C .東京ぶらり散策

2018年9月13日 (木)

0913 新旧交代、捨てる!決意

Photo
 
友人とお台場の大衆酒場で一杯(8日夜、港区で)

13
 
買い物に行くたびに少しずつ本を処分。13日は37冊で2520円。昨年だったか亡くなった翻訳家の大御所の本「職業としての翻訳」の買い取りが5円、古本で買ったカズオ・イシグロの単行本が100円、頂き物の英検1級の問題集が600円。資本主義とはいえいろいろ考えさせられる

リコール
◇夕方から雨の強くなった10日月曜日、トヨタのSUV、CH-Rのリコール作業のため豊洲の販売店へ出掛けた。配線同士が近くて熱を持つ可能性が高いのでその補修という。30分ほどの作業。リコールというと大げさなので、アップデートとでも表現すればいいような気もする。新車で買ってこれが2回目。初回はギアレバー近くにカバーをつけるもので。小銭などが落ちないための措置だった。今の車はほとんどギアを触らず、発車の時とエンジンを切って停めるときだけ。マニュアルを長く乗っていた身には隔世の感がある。ダブルクラッチとかエンジンブレーキとか言っても、今の人にはわからないかもしれない。30分の待ち時間に目の前にあるイオンへ。10日はJALカードのワオンポイントが5倍になる日。酒類や調味料など今月末まで必要な分をまとめ買いした。ポイントはすでに12万マイルを超え、欧州までビジネスで行ける。有効期限はまだ先なので、来年にでも出かけよう。もっとも、話は飛ぶが、新たなJALカードを先月、申し込んだ。JR東のビューカードと一体になったもの。マイルのポイントはそちらに移行できるという。ポイントがスイカの運賃に変換できるので、東京までの距離と運賃が高くなる分を補おうと思う。従来のカードは退会する予定。ゴールドカードで年会費が2万円ほどするが、なんか無駄な気がして。前に書いた話かもしれない。きょう13日、新たなカードを発送したというメールが届いた。
 
最後の訪問
◇巨人が阪神に快勝した8日土曜日、阪神ファンの友人が自宅を訪ねてきた。数年前に一度来たことがあるが、引っ越し前にもう一度見たいということだった。豊洲の別の友人宅に訪れる用事があって、それが終わったらどこかで飲もうと前から約束していた。不動産に関心があり、また今週から離日するので、その前にということだった。巨人が勝ったので、テレビのヒーローインタビューが終わるまでお台場のファミレスで時間をつぶしていたという、気遣いのできる男。お台場・アクアシティ1階にある大衆酒場「なんでや」で杯を交わす。
 
九十九折り
◇今週はメジャーSQ。荒れるという前評判通り、日経平均株価は大きく揺れた。日本のメディアではほとんど報道されなくなった9.11の日は、日経平均は290円の上げ。特に大きな材料があったわけではない。ただ、大幅上げにも関わらず、わがポートフォリオの信用取引分の評価額はわずか5万円の上げ。翌日、終値こそ60円安だったが場中は3ケタの下落で、信用の評価額は20万円も下げた。銘柄選択のミスか。そしてきょう13日、日経平均はまた200円以上上げた。米中貿易問題の懸念後退と、アジア株が総じて堅調だったため。とアナリストらは分析していたが、買い戻しが主だろう。北海道の地震と関空連絡橋へのタンカー衝突がなければ、ここまで下がることもなかった。地震はともかく、タンカー衝突は人災。船長の安易な判断が日本中に迷惑をかける形となった。法的責任はないというが、厳しく検証すべきだろう。北海道も電力問題は人災とまでは言えなくても、なんらかの対策を取っておくべき課題だった。いろんなことを考えないといけない。これは長くなるのできょうは割愛。北海道も関西もいまやインバウンドの日本のメッカであり、日本経済を支えている。なんとかしないととんでもないことになる。それでも、多くの人たちの努力と知恵によって、日本のトラブルは少しずつ解決している。外国人が7割を占め、初夏から大量の売りを浴びせられてきた日本株も、いよいよ買い戻しで元に位置に収まりそう。あす再び、一時絶望とみられた2万3千円の壁に挑戦する。
 
引退
◇巨人の杉内投手が12日、引退を表明した。海の向こうでは岩隈の退団が決まった。広島・新井も少し前、引退を表明している。ペナントも終盤に入り、ベテラン選手たちの去就にも注目が集まっている。きょう13日のネットニュースを独占したのは、巨人・山口オーナーによる、高橋監督続投要請報道。まあ現役続投できたのに無理やり監督をお願いしたのだから、3年契約が切れるとはいえ、新しい監督、というか由伸を切ることはできないのかもしれない。若手の育成に手腕を発揮したというのが続投の大きな理由らしいが、逆にいえばベテラン、中堅をうまく操れなかったことの裏返しでもある。今季のV逸は確実で、過去最悪タイらしいが、来季も厳しそうだ。
 ニュースのなかでちょっと驚いたのが、あのナベツネ氏が現在入院中という事実。知らなかった。どんな病状なんだろう。自分が就活中に日比谷公会堂でナベツネ氏を見た時もすでに社の実質トップで、自分が早期とはいえ定年退職した時もトップとして君臨していた。長いですな。きょうは偶然、住所変更届けなどで、新聞をタダでもらい、確定拠出年金を将来いただくことなる大阪本社に電話した。事務的な東京本社に比べ、こちらでの会話のやりとりはやっぱり温かかった。地震や台風被害、そして強盗・強姦犯の逃走で大変でしょうが、頑張ってください。話があちこち飛んだが、ここで書きたかったのは、新旧の交替が夏から秋になるのに合わせてどんどん進んでいるということ。芸能界ではタッキーが現役を引退して、マネジメントに専念するという。自分が高知に赴任するきっかけとなった橋本大二郎・元知事も今秋、テレ朝のキャスターを引退すると発表があった。寂しさもある一方、どんな社会でもやはり新しい人、環境、舞台、技術が必要だから、前向きに捉えたい。自分自身はセミリタイアして長いが、湘南移住で今度は新たな形での現役復帰となる。違うステージで楽しく暮らしていこうと思う。なお、後に理由を書くが、このブログも今月で終ることになりそう。あと何回更新できるかわからないが、それまでよろしくお願いします。
 
みたどらまNo.148149 「レジデント 型破りな天才研修医」#1#2 (スカパー・スーパドラマチャンネル)
 

◇移住するって?湘南だ◇6
 
 仕事と家事、用事の合間をぬって、コツコツと引っ越しの荷造り中。マンション1階の廃材置き場に引っ越し会社の大量の段ボールが置いてあったのでそれをもらってきた。結局、その引っ越し会社を利用することになった。以前に利用したヤマトの空箱にも、少しずつ入れている。
 今回の荷造りのテーマは断捨離。港区のタワマンに約10年住むうちに、書類を中心にモノが増えたので、それを整理し、できるだけモノを減らしたい。引っ越しはその絶好の機会。また脱線するが、断捨離といえば、「捨てる!技術」という本がベストセラーになったことがあった。その著者が今年、交通事故死した。辰巳渚さんという方。ダンナに感化されてか大型バイクを楽しむようになったが、そのバイクの事故で亡くなったという。バイクはやはり危険度が高い。だが無責任な言い方だが、バイクを好きになって、それで命を落としても後悔は少ないんじゃないかとも思う。我慢して生きるより、好きなものを楽しんでチャレンジすることの方がよほどいい。訃報に触れた時、そんなことを思った。
 転居のための作業を次々進める。13日は引っ越し会社からいただいた「引っ越しチェックリスト」に従って、電話で済む事項を一気に。電気、ガス、水道の閉鎖と開始は、電気、ガスと東電、東ガスと同じ会社なので手間が省ける。水道は神奈川県企業庁が管轄となるが親切な人で気持ちよく手続き。ネット回線、プロバイダは、契約が複雑なため時間がかかった。平塚では地元のケーブルテレビ局と契約するつもりなので、auひかりとプロバイダのアトニフティを解約することにした。ニフティの解約で、このブログは今月末で閉鎖となる。新居でNTTと契約すればプロバイダはそのまま継続できるようだが、毎月の固定費削減に取り組む自分としては、ケーブルテレビに集約したい。解約の中止も視野に検討すると伝えたものの、このまま解約になる可能性が高い。ブログもそろそろ、新しいものにしようと考えていたので、いい機会かもしれない。バブル時代に生きたという意味では「バブルおやじ」だが、いまはエコとかスローライフとか、ベクトルは仙人のような生活に向いている。バブルおやじよりボンビーおやじ。新たな無料ブログで、今度は新たに広告でも入れて小銭でも稼ごうかと計画している。
 この日の後場にケーブルテレビ局にメールを送っておいたところ、営業の担当者から夕方電話があった。ケーブルテレビは奈良支局時代の通信部のとき、住んでいる地域にケーブルテレビができて、それまで市の広報課に所属していた若い職員が役場を辞めて局に入り、同業者となって一緒に取材する関係になった。もう20年ほど前だが、新たなメディアの誕生を取材し執筆していくのは本当に楽しかった。同じくらいの給料をくれたら転職していたかもしれない。平塚を中心に大磯や中井など広い地域をエリアとする「湘南ケーブルネットワーク株式会社」は、地域密着の自前の番組制作のほか、地上波や衛星放送のケーブルテレビ放送、ケーブルインターネット、電話などのサービスも行う。現在入っているスカパーも解約できるので、固定費削減に役立つとともに、ベランダに設置しているパラボラアンテナではなく会社の大きなアンテナになるので、雨で見られない日は激減すると期待できる。番組数は減るものの、投資に不可欠の日経CNBCやCNNと海外ドラマチャンネル、日テレG+など野球を見るための在京テレビ局の衛星チャンネルがあれば十分。映画はTSUTAYAに車で簡単に行けるのでそれで十分。資料と名刺を送ってもらうことにし、引っ越し翌日には自宅に来てもらって工事と正式契約を行う。新たなAVライフに期待が高まる。
 マイナンバーを取りに行った日にはビックカメラにも寄って、首かけスピーカーやホームシアターシステムの下見もしてきた。日経平均が2万4千円台にのる11月頃には、わがリビングも立派なメディアルームになるかもしれない。ちなみに移住先は3DKで、現在より17平方メートルほど広い。で家賃は4万ほど安く、駐車場は2万弱安い。東京が逆に、いかに生活コストが割高だかよくわかった。
 12日には引っ越し会社から段ボールや緩衝材、ガムテープなどが届いた。すでに“頂いた”段ボールで本関係に荷造りはほとんど終わったが、これからもどんどん不必要なものを捨てていきたい。スーツなんかこの10年着ていないものも多い。買った時はどれも10万以上したものだが、湘南ではビーサン、短パン生活なので、思い切って処分しようと思う。もっとも現在はサラリーマン時より10キロほどスリム化したので、どっちみち着られないかもしれない。酒類も相変らず“処分”を進めているので、朝は喉の渇きで目が覚める充実の毎日だ。あすからの対DeNAと中日各2連戦を見ながら、世間の3連休に合わせて、一気に断捨離をしよう。

 
Photo_2
 

<旧>日産スカイライン(6日、銀座の日産ショールームで)

Photo_3
 
<新>未来のコンセプトカー(同上)

Photo_4
 
<旧>8月31日に閉店となったインバウンドの象徴、ラオックス銀座本店(6日)

Photo_5

 
閉店を知らせる張り紙

Photo_6
 
<新>新たな中国人観光客の集合場所はラオックスより4丁目寄り(6日)

Photo_7
 
<旧>東電本社前、山手線高架下の店も次々閉店に。Budガール(バドワイザー)の店は一度行っておきたかった(6日)

Photo_8
 
<新>田町駅東口、テンプル大学からの帰りに時々昼食を食べた店が壊され、新たにできたビルに入った

Photo_9
 
交差点付近には新しく高層ビルもできた

2018年9月 8日 (土)

0907 夜明け前が一番暗い

Photo

アイボ(6日、東京・銀座のソニーストア銀座で)

Sony_aquarium2018

 

旧ソニービル跡で開催中のSony Aquarium2018。正面は有楽町の交差点

Photo_2
 
同跡地ではTOKYO FMの公開オンエア中

ブラックアウト
◇北海道で6日起きた最大震度7の地震で、道内全域が一時停電という本格的なブラックアウトが起こった。ただ日本がすごいなと思ったのは、翌日朝には295万戸のうち4割強にあたる140万戸が復旧し、8日には一部を除きほぼ全域で停電が解消される見込みということ。海外のニュースを見ていると、大災害の後、何十日も手付かずのまま放置される国がいかに多いことか。台風21号で”水没“して孤島化し絶望的だった関西国際空港も7日、浸水から3日ぶりに国内線の運航が一部再開された。8日には国際線も再開されるという。いい国に住んでいると改めて思った。空港の乗客の中には「俺たちは動物以下か」と職員の対応に不満を持つ人たちがかなりいたそうだが、ヤフコメでは「職員も被災者なのに」「動物なら台風が来るとわかっていて空港にはいかない」「交通機関が停まっていらだっていても、駅員らに詰め寄るようなクズにはなりたくない」など、極めてまともなコメントが載っていた。
 
6日続落
◇日経平均株価は7日、相次ぐ災害や対日貿易に関するトランプ大統領の発言などで6日続落。2万3千円を前に8日続伸していただけに、残念な結果となった。今度こそ2万3千円の壁は越えられると自分だけでなく少なからぬ人たちが思っていたはずだが、不運に見舞われた。株格言。「夜明け前が一番暗い」。どんなに長く感じる夜であっても、いつかは明ける。一度底をつけば、上昇に転じるケースが多い。上昇に転じる直前が最も暗く感じられる、という意味です。「朝の来ない夜はない」とも言われる。しっかり心に焼き付けて、来週からまた前向きに暮らしていこう。
 
◇移住するって?湘南だ◇6

 
●引っ越し見積もり
 7日、転居の訪問見積もりをしてもらった。若い女性が来て、タブレットにブツを打ち込んでいく。20分ほどで終わり、提示された額は自分の想定というか希望の1.68倍だった。関西在住歴は長いが関西人ではないので値切るのは苦手なのだが、頑張った。担当者が“本社”に電話しても値引き不可とのことだったが、中年男の魅力と、ここで即決するという押しで、なんとか千円台の端数はなしにしてもらった。「らくらくパック」でなく、自ら荷造りしての値段である。なんでもこの時期は予約が多く、トラックや人員の手配が追いつかないそうだ。10月まで延ばせば多少安くなるようだが、1日伸ばすごとにタワマンの家賃と駐車場代でざくっと6千600円ずつかかるので、結局、希望日の26日で決めた。前日に車で平塚に行ってカギをもらい、掃除して、絨毯を敷き、いったんお台場に戻って翌朝から作業開始。カギを返して、車に乗って、引っ越し車を追い越さなければならない。2トン車2台という。
 前に書いたように高知から港区まで約29万円だった。1泊2日約785キロ、らくらく便で不要物の処理などもお願いしての値段に比べ、平塚まで1日70キロなのにそれの約半分と高い気もしたが、まあ当分引っ越しはしないだろうし、新たな業者に訪問見積もりしてもらうのも面倒なので、値引き交渉も2分ほどであきらめた。この日、株価が一時、日経平均で300円以上下がる最悪の日だったので、もし逆に300円以上上がる日だったら値引き交渉もせず即決していただろう。そういう意味ではよかったのかもしれない。この日はソニー株の「結果的デイトレ」で4千円ほど利確しただけで、評価額は30万以上下落。そこに引っ越し代16万はちょっと堪える。会社員は会社のカネであちこち転勤できるからいいね。フリーランスにも控除があればいいのに。
 引っ越し日が正式決定したので、現マンションの契約を打ち切る「解除届」を書いて1階管理事務所に提出した。ハンコの種類が提出時と違ったり、書き間違いをしたりで、自室と事務所を3往復した。自分の悪いクセは、管理人のおばちゃんともつい雑談して長話をしてしまうこと。5分もあれば十分だったはずなのに30分ほどかかってしまった。管理人さん、ごめんなさい。事務所には新管理会社の60歳ぐらいと思われる社員さんの姿もあった。敷金返還のために部屋のチェックをする「退去立ち会い」で、部屋に物があってもできると稲毛の営業所で聞いたので引っ越し前に来てもらうように要望したところ、そこだけは渋られ、その社員さんも加わって、委任状みたいなものを出すように迫られた。家具やカーペットがあっても立ち会いのもとで計算できるが、結局はすべて荷物を出した後にもう一度チェックするそうで、二度手間になるという。まあURの場合はほとんど引かれることはなく、そう稲毛でも聞いていたし、スターツの社員さんもそう念押ししてくれたので、あらかじめ署名捺印していた委任状の紙を渡したら、2人とも満面の笑みで受け取ってくれた。
 関西にいた頃、この敷金返済がけっこう社会問題化していたことがあったのと、高松から出るときに、その地域では地元最大手の建設会社の関係する不動産屋の物件だったのだが、ほとんど戻ってこなかったことがあったので、ちょっと試してみたくなったのだ。今思うと高松のケースは完全にこちらの足元をみた対応だった。清掃費が数万円、畳や障子なんかもすべて新品に替える(名目の)費用を取られた。時間もなかったし、会社のカネみたいなものだし(会社は実費でなく一定額の補助)、こちらは完全な“よそ者”。ゴネないのをわかったうえでの不動産屋の対応だった。話は少しそれるが、そういうところが地方のイヤなところだ。田舎暮らしに憧れていても、地元ルールが多すぎて、ついイラッときてしまう。敷金返還も、原状回復は経年劣化するものは必要なく、それは家賃に含まれるというのがルール。わずか2、3年で、家は1日6時間ほど寝るだけで、しかも和室はほとんど使っていないのに、畳を新品にする必要はない。そんなこともあって、今回トライしてみたのだが、たぶん大丈夫だろう。
 
●東京ぶらり散策

 6日、引っ越しに関する様々な手続きを行った。記録のために細かい事項も載せる。
 いろんな行政手続きが簡素になるというのでマイナンバーの発行を数週間前に申請したのだが、それができたというので田町駅近くに新たにできた港区役所の支所に取りに行った。完全予約制。朝電話したら平日昼間ということで当日が可能となった。所要時間約30分。引っ越しても、そのカードは10年間使える。運転免許と同じく新住所が記載されるだけ。転居直前に申請したのは、もしかしたら「東京・港区」のマイナンバーカードがほしいという深層心理があったのかもしれない。そこは否定しない。まあ車のナンバーと違って人に見せるもんじゃないけれど。暗証番号登録で、区のパソコンがバカなので担当者に指摘したところ、そうなんですよと女性職員と盛り上がってしまった。勉強にはなったがまた無駄な時間。職員さんの時間も奪ってしまった。手続きが終わってカードをもらうと、急いで山手線に。
 新橋のわがメインバンク(笑)に行ったところ、銀行がなくなっていた。まさか三井住友銀が倒産するはずはないとスマホで調べたところ、西新橋に移転し、しかも日比谷支店、霞が関支店と“合併”、つまり同じ店舗での営業になっていた。そういえば通知の手紙がきていたが、もちろん覚えることはなかった。ネットバンキングばかりなので数年に1回しか店舗を訪れることはない。前に行った時も、わずか100メートルほどだが店舗が移転していた。新居の家賃の引き落としのための手続き。期限を過ぎると振り込みをしなければならない。URにクレジット引き落としにしてくれたらいいのに、なかなかそうならない。
次は同じく新橋のTSUTAYA。借り放題のDVDを返し、借り放題の契約を打ち切った。転居の場合でもそのまま移すことはできず、店ごとに結ぶ必要がある。平塚には自宅から2キロほどのところに2軒、ツタヤがある。グーグルマップの画像でみたところ、そこそこ大きくて無料の駐車場もある。車や自転車で気楽に行けるようになるのはうれしい。今からワクワク。
 昼食は第一ホテル東京近くの、お家騒動があって株価が急落したこともあった大戸屋へ。時々訪れていたが、注文がタブレット式に変わっていた。店員さんもインドかパキスタン出身と思われる痩身の女性だった。東京の変化は早い。だが会計は「現金のみ」。このへんがこの会社、というか飲食業のダメなところだと思う。タブレットを入れるついでにやればいいこと。日銭が必要、クレジット会社への手数料が高いなど、飲食業界は現金にこだわる店が多いが、やはりお客ファーストにしていただきたいです。
 次は銀座のソニーストアへ。古いパソコンの下取りセールが始まったとのメールがきたので確認のため。ソニーストアは神奈川にはない。今のうちにとついでの時を待っていた。この件はまた買ったときに書こう。結婚指輪をはめているとても綺麗なショップの女性に懇切丁寧に説明され、納得。古いノートPCが2台、下取りとして値引き対象になるうえ処分できる。引っ越しまで日がないが、なんとかトレードで10万ほどを用意しよう。来週中に2万3千を突破したらアイボも買おうかな。AIロボットのこいつにトレードをまかせたら、オレよりうまかったりして。
 銀座に来たついでに最後は英会話のNOVAへ。ここの学生なのだ。英語はたまに集中的に話さないとサビてくる。スポーツクラブと同じ感覚。ノバは気が向いた時間と場所でさっと行けるので気に入っている。その所属校を銀座から平塚に変えるため。久々の銀座校、いやNOVAだったが、受付に初めての美人ちゃんがいた。1か月前に入社したばかりとのこと。何か急に転校がイヤになってきた。残念だが仕方ない。まあ東京に来たら、親しい先生も多いし、銀座校で学ぶか。平塚は物件の下見の際に実際に訪れてみた。駅の真横。したがって自宅から歩いて12分。ちなみにその横のビルにはスポーツクラブもある。大引け後、メシ食って、ノバで人間と会話して、そのあとスポーツクラブで軽く汗を流してシャワーして、駅前の居酒屋で軽く一杯…なんて生活を今からイメージしている。都内のスクールで知りあって、飲みに行きましょうと約束しながらまだな人が何人かいて、その約束が反故になってしまうのはちょっと心苦しいが、仕方ない。平塚で新しい人を見つけよう。ノバはお隣の茅ケ崎、その隣の次の藤沢、さらにその先の大船にも学校がある。それらに遠征するのもいいかな。まあ英語の勉強をしているヒマは、やることがいろいろあってないかもしれない。きょうのブログも長くなったなぁ。


Photo_3
 
新たにできた港区役所・芝浦港南地区総合支所(中央)。区のスポーツクラブ施設が併設されている。右は、たぶん新しく建設された愛育病院

Photo_4
 
大戸屋さんに導入されたタブレットでの注文。第一ホテル東京わきのこの店では、新幹線、東海道線、京浜東北線、山手線などを眺めながら食事できる

Photo_5


新橋・SL広場で開催準備中だった「ふくしまの酒まつり」。6、7両日開かれた(6日、港区で)


Photo_6

歌がとても上手でした。誰かしら

2018年8月30日 (木)

0829 じわじわくる株価

1
 
福生にある米軍横田基地の第2ゲート

2

 
正面にはミリタリーショップも

3
 
上空からの横田基地(グーグルマップより)

5_2
 

セスナも

4
 
沖縄を彷彿させるベースサイド・ストリート

6
 
JR東福生駅

7

 
観光スポットもたくさんあるようだ

広島が強すぎる
◇プロ野球、読売ジャイアンツは広島東洋カープに2連敗。巨人は弱すぎる。タイガースに3連勝しなければならなかった前節最終戦でまさかの大逆転負け。これが尾を引いたのか、いやそうではなく、実力が出ただけか。由伸は選手の時は好きだったけど、やはり監督としての能力に疑問符がつく。いっぱい。OBとはいえすでに辞めているので球団批判をしてもコンプライアンス上(笑)、問題はないと思われるが、書き始めたら何時間もやめられそうにないのでやめよう。あす久々の田口に期待したところだが、たぶん無理だろう。でも自分の予想はたいていはずれるので勝つかもしれない。なんのこっちゃ。阪神の金本監督は現役時代から、自身の価値観とは正反対のマッチョな選手だったと思うが、いまは巨人に優しいので好き。大阪では、東京における巨人のように、いろんな監督論が繰り広げられていると思う。似ているのは、巨人のカルビこと村田ヘッドが批判の矢面に立っているのと同様、阪神では片岡ヘッド兼打撃コーチが標的になっていること。芦屋大の客員教授でもある片岡くんは自分の大学の後輩なのでもう少しマイルドにしてくれたら自分はうれしいのだけど、大阪人は容赦ない。「世界の住みやすい街」3位の大阪は、結果がでない人間には住みにくい街だ。まあ東京も同じ、というかもっとひどいんだろうけど。東京に競争はあってもやさしさはない。大逆転のあった3戦目はキャッチャー梅野が獅子奮迅の活躍。世界の小林と同様、一時干された経験があるだけに梅ちゃんには頑張ってもらいたい。
 試合でひとつというか何度か、とてもイヤなシーンをみた。ノーツー、昔のツーナッシングからの3球目。梅野はベースからかなり離れてボールを要求した。ノーツーの後は必ずだ。これまでの情報を総合すると、ツーストライク・ノーボールから安易にヒットを許し、それをベンチが激怒。以後、ベンチの指示で、必ず大きく外すことになった模様だ。スリーボール・ノーストライクから打者が1球見逃すようなものか。でもホームランバッターはここからでも狙う。巨人・岡本もノースリーいやスリーナッシングから何度もヒットを打ち打点を稼いでいる。阪神の1球外しが気味悪いのは、あまりに露骨で、ベンチによる選手への懲罰にしかみえないこと。Nの中継では何度もベンチの首脳陣たちを映像で追っていた。今の阪神の陰気さを象徴するような場面。巨人・田口が広島に打たれて炎上し、捕手小林は一度も打席に立たずに交代させられた、あのカルビ懲罰事件を彷彿させるから、似たようなシーンを見るのが苦しいのかもしれない。巨人の凋落は、あの時に始まったと自分は思っている。プロ野球を見るのが少しだけ、以前より楽しくなくなった。
 
アメリカが強すぎる
◇日経平均株価は7日続伸。米中貿易摩擦激化、トランプ失言などによる下振れより、懸念していたように突然急上昇する上振れリスクの方が高くなってきた。28日火曜日、日経平均は2万3千円の節目を一時的に上抜けたものの、“滞在時間”は10分ちょっとだった。それでもやや塩漬け状態となっていたレバレッジの株の利益確定をし、下がったところでまた買い直した。引けでは大型値嵩株なども少しだけ買った。この日は一時200円以上上げたのに終値はわずか13円高の22813円だった。翌水曜日も似たような展開。寄り付き直後から少しずつ上げ、自分の記憶だと一時150円ほど上げたと思うが、この日は2万3千円の節目は結局突破できず、終値34円高の2万848円だった。それでも前日買った大型株がそこそこ上げたので利確。きのうきょうでママチャリが買えるようになった。次の目標はガスコンロ。新しい家には備え付けのガスコンロがない。移住先は近くに飲食店がものすごく多いので、おそらく大幅に減ると思われるものの自炊は続けていくつもりだ。
 それにしてもアメリカの経済は強い。ダウは節目の2万6千ドルを突破。ナスダック、S&P500とも史上最高値を更新した。経済のサイクル理論を信じて米経済の失速を予想していたお偉い学者さんたちはどんな気持ちで見ているのだろう。たぶん、自分がおかしいのではなく、アメリカ経済がおかしいと思っているのだろう。でもまあ、油断は禁物。高くなるか下がるか、急落するかはわからないけど、どんなシナリオでもある程度対応できるようにしておきたい。株は自己責任だが、半年前に米経済の強さを強調してくれた、いわば自分の“ブレーン”の観測に納得し、投資信託の多くを、さすがにリラはなかったけどブラジルや中国通貨型の債券、イールド債から米国株にシフトしていた。彼女には感謝しかない。前に書いたように移住に関して行き違いがあって現金を用意する必要があったのだが、その新たな投信を担保に資金を用意した。来月、転居が完了し、出費を最小限に抑えられれば、その資金を新たなファンドに投資しようと思う。この分はやはり日本株ファンドかな。
 29日水曜日は8月株主優待の権利落ち日で、同月取りの株価はこの日多くは急落した。すでに前日から落ちていたものもあった。現物買いと信用空売りを組み合わせて株主優待だけを獲得する「裏技」も、個人投資家の間ではやるかやらないかは別として誰もが知っているテクニックとして定着しているようだが、実際は逆日歩という借金の金利みたいなものが意外と高額で、思うようにできないケースも多いらしい。優待分より損した、大幅に損した、という事例も多くあり、気を付けないといけないね。個別銘柄には触れないことを基本としている当ブログだが(例外が多いが)、今回、新規あるいは継続購入した8月ものは、イオン、吉野家、ビックカメラ。いずれも対面証券のニーサ口座に入れた。今後5年間、株主優待と配当を年2回、ノータックス(優待はそもそも無税だが)で受け取る。ビックカメラは湘南に移住しても藤沢に大きな店があるので大丈夫。優待、配当があっても高値掴みしてしまえば意味ないが、配当取りの数か月前から計画を練り、全体の株価が下がった時に買えばリスクは抑えられる。イオンは多くのアナリストの予想に反してじりじりと上がり、100株で3万円近い含み益があった。つい利確して3万円で飲みにいっちゃおうかとの誘惑にかられたが、生きているかどうかわからないけど5年後を考えて、ホールドすることにした。きょう29日に3パーを超える下落となったけど、まだ2万円ほどの含み益がある。きょうの終値は78円安の2359円。ほぼ1年前の雑誌「日経マネー」に載っていたイオンの理論株価が400円ちょっと!だったことを思うと、理論株価がいかにいい加減かよくわかる。
 
みたどらまNo.143147 ブラックリストS5#11~#15
 

みたえいがNo.39 「君の膵臓をたべたい」(2017年)20180819テレ朝録画 ★★★★☆ 浜辺美波/北村匠海/北川景子/小栗旬 原作・住野よる「君の膵臓をたべたい」
 
 「昨年、日本中を感動させて社会現象となった「君の膵臓をたべたい」を地上波初放送!原作は累計265万部を突破したベストセラー小説で、日本アカデミー賞を受賞した話題作」。主演の浜辺美波にまず負けた。古い自分にはみっちょんこと芳本美代子を思い起こさせる、透き通るような少女。“号泣”映画とわかっていたので、録画して深夜、一杯やりながら観たのだが、涙に拍車をかけることになってしまった。個人的には同じように不治の病の少女の恋を描いた映画「Little DJ ~小さな恋の物語~」と同じくらい、ティッシュが必要だった。ストーリーはありがちな話だけど、今風なのは、ネタバレになっちゃうので今後見たい人は目にしない方がいいと思うけど、死が病ではなく通り魔によるものなこと。確かにちょっと先のことさえわからない時代。だからこそ、主人公のようにバケットリスト、死ぬまでにやりたいことを、ひとつひとつやっていくことが大切な時代なのだと思う。
 
◇おでかけパス、電車でぶらり◇3・米軍横田基地

 
Photo
 
移住を前に本の処分を加速。文学作品より、株の本や実用書の類が高く売れるかのが悲しい。30冊で3550円

2018年6月 8日 (金)

0608 ゆるしてください おねがいします

1

 
【随時連載・東京ぶらり散策】木場公園。橋の向こうに見えるのは東京スカイツリー(1日、江東区で)

2_2

 
子供の遊び場も

3

 

バーバキュー広場もある

      ◇    ◇

5
 

豊洲で交通事故に遭遇。軽貨物車が横転していた。まだ書いていないがこの前の関西遠征のときも目の前のワゴン車が事故をし、車体が真っ二つになった。遭遇率が高くなってきたので気を付けよう(5日、江東区で)

Photo

4日はメンチカツと刺身の定食

日本中が涙
◇日付が変わる時間帯、遅い夜食と晩酌で海外ドラマを見るのを日課とし楽しんでいる。昨夜みたクルミナル・マインド、シーズン4の第6回は、一度見たことのある、The Instinct、「幼児誘拐」だった。5歳の男の子が殺され、続いて近くの家で同じ年齢の男の子が誘拐される。FBIプロファイラーBAUが現地入りし、解決にあたるというストーリーだった。両親は喧嘩し、母親は狂ったような精神状態になる。自分の子供が殺されるかもしれない状況なら普通、誰もがそうなるのだろうと思う。
 日本で、5歳の女の子が親による虐待で死亡した。目黒区の女児・結愛ちゃんがノートに残した内容が6日、公開された。「もう おねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします」。これを読んで涙しなかった人は少なかったのではないだろうか。ここ数日、日本中がどんよりとした重たい悲しみに包まれている気がするのは、この虐待事件の影響もあると思うのは自分だけだろうか。いい大人が目上の人にタメ口を叩くのはただのDQNだから放っておけばいいが、幼い子供の敬語での必死の訴えはかなり堪える。新聞ではノートの横に結愛ちゃんの写真が添えられていて、悲しみが一層増幅された。メディアでは児相の対応に問題があったと焦点が集まっているが、しっかり検証しないといけないだろう。家族とは、再婚とは、連れ子と義父の関係とは、と様々な問題が突きつけられている。政治もひとつの問題ばかりに時間を割くのではなく、今回のような深い問題にも時間とお金を費やさなければいけないと思う。とても個人的なことだが、虐待が発覚したのは香川県で、自分もそこに住んでいた時期がある。さらに個人的なことだが、その同県善通寺市の隣の丸亀市出身の方とそういう関係にあり、あのとき子供が生まれていたらどうなっていたのかと最近ふと思うことがある。もちろん絶対に虐待などするわけはないが、絶対に行き過ぎない「しつけ」ができるか、正直わからない。また極めて個人的な体験で恐縮だが、自分も小学校入学前、漢字の習得を命じられたことがある。泣いて拒否したのを半世紀近くたった今でも鮮明に覚えている。5歳でもはっきりとした自我があるのだ。結愛ちゃんは朝4時に目覚まし時計で、自分の力で起きるように躾をされ、両親と弟が外出するときは自分だけ部屋でお留守番させられ、寒い夜にベランダに放置され、わずかばかりの食事しか与えられなかったのはいかに辛かったか。暴論だけど、天国に行ってむしろ楽になったのではないだろうかと、そんなことさえ思ってしまう。小さな子供が巻き込まれる事件が相次いでいる。外国のことはわからないけど、日本はいま、精神的にものすごい閉塞感に包まれているような気がしてならない。
 
無料宝くじ
◇悲しい出来事があっても、自分たちは生きていかなければならないし、必要なお金を稼がないといけないし、ひとつのことだけに関わっていくわけにもいかない。で、いつもの相場の話。メルカリの申し込みが終わった。聞くところによると、倍率は20倍くらいらしい。したがって初値は購入価格より上がるのはまず間違いないところとなった。自分はネット証券とふつうの証券会社で2コ申し込んだ。IPOは「無料の宝くじ」と言われている。申し込む分にはタダで、当選して上場直後の初値で売れば、かなりの確率で利益がでる。直近でも話題の「ヒーローズ」はとんでもない初値となった。メルカリは自身、利用したことはないのだけど、ビジネスモデルとして、いろいろ問題も指摘されているが、成長が期待できるような気がする。情報筋によると、1コ100株で10万円ぐらいの利益になるのではとのこと。まあ20倍だから2コの申し込みで当選する確率は10分の1とかなり低いが、バブルの頃の入学や就職の倍率は10倍、100倍なんてのがザラにあって、実際に入学したり就職したりした人間がいるわけだから、少しは期待しようと思う。ネット証券ではポイント制の抽選で、これまで100回以上落ちて集まった100ポイント分をメルカリにつぎ込んだ。さて12日、どうなることか。ちなみにこの日は米朝会談が行われる日。ダブルの喜びとなるか、ダブルの悲劇となるか。
 
みたどらまNo.110115 クリミナル・マインドS4#1~#6
 
よんだほんNo.1 The Remains of the Day  Kazuo Ishiguro (電子書籍)
 
Photo_2 ネタバレあり、注意。日本語訳の題名は「日の残り」。第二次世界大戦が終わった1956年から執事スティーブンスが過去を回想する物語。映画化もされている。大屋敷の執事は一般の日本人が思う執事とは違って重要な役割を果たし、宮内庁の職員とか金正恩の側近のような仕事だろうか。彼が仕える屋敷にも十数人のスタッフがいた。物語は、かつて屋敷で女中頭を勤めた女性を訪ねてイギリス西岸に車で旅をする過程での、その体験とかつての回想がメイン。長い時間を超えた淡いロマンスが心を打つ。テレビ番組「あいつ今何してる」の芸術バージョンみたいなものだろうか。主人公スティーブンスは執事という仕事にプライドを持ち、決して逸脱しない。屋敷で有力者ら数名が集まって行われた秘密の会談。話が煮詰まって、飲み物を運んできたスティーブンスに、参加者がアメリカの債務問題や北アフリカ情勢など、政治経済、外交の難問について意見を求める。彼は「I’m very sorry, sir, I said , but I am unable to be of assistance on this matter.」と答える。何度か同じように答えていると、「There was more suppressed laughter before his load-ship said ‘Very well, Stevens. That will be all.」となる。それでもスティーブンスは自分の役割以上のことをしない。誰でもがSNSで浅い意見を披露し、いわゆるジャニタレが報道番組のMCを務める時代。彼の姿勢は今でこそ学ぶべきものかもしれない。主人のダーリントン卿は後日、彼に謝る。そのときの過程でスティーブンスは執事のプライドについて話す。「It is not simply that one is unlikely to be able to meet the many demands of service at the higher levels while one’s attentions are being diverted by such matters; more fundamentally, a butler who is forever attempting to formulate his own ‘strong opinions’ on his employers affairs is bound to lack one quality essential in all good professionals; namely, loyalty.」 古い人間だと思われるかもしれませんが、こういう忠誠心にも心打たれますね。
 
◇東京ぶらり散策◇木場公園
(江東区)
 
 199261日開園。まったくの偶然だがその61日、近くのイトーヨーカドー木場店の巨大駐車場に所用で車を停め、4時間無料ということで時間があったので、木場公園に歩いていってみた。散策には絶好の場所。木場公園は木材関連企業が「新木場」地区に移転した跡地を利用して整備された。仙台堀川をはさみ南北にまたがる約24ヘクタールの総合公園。江東防災6拠点の一つ。ヨーカドー側にバーベキュー広場もあり、野外舞台のような施設も。同川をまたぐ橋から北側に東京スカイツリーが見える。川をわたると木場ミドリアムという学習施設のようなものがあり、無料の植物園が隣接。最北端には東京都現代美術館があった。同館は工事中で見学はできなかった。

 
4

5_2
 

野外演劇ができそうな舞台

6

7
 
木場ミドリアム

8


9


10
 

東京都現代美術館

2018年6月 4日 (月)

0603 チバラギ、ダサイタマ の逆襲

Photo
 
2日に千葉県区間が全線開通した外環道の地図

Photo_2
 
自動車税は1万円

Photo_3

ガソリン高騰で「レギュラ-150円台に」とのニュースが。近くの豊洲市場のガソリンスタンドでは148円だった。ハイオクだったらと思うとぞっとする。今回初めて満タンではなく、20リットルだけ入れた。人は変わらなければいけないと思う

530
 
3日ぶりに外食(5月30日、港区で)

春の連ドラはブラックペアン
◇いま、「ブラックペアン」を見終わったところ。今年の「春の連ドラ」は結局、時間的余裕がないこともあって、この1本に絞って見ている。きょうも感動した。影のあるカトパンもいいね。前々回だったか、かわいらしい少女が出てきた時は、彼女を救うためなら生きた自分の心臓をあげてもいいと思うくらいのめり込んでしまった。ドラマの内容については書きだすときりがなさそうなのでまたの機会に。先日の読売新聞の読者アンケと記者座談会によると、春ドラで読者のいちばん人気はテレ朝系の「おっさんずラブ」だった。一方、記者の評価トップはこのブラックペアンだった。おっさんずの方は、自分がおっさんにも関わらず見たことがないのでどう評価していいかわからないが、見る機会があったら少しでも見てみようと思う。聞くところによるとおっさんずは海外でも反響があるそうだ。ブラックペアンは何よりプロットが秀逸。原作は自分と同じ高校名の出身の、少し年上の方だった。海堂尊というペンネームの医師であり小説家。「チーム・バチスタの栄光」などで有名な方である。高校名は同じと書いたが、海堂さんは賢い方の千葉高、こちらはイマイチの千葉高。県立と市立の違いである。中学時代にちゃんと勉強してそちらに行っていれば、同じ校舎で学べたはずだった。残念。卒業後は地元・千葉大医学部に進み、同大学で医師となり博士号を取ったようだ。同じ千葉市人として誇らしい。わが高校の先輩にも小説家はいるが、椎名誠さんというかなり個性的な作家だ。
 
外環道、千葉県区間が全線開通
◇昨日2日、外環道(東京外郭環状道路)の三郷南IC-高谷JCT間が開通した。これにより、千葉・市川市から埼玉県内を経由し、東京・練馬までの50キロの区間が繋がった。物流の時間が大幅に短縮され、都内の渋滞もかなりの部分が解消される。千葉県を南北に結ぶ高速道がなかっただけに、同県としても非常に喜ばしいところ。ただ残念なのは、2020年の開通を目指していた大泉JCT―東名JCT間はまったく目途が立っていないという。これができると、中央道、東名高速と直接つながり、さらなる時間短縮が期待される。とはいえ、外郭道沿いには物流拠点が次々とできている。圏央道だとやはり遠すぎるようで、都心から15キロほどの外郭道は最適なんだそうだ。個人的には、都心の渋滞解消と、自宅からよく行く千葉方面の道がすくことが何よりうれしい。

ハイブリッドを世界スタンダードに
◇先日、自動車税を払った。ブログに何度か書いたように、昨年度は都がクレジット支払いで情報流出をやらかし、こちらもカードを替えなければならないハメになり、甚大なる時間的、労力的な無駄を強いられた、ということがあった。後日、紙切れ1枚でおわびが届いただけだったのもすでに書いた通り。今年もクレジットで支払った。しかし、トラブルに巻き込まれないよう、期限ぎりぎりまで待った。ネットではアンケートもあったが、二度と流出しないようにお願いの文言を添えておいた。今のところ、問題はなさそうだ。
  自動車税は高い。4万円くらいかなと通知書をみたら、1万円だった。ハイブリッドのおかげである。前のBMWは2リットル以下にもかかわらずノーマルなので正確には3万9500円だった。いまのCH-Rはハイブリッドでグリーン化税制が適用されるようである。約4分の1。これはうれしい。ハイブリッドは日本でのみ異様に広がり、ガラパゴス化の懸念もある。この前ヤフーニュースに載っていた記事では、ハイブリッドは当然ながら販売価格が高く、かなりの距離を走らないとガソリン代の差額分を補えないとのことだった。しかし、購入時にかなりの減税があり、自動車税も毎年3万円ほど安くなり、当然ながら下取り価格も高くなるわけだから、結構早い段階で“元を取る”ことは可能なようだ。しかし何よりうれしいのは、やはり走行時の静かさ。これに一度乗ると、もう普通のガソリン車に戻れない。数年後には自動運転より先に電気自動車の時代が来る気がする。自分としては、一軒家にソーラーパネルを設置し、湘南の、あるいは三浦半島の、あるいは房総の、あるいは駿河の光を浴びたパネルの作った電気で、車のランニングコストをゼロにする、という壮大な夢を持っている。家もオール電化にし、PCも、大型テレビも、料理も、そして車もタダで、使いたい。その実現のカギは、いつも同じ話で申し訳ないが、蓄電池の進化への期待ではなく、日本株を含む世界の株式の上昇である。日曜日ではあるが簡単に触れておくと、金曜日の米国雇用統計は予想以上の好結果。米朝会談も複数にはなりそうなもののとりあえず1回目が当初予定の日に開催されそうな見込みで、日経平均の先物も200円ほど上げており、週明け月曜日はまた、回復基調に戻りそうな感じだ。一おっさんのエコライフ実現のために、相場関係者も頑張ってほしい。
 
セかパか、のCMは好き
◇日曜日、プロ野球交流戦の巨人―オリックスをみた。前日の寝る前に読売新聞スポーツ面の「きょうのプロ野球」、いわゆる「きょうプロ」を見て、14時開始を確認した。テレビ(BSフジ)では13時から放送となっていたが、きっとサッカー日本代表の試合のように前振りを長々とやるんだろうと思い、日曜日は午前中に起きたものの、月曜日の仕込みにいそしみ、14時きっちりに朝食をテーブルに置いてテレビを付けた。なんと、試合は3回まで進み、1-1となっていた。こんな大事な記事を間違えるなんて…。同社の運動部記者は、もちろんかなり早く球場入りするだけろうけど、練習に遅刻しなかったのかなぁ?というか記事の間違い気付けよ、とちょっと怒りたくなった。
  巨人の采配に関してもネットでは怒りが沸騰中のようである。ただ巨人にとって救いは、他のセ球団もパに大きく負け越しており、ゲーム差が広がっていないことだ。逆にパは負けると一気に下に行ってしまうのですごいプレッシャーだと、きょうの解説の里崎さんが解説していた。巨人のゲーム運びについて書いていると、これまたレポート用紙10枚くらいでは収まらないので、前日の試合のワンシーンだけ。延長に入って捕手小林に代打・大城を送った。そう、また小林絡みの話題である。が今回は大城。結果は見逃し三振だった。ヒットも打ち、ホームラン性の当たりを飛ばしていたから小林でも良かったように思うがまあ自分が監督でも大城を送っただろう。結果もスイングぐらいはしてほしかったがまあ投手が良かったから仕方ない。問題は12回裏のリードだ。2アウトランナー2塁、一打サヨナラの場面でオリックスも代打を送った。今度打たなければ2軍行きが確実な、崖っぷち選手だ。2ストライクまで追い込んだところで、捕手大城のサインは内角のストレート。いやいやいや、それはないでしょ。素人のオレだってわかる。結果、サヨナラヒット。前進守備のゲレーロの頭を大きく越えていった。バッターは後がない選手。フォアボールだってダメだと思って打席に立っている。それまで池田の変化球にあまり合っていなかった。追い込まれた打者はボールになるチェンジアップでもスライダーでも間違いなく振る。だからそこに投げるべきだった。仮に四球になってもまったく問題ない。むしろ埋めた方が守りやすいぐらいだ。大城くんは裏をかいたつもりだったのかもしれないが、バッターが打てる唯一の球が内角かど真ん中の直球だった。仮に直球でも外角だったら外野の頭を越されることはなかったはず。そのための超前進守備だったのだ。オレが解説者なら「こりゃ罰金ものですよ」と解説していたはずだ。もっとも彼はルーキー。やはり使う方が悪い。少なくとも最後の場面に関しては、ベンチからすべて指示すべきだった。しかしきょうの試合で、8回にやはり小林に代打を送ったものの、その裏に出てきた捕手は河野(かわの)くんだった。いつもベンチで明るく名前の通り元気に振る舞ういい捕手である、ウィキによると阿部慎之助をして「かなわない」と言わしめた強肩で、この日も盗塁を刺した場面はさすがにしびれた。それはさておき、ベンチの大城への仕打ちはかなり酷な気がした。プロだから当然という考えもあるが、大城を育てるならきょうも大城くんだったと思う。ベンチが新人を育てるにはそれくらいの覚悟がいるはず。そもそも前日、試合終盤で守りの要を替えるのはどうかと。それほど捕手は投手以上に大事だと思う。まあ別に自分が監督でも関係者でもなくただのファンというだけだから、ブログではつい書いてしまったけど、すぐに忘れようとは思いますけど。いまのところ、自分が予想したセリーグの順位予想は大きく外れている。しかし修正するつもりはない。ところで新聞は訂正を出すのだろうか。オレの老眼のせいだろうか。
 
みたえいがNo.28 「ホワット・ライズ・ビニース」(2000年、米)20180528テレ東 ★★★☆☆ ミシェル・ファイファー/ハリソン・フォード
 「喧嘩の絶えない隣家。身の周りで起こる不審な出来事…。真相を突き止めようとした妻がやがて知る恐ろしい秘密。戦慄のサスペンス・スリラー!」
 
みたえいがNo.29 「ザ・ターゲット」(1996年、米)20180531テレ東 ★★★☆☆ チャーリー・シーン/ドナルド・サザーランド/リンダ・ハミルトン 
 「サスペンス・アクション大作! 謎の敵に迫られる身となった大統領補佐官! 敵が狙う真の標的は!?」
 
◇東京ぶらり散策◇都立木場公園・花

 
1
 
木場公園で咲き誇る花。先には東京スカイツリーの姿も(1日、江東区で)

2
 
木場公園内にある都市緑化植物園。無料

3

4

5

6

 
木場公園入り口

2018年5月30日 (水)

0529 星に願いを

1_2

東京湾のお台場ビーチ一帯で開かれたイベント(26日、港区で)


Photo

 
Photo_2

前日のリハーサル風景



星の島
◇先週の週末土曜日、お台場ビーチ一帯で花火と音楽のコラボイベント、「STAR ISLAND」が行われた。見学は有料で、ネットで調べたところ、いちばんいい席だと1万円、最安値でも3千円ほどだったと思う。わがタワマンの9階のベランダは、それらよりさらに特等席だった。音楽も東京湾と回りのビルで反響し、「お風呂のカラオケ」のような効果があった。主催者側から写真を撮らないでといったお願いもなかった。数日間、われわれの庭でもあるお台場海岸が機材やその準備で不便を被ったし、リハーサルでは音でテレビが聞こえないなどの被害もあったので、その分の対価あるは損害賠償、あるいは役得みたいなものだろうか。家にいてヒマだったのでベランダで動画や写真を撮ったが、思った以上に楽しかった、というか感動したイベントだった。来年もあるなら友人を招待してもいいかもと思った。フェイスブックでは動画もアップしたので見たい方はどうぞ。IPhoneを手で持って撮ったのでクオリティはイマイチ。音楽は最後方でオペラ音楽が披露され、涙が出そうになった。巨人が負けたレクイエムと感じたわけではない。
 
下げ止まらない
◇TOPIX(東証株価指数)は7日連続下落。仕事をしながら日経CNBCコメンテーターのコメントを耳だけで聞いていた自分の記憶によると、安倍内閣が発足して以来、初めてだという。きょう29日の大幅下げの原因は、欧州、特にイタリアの政治不安と、それに伴うユーロ安だったようだ。日経平均でいえば一時200円以上下げていたものの、大引け前で急激に買いが入り、122円の下げで済んだ。日経平均は3日ぶりの反落。しかし夜になって日経先物は大幅に下げている。ヤセパ交流戦が始まった頃には300円以上も下げていた。このブログを書いている時点も200円ほどの下げ。TOPIXの8営業日下げの可能性は高そうだ。ただ、ここのブログで指摘すれば、その逆になる可能性も高いので、あすは涙雨にはならない可能性も残されている。
 
疲労
◇プロ野球のセ・パ交流戦が始まった。昨年と同じ4連敗のまま突入した交流戦は、昨年と同じように初戦を落とした。もし次の菅野で落としたら、悪夢の13連敗を更新する可能性もないことはない。もっともこのブログで予想するとその反対となることが多いので、意外と菅野以外で勝つこともあるかもしれない。
 ライバル・阪神は、とうとう鳥谷の連続出場記録が途絶えた。いろんな見方があるだろうが、もちろん偉大な記録ではあるが、連続出場というものにそれほど価値を見出さない人も少なくない気もする。世界的目線でみると、MLBではベテランほど定期的に休みを与えてパフォーマンスの向上を図るし、日本外国人選手なんかだと奥さんの出産に、本人ではなく奥さんなのに、その出産に立ち会うために試合を欠場し母国に帰ってしまう。決して珍しいことではない。日本では最近でこそ立ち会うケースは増えているようだが、自分が若い頃は立ち会うどころか休みを取るのも憚られるような時代だった。もちろん、当時が変な時代であり、いまが正常だと個人的には思う。
 きょうの巨人の先発マスクは大城だった。阪神戦の最後のカードは、体調不良のためベンチ入りもせず、一足早く帰京したそうだ。2戦目でのどに強い球を受けたのが原因だろうか。選手の体調等に関する情報は当然だろうけど秘密にされることが多くて心配だが、本日はとりあえずベンチ入りしてイケメンの笑顔を見られたので、それほどひどくはないのかもしれない。前も小林が死球で背中を骨折して欠場が続いたとき、チームは連敗が続いた。レギュラー捕手としてあれだけ叩かれていたのに、その後はその批判もかなり収まった。ここ数日だったと思うが、小林はもしイケメンではなく、肩が強くて盗塁阻止率が高くなく、巨人ではなく、女子アナと付き合うなどせず、ただフツーの選手だったら、リーグ最低の打率でもあれほど叩かれなかったのではないか、というネット記事を読んだ。自分にはわからないけど、批判を浴びるのは注目を浴びてヒーローになれる選手の宿命かもしれない。阪神戦では小林以外も精彩を欠いた選手が多かった。解説の掛布さんが、快勝の阪神以上に巨人の選手の覇気のなさを本気で心配していた。偶然みたネット記事で原因がわかった。東京から大阪への移動の新幹線が事故のために遅れ、7時間もかかったそうである。多くの選手が4時間ほど列車で缶詰になったそうである。ホテルに着いたのは初戦の日の朝4時だったそうである。MLBに比べればそりゃたいしたことないってなるんだろうけど、やはり影響はあったんじゃないかな。まあ、本拠地に帰ってきたことだし、扇の要が万全ではないにせよ、ルーキー大城くんにも頑張ってもらって、13連敗は阻止してほしい。こちらのメンタルもやられてしまうから。株価もあすはともかく明後日には反発してほしい。
 
みたえいがNo.26 「マーシャル・ロー」(1998年、米) 20180522テレ東 ★★★★☆ デンゼル・ワシントン/ブルース・ウィルス/アネット・ベニング
 
「ニューヨークに戒厳令発令! 連発する爆破テロ、交錯する軍、FBI.CIAの思惑。アメリカ史上最大の危機!」
 
みたえいがNo.27 「フォーカス」(2015年、米) 20180517 テレ東 ★★★☆☆ ウィル・スミス/マーゴット・ロビー
 
「天才詐欺師が仕掛ける一世一代の罠! 人間行動学に基づいた“だましのテクニック”が炸裂! 地上波初放送!」
 
みたどらまNo.106109 クリミナル・マインドS3#17~#
20(終)

Photo_8


Photo_4

Photo_5

 
お隣のマンションも特等席に

Photo_6
 
公園に入れないので駐車場前で観覧する人も

Dsc04161_2


Photo_7

2018年5月25日 (金)

0525 フライング、ノーゲット

21_2
 
【連載・京阪奈和探訪2018GW3】万博記念公園内の岡本太郎作、太陽の塔(1日、大阪・吹田市で)
 

Photo_2

 
初めて炊いた発芽米のごはん。まったく大丈夫だったのでこれをメインにしよう(25日、東京・港区の自宅で)

                 

1_2


お台場海浜公園で今週、大掛かりな舞台設営。看板によるとこの土日、「未来型花火エンターテイメント(エンターテインメントではない)STAR ISLAND」が開かれるらしい

2_2

 
リハーサルも行われていた

3_2
 
夜、ナイターの音が聞こえなくなったのでベランダに出てみたら、さらに大掛かりなリハーサルが行われていた(25日、東京・港区で)

3日ぶり上昇
◇日経平均株価は3日ぶりに上昇。わがエクセルの記録によると、今年4営業日以上連続で下げたのは3月の終わりの4日と1月の暴落時の7日だけだった。2万3千円をつけた翌日に小幅に下げ、続いて250円を超える大幅下落が続いた。3日連続下げの引け後は日経先物でかなり上げていて、一安心も束の間、夜にはじりじりと下げ、そして大きな衝撃となったのは「米朝首脳会談中止」のニュースだった。ルーティンを終え、風呂に入り、簡単な夜食をつくってビールとシークワーサー・チュウハイを用意し、録り貯めた映像のうち映画にしようかドラマにしようか思案しながらCNNを見ていたら、この速報が入ってきた。日経先物をチェックすると、100円下げ、200円下げ、下落が止まらなくなった。ダウも大幅に下落している。そりゃそうか。3連続下げでポートフォリオの信用余力もギリギリになった時点でのさらなる大幅安となると痛い。時間の短いドラマを選び、自殺にみせかけた連続殺人事件が次々起こっているのに、頭の中では「あすは早めに起きて銀行に移しておいた現金をネット証券に戻し、ある投信を買う手続きを進めていた証券会社に電話して待ってもらおう」などといった考えがめぐり始めた。結局、ドラマを見た後はCNNとCNBCを見ながらネットのチェックにいそしんだ。アルコールはワインへと移行していたものの酔うことはなかった。そのうちトランプ大統領の会見の生中継が始まった。どうやら中止というより「延期」の色合いが濃いようだ。北朝鮮の役人たちがどういう意図かわからないけどここ数日、アメリカを挑発し続けていた。女性の高官はあからさまにペンス副大統領を非難していた。もともと実現可能性が高かったわけではない中で、トランプさんが決断した。個人的にはこのペンス攻撃が決断を後押ししたように思える。実際はもちろんわからないけれど。北朝鮮の計算違いか。アメリカを甘くみていたか。あの役人たちは粛清されることはないのだろうか。そんなことを考えながらダウやナスダックの動きを見ていると、下げ幅が縮小してきた。タブレットで日経先物を確認すると、最大で320円ほど下げていたものが200円を切るところまで戻っていた。そうだよね。株を扱っている人が国際政治に必ずしも精通しているわけではない。むしろFX、為替の人の方が一般に詳しい。108円台まで進んだ円高も再び109円台に戻り、その日はそれで別室の寝室に入ったが、朝起きたら日経先物は100円台の下落に戻っていた。今週最後の市場が始まり、日経平均は寄り付きから少ししてプラ転。50円ほど上げる場面もあった。ほんの少しだけ損切り(674円!)し、ポートフォリオを綺麗にして、今週のトレードを終えた。ほっと胸をなで下ろすとともに、トレーダーとしての日々成長してきていることを素直に喜んだ。年齢を重ねても、日々成長することが生きる希望を与えてくれる。なんてね。
 
先走りはダメ
◇月曜からはまた下げるかもしれない。2万2千から2万3千のボックス相場が続きそうだが。移住計画を確実に遂行するために利益を重ねたい。月末に大幅下げとなる要因がある一方、月末から来月にかけて配当の振り込みが始まる。最高の利益を出した多くの日本企業。夏にサマーラリーが訪れる可能性は十分ある。折しも「セル・イン・メイ」。5月に株を売って、バカンスを楽しみ、秋に戻ってきましょうねという相場の格言。敬愛する千葉県人の先輩、日経CNBCコメンテーターの平野憲一さんはこの日の番組で、<読めない材料>として、米朝首脳会談の行方/輸入自動車への関税/米中貿易戦争の行方の3つを挙げ、「走り出すのは読めたあと」とのアドバイスを“贈って”くれた。すべてはトランプ大統領による中間選挙への布石だから、これらの行方がわかってから走り出しても遅くはない、むしろそうすべきだというメッセージだ。6月初旬に波が来て、8月末からも波が来そうな気が個人的にはするが、ここは我慢して、しっかりバカンスを楽しもう。最近思うのは、相場の先を予想することではなく、予想の確度を上げることではなく、テールリスクも含めどんなことが訪れてもそれに対応する準備と能力を高めることが大事だということ。そうであれば、アナリストたちの予想が大幅に外れても、むしろありがとう、という優しい気持ちになれる。時間という武器を味方にして、来週からは相場からちょっと離れて、さらに楽しい暮らしを続けていこうと思う。
 
勝利のカギは面談
◇今週はじめ、取引のあるネット専業ではない一般の証券会社を訪れた。先週、運転中に電話がかかってきて、ハンズフリーなので会話はできたものの、メモもとれないし、担当者からぜひ来てくださいとのことだったので足を運んだ。前の担当者が産休に入ったのを機に担当者が代わり、さらに代わった方が若い女性にもかかわらず課長代理というエラい人だった。部屋も階下に汐留の街を見下ろす窓際の素晴らしい個室だった。そこでの面談は充実したものだった。株取引はネットで十分だが、一流の情報は対面してお互いに話しながら得るものだと思う。電話で得られることはまずない。証券会社のたぶんほとんどはメールのやり取りを禁じていると思う。そこで電話となるが、セールストーク以上の内容を得ることは難しい。ネット証券でスイング取引をしていることを明かしたうえで、中短期の戦略についていろいろアドバイスと情報をいただいた。ケチだからではなくその方との信用の問題でここでは記せないが、自分の見方とも重なる部分が多かったので、その戦略を推し進めていこうと思う。もちろん、移住計画もちゃんと話した。2020年まで頑張ろう。
 
みたどらまNo.101105 クリミナル・マインドS3#12#16
 

みたどらまNo.25 「ツーリスト」(2010年、米、仏) 20180523 テレ東 ★★★☆☆ ジョニー・デップ/アンジェリーナ・ジョリー 

 
 「華麗な旅人に潜む危険な謎。美しき水の都・ベネチアを舞台に繰り広げられる極上ミステリー!」
 
◇京阪奈和探訪2018GW◇3 万博記念公園(大阪・吹田市)/太陽の塔
 
 太陽の塔は大阪万博(EXPO’70)のテーマ館のシンボルとして建造され、万博終了後も万博記念公園に残された。「芸術は爆発だ」の芸術家・岡本太郎さんの作品。今年から再び内部の公開が始まったが数か月先まで予約でいっぱいとのことで中には入れなかった。帰省の折、小さい頃に訪れたはずだがほとんど記憶にない。お隣の豊中市には数年住んでいたものの、万博記念公園の中に入ったことはない。こんなにいい所とは思ってもいなかった。
 

22
 
太陽の塔

23

ガンバの本拠地、市立吹田サッカースタジアム(後方)の前のイオンモールの巨大駐車場に車を停めて、万博記念公園に向かう。平日だったため無料だった

24

 

万博記念公園入り口

25

26

27

28
 
子供用の乗り物も

29

210
 
ショッピングモールやモノレールの駅から名神高速の陸橋を通って公園へ

2018年4月13日 (金)

0413 東京ミッドタウン日比谷にいってみた

1


新ゴジラは東京ミッドタウン日比谷の真正面に(13日、千代田区で)

2

 
皇居前からミッドタウン日比谷をみる

3

ミッドタウン日比谷から上の写真の撮影場所付近をみる

4_2

 
店内

5

 
空中庭園はこの日、強風のため出られず

6

 
ミッドタウン日比谷1階のレクサスショップを表敬訪問。写真OK、乗るのもOKということで撮影しました。やはりCH-Rより高級感があり、車内も広い

7

車内

8
 
日比谷公園では「日本ワイン祭」が開かれるらしい

9

 
築地市場(13日、中央区で)

10

近くの店。外国人観光客は夕方だったけどたくさんいた

開幕5連勝で4位だった昨年、6連敗の今年は優勝か
◇巨人が連敗を6で止めた。連敗ぐらいでみんな騒ぎ過ぎ。昨日のネット記事のコメント欄は高橋監督更迭論で溢れていた。しかし5連敗で最下位とはいえ、首位にいる最大のライバル広島とはわずか3差、この3連戦で並ぶ可能性さえある。あせることはない。ちなみに昨年のことを思い出してみよう。悪夢の14連敗ではない。巨人は昨季、開幕5連勝だった。優勝確率は88.3%だった。なのに優勝できないどころか4年ぶりのBクラス落ちを味わった。したがって逆も真なり。原巨人のときに5連敗を喫し、打順を組み換えてその後に大勝し、結局その年は優勝した。そのときの再来があるような気がする。
 
走りの春そして夏へ
11日、車の12か月点検を受けた。前に書いたように、ついでにタイヤをスタッドレスからノーマルに、タダで替えてもらった。洗車もしてくれてきれいさっぱり。また一生懸命走ろう。
 
予習
13日、久々に銀座で英語の会話を楽しむ。ついでに近くを散策した。あす14日、中学時代の友人らと津田沼でも稲毛でもなく新橋近辺で飲むことになり、午後に仕事のないメンバーは早めに集まってどこかぶらぶらしようかというイベント付き飲み会となったので、せっかくだからいい散策場所を予習してみようという気になったのだ。高校時代の友人に、デートの前には必ず下見をするという不思議な人がいた。でもそういう用意周到さがのちの人生にプラスになったようで、幸せな家庭を持ち、会社でもちゃんと出世している。デートなんてその場の勢い、と予習をバカにしていた自分はいま、少なくとも家庭という点ではみじめな状態に置かれ、サラリーマンも続かなかった。準備はきちんとしよう。という反省というわけではないが、まず、新しくなったばかりのゴジラ像に会い、その目の前に先日オープンしたばかりの東京ミッドタウン日比谷を訪れた。庭園は強風で封鎖されていた。その後、有楽町と新橋の飲み屋街を真っ昼間からぐるぐる回り、さらに間もなくなる築地市場も行ってみた。新橋から歩いて10分ちょいで、先発組が先に飲むのにもいいかもと思ったから。改めてその汚さに驚いた。風情はあるけど、やはり豊洲で正解だと思う。
 
みたどらまNo.7881 クリミナル・マインドS2#11~#
14
 
1_3
 
車を買った東京トヨペットさん。イオン東雲店の真正面(11日、江東区で)

2_2

 
冬用タイヤのホイール


3_2

 
純正ホイールの夏用タイヤに


4_3

 
豊洲の晴海通り沿いはまだ桜が満開

5_3

 
豊洲図書館で待ち時間を過ごす

6_2

 
豊洲図書館の入る豊洲シビックセンターはゆりかもめの豊洲駅とつながっていた

7_2

 
ゆりかもめも、こんなところで切れたままでなく、晴海、銀座までつながればいいのに











2018年3月26日 (月)

0326 元気を出して

1

お台場ビーチでも桜が満開(26日、港区で)

2


◇「早く元気を出して」。まだむり~。
 日経平均株価は久々に反発。しかし底を打ったかどうかは不透明なままだ。あす27日は3月末配当の権利付き最終日。個人投資家や主婦らに人気のある3月株主優待獲得の最終日でもあり、日経平均は上昇が見込まれるものの、28日は権利落ち日となり日経平均で160円ほどが配当落ち分になるという。27日は証人喚問もあり、新年度相場を占う大一番の数日となりそうだ。ということでちょっと早めの更新。しかし、元気が出ない。プロ野球OPで巨人が1位になっても、うれしさより不安の方が大きい(この運を本番で使いたかった)。ブログも書く気がまったく起きなかったのだが、お台場ビーチの桜をみて、竹内まりあの歌を聞いて、少しだけ立ち直った。まりあ様のベストアルバムは車に常備していて、旅や長めのドライブの時は必ず聞いている。きょうはその中の「元気を出して」の歌詞が、思いのほか心に染みた。
 「そんなに悲しませたのは誰なの?」。トランプさんとしつこい日本の野党かな。明日からどうすればいいかなかぁ。「ふりだしから また始めればいい」。はい、まりあ様。「チャンスは何度でも訪れてくれるはず」。株だけが投資でないことに気付いて(彼だけが男でないことに気付いて)。「幸せになりたい気持ちがあるなら、明日を見つけることは とても簡単」「あなたの小さなmistake いつか想い出に変わる」。実際は大きな判断ミスだったが。でも、「人生はあなたが思うほど悪くない」「早く元気出して あの笑顔を見せて」。彼女の歌詞は、いまの自分へのハゲマシの歌かと思ってしまう。
 元気になったら、もう少し書こうと思うが、とりあえずあすの証人喚問は、少なくとも株価の下落要因にはならないはずだ。前の文部科学次官みたいに自爆テロでもしない限り。書き換え前の文書の内容が明らかになったことで、逆に官邸の関与が否定されてプラスになったと思う。国政は、岸田さんの想像以上の人気のなさがちょっとびっくりだったものの、直近で特に問題はない。やはり地政学リスク、アメリカと中国だ。今のところ、中国は大人の振る舞いをしている。
 個人的には、だれもあまり注目していないが、「放送事業の見直し」と「カジノ」がこれからの政局を左右するファクターになると思っている。放送法は世論形成にネット時代とはいえ今でも大きな影響力を持つテレビ局の独占状態を保証しているので、全国紙5紙が実質的にメディアを寡占できる大きな後ろ盾となっている。おそらく政権のブラフだと思うが、在京テレビ局が戦々恐々としているのは間違いない。きょうも読売新聞の元政治部長である日テレの社長さんが会見で危惧を表明していた。安倍内閣打倒一本やりでいけるかどうか。余談だが、AbemaTVのハイライトはYouTubeでも見られ、イソ子記者以来の最近の夜のマイブーム()になっている。その中で自分の注目は超美人論客である著述家の吉木誉絵さん。元TBSのニヤケ杉尾・参院議員をこてんぱに論破する場面はみていて気持ちよかった。元判事の八代英揮さんの女版といったところか。まだ少ししかみていないで、これからもマークしていこう。さくっと調べてみたら、自分の大学の“先輩”だった。テンプルの方。慶応の修士課程でも学び、神職の資格も取得しているそうだ。日経平均が1000円ほど下げたのは、日中貿易戦争懸念のなか、安倍さんに対するトランプ大統領の発言とみられている。アルゴが反応したという見方が有力だ。その今後のカギをにぎるひとつが、カジノだと自分は思う。安倍さんの訪米中、トランプ氏はカジノを報道されている以上に熱心に売り込んできたそうだ。カジノは文字通り日本のジョーカーになりうる。森友問題、辻元公園、維新とともに、カジノでも<大阪>が大きくクローズアップされてくるはずだ。万博が大阪になったらもう止まらない。なんてことを書いていいたら、少し元気が出てきた。あすもあさっても頑張ろう。週末はプロ野球の開幕。開幕ダッシュだ。日経平均の下げはあと1000円、19500円くらいで収まってくれればと願っている。他人の言葉で一喜一憂することはない。「アナリストの発言にあるのは、その思惑だけで、事実や真実ではない」。


3
 
何かのロケのよう

4

お台場海浜公園の入り口付近

Photo

某日深夜。外がうるさいと思ったら、タクシーの運転手さんと乗客と思われる酔ったハゲ頭の若いサラリーマンが言い争っており、警官数人が暴れるリーマンを柔道技か何かで抑え込んでいた。静かな夜を過ごしたい

2018年3月19日 (月)

0318 桜咲く、日本散る?

3112013

【3月11日増上寺付近、東京タワー前。でもこれは河津桜かな(2013年、港区)

3202013

【3月20日】東京八重洲口前(2013年、中央区)
 
232013

【3月23日】柴又、江戸川沿い(2013年、葛飾区)
 
3262013

【3月26日】国会議事堂前(2013年、千代田区)
 
3262013_2

【3月26日】日比谷公園(2013年、千代田区)
 
272015

【3月27日】目黒川(2015年、目黒区)
 
282016

【3月28日】東京国立近代美術館前(2016年、千代田区)


平年より9日早く
◇東京で17日、桜(ソメイヨシノ)が開花したと気象庁が発表した。平年より9日、昨年より4日早いという。4月中旬にイベント付き飲み会を都内で予定していて、そのときに桜見もできるか、ここ数年に撮った写真を調べてみた。今年の都内は25日くらいが満開となる見通しとのことだが、あすから1週間、雨が続くとの予報で、もう少し後ずれするかもしれない。雨続きということで、21日にZOZOで友人と見る予定にしているプロ野球のオープン戦は、中止になりそう。財務省による森友書き換え問題の集中審議で始まる今週の1週間。天気と同じようにどんよりと暗い1週間となりそうだ。桜見物は来週以降かな。
 
みたえいがNo.14 「レッド・オクトーバーを追え」(1990年、米)20180316テレ東 ★★★★☆ ショーン・コネリー/アレック・ボールドウィン
 
 番組の説明「突然姿を消した最新鋭の原子力潜水艦。艦長の目的は奇襲か亡命か? 世界的ベストセラーをショーン・コネリー主演で映画化した大作」。見るのは何度目かで、原作も英語で読んだ。トム・クランシーのジャック・ライアンシリーズは、ボールドウィンよりハリソン・フォードの方が個人的には好き。テレ東では今週にあと2本、放送する予定。録画して深夜に酒を飲みながらまた見よう。
 
みたえいがNo.15 「フライト・ゲーム」(2014年、米)20180317フジテレビ ★★★★☆ リーアム・ニーソン
 

3302016

【3月30日】千鳥ヶ淵(2016年、千代田区)
 
2013

【4月2日】六本木ミッドタウン(2013年、港区)
 
2017

【4月4日】上野公園(2017年、台東区)
 
2017_2

 
【4月6日】お台場(2017年、港区)
 
2012

【4月8日】福山雅治の桜坂(2012年、大田区)
 
2012_2

【4月8日】六本木ミッドタウン昼(2012年、港区)
 
492012

【4月9日】靖国神社(2012年、千代田区)
 
162017

【4月16日】スウェーデン・ストックホルム(2017年)


より以前の記事一覧