« 0814  トルコ行進曲 | トップページ | 0824 神戸電鉄、有馬線がありません »

2018年8月19日 (日)

0819 電車でGO

Photo
 
川越の小江戸散策を終え、埼京線に乗る前にギョーサの王将で。すでに3万歩超えをした後に食べる餃子と唐揚げ、天津飯、飲むビールは最高の至福

Photo_2
 

FBでも紹介したが、八王子駅で撮り鉄の集団に遭遇。結局、何がすごいのかわからずじまい

Jr_2
 
JR厚木駅。途中下車失敗。小田急との乗り換え以外に何もなし。海老名で降りたら巨大なららぽーとをみることができた。厚木は本厚木がメインなのかしら

Photo_3
 
橋本駅。初体験

Photo_4
 
八王子駅

Photo_5

 
東福生駅。横田基地のゲートには福生駅よりこちらの方が近い

Photo_6
 

川越駅。いつも乗るりんかい鉄道・埼京線の終着駅がここなので一度期待と思っていた。思っていた以上にすばらしい街で、思った以上に都心から遠かった
 
下には下が…
◇巨人敗退が濃厚な中でテレビを付けっぱなしにしてパソコンの電源を入れ、「ジャイアンツは接戦で勝てない」ことをリードにしてブログを更新しようかと思っていたところ、9回裏に4点差をひっくり返してまさかの逆転勝ち。同じパターンで負けるシーンばかり今シーズンは見てきたので、驚くのと喜ぶのとともに、上には上がいるのと同様、下には下がいるんだなと改めて思った。岩瀬が阿部に死球を与えた時はもしかしたら、中日がマルチネスを出してきて大城がヒットを打った当たりからは勝利を確信した。野球は流れだもんね。一度どちらかに傾いたら、変えるのは容易ではない。巨人は今季2度目のサヨナラ勝ち。マギーの勝利インタビューの最中、マギーのユニフォームを持った女性のGファンが涙を流すシーンをテレビが捉えていた。その気持ちわかるわ~。猛暑もそろそろ終わり。日本、世界全体の流れも、これを機にと言ったらおおげさだけど、何か流れが変わってほしい。

バイクの日
◇その日最初に車に乗ってエンジンをかけると、音声が日付けとその日が何の日だかを教えてくれる。きょうは819で、バイクの日だそうだ。移住を機に、いろいろ新たに、あるいはまた、やってみたいことがどんどん増えてきて、ネットで調べたり、店などに立ち寄ってみたり、メモを残してみたりしているのだが、バイクもそのひとつ。といっても昔みたいにスピードやハングの角度にはまったく興味がないので、気軽に乗れるスクーターなんかがいいかなと思いながらワクワクしている。夏はもう終わりそうだけど、湘南の風を感じながら海沿いを走ったらどんなに気持ちいいことだろう。自民党総裁選はほとんど関心ないけれど、安倍ちゃん再選→外国人投資家の日本への安心感→日本株買い→買い増し→世界的な株価上昇→わたくしの不労所得急上昇、てなことになれば、このワクワクも夢ではなくなるかもしれない。とりあえず自転車は買う必要があるかと思っているので、今週はその分を不労所得ではなく実力で稼げればと意欲を燃やしている。今週は2223日の米中協議が焦点か。
 
◇移住するって?湘南だ◇3
 
 18日土曜日、移住先マンションの内見に行ってきた。URはだいたいどこも同じようなつくりだし、あえて内見までもしなくても思っていたものの、一人ではなく複数の人たちから勧められたので、行ってきた。その際、メジャーを持ってちゃんと測ってくるのよと言われてハッとした。そうか、部屋を決めるだけでなく、引っ越しの際の家具のレイアウトまで考えとかないといけなかったのか。引っ越しの数は多いけど、辞令から着任まで晩年でこそ4週間ぐらいあったもののマスコミのあるあるかもしれないが急なことが大半で、部屋探しもたいていは即断していた。せいぜい間取り図をファックスで送ってもらうぐらいで、家具の配置などは引っ越しの際に自分がその場で指示し、雰囲気で、あるいは置ける場所に置いてもらう、というのが普通だった。この歳になっても学ぶことはまだまだある。
 金曜夕に地元平塚のショップから連絡があった。ネットには載っていない空き部屋があるとのことで、せっかくなのでついでに見せてもらうことにした。ちなみに仮契約をしたのは友人のいる千葉県内の営業所である。早朝8時13分品川発車の東海道線に乗り、9時1分に到着。10分ほどかけて歩いて現地に行き、まずは駐車場の位置選びから始めた。9時半になって管理人さんのところでカギを受け取り、結局、仮契約分を含め2棟、計4部屋を内見した。「ボンビーガール」や坂上忍の別荘選び、王様ブランチの物件リサーチなど、不動産関係の番組は結構みているので、ポイントは頭に入っている。1時間ほどかけてみて回り、仮契約した部屋に落ち着いた。しかし1フロア4軒と6軒のそれぞれ14階建てのマンションなのだけど、すべて間取りが異なっていて、ちょっとURを見直した。社会主義、共産主義国家の巨大集合住宅のように、すべて同じ間取りということはない。自分は高所恐怖症ぎみである。内見したのは、現在と同じ9階が2部屋で、あと12階と14階。間取りは9階の一部屋が使いやすそうだったが、部屋からかろうじてだが海が見えるということで12階と14階に絞った。住むのにちょっとしたこだわりは必要である。湘南は日本のカリフォルニアかマイアミみたいなものと勝手に思い込んでいるので、住居における海の概念は大事にしたい、と思った。14階は最上階で上階の騒音などの心配もなく、「ペントハウス」的なぜいたくさもあったものの、4LDKと一人で住む予定の自分には大きすぎ、間取りも使いにくく、12階と比べて2万円以上も高かったので、やめた。高さが怖かったこともある。選んだ部屋は角部屋でテラスが2か所あり、ワンフロアが4軒だけという点も気にいった。築年数は現在のお台場のマンションと同じだった。広さは現在より20平米ほど大きい。それでいて家賃・管理費は5万円ほど安くなる。ちなみに、道を挟んだ向かいのマンションで内覧会が行われていたが、同じような間取りの物件が4560万円ほどで売られていた。都心から離れていてもそこそこの値段がするものである。
 マンションのエントランスで、買い物車を押した高齢の女性からあいさつされた。ついつい気軽に話を聞いてしまうのは元マスコミ人の悪いところ。入居しようと思っているんですけど住み心地どうですかと聞いてみた。そのおばあちゃんは満面の笑みで、「本当にここは便利。買い物も便利だし、気候もいいし、住み心地は最高」と答えてくれた。唯一顔が曇ったのは「でも空き部屋があったんですか」と逆に質問されてそうと答えた時。ここはめったに空きがでないんですけどねぇと不満そうだった。今現在5部屋空いてますよとは、おばあちゃんに悪くてとても言えなかった。
 築年数は同じだけど、設備等は現在の方が充実している。ガスコンロはいまはビルトイン式のがついているが、内見はではなかったので新しいのを入れてくれるのかと思って聞いたら自分で買わなければならなかった。クーラーも現在は備え付けだが、新しい家ではフックや穴はあるもののクーラーはない。浴室も「浴室乾燥」の設備がない。いちいちベランダで干すのは面倒だ。まあ電気代、ガス代いらずで“タダ”だけど。一方、昔ながらの押し入れなんかがついていて、これば便利そうだ。寝室予定の部屋は、メジャーを持っていって本当に良かった。もっともスリッパやメジャーはURで貸してくれたけど。良かった理由は、家具のレイアウトがギリギリだったため。パズルのようにして、リビングからちょっと離れた44畳の洋間にダブルベッドとクローゼット、ハイチェストを置くことができそう。それでも備え付けのクローゼットの扉の開閉はギリギリだ。なんてことをあと1時間ほどかけて細かく測った。リビングはいまより広くなったので念願の「メディアルーム」をつくることができそう。元テレビ局員のコミュニケーション学部教授から学生たちに、ぜひ専用の部屋をつくることを推奨されたことがある。集合住宅なので大きなスピーカー等は厳しいものの、それなりの映像、音響機器を揃えたい。これも先に書いた日本、世界の景気次第だ。ちなみに、部屋選びでいつもチェック項目に入れている、スカパーが見られるかどうかだが、3方向に設置できるスペースがあり、ベランダにアンテナを設置している所もあったが、調べてみたところ湘南ケーブルネットワークという会社が番組配信からインターネット回線まで扱っていて、大半がそこに加入しているようなので、それで一気に解決しそう。現在の契約をすべて破棄し、新たに加入しなければならないことを考えると。その面倒くささに少々憂鬱になってしまうのだけど。まあ新たな時代に向かっていろいろ進歩していく中で、やらなければいけない手続きと思うしか、ないのかもしれない。
 午前中で選択決定、寸法測り、営業所、ショップへの連絡等を終え、お昼ごはんを兼ねて「ららぽ」へ行った。付近の道路は前回の土曜日より激減していた。海水浴客で異常だっただけかもしれない。一安心。でも店内はそこそこ混んでいた。どんな店があるのかチェック。買い物はここですべて簡潔しそうだ。衣服、旅行、趣味、本などあらゆる分野の店があり、車(日産)のショールームまである。湘南ベルマール、横浜ベイスターズ関連が多いのがちょっと気になったが(ヴェルディ、巨人ファンです)、まあ気にしない。ちなみに屋上駐車場の一角にはフットサルコートがあり、名称は「湘南ベルマーレスポーツフィールド平塚」だそうだ。3階にあかちゃん本舗があったがこちらは今も将来も自分には関係なさそう。1階に「キッチンストリート」というレストランゾーンがあり、軽食も合わせて20店舗ほどある。これならすべてここで外食でも飽きなさそう。3階には「湘南Food Hall」というフードコートがあり、ものは試し、ここで昼食を取った。ららぽのパンフで調べると、11店舗が出店し、客席数は780だそうだ。全館フリーWi-Fiとのことなので、家での仕事に煮詰まったらここで仕事をするのもいいかもしれない。パスワードはhiratsuka。覚えておこう。食べ終わって、改めて1階のイトーヨーカドーをチェック。家から一番近いメインエントランスからすぐのところにある。普段の食事の買い物も、ここで完結しそう。惣菜も、今よく行く豊洲(東雲)のイオンさんより充実し、品川シーサイド並みにある。移住を機にワオンからナナコへの浮気を考える時期かもしれない。そばには三崎まぐろ系のお魚屋さんと、三浦野菜系の八百屋さんもある。自転車なら家から1分半、歩いても3分ぐらいだろう。今からワクワクが止まらない。
 
◇おでかけパス、電車でぶらり◇1
 
 内見には電車で行った。今回も「休日おでかけパス」を使った。これを使うために土曜日にしたのだが、今は夏休みということで、平日も使うことができる。ちゃんと調べるべきだった。もっとも平日はマーケットがあって無理な日が多かったが。改めてJR東のHPでチェックすると、夏休みの利用期間は7月20日から8月31日。
 休日パスの値段は2670円。品川―平塚間の運賃は片道972円。バスを使わずに済む東京テレポートー平塚間だと片道1239円。ちなみに休日パスはりんかい鉄道(東京テレポート)で発券はできないが、利用はできる。つまり自分の場合、帰りにここで降りることができる。細かいことだが。■で、内見等の仕事が午前中で終わったので、このパスを使ってローカル線の旅をしてみることにした。というか、朝早く家を出たのは、電車でぶらりと旅しようと思ったことがある。「旅」というほど大げさではないが、パスの値段から必要経費分を引いた数百円で、80キロほど多く電車に乗ってきた。一度見てみたかった川越の小江戸の街並みや福生の横田・米軍基地付近も見られたし、八高線という単線も味わうことができたし、車中でプロ野球速報をチェックしているとみるたびにジャイアンツの得点が加算されホームランも5本飛び出して快勝したし、この夏最高の一日となった。旅というより散歩だが、大半は駅周辺を歩いたぐらい。乗り降りの回数は当然ながら制限はない。今回途中下車したのは、厚木、橋下、八王子、東福生、川越。いつものように何回かに分けてブログで紹介していきます。

 
Photo_7
 

テラスからの街並み。かろうじて相模湾と、たぶん三浦半島が見えた

Photo_8
 
もうひとつのベランダからの眺め。道路の右がららぽーと湘南平塚、道を挟んで奥が駐車場、手前が済生会平塚病院。救急車で運ばれることがあったら、たぶんそこに運ばれる

3
 
別の棟の廊下からの眺め。山が見えるが富士山は確認できなかった。手前が駐車場。写真を撮っていても高さで震える

Photo_9
 
ららぽ湘南の中のフードコート「湘南Food Hall」

« 0814  トルコ行進曲 | トップページ | 0824 神戸電鉄、有馬線がありません »

B 日本ぶらり散策」カテゴリの記事

D 私生活」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583680/67075113

この記事へのトラックバック一覧です: 0819 電車でGO:

« 0814  トルコ行進曲 | トップページ | 0824 神戸電鉄、有馬線がありません »