B 日本ぶらり散策

2018年8月24日 (金)

0824 神戸電鉄、有馬線がありません

1

埼玉県川越市の「小江戸」
の街並み

2
 
美しい街並み

3
 
途中にある熊野神社。石畳を踏むとご利益があるようだが、胃腸に肝臓に悪いとこだらけなので今回は辞退

現在24日午後10時。いったんおさまったようにみえた強風が再び吹いている。関西を中心に爪痕を残した。巨人は、左に打たれる先発投手に、右打者を並べるという不思議なスタメンを起用した阪神に完封勝ち。水泳の池江は初の六連覇。50メートル決勝を生中継でみて感動する。ジャカルタの街を自由に行き交う映像をみて不思議な気がした。初めて訪れた時、タクシーの運ちゃんが緊張した声で窓を絶対に開けるなと叫んだ。日系ホテルで日本人が襲撃された直後だった。政情不安の当時のインドネシア。ジャカルタからバリ島に行くと、その時のタクシーは20台を超えるバイクの集団に囲まれてしまった。米中貿易戦争は新たなステージへ。しかし世界経済は比較的堅調。日本株は4日続伸した。先にワードに下書きをして、その長さに我ながら嫌気がさした。ヤフーニュースでも記事がちょっとでも長ければコメント欄に「長い」と即座に突っ込み投稿がくる時代。一応コピペして載せますが、読まずに写真だけでも楽しんでもらえればと思います。長いのは自分で忘れないよう日記代わりにしているため。あるいは年齢からくる衰え。
 
二日酔い
◇金曜日、若干の二日酔い。引っ越しの荷物を少しずつ減らしていこうと、買い置きのお酒を映画を見ながら延々飲み続けたのが原因。いい歳をして情けない。反省。
 
台風20号
◇その金曜日、台風の影響による強風は都内でも一日続いた。東京湾の海岸から30メートルほどしか離れていない高層マンションのわが家も、かなりの風。ベランダに出ると、体が飛ばされそうな恐怖さえ感じた。幸い、タバコをやめてもう何か月にもなるので、ベランダに出る必要がなくて助かった。
 台風被害は関西、特に兵庫が大きかったようだ。淡路島では風で発電する風車が風で折れてしまった。人的被害がなかったのがなにより。神戸市内では神戸電鉄・有馬線ののり面が崩れて線路が浮いた状態に。復旧には当面時間がかかるという。西宮市では屋根が吹っ飛んだ高層マンションもあった。妹が住んでいるマンションではなさそう。第二のふるさと京都では、神社の拝殿が倒壊。こいずれも人的被害がなく、よかった。
 テレビでは、かつて水没した高松市内の様子を資料映像として流していた。自分にとって忘れられない災害。同総局でのサブデスクへの転勤が決まり、家探しのついでにということで、同じく転勤で出ていくデスクに代わって臨時デスクを務めることになったのだが、着いたその夜に台風が四国を襲い、街は何十年か100年かに一度の大災害に見舞われることになった。現場記者の総局員の名前さえまだ覚えていない中で、彼らに指示を出し、本社からやむことのない電話に総局長と2人、対応したのを覚えている。死者も多数出た。高松市内の中心部でも腰までつかるほどの水であふれ、現場は総支局だから若い記者ばかりで、もちろんみな初体験でどう対処でしていいかわからずこちらに指示を仰いでくるのだが、自分自身も街中心部全体が水没した災害の取材は初めてで、したがってそんな大水災害取材の指揮を執るのも初めてだった。山間部に行ったカメラマンからは、真っ暗で前にも後にも進めないと電話があって「どうしましょう」と判断を迫られたときは、これまででいちばん緊張した。わが大阪本社では雲仙普賢岳取材でカメラマンを亡くし、自分自身は相棒予定の記者を勤務中の交通事故で失うなど、“殉職”が相次いでいた。本人もその家族ももちろん最大の不幸ではあるが、その陣頭指揮をとったデスク、総支局長や部長、局長も、一生の後悔となったはず。高松水没では結局、無事に取材を終えることができたが、日頃の心構えと準備の大切さを学ぶことになった。
 
夏枯れ相場終焉か
◇日経平均株価は3日続伸。週末金曜日は190円の大幅高となった。冗談で買ったメリカリも、前場こそ3パー以上下げていたが後場から反転し、逆に2パー高になる場面も。1コだけだが含み損は13万円を超え、損切りしなかった自身を恥じながらも、さすがに底打ちではないかと安心した。マザーズ市場にも資金が入り始めたようで、お盆の夏枯れ相場もそろそろ終わりか。ジャクソンホールでのFRB議長発言で問題がなければ、さすがに来週からは上向きとなるか。予想はしないが期待はしたい。
 持論を延々と主張して官房長官会見の“妨害”を続ける東京・中日イソ子記者に対し、その頑張る姿がネット動画で称賛が集まる「ガースー」こと菅さん。その菅官房長官が講演で「携帯電話料金は4割程度下げる余地がある」と語り、ドコモやKDDIなど通信大手の株価が暴落した。火曜日の後場、引け間際だっただろうか。株価は窓をあけて下がり、日経平均も急落。「なんやなんや」と調べていくうち、官房長官の札幌市内の講演での発言が要因と判明したが、結局、自分自身は何のアクションも引け前とあって取れなかった。これが結果的に奏功。翌日も下げ続けたため、「ここは買い」と某KDDI株を買い、さらに下がったために買い増した。翌日には反転し、自身の携帯代金2か月分ぐらいの利益を出すことができた。もうちょっと我慢し、本日金曜日まで待てば、半年分ぐらいにはなった。このへんのさじ加減が難しい。余力がたくさんあればもちろんホールドなのだが、零細投資家は回転売買で儲けるしかない。要人発言で「狼狽売り」と判断できれば、そこで利益を取るのはそう難しいことではない。機関投資家は基本的にサラリーマン。会社、上司に怒られないために、機械的に売る。個人投資家は売りすぎと判断すれば、粛々と買えばいいだけ。まあ書くと簡単だけど、実際は難しいが。
 ちなみに自身の携帯関連費用を確認してみた。移住に伴って自宅のWi-Fiなどを変更する必要もあるのでいい機会。カード引き落としの明細をネットで確認したところ(本当は毎月きちんとチェックすべきなんだけど)、iPhoneのドコモが約1万1千円、自宅のKDDIが約6千円、携帯用のワイモバイルが約2.6千円。ガースーじゃないけど、やっぱりもっと下げてよと思う。
 
みたえいがNo.38 「プラスティック」(2014年、英) 20180714 テレ東 ★★☆☆☆
 
「巧妙なクレジットカード詐欺をはたらいていた男たちが犯した痛恨のミス! 大物ギャングに狙われた彼らが挑む壮大な強奪計画とは!?」 
 本筋とはまったく関係ないが、最近はアメリカ英語ばかり聞いているので、イギリス英語がなんか鼻につくというか違和感があった。最初に留学したのは30年以上前のイギリスでそれが当たり前だったのにね。ストーリーは言葉に関係なくあまりおもしろくなかった。イギリス映画なのに撮影の大部分がアメリカ・マイアミ。懐かしい場所がどんどん登場してきて、それは楽しかった。
 
みたどらまNo.139142 ブラックリストS5#7~#10
 

◇移住するって?湘南だ◇4
 
 お盆明け、車を買った販売店を訪れる。来客が多く、駐車場は満車状態で、PHVの充電設備スペースに置かせてもらう。訪れたのは確認事項がたくさんあったため。車は分割で購入したのではなく、残価設定型の一括払い。したがって名義は東京トヨペットとなっている。神奈川に引っ越した場合にどうなるか、またURの不適切説明により結果的に現金が手許にあるから残存価値分を支払って(当然金利がかっている)自分名義にした方がいいか相談した。で結局、そのままにすることにした。ナンバーも、品川のままでもいいし、湘南にすることも可能だという。湘南の方がいいなぁ。でも時間もお金もかかるし、販売店の担当者によると車検時に変えるのが大半だという。冬タイヤの預かりサービスを利用しているが、履き替えるのは平塚の店で直接できないかも尋ねた。こちらは後日までに調べてくれるとのこととなった。同じトヨタといえ、販売会社はまったく違う。店を紹介してもらえるかもお願いした。自分でも調べたところ、自宅から5キロ以内に2軒の販売店があった。神奈川トヨタと神奈川カローラの系列。横浜近辺は頭に神奈川ではなく横浜がついて、横浜トヨタや横浜トヨペットなどとなっている。平塚にはレクサスもあった。茅ケ崎との間にあって、両市をカバーしているようだ。立体駐車場ではなく平置きになったので、CH-Rももちろん気に入っているが、日経平均が3万ぐらいになれば、レクサスの購入を検討してもいいかもしれない。
 携帯料金を調べたことは前に書いた通りだが、移住を機に様々な契約を見直そうと思っている。Wi-Fiは地元ケーブルテレビ局が回線を提供している。湘南ケーブルネットワークという会社だ。いろんなプランがあり、トレードでは何百分の1秒を争うようなスキャルピングなどをするつもりはないので、そこそこのものでいいと思っている。同社ではケーブルテレビ番組も配信しているので、スカパーをやめてそちらに1本化するのもいいかもしれない。BBCはないが、CNNや絶対に必要な日経CNBCはある。CATVなら現在のベランダでのアンテナではなくなるので、大雨の日に見られないということはない。在京民放系の番組は有料オプションが多いようなので、プロ野球観戦ではちょっと悩むことになるかもしれない。まあ、そんなことをぼちぼちと調べて、移住へのワクワク感を高めている。わずらわしい作業も、未来への投資と考えれば、多少は楽しくなる。出費を抑えられれば一石二鳥だ。交通系カードの変更も検討中。東京メトロ系でANAと提携している、いわゆる陸マイラーのためのカードを現在使っており、もちろんそのまま使うこともできるが、新天地ではJRが中心となる。日経、読売の最近の全面広告でJR東系カードのことが掲載されており、導入を検討中。Suicaviewカードが合わさったものでオートチャージもあり、ポイントが運賃にも使えるらしい。JR平塚駅についても調べてみた。平日の通勤時間帯、7時台の上り電車はなんと20本。3分に1本のペースだ。5分置きくらいの「ゆりかもめ」よりはるかに多い。東海道線と湘南新宿ラインがあるから。東京あるいは渋谷・新宿に直通で行ける電車が6分に1本の割合で、しかも何本かは平塚が始発となるようだ。都内や横浜から離れている割に家賃が少々高いのもわかる気がする。早い電車だと東京まで58分、渋谷まで57分のようである。千葉・津田沼での飲み会が多いので最終も調べてみた。津田沼2313分発に乗れば東京駅乗り換え1回で平塚に059分に着く。平塚駅から自宅には歩いて12分なので大丈夫。お台場の現在と同じ時間まで飲むことができそうだ、ということがわかった。もっとも乗車時間は1時間33分なので、飲んだ後では少々辛い。うっかり寝過ごすと小田原まで行くことになる。熱海でないだけマシか。新橋からだと同じ電車で、同駅2357分発。
 
◇おでかけパス、電車でぶらり◇2
 
 今回の写真は川越の「小江戸」。川越へはJR,東武東上線、西武新宿線が乗り入れている。小江戸の街並みへは、観光バスもあるが、歩いても十分行ける。すでに夕方に近づいていたが歩いていった。いちばんの観光スポット「時の鐘」は見られなかった。というか見忘れた。ネットで見てそれで満足したが、まあそれを言っちゃおしまいですかね。また訪れるか誰かを案内する機会があれば必ず見ることにしよう。
 

4

駅とをつなぐレトロバス

5
 
JR川越駅から小江戸街並み地区まで歩いていると多くの観光客

6

ここから「大正浪漫夢通り」

7

8


9
 
観光案内所

10
 
観光ガイドもいる

11

12
 
山崎美術館


2018年8月19日 (日)

0819 電車でGO

Photo
 
川越の小江戸散策を終え、埼京線に乗る前にギョーサの王将で。すでに3万歩超えをした後に食べる餃子と唐揚げ、天津飯、飲むビールは最高の至福

Photo_2
 

FBでも紹介したが、八王子駅で撮り鉄の集団に遭遇。結局、何がすごいのかわからずじまい

Jr_2
 
JR厚木駅。途中下車失敗。小田急との乗り換え以外に何もなし。海老名で降りたら巨大なららぽーとをみることができた。厚木は本厚木がメインなのかしら

Photo_3
 
橋本駅。初体験

Photo_4
 
八王子駅

Photo_5

 
東福生駅。横田基地のゲートには福生駅よりこちらの方が近い

Photo_6
 

川越駅。いつも乗るりんかい鉄道・埼京線の終着駅がここなので一度期待と思っていた。思っていた以上にすばらしい街で、思った以上に都心から遠かった
 
下には下が…
◇巨人敗退が濃厚な中でテレビを付けっぱなしにしてパソコンの電源を入れ、「ジャイアンツは接戦で勝てない」ことをリードにしてブログを更新しようかと思っていたところ、9回裏に4点差をひっくり返してまさかの逆転勝ち。同じパターンで負けるシーンばかり今シーズンは見てきたので、驚くのと喜ぶのとともに、上には上がいるのと同様、下には下がいるんだなと改めて思った。岩瀬が阿部に死球を与えた時はもしかしたら、中日がマルチネスを出してきて大城がヒットを打った当たりからは勝利を確信した。野球は流れだもんね。一度どちらかに傾いたら、変えるのは容易ではない。巨人は今季2度目のサヨナラ勝ち。マギーの勝利インタビューの最中、マギーのユニフォームを持った女性のGファンが涙を流すシーンをテレビが捉えていた。その気持ちわかるわ~。猛暑もそろそろ終わり。日本、世界全体の流れも、これを機にと言ったらおおげさだけど、何か流れが変わってほしい。

バイクの日
◇その日最初に車に乗ってエンジンをかけると、音声が日付けとその日が何の日だかを教えてくれる。きょうは819で、バイクの日だそうだ。移住を機に、いろいろ新たに、あるいはまた、やってみたいことがどんどん増えてきて、ネットで調べたり、店などに立ち寄ってみたり、メモを残してみたりしているのだが、バイクもそのひとつ。といっても昔みたいにスピードやハングの角度にはまったく興味がないので、気軽に乗れるスクーターなんかがいいかなと思いながらワクワクしている。夏はもう終わりそうだけど、湘南の風を感じながら海沿いを走ったらどんなに気持ちいいことだろう。自民党総裁選はほとんど関心ないけれど、安倍ちゃん再選→外国人投資家の日本への安心感→日本株買い→買い増し→世界的な株価上昇→わたくしの不労所得急上昇、てなことになれば、このワクワクも夢ではなくなるかもしれない。とりあえず自転車は買う必要があるかと思っているので、今週はその分を不労所得ではなく実力で稼げればと意欲を燃やしている。今週は2223日の米中協議が焦点か。
 
◇移住するって?湘南だ◇3
 
 18日土曜日、移住先マンションの内見に行ってきた。URはだいたいどこも同じようなつくりだし、あえて内見までもしなくても思っていたものの、一人ではなく複数の人たちから勧められたので、行ってきた。その際、メジャーを持ってちゃんと測ってくるのよと言われてハッとした。そうか、部屋を決めるだけでなく、引っ越しの際の家具のレイアウトまで考えとかないといけなかったのか。引っ越しの数は多いけど、辞令から着任まで晩年でこそ4週間ぐらいあったもののマスコミのあるあるかもしれないが急なことが大半で、部屋探しもたいていは即断していた。せいぜい間取り図をファックスで送ってもらうぐらいで、家具の配置などは引っ越しの際に自分がその場で指示し、雰囲気で、あるいは置ける場所に置いてもらう、というのが普通だった。この歳になっても学ぶことはまだまだある。
 金曜夕に地元平塚のショップから連絡があった。ネットには載っていない空き部屋があるとのことで、せっかくなのでついでに見せてもらうことにした。ちなみに仮契約をしたのは友人のいる千葉県内の営業所である。早朝8時13分品川発車の東海道線に乗り、9時1分に到着。10分ほどかけて歩いて現地に行き、まずは駐車場の位置選びから始めた。9時半になって管理人さんのところでカギを受け取り、結局、仮契約分を含め2棟、計4部屋を内見した。「ボンビーガール」や坂上忍の別荘選び、王様ブランチの物件リサーチなど、不動産関係の番組は結構みているので、ポイントは頭に入っている。1時間ほどかけてみて回り、仮契約した部屋に落ち着いた。しかし1フロア4軒と6軒のそれぞれ14階建てのマンションなのだけど、すべて間取りが異なっていて、ちょっとURを見直した。社会主義、共産主義国家の巨大集合住宅のように、すべて同じ間取りということはない。自分は高所恐怖症ぎみである。内見したのは、現在と同じ9階が2部屋で、あと12階と14階。間取りは9階の一部屋が使いやすそうだったが、部屋からかろうじてだが海が見えるということで12階と14階に絞った。住むのにちょっとしたこだわりは必要である。湘南は日本のカリフォルニアかマイアミみたいなものと勝手に思い込んでいるので、住居における海の概念は大事にしたい、と思った。14階は最上階で上階の騒音などの心配もなく、「ペントハウス」的なぜいたくさもあったものの、4LDKと一人で住む予定の自分には大きすぎ、間取りも使いにくく、12階と比べて2万円以上も高かったので、やめた。高さが怖かったこともある。選んだ部屋は角部屋でテラスが2か所あり、ワンフロアが4軒だけという点も気にいった。築年数は現在のお台場のマンションと同じだった。広さは現在より20平米ほど大きい。それでいて家賃・管理費は5万円ほど安くなる。ちなみに、道を挟んだ向かいのマンションで内覧会が行われていたが、同じような間取りの物件が4560万円ほどで売られていた。都心から離れていてもそこそこの値段がするものである。
 マンションのエントランスで、買い物車を押した高齢の女性からあいさつされた。ついつい気軽に話を聞いてしまうのは元マスコミ人の悪いところ。入居しようと思っているんですけど住み心地どうですかと聞いてみた。そのおばあちゃんは満面の笑みで、「本当にここは便利。買い物も便利だし、気候もいいし、住み心地は最高」と答えてくれた。唯一顔が曇ったのは「でも空き部屋があったんですか」と逆に質問されてそうと答えた時。ここはめったに空きがでないんですけどねぇと不満そうだった。今現在5部屋空いてますよとは、おばあちゃんに悪くてとても言えなかった。
 築年数は同じだけど、設備等は現在の方が充実している。ガスコンロはいまはビルトイン式のがついているが、内見はではなかったので新しいのを入れてくれるのかと思って聞いたら自分で買わなければならなかった。クーラーも現在は備え付けだが、新しい家ではフックや穴はあるもののクーラーはない。浴室も「浴室乾燥」の設備がない。いちいちベランダで干すのは面倒だ。まあ電気代、ガス代いらずで“タダ”だけど。一方、昔ながらの押し入れなんかがついていて、これば便利そうだ。寝室予定の部屋は、メジャーを持っていって本当に良かった。もっともスリッパやメジャーはURで貸してくれたけど。良かった理由は、家具のレイアウトがギリギリだったため。パズルのようにして、リビングからちょっと離れた44畳の洋間にダブルベッドとクローゼット、ハイチェストを置くことができそう。それでも備え付けのクローゼットの扉の開閉はギリギリだ。なんてことをあと1時間ほどかけて細かく測った。リビングはいまより広くなったので念願の「メディアルーム」をつくることができそう。元テレビ局員のコミュニケーション学部教授から学生たちに、ぜひ専用の部屋をつくることを推奨されたことがある。集合住宅なので大きなスピーカー等は厳しいものの、それなりの映像、音響機器を揃えたい。これも先に書いた日本、世界の景気次第だ。ちなみに、部屋選びでいつもチェック項目に入れている、スカパーが見られるかどうかだが、3方向に設置できるスペースがあり、ベランダにアンテナを設置している所もあったが、調べてみたところ湘南ケーブルネットワークという会社が番組配信からインターネット回線まで扱っていて、大半がそこに加入しているようなので、それで一気に解決しそう。現在の契約をすべて破棄し、新たに加入しなければならないことを考えると。その面倒くささに少々憂鬱になってしまうのだけど。まあ新たな時代に向かっていろいろ進歩していく中で、やらなければいけない手続きと思うしか、ないのかもしれない。
 午前中で選択決定、寸法測り、営業所、ショップへの連絡等を終え、お昼ごはんを兼ねて「ららぽ」へ行った。付近の道路は前回の土曜日より激減していた。海水浴客で異常だっただけかもしれない。一安心。でも店内はそこそこ混んでいた。どんな店があるのかチェック。買い物はここですべて簡潔しそうだ。衣服、旅行、趣味、本などあらゆる分野の店があり、車(日産)のショールームまである。湘南ベルマール、横浜ベイスターズ関連が多いのがちょっと気になったが(ヴェルディ、巨人ファンです)、まあ気にしない。ちなみに屋上駐車場の一角にはフットサルコートがあり、名称は「湘南ベルマーレスポーツフィールド平塚」だそうだ。3階にあかちゃん本舗があったがこちらは今も将来も自分には関係なさそう。1階に「キッチンストリート」というレストランゾーンがあり、軽食も合わせて20店舗ほどある。これならすべてここで外食でも飽きなさそう。3階には「湘南Food Hall」というフードコートがあり、ものは試し、ここで昼食を取った。ららぽのパンフで調べると、11店舗が出店し、客席数は780だそうだ。全館フリーWi-Fiとのことなので、家での仕事に煮詰まったらここで仕事をするのもいいかもしれない。パスワードはhiratsuka。覚えておこう。食べ終わって、改めて1階のイトーヨーカドーをチェック。家から一番近いメインエントランスからすぐのところにある。普段の食事の買い物も、ここで完結しそう。惣菜も、今よく行く豊洲(東雲)のイオンさんより充実し、品川シーサイド並みにある。移住を機にワオンからナナコへの浮気を考える時期かもしれない。そばには三崎まぐろ系のお魚屋さんと、三浦野菜系の八百屋さんもある。自転車なら家から1分半、歩いても3分ぐらいだろう。今からワクワクが止まらない。
 
◇おでかけパス、電車でぶらり◇1
 
 内見には電車で行った。今回も「休日おでかけパス」を使った。これを使うために土曜日にしたのだが、今は夏休みということで、平日も使うことができる。ちゃんと調べるべきだった。もっとも平日はマーケットがあって無理な日が多かったが。改めてJR東のHPでチェックすると、夏休みの利用期間は7月20日から8月31日。
 休日パスの値段は2670円。品川―平塚間の運賃は片道972円。バスを使わずに済む東京テレポートー平塚間だと片道1239円。ちなみに休日パスはりんかい鉄道(東京テレポート)で発券はできないが、利用はできる。つまり自分の場合、帰りにここで降りることができる。細かいことだが。■で、内見等の仕事が午前中で終わったので、このパスを使ってローカル線の旅をしてみることにした。というか、朝早く家を出たのは、電車でぶらりと旅しようと思ったことがある。「旅」というほど大げさではないが、パスの値段から必要経費分を引いた数百円で、80キロほど多く電車に乗ってきた。一度見てみたかった川越の小江戸の街並みや福生の横田・米軍基地付近も見られたし、八高線という単線も味わうことができたし、車中でプロ野球速報をチェックしているとみるたびにジャイアンツの得点が加算されホームランも5本飛び出して快勝したし、この夏最高の一日となった。旅というより散歩だが、大半は駅周辺を歩いたぐらい。乗り降りの回数は当然ながら制限はない。今回途中下車したのは、厚木、橋下、八王子、東福生、川越。いつものように何回かに分けてブログで紹介していきます。

 
Photo_7
 

テラスからの街並み。かろうじて相模湾と、たぶん三浦半島が見えた

Photo_8
 
もうひとつのベランダからの眺め。道路の右がららぽーと湘南平塚、道を挟んで奥が駐車場、手前が済生会平塚病院。救急車で運ばれることがあったら、たぶんそこに運ばれる

3
 
別の棟の廊下からの眺め。山が見えるが富士山は確認できなかった。手前が駐車場。写真を撮っていても高さで震える

Photo_9
 
ららぽ湘南の中のフードコート「湘南Food Hall」

2018年8月10日 (金)

0809 ビーサンが似合う街で楽しく暮らします

1

 
平塚市内。建物の奥が相模湾

Photo
 

中央が平塚市役所

        ◆   ◆

Photo_2

住民票を取りに行ったついでに久々にトヨタのメガウェブに。写真は新型のセンチュリー。もちろん購入予定はない

1_2

トヨタのコンセプトカー、クルーザー

Photo_3
 
フルフラットになるので、キャンピングカー的な使い方ができそうだ
 
お盆休暇週前、上放れ警戒
◇来週はお盆休みの週。いわゆる夏枯れ相場が本格的に始まる時期である。とうの昔にバカンス入りしている欧米の投資家に加え、働きバチの日本人も夏休み入りということで、極端に売買高が減少する。株価は上にも下にも触れやすいが、一般に夏枯れ相場というと下落を意味するようである。ポジションを落としたまま、誰も買わないからである。一方、米中貿易戦争に加え、日米両政府は日本時間あすから米ワシントンで閣僚級の貿易協議FFRを開くとあって、にわかに緊張感が高まっている。自動車ならびに関連株など誰も買っていない。しかしまあ、零細個人投資家としては、どちらに振れてもいいように、粛々とポジションを組むだけの話。どっちに振れても儲かるように、悪い頭を働かせよう。
 自身、W杯休みから夏休みと休養に努めているのだが、どうもセコセコと動く習慣が抜け切れず、先週も今週もよく“働”いた。投信の分配金、現物株の配当など生活のためのものを除いた、スイング、デイトレの先週の利益は約20万円だった。ギャンブルでいちいちノートに記録を取る人はいないと思うが、株トレードはビジネス、仕事なので、大勢の方からのアドバイスに従ってきちんと記録を取るようにしている。先週は決算のピークだったので、含み損こそかなりあるものの、とりあえずの利益確定でその額を叩き出した。
 きょう9日のトレードの中心となったのは決算の後始末銘柄だった。珍しく銘柄名を書く。東海カーボン。7日発表の決算で、今年12月期の連結純利益が前期比6.3倍見込みで今期3度目の上方修正と驚異の結果を出したのに、利益確定からか達成感からか大きく売られた。製鉄に使う黒鉛電極を値上げしたのが奏功したということだが、中国製品との競争力が落ちると誤解されたのだろうか。同国では粗悪な鉄鋼への規制が厳しくなり黒鉛電極の需給は逼迫している。7パーほど下げたところで打診買いも含め400株ほど買い、戻りを待ったものの、翌日もさらに下げた。バカなチャート投資家か空売りか。さらに2パーほど下げたところで買い増し、5パーまで下がった時には1000株を超えていた。落ちるナイフはつかんではいけないし、ナンピン的な買い方はしてはいけない。経験から学んだこと。しかしこの日は冷静だった。後場になって急速な買い戻し。後場中頃にはなんとプラ転となり、結局3パーほど上がった。戻りの途中で少しずつ売ったので劇的な利益とはならなかったものの、3万ほどの利益となった。余力を十分残して安全な取引を心掛けているが、最近の自らの行いが良いせいか、デイ、スイングとも好調だ。だが好事魔多し。メルカリの決算がこの日の引け後に予定されており、東海カを全部売り切ったところでメルカリを買ってみた。証券各社の目標株価は軒並み高い。100株買って、一応売りの指値を入れたところ、10分ほどで売れてしまった。5000円ほどの儲け。これでやめておけば良かったし、やめろと叫ぶ心の声は確かに聞いたのだが、それじゃおもしろくないし、勉強にならないと、引け間際に改めて100株買った。信用取引なので差金決済取引という違法行為にはあたらない。で肝心の決算発表。赤字だった。PTS(夜間取引)市場で10パーほど下げている。5千円儲けたのに、仮に10パー安だと4万ほどの損失となる。あすはもう少し戻すと思うが、しばらく塩漬けとなりそう。調子に乗ってはいけない。
 
新連載◇移住するって?湘南だ◇1
 
 おそらく15回目の引っ越しとなる。12か月の短期留学などを除き、生まれてから今までの住む場所は16か所目となる。持ち家ではなく賃貸物件に住む数少ないメリットのひとつが気軽に引っ越しできること。ヤドカリ人生を送りたい自由人はやはり賃貸である。今回の移住地も同じく賃貸物件。まあ資産があれば持ち家を買いたいところだが。
 移住先は神奈川県。先月から週末を中心に、移住先候補地を車やJRの休日おでかけパスを使って訪れ、この目で見て出た結論が湘南だった。改めて最終候補地を記すと、千葉・稲毛海岸、横浜・金沢区(並木と能見台)、湘南・鎌倉、湘南・平塚。そして最終的に決めたのは平塚だった。ブログで何度か書いた通り。改めて平塚を選んだ理由を記すと、海に近いこと、ほどほどの中都市、東京都心まで1時間ほどの位置、などなど。物件を選んだ理由は、駅まで徒歩12分の利便性、そこそこ静かでそこそこ都会、300メートル以内に「ららぽ」と済生会系の大病院があること、などなど。目の前は市役所とハローワーク(笑)。自転車で5分も走ればプロサッカーチームの本拠地でもあるスタジアムのある緑豊かな総合運動場がある。
 そして何よりうれしいのは自宅マンションにほぼ隣接する場所に市の中央図書館があること。下見で実際に中に入ってみた。そこそこの蔵書と、雑誌、新聞の種類もそこそこある。雑誌は購入せず図書館で閲覧することにしようと思うので、生活費の削減が図れる。蔵書とかぶる書籍も処分することができる。調べたいことがあれば図書館に行けばいい。実は大阪にいる時も一度、図書館近くに住もうと思ったことがある。心斎橋西、西区の大阪市立中央図書館。結局は豊中市から会社近くの北区、そして都島区を選んだ。当時は会社と家の往復だけで、家では寝るだけだったので意味はなかったはずだが、いまなら存分に堪能できる。移住後が楽しみでいまからワクワクしている。ビーサン(ビーチサンダル)が似合う街なので、ビーサンで出掛けて、本を読もう。最近調べて知ったもうひとつの楽しみ。目の前の市役所の食堂がかなりの評判らしいのだ。地下ではなくテラスもある場所で、役所なので当然安い。今は昼飯を自分で作っているが、移住後は前場と後場の間にささっと食べに行こうかな、と思っている。
 
◇京阪奈和2018GW◇7(終わり)

 
71
 
和歌山市の観光名所・加太。あまりの人と車の多さにここでの食事を断念

72
 
和歌山市のお隣、海南市

73
 
関西国際空港と連絡橋

74

りんくうタウン

75
 
大阪で土佐料理

76
 
宗教と野球で有名な天理市のJR天理駅。モダンになっていてびっくり

77
 
大津市のびわこ競艇

78

沼津のSA

2018年7月30日 (月)

0730 なんかまたしっかり暮らそうと思った週末

20181
 
幕張ビーチで初めて平日に行われた花火大会(27日、千葉市で)

20182

20183_2


20184

幕張花火
◇金曜日。高校からの友人宅で「幕張ビーチ花火フェスタ」を見物した。今回初めて平日に開催され、幕張海浜駅でいただいたパンフによると「第40回記念 千葉市民花火大会」は2万発超の打ち上げという。幕張海浜公園のビーチとマリンスタジアムに4千円から1500円の有料観覧席、幕張メッセ横とイオンモール幕張新都心前などに自由観覧席が設けられた。われわれは稲毛海岸のマンションのテラス席で、シャンパン、ビールに奥様の手料理付きと、最高に贅沢な環境の中での観覧となった。
 W大に通う下のお嬢さんの就職内々定を祝う形ともなった花火観賞会。神戸やロスで会った時は、ある言葉に反応してすぐ泣くような女の子だったのに、来年から社会人かと思うと時の過ぎゆく早さに改めて驚かされる。しかし人出不足で労働環境が悪化するなか、彼女たち世代の過大な労働によって、自分たちが年金を頂いてのうのうと暮らすのも気が引けるので、少しでも働いて残り少ない現役時代にしっかり稼ぎたい、との思いも強くした。若い人たちだけでなく、おっさん、おばさんももっと活躍しないと。
 
クラス会
◇翌土曜日は、そのおじさま、おばさまたちが集まる中学時代のクラス会が、同じ幕張のホテルで行われた。10数年ぶりに開かれた前回、3年か5年ごとにやりたいねとの声が上がり、結局、4年たった今年夏の開催となった。東京ディズニーランド近くに住む恩師も泊りがけで参加されるという盛大なイベント。あいにくの台風接近で、主に神奈川県内に住む数人が帰りの足が心配ということでキャンセルとなった。それでも台風が最接近し雨風強いときでもホテル内で1次会、2次会を無事開くことができ、3次会のときは外に出られるほど雨はやんでいたので幕張海岸駅近くの居酒屋で祝杯を挙げた。ホテルに帰ってからも幹事さんの部屋で、まるで学生のように酒とつまみでささやかな4次会となり、恩師も含め宿泊した6人は長い朝食でいろんな話をした。失礼ながら前回久しぶりに会ったときはやっぱりお年をめされたなと感じた先生が今回、前よりずっと若くエネルギッシュになっていたのに驚き、うれしかった。今回参加した元クラスメイトの多くが実は、メンバー構成を変えつつもそれぞれ数か月置きぐらいに会って、飲みに行ったり旅行に出掛けたりしているが、久しぶりの参加者もいて、またあらためて近況報告を聞くと、仕事や子育て、介護、家事などに頑張っていることがわかった。ぶらぶらしている自分も、それらを聞いて、自らを反省したり改心したりするつもりこそないものの、大いに刺激を受けた。3年後か4年後、また開くときは東京オリンピックも終わり、景気も下向きになっていると想定されるが、元気で再会できたらと思う。そのためには自分自身も老いぼれるわけにはいかないので、せめて気持ちだけはバリバリと働いていきたい。そう誓った週末。
 日曜日、朝食をともにしてクラス会メンバーと別れた後、千葉の別の友人宅に寄ってから、再び神奈川へ移住先探しに出掛けた。平塚では結局、内見まですることになった。近くにららぽーとがあるのだが、車の量がすごくまったく動かない。夏の日曜日に車で来て良かった。街のいろんな姿を見ることができる。鎌倉の物件は、鎌倉というブランドとともに、想像以上のいい環境だった。大船駅まで徒歩圏内でありながら北鎌倉のように落ち着いた雰囲気。相場も平塚と同程度。迷う。横浜・金沢区の能見台に着いた時は、すっかり暗くなっていた。緑も多く、通勤には便利そうだが、やはりベットタウン感がぬぐえない。そういえば平塚のショップでは、物件の良さより、平地がほとんどで人も環境も良いことなど街の魅力をアピールされた。人ごみがイヤでスローなライフスタイルへの憧れも移住理由のひとつなので、そのへんもしっかり考えたい。愛人宅に寄って、すでに住む魅力がすっかり薄れたいまの自宅に戻ったときは、すでに日が昇る直前だった。爆睡して、朝からマーケットに参戦。うまい具合に波に乗れた。やはりサーフィンのメッカ・湘南に行って得たご利益だったのだろうか。

 
Photo
 
幕張グリーンタワーホテルから幕張海岸駅方面を臨む。手前は三井アウトレットパーク(28日朝、千葉市で)

Photo_2


ホテルの朝食1泊目

Photo_3
 

茅ケ崎で食べたカレー(29日)

Photo_4
 
友人宅で飲んだシャンパン

Photo_5


お寿司と奥様手作り野菜たっぷりの料理



2018年7月25日 (水)

0724 Gショック

1
 
平塚ビーチ(22日、神奈川県平塚市で)

Photo


3


Photo_2
 
ビールで打ち合わせ(22日、千葉県津田沼市で)

Photo_3 
 
パフェで打ち合わせ


山あり谷あり、飯のタネ
◇週明けの日経平均株価は突然の急落。トランプ大統領がツイッターでドル高牽制をつぶやいたことによる円高が原因だった。113円台から一気に一時110円台に。さすがトランプさん。安倍さんや、たぶんツイッターをやっていない麻生さんや黒田さんが円高の時、こうやってつぶやいて円安になればどんなに心強いだろうか。日本の長期金利が上昇してそうなったものの、やがて米国の金利も日本以上に上がり、日米金利差から急激な円高は1日で終わった。結局ファンダメンタルズに帰結していく。日経平均は月曜、300円もの下落となったが、自分のようなスイングトレーダーには絶好の狩場。火曜、3ケタの上昇というか戻りが出た時点で一部を利益確定。ご苦労さまでした。

希望なき4連敗
◇ゲーム差5で迎えた後半最初の天王山、首位攻防戦。巨人は3試合で20点も取りながら3連敗し、ゲーム差は8と開いて優勝は絶望的となった。まあそれはいい。いちばん残念だったのは、試合を見ていても(3試合目は有料放送で見られなかった)、ほとんどワクワクしなかったことだ。やはり捕手問題が尾を引いている。興味のある人はめちゃくちゃ関心あるけど、そうでない人は当然ながらどうでもいい。ので、簡潔に。経緯は以前のブログで書いたが、正捕手の小林くんが干されている。ネットなどに流れる玉石混交の情報を総合すると、小林は懲罰交替が行われた前の対広島戦で、ミーティングでの指示を守らない配球をしたということで「謹慎処分」になっている模様だ。スタメンでは絶対使わない、打席には立たせない、ということから、かなり確度の高い情報だと思う。ではなぜ小林は指示を守らなかったのか。広島戦では以前から配球を読まれているという指摘があった。広島の打者が来るコースを完全にわかっていて、思い切り踏み込んで振ってくるというのだ。サインが盗まれているというより、小林のリードが単調だから、というのが定説だった。小林は律儀なヤツだと思う。ベンチの言う通りにリードしていたと思う。しかし広島には完膚なきまでに打ち込まれる。それを繰り返していてはプロではない。打者のしぐさを感じ、動きを見て、配球を変えていったと思う。しかしコーチら首脳陣はおもしろくない。ベンチがアホやからのエモやんじゃないけど、ベンチは大敗の責任を小林一人に押し付けた。のだと思う。鈍感なジャイアンツファンでもさすがに露骨なスタメン外しに異様さを感じ始め、ヤフコメでもアラブの春のように、小林出せの激しいムーブメントが起こっている。3連敗後のきょう24日も、小林はベンチスタートで、対ヤクルト戦も力なく敗退し、4連敗となった。あすから新外国人投手の先発なので、2軍でバッテリーを組んでいた宇佐見が先発、つまり小林はまたベンチスタートとなることが濃厚だ。やはりチームとして、厳格な処分、例えば20試合はスタメンマスクをかぶらせないとか、打席には立たせずに今シーズンは規定打席に達しないようにするとかかもしれない。あくまで推測だが、とんでもないブラック球団あるいはブラック首脳陣のもとで野球をしている選手たちが気の毒。カルビ(村田ヘッドコーチの愛称あるいは蔑称)が去らないようなら小林くんはぜひ巨人からよそへトレードに出してあげてほしいと思う。上が責任取らないで、現場のせいにするって、まあサラリーマン社会ならありがちなことだけど、プロ野球の世界であったらなんか寂しいね。

再び湘南
◇日曜日、午後から千葉・津田沼で急遽打ち合わせをすることになり、それをきっかけにまた湘南に行ってきた。ワールドカップ後遺症である睡眠の乱れがなかなか解消できず、土曜日の夜から家で飲み始めたものの、その後一睡もできず、それならと早朝に家を飛び出し、先週と同じJRの「休日おでかけパス」を買い、津田沼に行く前に横須賀線、東海道線、湘南新宿ラインなどを使ってぶらぶらしてきた。移住希望先の下見でもある。熱中症で死者が相次いでいるなか、平塚のビーチに行くのはちょっと勇気がいったが、肉体的なしんどさより夏の海のすばらしさに精神的なストレスがすべて吹っ飛んでいった。行ってよかった。今週末は花火大会と同級会で2連泊。もう少し涼しくなるといいな。

みたえいがNo.35 「蘇える金狼」(1979) スカパー日本映画専門ch+所有DVD ★★★★★ 松田優作/風吹ジュン

Photo_7 「昼は平凡なサラリーマン、しかし夜は組織へ反逆の牙をむく一匹の狼へ変貌する主人公朝倉哲也。彼は鍛え上げられた肉体と天才的頭脳を武器に、大企業や暴力団へ自らの野望のために次々と挑んでいく。原作は大藪春彦の初期の代表作」。飲みながらスカパーで見ていたのだが急な雨で映像が見られなくなり、持っていたDVDを出して改めてみた。何度みてもおもしろく痛快


みたえいがNo.36 「野獣死すべし」(1980) スカパー日本映画専門ch ★★★☆☆ 松田優作/小林麻美

「大藪春彦の人気小説を松田&村川透(監督)のコンビで映画化。1959年の仲代達矢主演作に次ぐ2度目の映画化」

 
Photo_4
 
JR横須賀線、逗子駅で電車の連結!(22日、神奈川県逗子市で)

Photo_5
 

逗子駅

Photo_6
 
車窓から、武蔵小杉

4
 
JR平塚駅(中央奥)の南口から平塚ビーチまで徒歩約15分

5

 

海岸沿いを走るごきげんな国道134号。先は大磯、そして小田原

6

7

8

9

10
 
「西海岸」行きのバス(平塚駅南口で)










2018年7月19日 (木)

0719 「W杯休み」が終わって「夏休み」に

Photo
 
JRの「休日おでかけパス」


Photo_2
 
平塚駅

Bmw


湘南ベルマーレの本拠地、湘南BMWスタジアム平塚

Photo_3
 
茅ケ崎駅。手前は京成バスだった

Photo_4
 
駅前で祭りの披露

Photo_5
 
藤沢駅

Photo_6
 
駅前の王将の看板を見た途端に入りたくなり、ビールでこってり中華料理

熱中症
◇猛暑。サッカー・ワールドカップが終り、超夜型生活からの復帰に苦しむ日々が続いている。しかし本格的な夏休みシーズン。スローペースで直していこう。■熱中症による救急搬送がうなぎ上りとなっている。高齢者の農作業は即、死とつながっているようなので気を付けたい。学生が集団で搬送されるケースも連日ニュースとなっている。中には死亡した小学生も。学校の先生はニュースを見ないのだろうか。そんな指摘がヤフコメでも相次いでいる。朝日新聞さんは「炎天下の運動はやめよう」と時宜を得た啓発記事を掲載。しかし「高校野球は例外か」と、とにかくクレームを言いたくてうずうずしている自称コメンテーターたちのつっこみでコメ欄は溢れている。ネット記事は外気にも増して熱い。というか少々ウザい。
 
湘南の風
◇熱中症になると世間様に迷惑がかかるので、外出するなというテレビの呼びかけに素直に応じて、近日はできるだけ家に引きこもるようにしている。しかしそれだと熱中症にはならなくても精神的な病に侵されないかと心配になる。
 というわけでもないのだが、猛暑が始まった頃の先週土曜日、物件探しを兼ねて湘南を歩いてきた。渋滞に巻き込まれるのがイヤだったので久しぶりに電車で遠出。前日にネットで調べたところ、「休日おでかけパス」というJRの切符があるのを知って、利用することにした。2670円で、首都圏を1日乗り放題。西は小田原、北は足利や土浦、千葉は上総亀山や成東、成田空港までカバーしている。りんかい鉄道も利用できるものの、その線の駅でパスは購入できないという。仕方がないので家の目の前のバス停から品川行きのレインボーバスに乗り、こっちの方が早いかと思い田町で途中下車。これが裏目に出た。緑の窓口は午前9時まで開かない。自販機で試したけれど無理だった。しかしここであきらめないのが昭和の男。改札のおねーさんに尋ねたところ、新幹線指定などが買える“高級”自販機だと購入できるということだった。岡マイラー用のANAパスモで簡単に買えた。山手線に乗って品川で乗り換えて、小田原行の東海道線に乗った。最初の目的地の平塚まで、あっという間だった。途中は思い切りはしょるけど、平塚ほか茅ケ崎、藤沢の物件のある場所を散策した。iPhoneのヘルスケアアプリの歩数計によると、この日歩いたのは約3万5千歩だった。こまめに水分を取り、食事のときは車ではないのでビールを飲み、それが奏功したのか熱中症の兆候は一切現れなかった。ただ翌日は足にきて、さらに数日後には日焼けでおでこあたりの皮がむけ始めてしまった。いい歳をして情けない。
 
夏の連ドラ
◇ブログを書いている途中で「ハゲタカ」(テレ朝系)をみた。初回。おもしろかった。原作は自分の大学、会社の先輩で、一度講演会でお会いさせてもらって握手までした真山仁さん。NHKのキャストは大森南朋、柴田恭兵、栗山千明らで、柴田恭兵がかっこ良かった。テレ朝では綾野剛、渡部篤郎、沢尻エリカら。エリカはやっぱりいい。今回得た教訓。「帳簿を見るだけでなく現場に足を運んでこの目で確かめる」。外資ファンドでも個人投資家でも、やはりやることは同じ。歩きまわる手間を惜しんで勝つこと、儲けることはできない。次回以降も楽しみ。今年の夏ドラマは今のところこの「ハゲタカ」と石原さとみの「高嶺の花」、ちょっとイロモノで「ゼロ一攫千金ゲーム」の3本でいこうと思っている。ゼロは、最初のゲームの答えが瞬時にわかってしまったので、テンポが遅いとの評判以上に遅く感じてしまった。賢すぎるのは良くないこともある。高根はやっぱりさとみちゃんの演技。春ドラマは「ブラックペアン」が個人的にはダントツだった。さて夏は?
 
みたえいがNo.33 「身体を売ったらサヨウナラ」(2017) スカパー日本映画専門ch ★★☆☆☆ 原作・鈴木涼美 柴田千紘
 
「東大大学院を経て新聞社の政治部で記者を務めるリョウコ(柴田)には大学在学中、AVに出演したという過去があった。実話を元にした原作を映画化」。
 坂上忍司会のテレビ番組でちょっと前、本人をみた。まあなかなかおもしろい人ではあった。美人ではないが肉感的。ウィキによると、大学教授の父、翻訳家の母の間に生まれ、大学は慶応、新聞社は日経。都議会担当だったという。AV嬢ということで話題になっているが、今の時代でそれほど特異なこととは思えない。映画での描かれ方も「女子大生の自分探し」で、自分の周りにも彼女と似たような生き方をしている人は数十年も前だけどいた。風俗嬢が大学に行くと褒められるが、大学生が風俗で働くと堕落したと言われる。世の中、難しいね。
 
みたえいがNo.34 「難波金融伝 ミナミの帝王35銀次郎VS夜逃げ屋」(2006) スカパー日本映画専門ch ★★☆☆☆ 竹内力/岩崎ひろみ/青田典子
 
◇「幸せの国」北欧◇41 デンマーク・コペンハーゲン チボリ公園(下)

 
411

412

413

414
 
ウミガメ

415

416


417

418
 
レストラン

419
 
野外音楽

4110










2018年7月 9日 (月)

0709 自然の猛威

◇サッカー・ワールドカップで世界中が熱狂するなか、ここ最近、大きな事件や災害が続いている。オウム死刑囚7人の刑執行、医学部裏口入学汚職で文科省官僚逮捕、米中関税追加発動、横浜点滴死で看護師逮捕などなど。明るいニュースといえば、タイの洞窟行方不明で少年らの生存が確認され、すでに4人が救助されたということぐらいか。しかし何より、心を重くしているのは西日本9府県を中心にした豪雨災害。9日夜時点で死者は3ケタに迫ろうとしている。被害の全容はまだまだわからないし、いろいろ思うことはあるものの、安易に記せる内容でもないのでブログでは静観しようと思う。テレビでみる映像は仕事や遊びで行った場所が多く、心が痛む。前の会社の同期や後輩らが、おそらく想像を絶する過酷さの中で取材している。すでに自分とは関係ないとはいえ、被害がこれ以上広がらないことを願う。あるお笑い芸人が「首都圏マスコミは他人事みたい。豪雨で報道特番ないんだ…」とメディアに疑問を投げかけていたが、その気持ちもよくわかる。一方で、特に被害もなく夏休みのような天気の東京にいると、悲惨な現場とはどうしても距離感がある。衝撃的な映像や被害者の悲痛な声が瞬間的に突き刺さるだけだ。ずっしりと重い気持ちのなか、おちゃらけたことや、わくわくするような楽しいことを書く気にはなれないので、きょうのブログはこのへんで。

 
◇京阪奈和2018GW◇6 京都・伏見稲荷(下)

 
6

62

63

64

65

66


67

68

69

610_2











2018年7月 5日 (木)

0704 世界の壁は厚かった

1

【連載・京阪奈和2018GW5】京都・伏見稲荷大社の千本鳥居

2_2
 


中休み
◇サッカー・ワールドカップは8強が出そろい、アメリカ独立記念日のきょう4日から2日間の“休み”に入った。スポーツの試合を真剣に観戦すると、運動したのと似た効果があるという。ということで、こちらも疲労困憊。プロ野球は3日から9連戦が始まり、サッカーは深夜というハンデに加えて16強の戦いは一日2試合、そして当然ながら負ければ終わりという緊張の中で激闘が繰り広げられてきた。こちらは酒を飲みながらのテレビ観戦ということもあり疲れはそれこそ半端ない。そんな中でのブログ更新、お察しください。
  日本代表については世間で多く語られ続けているのでここではオミット。ベルギー戦は確かに感動もしたし、しかし全体を通して言えばセル爺ことセルジオ越後氏の言うように、10人相手のチームに1回勝っただけで残りは1分け2敗。8強の壁はまだまだ高いというのも確かだろう。でも次回<アジア>のカタールで開かれる大会では、これまでより期待は高まる。日本人として楽しみ。
  日本以外でも、感動的な試合はたくさんあった。だがこれも今回は取り上げない。優勝候補のスペインほか、Cロナウドのポルトガル、メッシのアルゼンチン、ハメスのコロンビアといったスーパースターのいるチームがベスト8に進出できなかったのが印象的だっただろうか。サッカーとは関係ない個人的な思いとしては16強のうち、ポルトガル、メキシコ、コロンビアの3か国にはまだ行ったことがない。カタールまでにぜひ訪れたい。
 
超夜型生活
◇「ワールドカップ休暇中」ということもあって、投資家としてのお仕事は、後場からの参戦という半ドンスタイルを取っている。朝5時ごろに寝て、午前9時からの市場に入るのは危なすぎる。冷静な判断こそが命の仕事だからね。新聞社の本社勤務時代は、昼過ぎから戦場のような職場で働き、午前2時頃の最終版の締め切りで休戦となり、刷り上がったばかりの新聞のすべての面をチェックした後、外の飲み屋で(旧館時代は編集局内で)メシを食いちょっとの酒を飲み、午前4時ぐらいからすべての全国紙の新聞を読み比べ、5時か6時くらいに寝室に行って2、3時間仮眠し、朝8時過ぎからまた夕刊という戦場で働く、という生活を7年ほど続けた。若かったからできたことで、今ではとてもじゃないができない。朝刊と夕刊を同じ人間が担当するのは世界でも稀有な例らしいが、よく命が持ったと今さらながら思う。いや、実際は在職中の死亡が多かったし、定年後すぐになくなる先輩たちも多かった。職場環境は改善されているとは思うけど、自分と同世代とその上はやっぱり短命だと思われる。だからこそ自分自身も今、できるだけ無理をせず体をいたわらなければならないし、したがってサッカー観戦と投資家の間で体に負担をかけることはできない。前置きが長くなったが、そのような理由から最近は前場の動きをみていないのだが、かなり荒れている。だが幸いにも前場をスキップすることで偶然だが救われることも多い。株価は寄り付きから徐々に下げ、後場からさらに下がり、しかし大引け前に下げ幅を大きく縮小する日が続いている。寄り付きからスタートすると、下げの場面で打診買いを入れ、さらに下がって本格的な買いを入れてしまい、結局損失が膨らむ、となるが、後場からの参戦で偶然にも底値で拾うことができ、スイングトレーダーにはラッキーな展開となっている。もっとも前に書いたようにポジションはほとんど落としてあるので、日経平均が下がれば下がるほど、気楽にトレードできている。さて、いよいよ今週末の6日。本格的な貿易戦争は回避できるとの見方が多いようだが、「俺の言うことを聞いたら取り下げてやる」的なスタンスでいったん関税を発動させる可能性も十分あると思う。すでにそのリスクも株価に折り込まれているという人もいるが、実際に関税となれば一段の下落は覚悟しておかなければならない。幸い回避となれば、ポジションを退避させていた機関投資家や、様子見で現金ポジションを取っていた個人投資家らが一気に買い向かうこともありうる。この場合はいわゆる上昇リスクが発生するわけで、気の抜けない来週になりうる。幸いW杯の方は、準々決勝は日本時間週末6、7日、決勝は再来週の16日で海の日の休日。来週をうまく乗り切れれば、今度はサマーバケーションへ。きょうの日経CNBCでやっていたAIによる向こう3か月の日経平均の予想によると、9月末までに3パーほど上がるとのこと。2万3千円ぐらいにも戻るようだ。日経レバみたいなものにベットしておいて、売買を控えるどころか市場ウォッチも適当にして、本格的にバカンスを満喫しよう。
 
友だち何人できるかな
クラスの連絡網を作りたいとのことで、一度やめたLINEを先週再開した。新たにアプリを入れたものの、「友だち自動追加」の許可を出すのが“怖く”て「不許可」のままにしていたら、友だちが1人のままで一向に増えない。唯一の友だちも「公式アカウント」だけだ。でもこれでいいと思っている。むしろ、当分の間は1人のままにしたい。そもそも前回やめたのは、その友だちたちが投稿するたびにスマホの音が鳴って、昼寝もできないような状態だったから。音の通知機能を切ればいいのにと助言されたのは、アプリを削除した後だった。今月末に行われるクラス会で直接、友人と「友だち」になればいい。フェイスブックも友だちが3ケタを超えないように気を付けている。そもそも最近は見ることがすっかり減った。人脈を広げて売り上げをはかるセールスパーソンでもないし、少ない人数で適度な距離を保ちながら続けるのが、ちょっとお年をめしたおっさんにはちょうどいい。何かのビジネス本の新聞広告に、定年後は友人関係の断捨離を行うのがいいとあった。結婚式や葬式にはでる必要はなく、そのような不義理が許されるのも「終わった人」の特権だと。SNSもセミ・リタイアの人間には、不義理もOKということだろう。友だち1人でも、ぜんぜんさみしくない。もっとも1人だけではLINEをする意味そのものがない気もするが…
 
みたどらまNo.121125 クリミナル・マインドS4#12#16
 

◇京阪奈和GW◇5 京都・伏見稲荷(上)
 
 テレ朝Qさま「日本の5大国際空港で聞いた外国人が行ってよかった春の名所・絶景・世界遺産」で、浅草寺を上回り、富士山に次いで2位だった伏見稲荷大社に行ってみた。京都市南部、伏見区深草にある。ウェキペデアによると、神社本庁に属さない単立神社で、稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。アイルランドからの留学生の女の子に自分が撮った千本鳥居の動画をみせてあげたところ、いたく感動して、私も行きたいと言っていた。結構な坂なので体力も必要。一度は行ってみたいという人で若くない人は、体力が衰える前に行ったほうがいいと思う。


3_3
 
楼門(重文)

4
 
楼門近くに無料の駐車場あり

5_2


6

7
 
いよいよ千本鳥居へ

8
 
スマホの嵐

9

左右に分かれ、登りは右

10
 
途中で混雑もおさまり、京都らしい風情に

11
 
市内が一望できるところへ。でも頂上はまだまだ



















 

2018年6月30日 (土)

0629 日本経済の梅雨明けはまだかな

1

横浜、本牧ふ頭(28日、横浜市で)

2
 
レインボーブリッジに感じが似てなくもない

3


橋梁美

4
 
横浜港を横目に走るのは気持ちいい

梅雨明け
◇関東甲信地方が梅雨明け。統計史上最も早いという。台風7号も発生。そのせいかわからないがお台場の海岸はここ数日、激しい強風に見舞われている。あまりにも海に近い場所に住むのも考えものである。タワマンということもあるが、窓を開けたまま寝ることはできない。エアコンのお世話になるが、電気代も痛いし、体にも悪いが、仕方ない。涼しい夏になるといいが、どうも猛暑らしい。
 
勝負の下半期へ
◇きょう29日は株式市場の6月最終日。日経平均は同月、0.4パーほど上がったというが、上海は9パーも下がったという。米国も低調。米中貿易摩擦懸念が影響している。とりあえず来月6日金曜日、対中関税が発動されるかどうかがカギとなりそう。心配しても仕方ないが、もはやテールリスクとは言えず、備えは必要。下値は限定的と巷間言われているが、すでにメドとされる2万2千円に接近しているので割れる可能性もある。逆に貿易戦争懸念は多少とも払拭されれば、本日の公務員を始めフリーにはないボーナスが支給されるほか、昨日の株主総会ラッシュを過ぎて配当金が個人投資家の口座に振り込まれるので、株式市場に資金が大量に入り底上げ要因となる。梅雨も明けたことだし、景気もパッと明るくなってほしいね。
 
決勝T進出
◇サッカー日本代表が決勝トーナメント進出を決めた。ネットニュースでは(テレビのワイドショー(って言うのかな今でも)でも同じ)、終盤のパス回しの話題で持ち切りだった。いろんな考えがあるから好きに発言すればいいと思う。パス回しに批判的な人はサッカーを知らない“にわかファン”だから、にわかかどうかを判断するいい材料と評論していた人もいたが、それは違うと思う。自分自身はにわかファンに毛が生えた程度だけど、あれはあれで良かったと感じた。もっともテレビで生中継をみていて気が気でなく、リモコン片手にフジとNHKを交互に見ていて少々疲れた。いちばんの“被害者”は高額なチケットを手に現地で観戦した人たちかもしれない。1位通過でも2位通過でも、決勝Tはイギリスかベルギーだからまったく関係ない。1位だと試合まで1日多いメリットがあったが相手も同じだからやはり関係ない。そもそもイギリスもベルギーも、それぞれベストメンバーで戦っていない。コロンビアと日本だったら絶対に日本と当たりたいはずだけど。それにしても、みんな自由にモノが言えていい国だ。直前に監督が交替し、ノックアウト・ステージは3戦全敗はほぼ間違いないと国民総悲観だったのに、あんな時間潰しはせず正々堂々と決勝トーナメントに行ってほしかったって、どんだけ上から目線なんだか、ってのが個人的感想。世界のベスト16なんて、世界ランク1位のドイツでも入れなかったんだから、すごいことだと思うけど。アジア、アフリカからは日本だけとなった。
 本田のツイッターの内容にはちょっと興味を持った。「本田圭佑、日本のメディアに苦言『スタメン公表してたけど…。真実追及のポイントがズレてる』」。ある社の記事の見出し。ポーランド戦当日、一部メディアが「6選手の入れ替え」や「4-4-2の採用」、「入れ替えるメンバー」について報道していたことに苦言を呈した。直前のテレビでも、それらをもとに、相手を欺くためとか、だれそれを入れた方がいいなどと盛り上がっていた。実際のメンバー、システムは、その一部メディア通りだった。それも1社2社ではない。練習は非公開で行われたから、誰かがしゃべったのは間違いない。現地でどういうやり取りがあったのかわからないので何とも言えないが、情報戦も勝敗の行方を決める重要なものだから本田選手のいらだちもわからないではない。もっともメディアの世界ではサッカーに限らず、捜査情報や人事報道などでもこのようなことは日常茶飯事だから驚きはないが、驚きがないことが元メディア人として腐敗していることかもしれない。ベルギー戦は日本時間の夜中、というか早朝午前3時から。フリーランスの特権で、もちろん生中継を見る。
 
横浜日帰りドライブ
◇前回のブログの続きで木曜日、横浜まで足を伸ばしてきた。「終の棲家」の一歩手前の移住先探し。東京市場の前場が終わるとすぐに着替え、車で東京・港区から横浜・金沢区まで出掛けた。自宅前の国道357号に入り、高速を使わずひたすら1本道。2時間足らずで着いた。目の前の首都高に乗れば1時間を切ったと思われる。磯子区も含め3か所ほどみてきた。横浜市も中心部を離れれば思った以上に自然豊かな場所だった。千葉・稲毛のベイサイドとの一騎打ちだが、稲毛の方がはるかに“都会感”がある。逆にいえば横浜郊外の方が地方的で、住むにはいいかもしれない。移住は半年か1年先かと考えていたが、前倒ししてもいいような気もしてきた。永住予定地の三浦半島には時間がなく(ナイターがあったので。車のテレビではBSは見られない)行けなかった。URは横須賀(現在空きなし)や藤沢、サザンの茅ケ崎、平塚にもあるようなので、そのうち訪れようと思う。一般道の357号は横浜の中心部を通らず、海沿いの首都高下を通るが、初めての本牧埠頭はなかなか気持ち良かった。若い頃ならデートで利用しまくったかもしれませんね。
 
みたえいがNo.31 「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」(2016) スカパー・日本映画専門ch ★★☆☆☆ 山田孝之/綾野剛
 
 ファイナルはイマイチだったかな。世の中のことを知るには地下経済も知る必要があると思うが、経済の専門家の多くはどうも数字遊びばかりしている気がする。この手の映画を見るのも大事。
 
よんだほんNo.2 「日の名残り」 カズオ・イシグロ(土屋政雄訳) ハヤカワ書房 
 
Photo 原作を英語で読んだが、日本語の方がはるかに得意なので、確認のために翻訳で読んでみた。自分の英語の理解力はまだまだだと実感した。解説は英文学者の丸谷才一さん。女性新聞記者の世界を描いた「女ざかり」の著者。


 
 
 
 

 
 
 
 
5
 
神奈川といえば京急

6
 
京急富岡駅

7
 
京急富岡駅、反対側

8
 
近くにイオンさえあれば生きていける。金沢八景のイオンの専門店街で。やはりマグロ



2018年6月19日 (火)

0618 勝手に「ワールドカップ休暇」取得中

1


【連載・京阪奈和探訪2018GW・4】ガンバ大阪の本拠地、パナソニック・シタジアム吹田(大阪府吹田市で)

2 

スタジアム前のイオンの駐車場。平日昼間でサッカーの試合もない時はガラガラだった

3
 
大阪駅と大阪北部、千里中央駅を結ぶ、地下鉄(大阪メトロ)御堂筋線、北大阪急行南北線沿いの道(大阪・吹田市の江坂付近)

大阪で震度6弱
18日朝の通勤時間帯に大阪北部を震源地とする地震が起こり、大阪市などで震度6弱を観測した。通学途中の9歳の女児を含め同日深夜時点で4人が死亡した。女の子はブロック塀の下敷きになったが、この塀は違法建築だったという。目黒の虐待といい、行政はどうしてこんなに子供の命を守れないのだろうか。働き方改革で大人の命を守り豊かな暮らしを希求するのはいいとして、でもやならいといけないことは山ほどある。余震も予想される。政治でしょうもない権力争いをしているより、まず動いてほしいと思う。かつての同僚たちが必死で仕事をしている。リタイアして移住で大阪を離れて、自分には何もできないけど、早く元の暮らしに戻れるようお祈りいたします。
 
サムライブルーあす初戦
◇4年に一度のサッカーW杯が開幕。早速、熱戦を繰り広げている。どのペースでテレビ観戦するか、“試行錯誤”しているが、とりあえず頑張ってできるだけ生中継で見よう。ということで、閉幕まで「ワールドカップ休暇」とすることにした。欧州時間ということで試合は夜から深夜になる。適度に昼寝をして、効率よく見たい。プロ野球はセパ交流戦ということで6連戦が続き、こちらも大変だったうえ、わが巨人はイマイチの成績だったことから精神的な疲れも残るものの、多少プロ野球は端折ってもサッカーに集中したい。選ばれた国とはいえ、世界中の国が参加する祭典。おもしろくないわけがない。訪れた国も結構あるので、それらを思い出しながら、ビール片手に楽しもう。大阪は心配だけど、どうすることもできない。家族、親類は関西に多く住んでいるものの、被害があったという連絡は今のところない。
 さてそのW杯。ポルトガルースペインの生中継をみたのが、本格的にテレビ観戦に集中する決意の要因となった。やっぱりすごいね。Cロナウドはやっぱりすごかった。翌日の夕刊。本筋とは離れる話題だけど、「ロナウド ハット」の見出しとともに記事と写真が一面に掲載された一方、社会面(2社面)には「ロナルド選手24億円罰金」の記事。所得隠しが発覚し、スペイン税務当局と罰金1880万ユーロを支払うことで合意したという。初犯で懲役2年以下は執行猶予になることが多く、収監はされないらしい。個人的に気になったこと。一面の記事に「社会面に関連記事」という記載はなかった。会社で編成部に配属になったばかりの頃、地域版もやらず1面の助手からスタートしたのだが、各面に分かれる記事の確認をするのも自分の役目で、この関連記事を見逃すと実際にボコボコにされることはないけれど、精神的にボコボコにされた。だから今でも異様に気になる。まあ常識的に考えれば、選手が一緒というだけで、関連記事ではないな。でも個人で罰金24億円ってすごいね。ワールドカップで頑張らざるを得ないわけだ。
 ほかにも素晴らしい試合が続いている。90分みたわけではないものの、テレビを付けてしばらくして劇的なシーンに遭遇するケースが今回はラッキーなことに多い。ウルグアイーエジプト、イランーモロッコは、それぞれの劇的な得点シーンを生中継で見ることができた。フランスーオーストラリア、アルゼンチンーアイスランド、メキシコードイツ、ブラジルースイスは、食事をしたり、飲んだり、家事をしたりしながら、ほとんどをみた。すべて接戦で、戦術的なことはわからないけど、本当におもしろかった。ちょうどブログ連載で書いていて、日本がかつて破ったこともあるデンマークは、ペルーに勝利を収めた。日本代表にも明るいニュースか、いや関係ないか。なお、サッカーの日本代表には愛称がないことを今調べて知った。野球には「侍ジャパン」、女子サッカーには「なでしこジャパン」、女子バレーは「火の鳥ニッポン」などがある。サッカー男子はあえて言えば「サムライブルー」なんだそうだ。新体操のフェアリージャパンは何度か耳にしたことがあるが、水球のポセイドンジャパンは聞いたことはなく、ちょっと笑える。ちょっと脱線。テレビ観戦で得た知識で良かったのは、アイスランドの人口が約33万人で、新宿区と同じくらいということ。この小国が優勝経験もある強豪アルゼンチンに引き分けた。多けりゃ強いってわけではない。日本も少子化を恐れることはない。さて、しばらくすればイングランド戦。熱い風呂に入って、ビールで観戦といこう。終われば外は明るくなっているはず。それでも午前9時前にはデスクに座り、休暇中とはいえまたマーケットと向き合う。
 

みたえいがNo.29 「ロングキス・グッドナイト」(1996年、米) 20180612 テレ東 ★☆☆☆☆ ジーナ・デイビス/サミュエル・L・ジャクソン
 
「8年間存在を消された女…彼女の記憶が蘇った時、何かが起こる! ナイアガラの滝でのド迫力クライマックス! 息つく間もないスーパー・ヒロイン・アクション!」。題名に惹かれてみたけど、最低ランクの映画。途中で見るのをやめる勇気を持ちたい
 
みたえいがN0.30 「闇金ウシジマくんPart3(2016) 20160617 スカパー・日本映画専門ch ★★★☆☆ 山田孝之/綾野剛/白石麻衣/筧美和子 
 Part2の方がおもしろかったかな。日本映画では自分の場合、専門ではないけれど、取材等で多少なりとも裏社会の人々、特にトップにいるような人を知っていると、映像の中のフィクションの世界がウソくさくというか違和感みたいなものがどうしてもあって純粋に楽しめないことが多い。闇金…は映画より連続ドラマの方がおもしろい気がする。難波金融道ミナミの帝王のように。ウシジマくんPart3のファンサービス映像は、写真集がバカ売れの白石麻衣と筧美和子のヌードならぬランジェリー姿かな。Part2での女優・門脇麦のヘルス嬢役は妙にエロかったけど、今回はそれほどでも。美和子ちゃんはぽっちゃりだというのが脱いでわかったものの、個人的には興味なし。麻衣ちゃんはこの前のなんとか選挙、何位だったんだろう。調べる元気なし。
 
みたどらまNo.116120 クリミナル・マインドS4#7~#
11
 

◇京阪奈和探訪2018GW◇4


4
 
直進すれば千里中央、左に抜ければ豊中市の緑地公園

5
 
かつて住んでいた緑地公園駅近くのマンション(豊中市)

6


緑地公園と緑地公園駅を結ぶこの道を通って出勤していた。緑が気持ちいい。この近くに当時の社長が住んでいて、遭わないかヒヤヒヤしていたが、あちらは地下鉄で出勤するわけもなく、一度、駅近くのうどん屋さんか何かでお見掛けしただけだった

7
 
万博公園側からみたエキスポシティ(吹田市)

8
 
名神高速の上、モノレールの下を通る

9
 
エキスポシティ

10
 
館内

11

より以前の記事一覧