれている2割2分台の中井を敬遠。2番目に叩かれている1割6分の捕手小林との勝負を選んだ。なんとか出塁してくれとの願いがかない、高めに浮いた外角をライトに流し、詰まり気味ながらも福留の横に落ちて2塁打となり、貴重な1点を挙げた。リリーフ陣はこの「虎の子」の1点を守り、菅野は今シーズン唯一の負けとなった前回の阪神戦のリベンジを果たして6勝目。小林は久々の勝利打点(んて今使わないのかな?)どころか久々のヒットとなった。神宮球場でタイガースを“応援”していたときはそれほど感じなかったが、対戦すると阪神打線は本当に怖いバッターばかりだ。今回はたまたま糸井が20何打席か連続ノーヒット中と絶不調だったためになんとか勝てたものの、ふだんの彼なら試合はどう転んだかわからなかった。今朝、ヤフーニュースの主要ニュースに、その小林に関する記事が載った。「1割6分でも小林を外せない理由」という報知記者の署名記事で、それによると、捕手小林のときの盗塁企図数、つまり盗塁を仕掛けようとする数がダントツで少ないのだという。盗塁阻止率は阪神の梅ちゃんが現在トップだそうだが、小林はもともと日本球界一の強肩との呼び声が高かったうえに侍ジャパンでエース捕手となり、よほどのことがない限り相手が仕掛けてこないわけだ。久々におもしろく、ためになる記事だった。実際にコメ欄でも、しょうもない記事には容赦ないネット民たちが珍しく褒めていた。野球はこういうところを見てほしいよね。ところで小林くんは、いつまで坊主頭を続けるのだろうか。年齢以上に幼くみえてしまう気がするのだが。
 
千葉の大久保
◇月曜日、千葉の京成大久保(習志野市)に行ってきた。来月行われる全学年合同の、真の意味での<同窓会>の打ち合わせのため。正確に言うと、その打ち合わせをする2人から自分自身は準備とは無関係ながら誘われて、飲みにいくため。ひとりは小学校教師だが前日に運動会があったためこの日は代休、ひとりはバスドライバーだがローテで休みとなっており、平日での飲み会となった。真夏のような天気の中、真っ昼間から飲むビールと中華料理は最高だった。京成大久保はそのひとりの住まいのある街。津田沼から1駅で、閑静な住宅街と大学の街の2つの顔を持つ。彼の案内で、飲んだ後に大学を含め、街をぐるりと回ったが、本当にいいところだった。最近復調ぎみの巨人・長野が通っていたという日大生産工学部や、もうひとりの彼のお嬢さんが受験したこともあるという医療系の東邦大、スポーツ庁初代長官の五輪メダリスト・鈴木大地さんが卒業したという小学校などがある。駅から大学までは少し長めの商店街があり、学生たちで活気づいていた。自身の「終の棲家プロジェクト」でも、商店街はやはりマストとの思いを新たにした。彼の家も見せてもらったけど、立派なおうちだった。友人2人ともこどもを育て、ともに1人はすでに社会人となり、そして立派な家を建てた。ちゃんと生きているなと改めて感心した。まあ自虐ではないけれど、自分のように結婚もできず、当然ながら子供も育てず、家さえもいまだ持てず、ふらふらしている社会生活不適合者あるいは社会からの転落者も、クラスにひとり、あるいは学年でひとりくらいいてもいいような気もする。その同窓会、参加するとは言ったものの、途中でそれほど乗り気でなくなってきていた。だが、もしかしたらこれが、学年全員が集まる最後の同窓会かもしれない。若い時のように、人脈を広げようとか未来の配偶者を見つけようとか、そういったギラギラしたものがなく、せいぜい今後の遊び相手でも見つかればくらいの気持ちで、懐かしさをメインに集まるというのも、おもしろい体験かもしれない。そう思うと、ちょっとワクワクしてきた。特に自分自身は大学から関西に行き、転勤、転勤の“根無し草”の暮らしを25年間も続けてきたので、楽しみは大きい。半世紀は経っていないけど、みんなどんな風になっているんだろう。
 
みたどらまNo.136 リミットレス#17「コンビ解消」
みたどらまNo.137 リミットレス#18「ロシアより愛をこめて」
 
◆「幸福の国」北欧6◆
 
  
今回から時系列に沿って振り返ろうと思う。出発は4月13日。前にも書いたように、本当はゴールデンウィークを挟んだ時期に行きたかったのだが、席が取れなかった。フライトは成田発JL413便フィンランド・ヘルシンキ行き。日本時間午前10時30分発、ヘルシンキ14時50分着。フライト時間は10時間20分(帰りは9時間25分)。機材はボーイング787-8、ドリームライナー。ファーストクラスはなく、ビジネス、プレミアム、エコノミーの3つ。マイルがたっぷりあったので、あるいは椎間板ヘルニアを患っているため、ビジネスを使った。キャンペーンが使えず必要マイルは9万。サーチャージ等々で支払ったのは確か1万4千円ほど。もちろんJALカードで払った。座席は最新の「SKY SUITE」。フルフラットになる。窓側では、隣の席とは前後で位置が異なるので、カップルで乗ると少し寂しいかもしれない。電動式の仕切りがあり、それを閉めるとほぼ個室となる。これなら映画で泣いてもだいじょうぶ。席に着く前にiPhoneでさくっと写真を撮っているとCAさんに見つかり、「お写真お撮りしましょうか」と声をかけられた。おのぼりさんみたいでちょっと恥ずかしかった。しばらくしてウエルカムドリンクのシャンパンが運ばれ、ブログで前に書いたように絶世の美女があいさつに来た。さあ離陸。
  話が前後するが、朝の早い便のため、家から歩いて20分ほど、湾岸署近くにある大江戸温泉物語、午前6時5分発の京成高速バス(東京シャトル)を利用した。運賃は1000円(予約だと900円)。JALチェックイン後、出国審査はビジネスクラスでもファーストと同じ優先ゲートを使用でき、ほぼ形だけのチェックであっという間。今回はこれまでとは別の、いちばん搭乗口に近いラウンジを利用した。朝の便とあってかなりすいている。サラリーマンさんたちが働き始める時間帯から飲み始めるのは気が引けたが、いや正確に言うとそんな気遣いはまったくなかったが、ビールで朝食。2杯ほど飲んで、さらにシャンパンを2杯飲んだところで、機内への案内アナウンスがあった。ドリームライナーへ。

1

ボーイング787-8 Dreamliner だと思う

2

シャアコードのフィンエアー

3

ラウンジ

4

朝食

5

ドリームライナー機内、ビジネスクラス

Img_6927_2

スクリーンはかなり大きい。席をフラットにし、足をモニター下の部分に入れると、身長175の自分でもかなり余裕があった

2017年5月20日 (土)

0520 東京音頭で♪「くたばれ、よみうり くたばれ、よみうり」 

1

試合開始前、仕事終わりの友人と、遊び疲れた自分と、まずはビールで乾杯

2

タイガースの反撃で沸くファン(19日、明治神宮球場で)

3

トラファンでレフトスタンドはぎっしり

4

ゲーム終了後、ちょっとだけライトスタンドにおじゃまし、チアリーダーを撮影

5

ユニフォームにも「打倒読売」

 

ウソでしょ
◇うちの近所で、日本中が注目する大イベントがきょう20日開かれた。ボクシング、世界ミドル級の王座決定戦。家から2キロほどにある有明コロシアムで行われたタイトル戦で、ロンドン・オリンピック金メダリストの村田諒太がフランスのエンダムと対戦し、途中でダウンを奪うなど圧倒的な破壊力を見せつけた村田の楽勝かと思われたが、判定でまさかの敗戦となった。不可解というより、ボクシング世界戦で挑戦者が王座を奪うのがいかに難しいかを改めて感じさせた。判定ではダメで、やはりノックアウトしかない。判定とはそういう世界なのだと思うしかなかった。ナショナリズムとかではなく、今回の結果はとても残念だし、しかしそのボクシング界のルールやジム、プロモ-ターの政治力のおかげで、日本のチャンピオンも何とか防衛することができたことも数えきれないほどあるのだから仕方がない。ロンドン五輪の村田選手の決勝戦を、たぶん日本時間の真夜中だったと思うが、テレビで生中継を見た。国内でもほとんど注目されていなかったし、自分自身もよく知らない選手だった。ただ、試合直後に、愛国心とかではなく、村田が勝ちそうな気がした。そんな雰囲気を持っている選手だった。そして金メダルを手にして、時の人となった。今回は満を持しての挑戦だけに期待は大きく、それだけに残念だった。陳腐な表現だけど、負けを知らない選手は真の王者にはなれない。捲土重来を期してほしい。しかし、よくあるシーンとはいえ、ボクシングの判定ほど不可解なものはない。既得権益でがっちりガードし、新規参入者を拒み続ける、これまでの、そして現在の日本社会をみているようで、“しらけ感”はとても強い。
 
頑張れタイガース
◇それに比べれば、野球はまだマシ。どのスポーツにもつきものの不可解なジャッジのほか、特定の球団に有利なルールやカネの力を球団の企業努力だと強弁するこじつけなど、完全ではないものの、相対的にフェアなスポーツだと思う。
  で、金曜夜、神宮でナイターを見てきた。猛烈なタイガースファンである、高校からの友人Iさんと。前日に「あすどう?」とメールがあり、もちろんそれは大歓迎なのだけど、ビジター外野席ということを深く考えずに二つ返事でOKしてしまった。もちろん意図的なものではなく内野席が取れなかったこともあるが、タイガースファンの中で応援することがいかに楽しいか、それを自分にも経験してもらいたいという友情だったのかもしれない。もちろん、自分がジャイアンツファンで、元読売関係者ということも知っている。結論から言うと、最初はちょっと怖かった。球場ではG党ということがばれないよう、そういう要素が含まれる会話は声を極力小さくした。海外ドラマでよく潜入捜査をするシーンを見るのだけど、その気持ちがなんとなくわかった。しかし、その心配は杞憂だった。相手スワローズは、木曜までのG3連戦で、2勝1敗と勝ち越している。そのかたき討ちを、という気持ちこそさらさらなかったものの、やはり関西在住20年としては、タイガースには頑張ってもらいたい気持ちはある。全国における大阪は、東京における足立区、みたいな印象だが、確かに変わり者風は多かったものの、タイガース応援団は和気あいあいと、応援を楽しんでいた。後ろの席付近の中年と思われる男性のヤジが、敵だけでなく味方の凡打やエラーなどにも飛ばされ、その口調が893か右翼のようで、かつての会社の一部上司の口調とよく似ていたので、ちょっと引いてしまった。一方、前の席のひとりできていた若い男性は、イニングの間に物理の参考書を読んでいた。受験生だろうか。なんか微笑ましかった。タイガース優勝と合格が重なるといいね。
  人生初となるタイガース応援団に囲まれての観戦で、初めて知ったことがある。ヤクルトとの試合なのに、タイガースの応援歌は「くたばれ読売」と連呼することだった。東京音頭に合わせて、「くたばれ、よ・み・う・り、くたばれ、よ・み・う・り」は、さすがに参った。東京音頭は自分がガキの頃から頭にこびりついているもので、地元の盆踊りも千葉だけど東京音頭だった。自分が会社で所属していたのは大阪本社で、編集局内ではかなりの虎ファンがいたが、なるほど、そういうことだったのか。休みのたびに甲子園球場に足を運び、もちろん一塁側に陣取っていたわけだが、「くたばれ、よみうり」と連呼して、ストレスも発散していたわけだ。そのことを当時から知っていれば、フリーになるのをもう少し遅らせてもという気持ちになったかもしれない。一応、お断りしておくと、自分はあくまでジャイアンツファンであって、愛社精神はない。退職金ももらったし、企業年金はDCに変わったし、いまでも交流のある同期や後輩や一部先輩には頑張って幸せな会社員生活を送ってもらいたいとは思うものの、それ以上ではない。むしろ、早く社説とかなくしてもらえないかなと思っているくらいだ。OBということでタダで読めないのなら、購読料を出して読むことは、ここだけの話、ないと思われる。話がそれた。試合は残念ながら阪神が負けた。友人と新国立競技場前の有名なラーメン屋さんで晩飯を食い、ビールを飲んだ。ダガヤから友人と黄色い電車の総武線に乗った。高校時代、浪人時代、彼とは何度となく千葉市内からこの電車に一緒に乗って都内とを往復した。感慨は特にないけど、電車内は夜遅いのに相変らず満員で、相変らず酒臭かった。
 
出会いと別れ
◇木曜日、車を買った。トヨタの新SUV、C-HR。約10年ぶりの国産、約10年ぶりのトヨタ車、約20年ぶり、日産スカイライン以来の新車。BMWに乗り換えて、ドイツ・ミュンヘンのBMW・ミュージアムを訪れてからは特に、BMW一筋にすると誓ったものの、円満離婚となった。水曜日、担当者は休日だったが、副店長さんが応対してくれて、見積書から「ぜいたく品」を大幅に削った。BMWの下取り査定もしてもらった。直前に何か月かぶりに洗車したのが奏功し、思わぬ高値がついた。メガウェブで試乗したことを伝えたが、じっくり見たいでしょうということで隣接店からC-HRを取り寄せて、木曜日に改めて試乗できることになった。担当の方と一緒に試乗し、詳しい説明を受けた。メルセデスのGLAと最後まで迷ったけど、C-HRのワクワク感には勝てなかった。会社員時代に車を買ったときは、ほかにカネを使うこともあまりなかったので、とりあえずグレードは一番上、オプションは必要そうなものは全部付けてよ、という鼻持ちならない態度だったが、今回はマットまで細かく査定して、選択した。元関西人を前面に出して納車待ち状態なのに値引きも要求した。「いくらですか」ではなく「値引き、なんぼ」と関西弁まで交えたものの、元・富山県人の担当者にはあまり効果なく、少し、引いてくれた。それでも下取りを含めると何とか300万円程度に収まった。ハイブリッドということで、取得税や重量税がタダというのも大きかった。約40日待ち。夏からこれで全国各地を回ろうと思う。金曜日、明治神宮球場に向かう途中、ちょうど前の車屋さんからBMWの車検が近づいていますけどいかがですかと電話があった。浮気したこと、別れたことを伝えると、彼女はしかし明るい声でまた何かありましたらよろしくお願いしますと言った。ちょっと寂しい気持ちになった。出会いがあれば、別れがある。もちろん、菊川怜のダンナのように、2台持ち、3台持ち、あるいは4台持ちということもできなくはないのだろうけど。車とは男にとって、少なくとも自分にとって、女性のようなもの。ただ、車はこちらの思い通りに走らないことはままあるものの、文句を言ったり激しくこちらを罵倒したり泣いたりなんかはしない。女性が苦手なボクにはぴったり。C-HRさん、末永くよろしくお願いします。
 
みたどらまNo.133 リミットレス#14「第三の男」
みたどらまNo.134 リミットレス#15「潜入捜査」
みたどらまNo.135 リミットレス#16「サンズの知られざる人生」


20170519

現在建設中の新国立競技場(2017年5月19日)

20170102

2017年1月2日の新国立競技場(東京体育館から撮影)

6

やがて壊される明治神宮球場

7

チアリーダーに見入る球団職員、というわけではない

8

国立競技場前のラーメン店

2017年5月17日 (水)

0517 結婚するって本当ですか

Photo

エストニアで買った「トランプ人形」。ロシアの民芸品であるマトリョーシカは入れ子構造になっている。名前はロシアの女性名からきているという

                             ◇


1

署内で証拠品である多額の現金が盗まれた広島中央署(2014年7月31日撮影)。このような事件を予想して、記者の本能で撮っておいたわけではないのだが。内部犯行説が有力とか。ちなみに、同署の裏側は県警本部、隣は県庁、道を挟んで正面は日銀の支店。犯人はかなり大胆はヤツと思われる

婚約へ
◇秋篠宮眞子さまが婚約される。宮内庁が明らかにしたという。正式発表ではなく、報道が先行したため、やむなく認めた形のようだ。特ダネはどこだろう。皇室に強いNの昨日のニュース7で冒頭に突っ込むような形で伝えていたので、Nかもしれない。いずれわかるだろう。お相手も本日17日、報道陣の囲み取材に「時期がきたら改めてお話しさせていただきたい」とノーコメントに近いものだったが、Nの報道ではずっと「会見」としていたようだ。YとN経の夕刊を見ながらこのブログを書いているのだが、Yの写真でみると男性は若き日の杉内投手に似ている感じがする。テレビの報道をみていると、無理やり「おめでたい一色」に染めようとしている気もしなくもない。確かにおめでたい、日本にとって明るい話ではあるけれど。問題の囲み取材も、小室さんと報道陣の質疑がまったくかみ合わなくて、ネットでは記者たちを揶揄するコメントが目立った。現場に行かされた記者たちもたぶん無理は承知で、何か見出しになる、少しは内容のあるものを引き出そうと、答えようのない質問をあれこれ繰り出た。なんとかものになったのが、出勤前に「いってらっしゃい」「いってきます」と会話を交わしたというものだった。大多数の視聴者、読者が「しょうもな」と感じたはずだが、そういうことをするのもメディアの仕事。こういうようなことを日々繰り返している芸能マスコミは、ある意味すごいな、メンタルがタフだなと感じた。オレにはできない。個人的には、眞子さまの婚約へより、エッセイストの阿川佐和子さん(63)の結婚のニュースの方が驚いた。こちらのお相手は、69歳の元大学教授だとか。ネット情報によれば、阿川さんの友人の元夫で、いわゆる奪略婚らしい。どうでもいい気もするが、自分もその年齢になれば、どうでもいいとか無関心ではいられないのかもしれない。でも、阿川さんてきれいでチャーミングだよね。
 
笑顔
◇皇室のおめでたい話で盛り上げようとしているのも、いまの日本がいまいち明るくないせいかもしれない。北欧から帰ってきて、なんとなく日本を覆う閉塞感のようなものを、馬から落馬みたいな表現で申し訳ないけど、強く感じている。ひとりで部屋にいるときはそうでもないのだけど、街に出ると特にそう思う。いろいろ要因はあるのだろうけど、ひとつ例をあげると、北欧では店に入ると女性たちが(男性も)飛び切りの笑顔で対応してくれた。もちろん、客が異国のいい男だからというのもあるだろう。日本、東京では、確かに笑顔の人も少なくはないのだけど、無表情であったり、笑顔であってもその笑顔が引きつっていたりするように自分には感じる。対応にしても、クレームを受けないよう、かなり慎重に言葉を選んでいるようにも思う。これが何か閉塞感を醸し出しているような気がする。北欧は寒い国なのに、南国の島々のようにおおらかで明るい感じがした。自分が旅行者という開放感の中で過ごしていたせいかもしれないが。日本の今ひとつパッとしない景気も閉塞感に拍車をかけている。日経平均は自分が帰国後から一気に上昇し、上下しながらも先日はあと2円で2万円の大台に戻るところまでいったものの、その後失速。2万円からむしろ離れる流れになっている。トランプ大統領のせいという部分もあるし、それを執拗に報道する米メディアのせいという部分もあるのかもしれない。何より、2万円台にのったら利確し、多くを現金化して新車を買い、それで国内の旅に出る、という自分の描いたシナリオ通りにならなくなりそうなことが、個人的な閉塞感を一層強めている。もうちょっとだったのに・・・。個人的な閉塞感に輪をかけているのが、ふがいないジャイアンツ。確かに1軍には、FAでとった陽、山口、森福の3人ともがいない、ギャレット、クルーズの両外国人選手もいない、絶対的なストッパーの澤村(ちょっと笑)もいない。これらファームで調整中の選手の年棒は、12球団最下位の中日の1軍より多いかもしれない。まあポジティブに考えれば、これらの選手が戻ってくれば上昇気流に乗れるかもしれないと、言えないことはないけれど。阪神が独走しているのは明るいニュース。大阪が盛り上がらないと全国に広がらないしね。広島に好調だし、パでは東北の楽天が頑張っている。陰気な東京はあすも東京同士で頑張りますわ。昨年は球場まで足を運んだ千葉ロッテはきょう、早くも自力優勝の可能性がなくなった、という。
 
みたどらまNo.128 リミットレス#10「アームゲドン」
みたどらまNo.129 リミットレス#11「それぞれの選択」
みたどらまNo.130 リミットレス#12「エディー・モーラの暗殺」
みたどらまNo.131 リミットレス#13「連続ハグ事件」
みたどらまNo.132 ブラックリストS4#16「デンベ・ズマ」
 
◆「幸せの国」北欧5◆

  5か国のターミナル、中央駅。

Photo_2

ヘルシンキ中央駅

Photo_3

ストックホルム中央駅

1_2

ストックホルム中央駅

Photo_4

オスロ中央駅。海沿いのオペラハウス屋上から撮影

Photo_5

オスロ中央駅。人出が多いのは駅構内で火事があったため

Photo_6

コペンハーゲン中央駅

Photo_7

コペンハーゲン中央駅

Photo_8

訪れた中で唯一、外観がしょぼかったのはエストニアのタリン中央駅

2017年5月15日 (月)

0514  No Vehicle, No Life.

1

300円を支払って、いよいよ試乗。車はC-HRのハイブリッドの方。受付前のPCで予約したが、平日夕方だったので1時間半ほどの待ちで済んだ(13日、江東区で)

2

スタート地点。MEGA WEBを2周する

3_2

社長、会長が変わるフジテレビ(右)を前に、ここから出発。しかし、レースではないので緊張感はない

4

直線コース。ここで加速テストをしたいところだが、制限速度は40キロ!。オーバーして危険運転と判断されると退場処分となる

5

こんな道も走れる

メディア不信
◇トランプ大統領とメディアの対立は行きつくところまで行ってしまったようだ。ホワイトハウスのブリーフィング(“記者クラブ”への記者会見)の廃止を検討しているという。とんでもないことだが、ジャーナリズム関連の博物館「ニュージアム」の昨年の世論調査によると、「メディアは偏向なく報道していると思うか」の問いに、74%ものアメリカ国民が否定的な見解を示したという。トランプもひどいが、メディアもひどい。その米メディアを日本のマスコミはいまだに崇めている。米メディアについてはまたゆっくり考えよう。
  本日14日にネットで見た日本のメディアのひどい記事。日曜なので硬派はやめて、スポーツと芸能から。最初の記事は「浦和“暴言騒動”乗り越え首位奪回」。スポニチの記事だ。モノを書く仕事をしているフツーの人なら一瞬で気づくが、見出しの「乗り越える」はおかしい。乗り越えるは、困難などに打ち勝つこと。しかしながら、浦和は加害者であって被害者ではない。だからおかしい。「犯罪被害を乗り越えて」とは言っても、「犯罪を乗り越えて頑張りました」とは言わない。ネットだけでなく一般紙でも取り上げられているので、サッカーにあまり興味ない人でも多少は知っていると思うが、先日のJリーグの試合で、浦和のDF森脇が暴言を吐き、出場停止2試合という大甘の処分を受けた件。ちょうどその試合、途中でチャンネルを変えてしばらくしたところで問題のシーンが起こり見ていた。鹿島の元日本代表・小笠原選手の怒り方が尋常ではなく、理由がわからなかった。以後、報道された通りである。暴言というより差別、ヘイトに近いものだった。だがJリーグは本人の弁明を聞いただけで、鹿島側に詳しい調査をせず、グレーの決着をした。リーグの三菱への配慮と言っていいだろう。その後、「マス」ではないブログに近いようなメディアがいろいろ検証していた。森脇は暴言に関していわゆる“前科者”であることは知られている。彼から暴言を何度も受けた鹿島のブラジル人選手は、それに傷つき、ロッカーで涙しているのを小笠原選手も目にしていた。今回はついに「堪忍袋の緒が切れた」ということだったのだ。激しい競り合いをして、つい言ってはいけないことを言うことは、よくあること。ボールボーイを小突いた選手も、たぶん同じようなことだったのだろう。しかし森脇の暴言はそうではない。相手をイライラさせるためか、もともと差別意識があるのか、かなり意図的である。つい言ってしまったのなら通常なら謝るものだが、今回も何かよくわからない言い訳をしていた。屁理屈というヤツだ。「臭い」と言ったのはブラジル人選手ではなく小笠原に対してだという。巧妙な差別発言逃れである。しかし、敵とはいえ大先輩のレジェンド小笠原選手に対して「臭い」はないだろう。ツバがかかったからというが、それなら「きたない」か何かだろう。「臭い」とは言わない。ふだんから「臭い」と言っているから、あるいはレオ・シルバに向けた言葉だったからだろう。きょう浦和は勝利した。しかし、それを伝えるメディアが、その事件がなかったかのように、あるいは冤罪であるかのように曲解して、美談しとして伝えるのは違和感がある。意図もなく「暴言問題乗り越えて」と書いたのなら、もう言語感覚がないに等しいのだからマスコミで働かない方がいい。74%は、日本ではもっとひどいのかもしれない。
  スポーツが長くなったので芸能はさらっと。『神田沙也加、結婚パーティー過熱報道の対応に「神ですか?」称賛の声』。どのメディアか忘れた。わが初恋の人、松田聖子のお嬢さんの結婚パーティーが13日行われ、自粛を呼び掛けていたものの聖子ちゃんが来るのではと報道陣が殺到。カメラがダンナの眼に当たって負傷し、2人の乗った車は報道陣に道を塞がれ傷だらけになったという。“ミニメディア”がネットで報じていたが、マスコミはまったくこれに触れずじまい。しかし、コメント欄でこれらの事実が拡散すると、原稿を変え、少しだけ入れたり、逆に沙也加ちゃんの対応が素晴らしかったとやはり美談仕立てにしたりした。彼女のブログの引用を読めば、フツーの読解力のある人なら、それは皮肉だということがよくわかる。ダンナの方は、私の眼より(高額な機材の)カメラのレンズが壊れていないか心配です、とまで書いている。ワイドショーは恥を知れ、と思いました。月曜、ヒマなら昼のワイドショー系の番組見てみよう。どこまで反省しているか。せめて傷つけた車の修理代、弁償しーや。傷害事件になる前にカメラマンは謝罪しーや。自分自身も確かに強引な取材は何度もしたけど、物理的に人や車を傷つけたことはさすがにない。
 
車が来るまで
◇先週の後半、市場の大引け後にいくつか自動車販売店を回った。車の車検の期限が近づき、そろそろ買い替えようかと思ったため。フリーランスになって東京に住居を構え、その後、前のBMWから今のBMWに買い替え、車検を2回受けた。4年も乗ったのかと感慨に耽っていたところ、よく考えたら次で6年。中古で買って、現在は人間の年齢で換算すると65歳くらいになっている。エンジンは絶好調なのだが、前に当ブログで書いたように、次の車検はかなりの部品を変えなければおそらく通らない。人間ドック即入院、と同じ形だ。人間はそれでも続けるしかないが、車はチェンジできる。ということで買い替えることにした。これも前に書いたようにSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)で、自宅タワマンの立体駐車場に入ることが条件。で、とりあえず候補にしたのが、トヨタC-HR、メルセデスGLA、SUBARU(社名変わりました)XV。いずれも発売前か直後で、GLAとXVはまだ試乗車なし。納車3か月待ちという言われるC-HRの試乗車も2週間待ちとのことだった。仕方がないので、家の近くのトヨタショールーム「メガWEB」に行って、300円なりのお金を払って、10分間ほど乗ってきた。きょうはその写真だけ。詳しいレポートや3車種に絞った選考過程などは後日書く。ちょっとだけ触れておくと、SUVがほしい理由は、車高が高いこと、コンパクトとはいえスペースがあること、山道、雪道、長距離(燃費)に耐えられること。いわば、これからの車ライフスタイルに合わせたVehicleということだ。C-HRは斬新なデザインと未来性、自分初のハイブリッドということでワクワク感はいちばん強い。メルセデスはやはり高級感があり、年齢的にももう違和感はないと思う。親しい知人によると、ぼくにはメルセデスの方がお似合いだし、わたしもそっちの方が好き、という。値段の差は約100万円。企業3月決算ピークを終えた直後のあす月曜日次第、というところです。上がるといいな。
 
みたどらまNo.123 ブラックリストS4#15「薬剤師」
みたどらまNo.124 リミットレス#6「副作用の恐怖」
みたどらまNo.125 リミットレス#7「ブライアンはある日突然に」
みたどらまNo.126 リミットレス#8「海賊船を追え」
みたどらまNo.127 リミットレス#9「司令部!」


1_2

メガウェブには平日にもかかわらず外国人観光客らでいっぱい

2_2

レビンAE86。自分が大学の自動車部に入ったときはこの型で、新車で買った先輩たちがうらやましかった。ボンボン多かったからね。助手席にはかなり乗った。結局、部をやめ、ホテルやバーで早朝深夜まで働いたものの、買うことができたのは一代前のレビンTE71だった。

3_3

いまの「ハチロク」はこれ。いまならこれでも新車で買えるが、買いたいとは思わない。好みは年齢や環境によってどんどん変わっていく。恰好いいけどね

4_2

いわゆる「ハイソカー」(ハイ・ソサエティー)のはしり。時代を感じるけど、エレガントな感じはする

5_2

いちばん好きだったセリカGT(いずれもメガウェブで、12日撮影)

より以前の記事一覧