B 日本ぶらり散策

2018年7月19日 (木)

0719 「W杯休み」が終わって「夏休み」に

Photo
 
JRの「休日おでかけパス」


Photo_2
 
平塚駅

Bmw


湘南ベルマーレの本拠地、湘南BMWスタジアム平塚

Photo_3
 
茅ケ崎駅。手前は京成バスだった

Photo_4
 
駅前で祭りの披露

Photo_5
 
藤沢駅

Photo_6
 
駅前の王将の看板を見た途端に入りたくなり、ビールでこってり中華料理

熱中症
◇猛暑。サッカー・ワールドカップが終り、超夜型生活からの復帰に苦しむ日々が続いている。しかし本格的な夏休みシーズン。スローペースで直していこう。■熱中症による救急搬送がうなぎ上りとなっている。高齢者の農作業は即、死とつながっているようなので気を付けたい。学生が集団で搬送されるケースも連日ニュースとなっている。中には死亡した小学生も。学校の先生はニュースを見ないのだろうか。そんな指摘がヤフコメでも相次いでいる。朝日新聞さんは「炎天下の運動はやめよう」と時宜を得た啓発記事を掲載。しかし「高校野球は例外か」と、とにかくクレームを言いたくてうずうずしている自称コメンテーターたちのつっこみでコメ欄は溢れている。ネット記事は外気にも増して熱い。というか少々ウザい。
 
湘南の風
◇熱中症になると世間様に迷惑がかかるので、外出するなというテレビの呼びかけに素直に応じて、近日はできるだけ家に引きこもるようにしている。しかしそれだと熱中症にはならなくても精神的な病に侵されないかと心配になる。
 というわけでもないのだが、猛暑が始まった頃の先週土曜日、物件探しを兼ねて湘南を歩いてきた。渋滞に巻き込まれるのがイヤだったので久しぶりに電車で遠出。前日にネットで調べたところ、「休日おでかけパス」というJRの切符があるのを知って、利用することにした。2670円で、首都圏を1日乗り放題。西は小田原、北は足利や土浦、千葉は上総亀山や成東、成田空港までカバーしている。りんかい鉄道も利用できるものの、その線の駅でパスは購入できないという。仕方がないので家の目の前のバス停から品川行きのレインボーバスに乗り、こっちの方が早いかと思い田町で途中下車。これが裏目に出た。緑の窓口は午前9時まで開かない。自販機で試したけれど無理だった。しかしここであきらめないのが昭和の男。改札のおねーさんに尋ねたところ、新幹線指定などが買える“高級”自販機だと購入できるということだった。岡マイラー用のANAパスモで簡単に買えた。山手線に乗って品川で乗り換えて、小田原行の東海道線に乗った。最初の目的地の平塚まで、あっという間だった。途中は思い切りはしょるけど、平塚ほか茅ケ崎、藤沢の物件のある場所を散策した。iPhoneのヘルスケアアプリの歩数計によると、この日歩いたのは約3万5千歩だった。こまめに水分を取り、食事のときは車ではないのでビールを飲み、それが奏功したのか熱中症の兆候は一切現れなかった。ただ翌日は足にきて、さらに数日後には日焼けでおでこあたりの皮がむけ始めてしまった。いい歳をして情けない。
 
夏の連ドラ
◇ブログを書いている途中で「ハゲタカ」(テレ朝系)をみた。初回。おもしろかった。原作は自分の大学、会社の先輩で、一度講演会でお会いさせてもらって握手までした真山仁さん。NHKのキャストは大森南朋、柴田恭兵、栗山千明らで、柴田恭兵がかっこ良かった。テレ朝では綾野剛、渡部篤郎、沢尻エリカら。エリカはやっぱりいい。今回得た教訓。「帳簿を見るだけでなく現場に足を運んでこの目で確かめる」。外資ファンドでも個人投資家でも、やはりやることは同じ。歩きまわる手間を惜しんで勝つこと、儲けることはできない。次回以降も楽しみ。今年の夏ドラマは今のところこの「ハゲタカ」と石原さとみの「高嶺の花」、ちょっとイロモノで「ゼロ一攫千金ゲーム」の3本でいこうと思っている。ゼロは、最初のゲームの答えが瞬時にわかってしまったので、テンポが遅いとの評判以上に遅く感じてしまった。賢すぎるのは良くないこともある。高根はやっぱりさとみちゃんの演技。春ドラマは「ブラックペアン」が個人的にはダントツだった。さて夏は?
 
みたえいがNo.33 「身体を売ったらサヨウナラ」(2017) スカパー日本映画専門ch ★★☆☆☆ 原作・鈴木涼美 柴田千紘
 
「東大大学院を経て新聞社の政治部で記者を務めるリョウコ(柴田)には大学在学中、AVに出演したという過去があった。実話を元にした原作を映画化」。
 坂上忍司会のテレビ番組でちょっと前、本人をみた。まあなかなかおもしろい人ではあった。美人ではないが肉感的。ウィキによると、大学教授の父、翻訳家の母の間に生まれ、大学は慶応、新聞社は日経。都議会担当だったという。AV嬢ということで話題になっているが、今の時代でそれほど特異なこととは思えない。映画での描かれ方も「女子大生の自分探し」で、自分の周りにも彼女と似たような生き方をしている人は数十年も前だけどいた。風俗嬢が大学に行くと褒められるが、大学生が風俗で働くと堕落したと言われる。世の中、難しいね。
 
みたえいがNo.34 「難波金融伝 ミナミの帝王35銀次郎VS夜逃げ屋」(2006) スカパー日本映画専門ch ★★☆☆☆ 竹内力/岩崎ひろみ/青田典子
 
◇「幸せの国」北欧◇41 デンマーク・コペンハーゲン チボリ公園(下)

 
411

412

413

414
 
ウミガメ

415

416


417

418
 
レストラン

419
 
野外音楽

4110










2018年7月 9日 (月)

0709 自然の猛威

◇サッカー・ワールドカップで世界中が熱狂するなか、ここ最近、大きな事件や災害が続いている。オウム死刑囚7人の刑執行、医学部裏口入学汚職で文科省官僚逮捕、米中関税追加発動、横浜点滴死で看護師逮捕などなど。明るいニュースといえば、タイの洞窟行方不明で少年らの生存が確認され、すでに4人が救助されたということぐらいか。しかし何より、心を重くしているのは西日本9府県を中心にした豪雨災害。9日夜時点で死者は3ケタに迫ろうとしている。被害の全容はまだまだわからないし、いろいろ思うことはあるものの、安易に記せる内容でもないのでブログでは静観しようと思う。テレビでみる映像は仕事や遊びで行った場所が多く、心が痛む。前の会社の同期や後輩らが、おそらく想像を絶する過酷さの中で取材している。すでに自分とは関係ないとはいえ、被害がこれ以上広がらないことを願う。あるお笑い芸人が「首都圏マスコミは他人事みたい。豪雨で報道特番ないんだ…」とメディアに疑問を投げかけていたが、その気持ちもよくわかる。一方で、特に被害もなく夏休みのような天気の東京にいると、悲惨な現場とはどうしても距離感がある。衝撃的な映像や被害者の悲痛な声が瞬間的に突き刺さるだけだ。ずっしりと重い気持ちのなか、おちゃらけたことや、わくわくするような楽しいことを書く気にはなれないので、きょうのブログはこのへんで。

 
◇京阪奈和2018GW◇6 京都・伏見稲荷(下)

 
6

62

63

64

65

66


67

68

69

610_2











2018年7月 5日 (木)

0704 世界の壁は厚かった

1

【連載・京阪奈和2018GW5】京都・伏見稲荷大社の千本鳥居

2_2
 


中休み
◇サッカー・ワールドカップは8強が出そろい、アメリカ独立記念日のきょう4日から2日間の“休み”に入った。スポーツの試合を真剣に観戦すると、運動したのと似た効果があるという。ということで、こちらも疲労困憊。プロ野球は3日から9連戦が始まり、サッカーは深夜というハンデに加えて16強の戦いは一日2試合、そして当然ながら負ければ終わりという緊張の中で激闘が繰り広げられてきた。こちらは酒を飲みながらのテレビ観戦ということもあり疲れはそれこそ半端ない。そんな中でのブログ更新、お察しください。
  日本代表については世間で多く語られ続けているのでここではオミット。ベルギー戦は確かに感動もしたし、しかし全体を通して言えばセル爺ことセルジオ越後氏の言うように、10人相手のチームに1回勝っただけで残りは1分け2敗。8強の壁はまだまだ高いというのも確かだろう。でも次回<アジア>のカタールで開かれる大会では、これまでより期待は高まる。日本人として楽しみ。
  日本以外でも、感動的な試合はたくさんあった。だがこれも今回は取り上げない。優勝候補のスペインほか、Cロナウドのポルトガル、メッシのアルゼンチン、ハメスのコロンビアといったスーパースターのいるチームがベスト8に進出できなかったのが印象的だっただろうか。サッカーとは関係ない個人的な思いとしては16強のうち、ポルトガル、メキシコ、コロンビアの3か国にはまだ行ったことがない。カタールまでにぜひ訪れたい。
 
超夜型生活
◇「ワールドカップ休暇中」ということもあって、投資家としてのお仕事は、後場からの参戦という半ドンスタイルを取っている。朝5時ごろに寝て、午前9時からの市場に入るのは危なすぎる。冷静な判断こそが命の仕事だからね。新聞社の本社勤務時代は、昼過ぎから戦場のような職場で働き、午前2時頃の最終版の締め切りで休戦となり、刷り上がったばかりの新聞のすべての面をチェックした後、外の飲み屋で(旧館時代は編集局内で)メシを食いちょっとの酒を飲み、午前4時ぐらいからすべての全国紙の新聞を読み比べ、5時か6時くらいに寝室に行って2、3時間仮眠し、朝8時過ぎからまた夕刊という戦場で働く、という生活を7年ほど続けた。若かったからできたことで、今ではとてもじゃないができない。朝刊と夕刊を同じ人間が担当するのは世界でも稀有な例らしいが、よく命が持ったと今さらながら思う。いや、実際は在職中の死亡が多かったし、定年後すぐになくなる先輩たちも多かった。職場環境は改善されているとは思うけど、自分と同世代とその上はやっぱり短命だと思われる。だからこそ自分自身も今、できるだけ無理をせず体をいたわらなければならないし、したがってサッカー観戦と投資家の間で体に負担をかけることはできない。前置きが長くなったが、そのような理由から最近は前場の動きをみていないのだが、かなり荒れている。だが幸いにも前場をスキップすることで偶然だが救われることも多い。株価は寄り付きから徐々に下げ、後場からさらに下がり、しかし大引け前に下げ幅を大きく縮小する日が続いている。寄り付きからスタートすると、下げの場面で打診買いを入れ、さらに下がって本格的な買いを入れてしまい、結局損失が膨らむ、となるが、後場からの参戦で偶然にも底値で拾うことができ、スイングトレーダーにはラッキーな展開となっている。もっとも前に書いたようにポジションはほとんど落としてあるので、日経平均が下がれば下がるほど、気楽にトレードできている。さて、いよいよ今週末の6日。本格的な貿易戦争は回避できるとの見方が多いようだが、「俺の言うことを聞いたら取り下げてやる」的なスタンスでいったん関税を発動させる可能性も十分あると思う。すでにそのリスクも株価に折り込まれているという人もいるが、実際に関税となれば一段の下落は覚悟しておかなければならない。幸い回避となれば、ポジションを退避させていた機関投資家や、様子見で現金ポジションを取っていた個人投資家らが一気に買い向かうこともありうる。この場合はいわゆる上昇リスクが発生するわけで、気の抜けない来週になりうる。幸いW杯の方は、準々決勝は日本時間週末6、7日、決勝は再来週の16日で海の日の休日。来週をうまく乗り切れれば、今度はサマーバケーションへ。きょうの日経CNBCでやっていたAIによる向こう3か月の日経平均の予想によると、9月末までに3パーほど上がるとのこと。2万3千円ぐらいにも戻るようだ。日経レバみたいなものにベットしておいて、売買を控えるどころか市場ウォッチも適当にして、本格的にバカンスを満喫しよう。
 
友だち何人できるかな
クラスの連絡網を作りたいとのことで、一度やめたLINEを先週再開した。新たにアプリを入れたものの、「友だち自動追加」の許可を出すのが“怖く”て「不許可」のままにしていたら、友だちが1人のままで一向に増えない。唯一の友だちも「公式アカウント」だけだ。でもこれでいいと思っている。むしろ、当分の間は1人のままにしたい。そもそも前回やめたのは、その友だちたちが投稿するたびにスマホの音が鳴って、昼寝もできないような状態だったから。音の通知機能を切ればいいのにと助言されたのは、アプリを削除した後だった。今月末に行われるクラス会で直接、友人と「友だち」になればいい。フェイスブックも友だちが3ケタを超えないように気を付けている。そもそも最近は見ることがすっかり減った。人脈を広げて売り上げをはかるセールスパーソンでもないし、少ない人数で適度な距離を保ちながら続けるのが、ちょっとお年をめしたおっさんにはちょうどいい。何かのビジネス本の新聞広告に、定年後は友人関係の断捨離を行うのがいいとあった。結婚式や葬式にはでる必要はなく、そのような不義理が許されるのも「終わった人」の特権だと。SNSもセミ・リタイアの人間には、不義理もOKということだろう。友だち1人でも、ぜんぜんさみしくない。もっとも1人だけではLINEをする意味そのものがない気もするが…
 
みたどらまNo.121125 クリミナル・マインドS4#12#16
 

◇京阪奈和GW◇5 京都・伏見稲荷(上)
 
 テレ朝Qさま「日本の5大国際空港で聞いた外国人が行ってよかった春の名所・絶景・世界遺産」で、浅草寺を上回り、富士山に次いで2位だった伏見稲荷大社に行ってみた。京都市南部、伏見区深草にある。ウェキペデアによると、神社本庁に属さない単立神社で、稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。アイルランドからの留学生の女の子に自分が撮った千本鳥居の動画をみせてあげたところ、いたく感動して、私も行きたいと言っていた。結構な坂なので体力も必要。一度は行ってみたいという人で若くない人は、体力が衰える前に行ったほうがいいと思う。


3_3
 
楼門(重文)

4
 
楼門近くに無料の駐車場あり

5_2


6

7
 
いよいよ千本鳥居へ

8
 
スマホの嵐

9

左右に分かれ、登りは右

10
 
途中で混雑もおさまり、京都らしい風情に

11
 
市内が一望できるところへ。でも頂上はまだまだ



















 

2018年6月30日 (土)

0629 日本経済の梅雨明けはまだかな

1

横浜、本牧ふ頭(28日、横浜市で)

2
 
レインボーブリッジに感じが似てなくもない

3


橋梁美

4
 
横浜港を横目に走るのは気持ちいい

梅雨明け
◇関東甲信地方が梅雨明け。統計史上最も早いという。台風7号も発生。そのせいかわからないがお台場の海岸はここ数日、激しい強風に見舞われている。あまりにも海に近い場所に住むのも考えものである。タワマンということもあるが、窓を開けたまま寝ることはできない。エアコンのお世話になるが、電気代も痛いし、体にも悪いが、仕方ない。涼しい夏になるといいが、どうも猛暑らしい。
 
勝負の下半期へ
◇きょう29日は株式市場の6月最終日。日経平均は同月、0.4パーほど上がったというが、上海は9パーも下がったという。米国も低調。米中貿易摩擦懸念が影響している。とりあえず来月6日金曜日、対中関税が発動されるかどうかがカギとなりそう。心配しても仕方ないが、もはやテールリスクとは言えず、備えは必要。下値は限定的と巷間言われているが、すでにメドとされる2万2千円に接近しているので割れる可能性もある。逆に貿易戦争懸念は多少とも払拭されれば、本日の公務員を始めフリーにはないボーナスが支給されるほか、昨日の株主総会ラッシュを過ぎて配当金が個人投資家の口座に振り込まれるので、株式市場に資金が大量に入り底上げ要因となる。梅雨も明けたことだし、景気もパッと明るくなってほしいね。
 
決勝T進出
◇サッカー日本代表が決勝トーナメント進出を決めた。ネットニュースでは(テレビのワイドショー(って言うのかな今でも)でも同じ)、終盤のパス回しの話題で持ち切りだった。いろんな考えがあるから好きに発言すればいいと思う。パス回しに批判的な人はサッカーを知らない“にわかファン”だから、にわかかどうかを判断するいい材料と評論していた人もいたが、それは違うと思う。自分自身はにわかファンに毛が生えた程度だけど、あれはあれで良かったと感じた。もっともテレビで生中継をみていて気が気でなく、リモコン片手にフジとNHKを交互に見ていて少々疲れた。いちばんの“被害者”は高額なチケットを手に現地で観戦した人たちかもしれない。1位通過でも2位通過でも、決勝Tはイギリスかベルギーだからまったく関係ない。1位だと試合まで1日多いメリットがあったが相手も同じだからやはり関係ない。そもそもイギリスもベルギーも、それぞれベストメンバーで戦っていない。コロンビアと日本だったら絶対に日本と当たりたいはずだけど。それにしても、みんな自由にモノが言えていい国だ。直前に監督が交替し、ノックアウト・ステージは3戦全敗はほぼ間違いないと国民総悲観だったのに、あんな時間潰しはせず正々堂々と決勝トーナメントに行ってほしかったって、どんだけ上から目線なんだか、ってのが個人的感想。世界のベスト16なんて、世界ランク1位のドイツでも入れなかったんだから、すごいことだと思うけど。アジア、アフリカからは日本だけとなった。
 本田のツイッターの内容にはちょっと興味を持った。「本田圭佑、日本のメディアに苦言『スタメン公表してたけど…。真実追及のポイントがズレてる』」。ある社の記事の見出し。ポーランド戦当日、一部メディアが「6選手の入れ替え」や「4-4-2の採用」、「入れ替えるメンバー」について報道していたことに苦言を呈した。直前のテレビでも、それらをもとに、相手を欺くためとか、だれそれを入れた方がいいなどと盛り上がっていた。実際のメンバー、システムは、その一部メディア通りだった。それも1社2社ではない。練習は非公開で行われたから、誰かがしゃべったのは間違いない。現地でどういうやり取りがあったのかわからないので何とも言えないが、情報戦も勝敗の行方を決める重要なものだから本田選手のいらだちもわからないではない。もっともメディアの世界ではサッカーに限らず、捜査情報や人事報道などでもこのようなことは日常茶飯事だから驚きはないが、驚きがないことが元メディア人として腐敗していることかもしれない。ベルギー戦は日本時間の夜中、というか早朝午前3時から。フリーランスの特権で、もちろん生中継を見る。
 
横浜日帰りドライブ
◇前回のブログの続きで木曜日、横浜まで足を伸ばしてきた。「終の棲家」の一歩手前の移住先探し。東京市場の前場が終わるとすぐに着替え、車で東京・港区から横浜・金沢区まで出掛けた。自宅前の国道357号に入り、高速を使わずひたすら1本道。2時間足らずで着いた。目の前の首都高に乗れば1時間を切ったと思われる。磯子区も含め3か所ほどみてきた。横浜市も中心部を離れれば思った以上に自然豊かな場所だった。千葉・稲毛のベイサイドとの一騎打ちだが、稲毛の方がはるかに“都会感”がある。逆にいえば横浜郊外の方が地方的で、住むにはいいかもしれない。移住は半年か1年先かと考えていたが、前倒ししてもいいような気もしてきた。永住予定地の三浦半島には時間がなく(ナイターがあったので。車のテレビではBSは見られない)行けなかった。URは横須賀(現在空きなし)や藤沢、サザンの茅ケ崎、平塚にもあるようなので、そのうち訪れようと思う。一般道の357号は横浜の中心部を通らず、海沿いの首都高下を通るが、初めての本牧埠頭はなかなか気持ち良かった。若い頃ならデートで利用しまくったかもしれませんね。
 
みたえいがNo.31 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」(2016) スカパー・日本映画専門ch ★★☆☆☆ 山田孝之/綾野剛
 
 ファイナルはイマイチだったかな。世の中のことを知るには地下経済も知る必要があると思うが、経済の専門家の多くはどうも数字遊びばかりしている気がする。この手の映画を見るのも大事。
 
よんだほんNo.2 「日の名残り」 カズオ・イシグロ(土屋政雄訳) ハヤカワ書房 
 
Photo 原作を英語で読んだが、日本語の方がはるかに得意なので、確認のために翻訳で読んでみた。自分の英語の理解力はまだまだだと実感した。解説は英文学者の丸谷才一さん。女性新聞記者の世界を描いた「女ざかり」の著者。


 
 
 
 

 
 
 
 
5
 
神奈川といえば京急

6
 
京急富岡駅

7
 
京急富岡駅、反対側

8
 
近くにイオンさえあれば生きていける。金沢八景のイオンの専門店街で。やはりマグロ



2018年6月19日 (火)

0618 勝手に「ワールドカップ休暇」取得中

1


【連載・京阪奈和探訪2018GW・4】ガンバ大阪の本拠地、パナソニック・シタジアム吹田(大阪府吹田市で)

2 

スタジアム前のイオンの駐車場。平日昼間でサッカーの試合もない時はガラガラだった

3
 
大阪駅と大阪北部、千里中央駅を結ぶ、地下鉄(大阪メトロ)御堂筋線、北大阪急行南北線沿いの道(大阪・吹田市の江坂付近)

大阪で震度6弱
18日朝の通勤時間帯に大阪北部を震源地とする地震が起こり、大阪市などで震度6弱を観測した。通学途中の9歳の女児を含め同日深夜時点で4人が死亡した。女の子はブロック塀の下敷きになったが、この塀は違法建築だったという。目黒の虐待といい、行政はどうしてこんなに子供の命を守れないのだろうか。働き方改革で大人の命を守り豊かな暮らしを希求するのはいいとして、でもやならいといけないことは山ほどある。余震も予想される。政治でしょうもない権力争いをしているより、まず動いてほしいと思う。かつての同僚たちが必死で仕事をしている。リタイアして移住で大阪を離れて、自分には何もできないけど、早く元の暮らしに戻れるようお祈りいたします。
 
サムライブルーあす初戦
◇4年に一度のサッカーW杯が開幕。早速、熱戦を繰り広げている。どのペースでテレビ観戦するか、“試行錯誤”しているが、とりあえず頑張ってできるだけ生中継で見よう。ということで、閉幕まで「ワールドカップ休暇」とすることにした。欧州時間ということで試合は夜から深夜になる。適度に昼寝をして、効率よく見たい。プロ野球はセパ交流戦ということで6連戦が続き、こちらも大変だったうえ、わが巨人はイマイチの成績だったことから精神的な疲れも残るものの、多少プロ野球は端折ってもサッカーに集中したい。選ばれた国とはいえ、世界中の国が参加する祭典。おもしろくないわけがない。訪れた国も結構あるので、それらを思い出しながら、ビール片手に楽しもう。大阪は心配だけど、どうすることもできない。家族、親類は関西に多く住んでいるものの、被害があったという連絡は今のところない。
 さてそのW杯。ポルトガルースペインの生中継をみたのが、本格的にテレビ観戦に集中する決意の要因となった。やっぱりすごいね。Cロナウドはやっぱりすごかった。翌日の夕刊。本筋とは離れる話題だけど、「ロナウド ハット」の見出しとともに記事と写真が一面に掲載された一方、社会面(2社面)には「ロナルド選手24億円罰金」の記事。所得隠しが発覚し、スペイン税務当局と罰金1880万ユーロを支払うことで合意したという。初犯で懲役2年以下は執行猶予になることが多く、収監はされないらしい。個人的に気になったこと。一面の記事に「社会面に関連記事」という記載はなかった。会社で編成部に配属になったばかりの頃、地域版もやらず1面の助手からスタートしたのだが、各面に分かれる記事の確認をするのも自分の役目で、この関連記事を見逃すと実際にボコボコにされることはないけれど、精神的にボコボコにされた。だから今でも異様に気になる。まあ常識的に考えれば、選手が一緒というだけで、関連記事ではないな。でも個人で罰金24億円ってすごいね。ワールドカップで頑張らざるを得ないわけだ。
 ほかにも素晴らしい試合が続いている。90分みたわけではないものの、テレビを付けてしばらくして劇的なシーンに遭遇するケースが今回はラッキーなことに多い。ウルグアイーエジプト、イランーモロッコは、それぞれの劇的な得点シーンを生中継で見ることができた。フランスーオーストラリア、アルゼンチンーアイスランド、メキシコードイツ、ブラジルースイスは、食事をしたり、飲んだり、家事をしたりしながら、ほとんどをみた。すべて接戦で、戦術的なことはわからないけど、本当におもしろかった。ちょうどブログ連載で書いていて、日本がかつて破ったこともあるデンマークは、ペルーに勝利を収めた。日本代表にも明るいニュースか、いや関係ないか。なお、サッカーの日本代表には愛称がないことを今調べて知った。野球には「侍ジャパン」、女子サッカーには「なでしこジャパン」、女子バレーは「火の鳥ニッポン」などがある。サッカー男子はあえて言えば「サムライブルー」なんだそうだ。新体操のフェアリージャパンは何度か耳にしたことがあるが、水球のポセイドンジャパンは聞いたことはなく、ちょっと笑える。ちょっと脱線。テレビ観戦で得た知識で良かったのは、アイスランドの人口が約33万人で、新宿区と同じくらいということ。この小国が優勝経験もある強豪アルゼンチンに引き分けた。多けりゃ強いってわけではない。日本も少子化を恐れることはない。さて、しばらくすればイングランド戦。熱い風呂に入って、ビールで観戦といこう。終われば外は明るくなっているはず。それでも午前9時前にはデスクに座り、休暇中とはいえまたマーケットと向き合う。
 

みたえいがNo.29 「ロングキス・グッドナイト」(1996年、米) 20180612 テレ東 ★☆☆☆☆ ジーナ・デイビス/サミュエル・L・ジャクソン
 
「8年間存在を消された女…彼女の記憶が蘇った時、何かが起こる! ナイアガラの滝でのド迫力クライマックス! 息つく間もないスーパー・ヒロイン・アクション!」。題名に惹かれてみたけど、最低ランクの映画。途中で見るのをやめる勇気を持ちたい
 
みたえいがN0.30 「闇金ウシジマくんPart3(2016) 20160617 スカパー・日本映画専門ch ★★★☆☆ 山田孝之/綾野剛/白石麻衣/筧美和子 
 Part2の方がおもしろかったかな。日本映画では自分の場合、専門ではないけれど、取材等で多少なりとも裏社会の人々、特にトップにいるような人を知っていると、映像の中のフィクションの世界がウソくさくというか違和感みたいなものがどうしてもあって純粋に楽しめないことが多い。闇金…は映画より連続ドラマの方がおもしろい気がする。難波金融道ミナミの帝王のように。ウシジマくんPart3のファンサービス映像は、写真集がバカ売れの白石麻衣と筧美和子のヌードならぬランジェリー姿かな。Part2での女優・門脇麦のヘルス嬢役は妙にエロかったけど、今回はそれほどでも。美和子ちゃんはぽっちゃりだというのが脱いでわかったものの、個人的には興味なし。麻衣ちゃんはこの前のなんとか選挙、何位だったんだろう。調べる元気なし。
 
みたどらまNo.116120 クリミナル・マインドS4#7~#
11
 

◇京阪奈和探訪2018GW◇4


4
 
直進すれば千里中央、左に抜ければ豊中市の緑地公園

5
 
かつて住んでいた緑地公園駅近くのマンション(豊中市)

6


緑地公園と緑地公園駅を結ぶこの道を通って出勤していた。緑が気持ちいい。この近くに当時の社長が住んでいて、遭わないかヒヤヒヤしていたが、あちらは地下鉄で出勤するわけもなく、一度、駅近くのうどん屋さんか何かでお見掛けしただけだった

7
 
万博公園側からみたエキスポシティ(吹田市)

8
 
名神高速の上、モノレールの下を通る

9
 
エキスポシティ

10
 
館内

11

2018年5月25日 (金)

0525 フライング、ノーゲット

21_2
 
【連載・京阪奈和探訪2018GW3】万博記念公園内の岡本太郎作、太陽の塔(1日、大阪・吹田市で)
 

Photo_2

 
初めて炊いた発芽米のごはん。まったく大丈夫だったのでこれをメインにしよう(25日、東京・港区の自宅で)

                 

1_2


お台場海浜公園で今週、大掛かりな舞台設営。看板によるとこの土日、「未来型花火エンターテイメント(エンターテインメントではない)STAR ISLAND」が開かれるらしい

2_2

 
リハーサルも行われていた

3_2
 
夜、ナイターの音が聞こえなくなったのでベランダに出てみたら、さらに大掛かりなリハーサルが行われていた(25日、東京・港区で)

3日ぶり上昇
◇日経平均株価は3日ぶりに上昇。わがエクセルの記録によると、今年4営業日以上連続で下げたのは3月の終わりの4日と1月の暴落時の7日だけだった。2万3千円をつけた翌日に小幅に下げ、続いて250円を超える大幅下落が続いた。3日連続下げの引け後は日経先物でかなり上げていて、一安心も束の間、夜にはじりじりと下げ、そして大きな衝撃となったのは「米朝首脳会談中止」のニュースだった。ルーティンを終え、風呂に入り、簡単な夜食をつくってビールとシークワーサー・チュウハイを用意し、録り貯めた映像のうち映画にしようかドラマにしようか思案しながらCNNを見ていたら、この速報が入ってきた。日経先物をチェックすると、100円下げ、200円下げ、下落が止まらなくなった。ダウも大幅に下落している。そりゃそうか。3連続下げでポートフォリオの信用余力もギリギリになった時点でのさらなる大幅安となると痛い。時間の短いドラマを選び、自殺にみせかけた連続殺人事件が次々起こっているのに、頭の中では「あすは早めに起きて銀行に移しておいた現金をネット証券に戻し、ある投信を買う手続きを進めていた証券会社に電話して待ってもらおう」などといった考えがめぐり始めた。結局、ドラマを見た後はCNNとCNBCを見ながらネットのチェックにいそしんだ。アルコールはワインへと移行していたものの酔うことはなかった。そのうちトランプ大統領の会見の生中継が始まった。どうやら中止というより「延期」の色合いが濃いようだ。北朝鮮の役人たちがどういう意図かわからないけどここ数日、アメリカを挑発し続けていた。女性の高官はあからさまにペンス副大統領を非難していた。もともと実現可能性が高かったわけではない中で、トランプさんが決断した。個人的にはこのペンス攻撃が決断を後押ししたように思える。実際はもちろんわからないけれど。北朝鮮の計算違いか。アメリカを甘くみていたか。あの役人たちは粛清されることはないのだろうか。そんなことを考えながらダウやナスダックの動きを見ていると、下げ幅が縮小してきた。タブレットで日経先物を確認すると、最大で320円ほど下げていたものが200円を切るところまで戻っていた。そうだよね。株を扱っている人が国際政治に必ずしも精通しているわけではない。むしろFX、為替の人の方が一般に詳しい。108円台まで進んだ円高も再び109円台に戻り、その日はそれで別室の寝室に入ったが、朝起きたら日経先物は100円台の下落に戻っていた。今週最後の市場が始まり、日経平均は寄り付きから少ししてプラ転。50円ほど上げる場面もあった。ほんの少しだけ損切り(674円!)し、ポートフォリオを綺麗にして、今週のトレードを終えた。ほっと胸をなで下ろすとともに、トレーダーとしての日々成長してきていることを素直に喜んだ。年齢を重ねても、日々成長することが生きる希望を与えてくれる。なんてね。
 
先走りはダメ
◇月曜からはまた下げるかもしれない。2万2千から2万3千のボックス相場が続きそうだが。移住計画を確実に遂行するために利益を重ねたい。月末に大幅下げとなる要因がある一方、月末から来月にかけて配当の振り込みが始まる。最高の利益を出した多くの日本企業。夏にサマーラリーが訪れる可能性は十分ある。折しも「セル・イン・メイ」。5月に株を売って、バカンスを楽しみ、秋に戻ってきましょうねという相場の格言。敬愛する千葉県人の先輩、日経CNBCコメンテーターの平野憲一さんはこの日の番組で、<読めない材料>として、米朝首脳会談の行方/輸入自動車への関税/米中貿易戦争の行方の3つを挙げ、「走り出すのは読めたあと」とのアドバイスを“贈って”くれた。すべてはトランプ大統領による中間選挙への布石だから、これらの行方がわかってから走り出しても遅くはない、むしろそうすべきだというメッセージだ。6月初旬に波が来て、8月末からも波が来そうな気が個人的にはするが、ここは我慢して、しっかりバカンスを楽しもう。最近思うのは、相場の先を予想することではなく、予想の確度を上げることではなく、テールリスクも含めどんなことが訪れてもそれに対応する準備と能力を高めることが大事だということ。そうであれば、アナリストたちの予想が大幅に外れても、むしろありがとう、という優しい気持ちになれる。時間という武器を味方にして、来週からは相場からちょっと離れて、さらに楽しい暮らしを続けていこうと思う。
 
勝利のカギは面談
◇今週はじめ、取引のあるネット専業ではない一般の証券会社を訪れた。先週、運転中に電話がかかってきて、ハンズフリーなので会話はできたものの、メモもとれないし、担当者からぜひ来てくださいとのことだったので足を運んだ。前の担当者が産休に入ったのを機に担当者が代わり、さらに代わった方が若い女性にもかかわらず課長代理というエラい人だった。部屋も階下に汐留の街を見下ろす窓際の素晴らしい個室だった。そこでの面談は充実したものだった。株取引はネットで十分だが、一流の情報は対面してお互いに話しながら得るものだと思う。電話で得られることはまずない。証券会社のたぶんほとんどはメールのやり取りを禁じていると思う。そこで電話となるが、セールストーク以上の内容を得ることは難しい。ネット証券でスイング取引をしていることを明かしたうえで、中短期の戦略についていろいろアドバイスと情報をいただいた。ケチだからではなくその方との信用の問題でここでは記せないが、自分の見方とも重なる部分が多かったので、その戦略を推し進めていこうと思う。もちろん、移住計画もちゃんと話した。2020年まで頑張ろう。
 
みたどらまNo.101105 クリミナル・マインドS3#12#16
 

みたどらまNo.25 「ツーリスト」(2010年、米、仏) 20180523 テレ東 ★★★☆☆ ジョニー・デップ/アンジェリーナ・ジョリー 

 
 「華麗な旅人に潜む危険な謎。美しき水の都・ベネチアを舞台に繰り広げられる極上ミステリー!」
 
◇京阪奈和探訪2018GW◇3 万博記念公園(大阪・吹田市)/太陽の塔
 
 太陽の塔は大阪万博(EXPO’70)のテーマ館のシンボルとして建造され、万博終了後も万博記念公園に残された。「芸術は爆発だ」の芸術家・岡本太郎さんの作品。今年から再び内部の公開が始まったが数か月先まで予約でいっぱいとのことで中には入れなかった。帰省の折、小さい頃に訪れたはずだがほとんど記憶にない。お隣の豊中市には数年住んでいたものの、万博記念公園の中に入ったことはない。こんなにいい所とは思ってもいなかった。
 

22
 
太陽の塔

23

ガンバの本拠地、市立吹田サッカースタジアム(後方)の前のイオンモールの巨大駐車場に車を停めて、万博記念公園に向かう。平日だったため無料だった

24

 

万博記念公園入り口

25

26

27

28
 
子供用の乗り物も

29

210
 
ショッピングモールやモノレールの駅から名神高速の陸橋を通って公園へ

2018年5月16日 (水)

0516 難しい時代を生きていく


Photo


いまだに世間を騒がせている森友学園(大阪府豊中市で、2018年5月1日撮影)

1

事件のあったJR稲毛駅前(千葉市稲毛区で、2013年12月14日撮影)

Photo_2

JR稲毛駅。快速が停まり、東京駅まで約40分

1_2

 
事件のあった新潟市(2012年8月16日撮影)

2

 
隣の駅のJR新潟駅(2012年8月15日)

3

 
新潟市内の繁華街

インバウンド
◇先日、自宅マンション前で外国人旅行客から道を聞かれた。欧米ではなぜか道をよく聞かれるのだが、自宅前は初めて。ちょっと雑談となり、米国大使館移転で最近いちばんのニュースになっているイスラエルからの青年だった。清楚なバックパッカー風できれいな英語を話していた。こんな住宅街にまで歩いて回ってくれるのはうれしい。いい旅を。
 
ロード整備
◇日本経済復活のカギをにぎるひとつがそのインバウンド需要。きのうのヤフーニュースに、アメリカでは外食時のチップについて、なんとか廃止しようとしたものの結局ダメだったという話が載っていた。利用者の利便性以上に働く人たちの賃金と飲食店経営者、税金の問題などがからみあい、改革は簡単ではないようだ。それにしてもアメリカでの外食は高い、昼飯でもレストランに入りちょっとしたものを頼むと1人23千円は軽くいってしまう。それに比べるとデフレの日本はありがたい。安いうえにチップもいらない。最近、外国人旅行客の間で流行している「日本のラーメン」などは千円にも満たないものが大半。外国人のリピーターが増えるわけだ。
  インバウンド需要を取り込むには国内の道路整備も欠かせない。自宅から品川に数分で行ける道ができたことを最近知った。関西遠征の際にナビに導かれたのがお台場のフジテレビ横から海底を通り、羽田方面に抜ける道。これまで首都高だけかと思っていたら、国道357号が新たに開通していたのだ。イオンでのワオンポイント2倍デーの15日、品川シーサイドのイオンモールに、この道を通っていった。フジテレビ前から10分もかからなかった。これまではレインボーブリッジを通り、海岸通りを抜ける道を利用していたのだが、この海岸通りはトラックでいつも渋滞している。先日の要人来日の際は、首都高入り口に警戒のパトカーが張り付いていたこともあってハンパでない渋滞となっていた。働き方改革で時短するには、まず道路整備からだと思う。渋滞ほど無駄な時間ロスはない。品川イオンからの帰り、同じ道を戻ってこようと一応ナビを設定して逆向きに走った。ところが首都高の大井JCTあたりから357号に入る道が通行止めになっている。結局、東京五輪でカヌー競技が行われる中央防波堤経由で帰ることになった。自宅に戻って調べたところ、台場から大井に抜ける海底道は開通したものの、大井から台場方面は建設途中だということがわかった。2018度中の開通を目指しているという。早くできるとうれしい。
 
決算プレー、今度は失敗
◇その海底トンネルを作っている大手ゼネコン株でその日、いわゆる決算プレーをした。自動車株と建機株の2銘柄による成功体験から、つい安易にやってしまった。結果は散々。アナリスト予想がこんなに外れるとは思いもしなかった。やはり事前取材禁止の影響だろうか。単にアナリストがバカになっているせいなのだろうか。もうひとつ「働き方改革」関連銘柄でも決算発表直後に暴落し、利益確定というか損切りこそしなかったものの、前の2銘柄の利益の半分ぐらいの損失が含み損として残った。投資で学ぶべきことは、成功体験より失敗体験である。もっとも後者の働き方改革関連は翌日に3パーを超えるリバウンドをし、利に乗ったところで売却した。ちなみにその株、決算発表前日に仕込み、発表時間直前にかなり上がっていたのでいったん利確。改めて買い直したものだった。建設株も発表直前は買値より0.5パーほど上昇し、100万ほどの値がさ株だったこともあり、学生さんの1日のバイト代ぐらいにはなっていたので、今思うとそこで売っておくべきだった。あるいは2コ買ってひとつは利確しておくべきだった。デイトレに近いスイング取引も難しい。こちらは翌日も続落。もっともいわゆる割安株でもあるのでしばらくホールドしておく予定。海底道路の早期開通に向けた応援団という位置づけにもなると思う。功名心というか野心満々の検察特捜にいじめられちゃったからというのもあるしね。
 
イオン絶好調
◇その千葉が本社の大企業イオンは好調そのものだ。品川シーサイドイオンも大引け後に行ったのだが、主婦とみられる美しい女性の買い物客でいっぱいだった。きれいな女性でも節約志向の昨今、安い物を求めて街をさまよう。自分が保有する同社株も含み益が20%ほどになった。多くのアナリストが売り推奨まではいかないまでも成長期待薄として評価の低い銘柄だった。だが資金が潤沢だったころに最大1000株ほど持っていて、それをホールドしていれば、今なら利確で軽自動車くらいは買えたはずだ。中長期トレードも銘柄さえ間違えなければ大きな利益になる。
 
千葉の不幸
◇その千葉で、新潟の影に隠れて地味な扱いだったが、悲惨な事件が起こっていた。元千葉市議の男が、自分の妹の娘、姪っ子の幼稚園児を殺した。当初は民主党に所属し、パワハラまがいママ高嶋ちさ子らを輩出した有名音大出の元歌手で、任期中から親を殴って逮捕(起訴猶予)されるなど、いわくつきの男だったようだ。現場のJR稲毛駅前は自分にとって地元中の地元。浪人時代は毎日利用し、ここ10年でも中学や高校時代の友人との飲み会では何回も会場になっている。現場の居酒屋そのもの入ったことがあるか定かではないが、入っていても不思議ではない。先週土曜日にも、先の国道357号線を千葉方面に向けて走り、まさにこの駅の横を通ったばかりだった。最初の報道では「わけのわからないことをしゃべり」とマルセイ色を強めたニュアンスだったが、市議当選直後から党ともめるなどちょっとおかしな行動が目立ったようで、市議をやめてからは実質無職となって、いろいろ親戚筋から責められていたという。とても若い現在の千葉市長と昔から仲が良かったとの報道もある。なんにしても、思い出の地が、悲しい、イヤな事件の舞台になってしまった。
 
その他もろもろ
◇ブログを書き始めて、改めて最近はいろんなことが起こっていることに気付く。すでにたくさん書いてしまったので、また数日後の更新時にでも続きを書きたい。新潟の事件はまさに女児受難の時代の象徴。日大のアメフト問題は、メディアの反応が遅かった。動画が広がり始め、自身も確認したが、これをみてなぜマスコミがなかなか報道しないのか不思議でならなかった。NHKのニュース7では、スポーツ庁長官がコメントを出したタイミングで報道した。鈴木大地長官の地元はまさに「日大タウン」といってもいい千葉・習志野で、自身も日大関係の友人もいて、かなり複雑な気持ちではある。選手は監督の指示で行ったというが、その監督は現時点で雲隠れ中。選手は自主退部するようだ。アメリカではNFLでもコンカッション(脳震盪)などの影響で引退後の選手が半身不随などになるケースが続出し、大きな社会問題になっている。なぜもっと早くメディアが取り上げなかったのだろうか。
 先日、前の新聞社から社報が届いた。毎度のABC部数で3月度、朝日さんは約29万部減となりついに600万部を割った。毎日さんも300万部を割ったまま。読売も32万部減となり、このペースなら数か月後に800万部を割り込んでしまう。27万部減の日経も同じペースなら数か月で200万部を割る。部数減はインターネットが普及したから仕方ないと言われたが、ネットが普及して何年になるんだよ、っていう話。原因はそこではない。新聞を取らなくなった、読まなくなった理由を経営者だけでなく幹部ももっと真剣に考えないとダメだと思う。業界ごと人心一新も含めたドラスティックな改革をしないと未来はない。もっとも自分にその腹案があるわけではないのだけど。日本経済がいまいちぴりっとこないのも、マスコミと野党の凋落にある気がしてならない。自分が若い頃、記者はもっと尊敬され憧れの対象だった、ような気がする。
  その経済、決算発表シーズンも実質的に終了。きょうの日経CNBCで、アメフトの被害を受けた側の大学出身である司会の岡村くんが、アナリストの業績予想をなくした方が株価は安定するのではといった趣旨を話していた。日経新聞のベテラン記者はさすがにイエスとは言えなかったものの、1社に対するアナリストの数が少ないことが問題だと指摘した。数人のアナリストではどうしてもブレが出る。自分のような決算プレー被害者が出る。まあ、それも含めてギャンブルとみればおもしろいのかもしれないが。アメフトでも勝敗を決するのはギャンブルプレーだ。レイトタックルで相手をつぶすことではない。日経平均は2日続落。円が110台の円安になったにもかかわらず、米株が9日ぶりに下げたのが要因。GDPの発表も下押しに寄与した。もっとも後場には日銀買いが入ったと思われ、急速に下げ渋る場面もあった。それを予想して午前中に買ったレバを売って利確。このお金で夕方からバーチャルで飲みに行くことにし、あすからに備えようと思う。日経平均もそろそろ過熱感が出てきたようだ。2万3千円を前に足踏み。ボックス圏入りとの予想が大半を占めつつある。勝負するなら個別株しかない。個別株で勝つには、暑いけど街を歩くしかない。いつも同じ結論だけど、頑張ろう。
 
みたどらまNo.90No.95  クリミナルマインドS3#1~#6
 
◇京阪奈和探訪2018GW◇2 森友学園
 
  「瑞穂の國記念小学校」(豊中市野田町)を見てきた。テレビでは何度も目にしているが、行ってみて自分の目で確かめないと全体が把握しにくい。大阪本社勤務になって最初に住んだ豊中市の緑地公園から比較的近い場所だった。名神高速のすぐそば。すぐ上を大阪空港発着の航空機が通り、うるさそうなイメージだが、公園の緑があり、隣は大阪音大があり、正面も住宅地になっていて、小学校としてはいい環境の部類に入ると思う。校門正面で写真を撮っていると、鼻歌を歌いながら自転車に乗ったおっちゃんが近づいてきて、「役所もここを観光地にしてPRしたらええのにな」と話しかけてきた。実際、長野や千葉・習志野、足立など都内ナンバーを付けた車が近くに停まり、携帯で写真を撮っていた。ポロシャツにサンダルだったにも関わらず、消せない雰囲気というものがあるせいか、かのおっちゃん、何の取材?とさらに聞いてきた。いやいやいや。


21
 
森友学園「瑞穂の國記念小学校」

22

23

24
 
長野ナンバー

25
 
習志野ナンバー

26
 
校舎の裏側。右は名神高速

27

28

29
 
上空を航空機が通過

210_2
 
隣接する野田中央公園

2018年5月 7日 (月)

0507 サマーバケーションまで、また頑張ろう

1
 
千葉県立青葉の森公園(5日、千葉市で)

2

畜産技術発祥の地だそうです

3
 
園内にあるのは千葉県立中央博物館

4

 
視聴覚スペースでは森田知事とチーバくんの映像をずっと流していた

5


静かな始動
◇長い連休が明けて東京市場も再開。GW期間中、海外で大きな波乱はなく米ダウも順調に戻っていることから、日経平均も下げたもの堅調なスタートとなった。GW明け初日は例年、3ケタの下げか上げになるのがほとんどで、200円以上の時も多かったそうだ。この日も一時3ケタの下落となったものの、持ち高を減らすために週明け市場で機械的に売る機関投資家の動きが一巡したあとは後場から売る人がいなくなり、下げ幅は大きく縮小し、5円安とほぼ変わらず。大きく下げた場面では、こちらは絶好の買い場となった。早く2万3千円台回復、できれば2万4千円台にまで戻ってしてほしいと思います。
 
日本酒効果
◇連休で遊び疲れたのか6日夜から鼻水が止まらなくなり、わずかながら咳も出始めた。風邪かもしれず、ここは一気に退治しようと同日夜、季節外れの鍋をつくり、熱い風呂に入って、最初の1本はビールを飲んだものの、次は玉子酒がわりに日本酒の熱燗をビールのチェイサーで飲んだところ、翌日にはすっかり治っていた。鍋も鶏肉以外はすべて野菜にした白湯味で、ニラやネギを多めにしたことが功を奏したのかもしれない。きょうからまた、夏休みに向けた旅費稼ぎを頑張っていきたい。きのうのニュースで名古屋城の天守閣が改修のため数年間見学できないことを知った。近くを通って行こうかなと迷っただけに、時間的に厳しくても行っておくべきだったと少し後悔。迷った時は進むべきだと今さらながら学んだ。
 
完走
◇4日、中学の友人からメール。「これからハーフマラソン走る」と連絡があり、数時間後「完走した」と報告があった。おめでとう。素直にすごいと思う。昨年の横浜マラソンに出場予定で、仲間数人で応援(という名の観光?)することになっていたが、台風で中止になったのは既報の通り。彼はそれ以降も練習を続けたようで、今回の完走につなげた。夏にホテルで予定されているクラス会で改めて完走の感想を聞こう。
 
散歩
◇5日、千葉市の県立青葉の森公園に出掛けた。車イス生活で引きこもりがちの友人に初夏の自然を堪能してもらおうと別の友人が企画した。フェイスブックに投稿した分と同じ。前のBMWでは余裕だった車イスが今のCH-Rに入るか心配だったが、3人乗車でもなんとか載った。トランクの仕切りの下にあるスペアタイヤとジャッキなどの修理道具一式を前日に家に運び、仕切りを取って斜めにでも入るようにしたが、後部座席の背もたれの一部を倒してなんとか収まった。CH-RはせっかくのSUVなのにトランクスペースが小さいのが残念。公園は、企画した友人が車イスに優しい施設を調べた結果ヒットしたもので、相変らずの事前準備の手際の良さに感謝。GWにもかかわらずそれほど混んではおらず、駐車場も数分待ちで済んだ。障害者用の駐車スペースも満車にもかかわらず1台分空いていて助かった。千葉市民のモラルの高さにも感謝する。いつも行く都内のイオンでは、たいていヤンキー、ドキュン系の車が停まっている。車イスは左右のスペースがないと乗り降りできないので死活問題なのだ。身体障害者以外はなるべく停めるのはやめよう。公園は自身初めてだったが、千葉らしい「適度な」田舎で快適だった。ある程度年齢を重ねてから住むのなら、やはりこれぐらいの自然はほしいですね。子供の日らしい、おじさんたちの休日でした。
 
みたえいがNo.23 「ボーン・スプレマシー」(2004年、米)20180504 NHKBSプレミアム★★★★★ マット・デイモン 見た回数は2回や3回ではきかないけど、何度見てもおもしろいし、回数を重ねるたびに会話の理解度が上がるので新たな発見がある。

 
◇京阪奈和探訪2018GW◇
1・下道の旅
 

  近年毎夏の個人イベント「関西探訪」。海外に行く予定がなかったので今年はGWを利用した。投資の仕事をしながらの移動のため自家用車で出掛けた。お金がないわけではないが(たくさんあるわけでもないが)、有料道路をなるべく使わず、ある種のチャレンジとして「下道」を使った。行きはすべて下道で、結論から言うと、お台場から関西国際空港前まで約2800円だった。ガソリン代のみ。格安航空より、鉄道の青春キップより、高速バスより、安い。ハイブリッドさまさま。完全な電気自動車の時代になったら、もっとコストは下がるだろう。東京五輪後の将来的な夢としては、太陽光発電か風力発電か両方かを新しい自宅に設置し、移動にかかる費用を完全にゼロにしたいと思っている。車は自動ブレーキがあることもあって事故の不安はかなり軽減され、なによりナビが優秀すぎて、涙が出るくらいだった。というか、前のBMWに付いていた外付けのナビがバカ過ぎた。ぜいたくを言えばグーグルのように音声だけで検索できるとありがたい。都内から下道で行くのに町田や厚木、秦野市あたりで渋滞するので、今回はお台場を朝4時半過ぎに出発した。それでも朝が超早いそれらの市ではそれなりに道は混んでいた。沼津、富士市あたりから先はバイパスが充実していて、片側2車線を時速90キロ超で流れている区間も多かった。楽しいドライブだった。

 
201811
 
目の前に富士山登場

201812_2

 

富士山近くの道の駅

201813

 

たぶん掛川城。時間の関係で立ち寄らず

201814
 
う~み~

201815

 
伊賀の道の駅

201816

 
名阪国道から奈良盆地を臨む

201817
 
奈良・天理駅。すっかり変わっていてびっくり

201818


関西国際空港(左)と連絡橋

201819
 
ここまで590キロ、燃費はリッター28.9キロ

2018110
 
老犬ポポ







2018年5月 4日 (金)

0504 関西遠征から帰ってきた

Photo

静岡県内の道の駅で購入。シラスとイカナゴの佃煮は和歌山の冷水港近くで直販所で購入

1

GWのお台場、アクアシティー前の広場。ラテンアメリカ関係のイベントが開催中で、タンゴの曲に合わせて踊る人の姿も(3日、港区で)

2
 
沈む夕日、感動する外国人観光客ら(同上)

3

今年もGWは近場が人気だとか。滅多に満車にならない自宅前の駐車場も空き待ちの列(4日、港区で)

4

この余波で路線バスがロータリーを通れず、わがマンション駐車場の出入り口を使ってUターンを余儀なくされた。自転車のおばちゃんが、バス会社の人に何か詰め寄っているようだ。かわいそうなバス会社の方・・・(同上)

5

レインボーバスは最近増便されて10分置きより多く通るのだが、そのせいか2台が重なってしまった

帰京
◇関西遠征を終えて2日朝、帰ってきました。GW明けからまたダラダラと日常を綴っていこうと思っています。同遠征についてはそのときに随時、写真などを掲載していくつもりです。若い人たちはほぼまったく、大人たちもたまにしか閲覧および投稿しなくなったと思われるフェイスブックですが、久々にアップしたのでよければそちらをご覧ください。
 
◇歴史探訪2017年夏◇20(終)比叡山延暦寺(滋賀県大津市)
 
 標高848メートルの比叡山全域を境内とする寺院。天台宗総本山。開基は最澄。世界遺産。以上、ウィキより。
 京都に住んでいた5年間、比叡おろしと呼ばれる死ぬほど冷たい風にはさらされ続けたものの、京都から大津へ抜ける比叡山のドライブウエイは数えきれないほど通ったものの、延暦寺を訪れたことはなかったので、行ってみた。根本中堂は改修工事中だったものの、中には入ることができた。撮影は禁止。境内は東塔エリア、西塔エリア、西川エリアに分かれ、車で行くとそのたびに料金所を通過する必要がある。歩いて移動することも可能。横川エリアには東海自然歩道を歩いていき、記憶によると片道1時間以内だったと思う。正式に入社して改めて新人記者として奈良支局に勤務していた年の夏、ウィキなどには書かれていないがこの山中で殺人事件があった。美術史などを専攻していた千葉県に住む早稲田大学の女子学生さんが一人旅の途中、この山中でテント暮らしをしていた当時48歳の浮浪者に強姦され金品を奪われ命を失った。バブル絶頂期だったせいかどうかわからないが取材合戦は過酷を極めたため今でも印象に残っている。京都と大津支局の同期のともに女性記者も活躍し、取材班として自分よりも先に編集局長賞を取ったが、ともに数年して退社してしまった。現場付近は真夏でもひっそりしているが、昼間ならまばらながら観光客もいて、危ないことはない。しかし、用心するに越したことはない。

 
201
 
比叡山山頂付近から大津市内を臨む

202

入り口。駐車場のスペースは十分

203

根本中堂

204

改修工事中

205

写真撮影はここまで

206

207


208

東海自然歩道

209

歩道は整備されている

2010

横川エリア



2018年4月26日 (木)

0426 ナイスガイ

24

25日付日経新聞

25

26日付読売新聞。この日も打率1位を維持
 
                           ◆  ◆

Photo

イオンのオーナーズカードによる返金。半年で約35万円の買い物をし、返金率4パーで14374円の“還元”を受けた。これも旅の軍資金に

Photo_2

いつかの「Qさま」より、外国人の人気観光スポット

あすは南北会談。空転国会を尻目に世界は動いている。このところ大きなニュース、驚く出来事が多い。それらの中からいくつかをピックアップ。なお、ブログはまたしばらく休みます。理由は最後に。

人格者の死

◇プロ野球、元広島東洋カープの衣笠祥雄さんが23日、71歳という若さで亡くなった。その数日前、DeNA―巨人戦のテレビ解説者として出演しており、普段から高めの声でやや聞きづらかったが、その日はいつも以上に高音でしゃがれていたものの風邪ぐらいに思っていた。まさかその4日後に亡くなるとは想像もしていなかった。「鉄人」と言われた人でもがんには勝てない。いろいろ考えさせられた。死去を報じる番組をみていて、優しかった性格、長嶋茂雄さんをして「ナイスガイ」と言わしめた人柄に、改めて悲しさが訪れた。デッドボールで骨折して連続出場記録が危ぶまれた翌日、代打で出場した衣笠さんは大きな空振りをした。死球を与えた巨人の西本投手を安心させるために。1979年8月1日と2日の試合のこと。改めてそのことを調べようとネットをチェックしてみたら、当の西本さんが日刊スポーツに手記を寄せていた。涙なくしては読めない。25日付け読売新聞朝刊の社会面には記者の評伝が載っていた。自分が次席時代に同じ支局だったN君だった。こちらはお涙頂戴的な話ではなく試合に出続ける意義を隠れたエピソードを紹介しながら抑えた筆致で伝えていた。相変らずうまいなぁ。自分自身、直接取材したことはなく、ライバルチームの主砲ということでたまには休んでよと思ったこともないわけではなかったが、しかし当時から尊敬しているプレーヤーではあった。改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。

目下首位爆走中
◇悲報のあとに個人的にはとてもうれしいプロ野球のニュースが飛び込んできた。というか、その瞬間をテレビ画面でみた。当ブログで書いた通り、巨人の小林捕手が規定打席に達し、リーグトップとなった。まだ4月とはいえ、昨年、一昨年の最下位からの大躍進。単なる好調ではないことを証明した。小林は大阪出身で京都の大学を出ているが、高校は広島。怪我が多い捕手の中で昨年は試合で出続け、捕手として唯一の規定打席達成者となった。天国の衣笠さんからの贈り物であり励ましなのかもしれない。首位打者までは期待していないが、シーズン終了時には.250を超えていてくれたらうれしい。そして日本シリーズでホームランを打ってほしいですね。

山口メンバー
◇こちらはお酒ですっかり男を下げてしまった。行為そのものには正直、驚きはなかったが、強制わいせつ容疑で書類送検され、それが公になったことにはびっくりした。ジャニーズ事務所の力が相対的に落ちたこともあるのだろうけど、110年ぶりの刑法改正で性犯罪が厳罰化されたことが大きいと思う。強制わいせつ罪は改正で親告罪ではなくなった。被害者と加害者が示談したとしても、犯罪行為が証明されれば罪に問われる。信頼性の高い情報筋によると、被害女子校生の親が山口容疑者に対し強い処罰感情があったという。信頼性の高くない情報によると、女子高生とその友人を部屋に招き入れた直後から卑猥な言葉を浴びせ、ことができないと「ヤラないなら帰れ」と怒鳴って追い出したという。26日午後2時からの会見を、たまたま自宅にいたのでトレードの仕事をしながらテレビの音声だけ聞いた。酒の問題を抱えていた。いわゆるアル中ではなく、肝臓の問題で入院もしていた。仕事先にはその入院先から通っていたという。犯罪を起こしたのは退院したまさにその日で、酒を飲み、酩酊し、わいせつ事案を起こした。同情の余地はもちろんないものの、同世代というか中年という「いい大人」の少なからぬ人たちが起こす現代の問題である。飲み過ぎ、肝臓悪化という点では自分もまったく同じ。肝障害はここ20年ぐらいずっと医者から言われている。山口くんとの違いは、良く言えば自制心の違い、平たく言えば女性に対する違い。芸能人には彼よりももっとひどい行為、あるいは女性に対する振る舞いをするゲスがおそらくたくさんいるだろう。いや、会社員でもいるだろう。これからいろんなことが明らかになっていくだろうが、他人のふり見て我がふりではないけれど、いろいろ学習していこうと思う。2日前、日テレの「幸せ!ボンビーガール」で彼を見たばかりだった。ボンビーたちをみると、6畳一間トイレ共用バスなし家賃14000円のアパートで4年間を過ごした自身の学生時代を思い出し、「勇気」を与えてもらえるのだ。山口くんもその番組の司会でいつもいい味を出していた。彼の出演番組は驚くほど多い。その大半が放送中止、差し替え、編集などの対応となり、CMもほぼすべてが中止となるだろう。「わいせつ」はやはりダメージが大きい。東京五輪のアンバサダーも本人はたぶん無理だろう。グループのメンバーだってわからない。小池知事は「他のメンバーは頑張って」とコメントし継続するようだが。まあ公務員や会社員に比べて甘い世界だからいつか復帰するだろう。キスといっても欧米人のするようなものではもちろんなく、わいせつイメージはいつまでも残るだろうし、役人のセクハラ問題で特に今は風当りが厳しいとき。まずは酒の問題から手をつけないといけないだろう。同じ肝臓問題を抱える自分も。
 
戻り歩調、連休明けで一気に
◇決算発表シーズンに突入。一昨日は米長期金利上昇とキャタピラー問題で米国株が大幅下落したものの、日本への影響は限定的で、巨人の連勝と波長を合わせるように日経平均株価も少しずつ戻している。適度に上げ下げがあるのも個人投資家にはうれしい。大型連休で取引日がほとんどないことや、この1週間ほどのスイングトレードで2ケタの利益を出し、“軍資金”ができたのでまた数日間、旅人になることにした。思い立ったが吉日。あすから早速出掛けるので、ブログは当分休みます。皆様もよいゴールデンウィークを。
 
みたえいがNo.22 「パーフェクト・ヒート」(JAVA HEAT)(2013年、米)20180412テレ東 ★★★☆☆ ケラン・ラッツ/ミッキー・ローク/アリオ・バーユ
  「インドネシアのジャワ島を舞台に、男たちの熾烈な戦いが繰り広げられるノンストップ・クライム・アクション! 爆破事件の真相と王女の行方を追え!」
 
旅ばんぐみNo.23 日本の旬を行く!路線バスの旅「和歌山の旬めぐり 春を告げる桜鯛を一本釣り!」20180320(0H54M)BS-TBS 
  桜ビール/柑橘の女王「せとか」/紀淡海峡を望む絶景、加太温泉=旅人・渡部陽一(戦場カメラマン)
 
1

 
桜鯛

2
 

加太温泉からみる紀淡海峡
 
101
 

銀閣寺は一昨年に訪問。できれば番組で取り上げた「奥東山」には行ってみたいね。来週放送分は予約済
 
◇歴史探訪2017夏◇19 寺田屋(京都市伏見区)
 
  車で行ったのだが、京阪電車「中書島」駅から「竜馬通り」という商店街を抜けて徒歩約5分で到着。伏見の船宿で、坂本竜馬の定宿として有名。1862年(文久2年)に発生した薩摩藩の尊皇派志士の鎮撫事件(寺田屋騒動)、1866年(慶応2年)に発生した伏見奉行による竜馬襲撃事件(寺田屋遭難)の舞台となった。訪れた日の月曜は休館日で中は見られず。


191
 

寺田屋

192

193

194
 
京阪電車・中書島駅

195

 
駅構内に竜馬像

196
 
竜馬通り

197

198
 
お土産物屋さん

199
 
近くの川




より以前の記事一覧