« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月25日 (日)

0225 平坦な道を歩いてきたメダリストはいない

311

【連載・「幸せの国」北欧31】ノルウェー・オスロ駅を出発し、鉄路、デンマークを目指す

31
 
オスロ駅で最後の晩餐、ピザとビール

感動ベスト3
◇パラリンピックは続くものの、平昌オリンピックはきょう25日終わった。ちょっと長い気もしたが、また事前にはネガティブなニュースが多かったが、思った以上に感動することができた五輪だった。個人的にいちばんグッときたのは、パシュートの「金」が決まった瞬間の、菊地彩花選手の涙だった。同じくらいに泣きそうになったのは、たぶん多くの日本人と同じく、カーリング女子が銅に輝いたときと、新種目・マススタートで「金」を取った直後、コーチと抱きあって、はっきり聞き取れず記事でも確認できなかったけどたぶん「やっと勝てたよ」のような言葉を発したときだった。テレビでは早速、「一番印象に残ったシーン」をやり始めていて、感動に順位はないからやめれば~みたいな声も多いようだが、まあ固いことは言わないでそれぞれの思いを語ればいいんじゃないかと自分は思う。
 
いばらの道
◇ニッポンの冬季五輪の獲得メダル数が史上最高となった。指導者ら関係団体のトップらは胸をなで下ろしているのだろうが、個人的にはあまり関心がない。もちろん多いに越したことはないけれど、希少価値という視点もある。選手やサポートする人たちの頑張った過程にこそ価値がある。女子スピードスケートのマススタートで、「メダリストの中で、平坦な道を歩んできた人は誰ひとりとしていない」と解説者が話していた。その通りだと思う。ケガやスランプ、落選などなど、努力以外でも苦しいことの方が多いのかとも思う。彩花さんはケガで五輪の出場が危ぶまれた。カーリングの吉田知選手は戦力外通告を受け一時は引退を決意した。菜那選手の妹の美帆さんは前回の五輪に出られなかった。平坦な道ばかりを歩いてきて、社会の悪口ばかりを口にし書いてきた自らを反省し、SUVも買ったことだし敢えて文字通り悪路を走るようなつもりで、これからも進んでいきたい。もっとも自分自身はメダリストを目指すわけではないので、これまで通り平坦というか平穏で楽な生き方は続けていくつもり。少しだけ負荷をかけ新しいことに朝鮮いや挑戦していきたい。何を書いているのかちょっとわからなくなってきた。オリンピックが終われば今年はサッカー・ワールドカップもある。日本では来年、ラグビーのワールドカップもある。何より、来月末にはいよいよプロ野球も始まる。昨日からオープン戦も始まった。五輪と違って選手が男ばかりなのはちょっとつまらないけど、楽しんでいきたい。
 
そだね~

オリンピックも終わって、春も近づいてきて、自分的には大きな節目というか目途にしている2020年東京五輪に向かって、スポーツ選手とは違う頑張りをしていかないとならない。選手たちは記録更新、バブルおやじは平たく言えば「カネ稼ぎ」だ。週末の米ダウ平均は300ドル以上も上げた。円高がやや気がかりだが、日経平均も順当に下値を切り上げていくだろう。誰もが想定外の3千円下げ。しかし上昇へのマグマはたまっている。警戒し、二番底にも気を配りながら、明るい未来に向かって進んでいきたい。週明け月曜は2月配当の権利落ち日となり、小生の現物株もかなり下落しそう。しかしそれ以上のパワーを、他の日本株に期待したい。
 
みたえいがNo.11 「リンカーン」(2012年、米)(借り放題DVD)★★★☆☆ スティーブン・スピルバーグ監督 史上最も愛された大統領とも言われる第16代大統領エイブラハム・リンカーンの最後の4か月を描く。批評家からは高い評価を受けている。
 
旅ばんぐみNo.16 出没!アド街ック天国~野沢温泉 20180120(OH54M)テレ東
 
東京てれびNo.4 出没!アド街ック天国~世田谷線・上町20180113(0H54M)テレ東
 
東京てれびNo.5 出没!アド街ック天国~三鷹 20180127(0H54M)テレ東
 
東京てれびNo.6 路線バスの旅 日吉~池上~お台場 20180225(1H10M)日テレ ホームラン地蔵(新馬場、海徳寺)
 
みたどらまNo.37No.41 CSI科学捜査班 第9話~第13
 
◇「幸せの国」北欧◇31 ノルウェー
 
 平昌五輪の最多メダル獲得に敬意を表して、連載は続けて北欧、ノルウェー。今回が同国最後。オスロ駅から鉄道で再びスェーデンを通ってデンマークへ向かう。

31_2

オスロ郊外にあるかつてのオリンピック・ジャンプ台からあたりを見下ろす

31_3

路面電車の車内

31_4

ムンク美術館

31_5

地下鉄

31_6

ホテルでの朝食、バイキング

318_2

ホテルの部屋

319


3110

2018年2月20日 (火)

0220 ソウルフル 平昌

301

【連載・「幸せの国」北欧・30】ノルウェーの首都オスロの旧市街地中心部

302

観光案内所で

303

王宮で

304

オスロ市庁舎近くで

手抜き大好き
◇きょう20日、読売新聞夕刊の「発言小町」に、「週5日の鍋料理は手抜き?」という、記事というかトピとレスが載っていた。小生、気持ちは週7日鍋で、たまに材料の野菜を買い忘れて「なし」という日があるので平均すると週5くらいになる。レスを読んでちょっと気が滅入った。「市販の鍋つゆを使うなら立派な手抜き」「『手抜き』と言われても否定できないかなぁ」――。女性は女性に厳しいようだ。簡単だけど手抜きだとは思わないし、そもそも手抜きの何が悪いのか。料理は時短で安くて健康に良ければそれでいい。味がよくて、作る方からしてみれば、たまに凝ったり新しいものにチャレンジしたりして楽しめればさらによい。鍋はバリエーションもあるし、何より野菜たっぷりヘルシーで、文句のつけようがない。最近は野菜が高いのがちょっと不満だが、家庭菜園が稼働すればそれも解決する。今年はダイエットこそ目標にしていないものの、体重は順調に減ってきている。野菜さまさま。テレビの4ちゃんで、元AKBの篠田麻里子がやはり、ほぼ毎日鍋というのをやっていた。山ガールでもある彼女は番組で、自分で車を運転して八王子の山に行き、歩いて頂上まで登って、そこで一人鍋をやっていた。いいね、楽しそうで。ということで今夜も、先ほど車でイオンまで出かけてたっぷりの野菜とキノコ類、タイ産の鶏肉、チリ産の真ダイなどを買ってきたので、鍋にする。“男の鍋”は、合宿感もあっていい。鍋好きになったのはたぶん、初任地の奈良支局で、九州出身で元府警一課担の当時サブデスクがよくクエ鍋などを作ってくれたからだと思う。感謝。
 
フリーランス
◇日経新聞朝刊一面トップは「フリーランスに最低報酬」。いろんな意味で最近、話題沸騰の働き方改革を取り上げた。記事によると、報酬に関して業務ごとに最低額を設ける方向という。当のフリーランスとしては、実のところあまりありがたくない。翻訳に関して言えば、報酬が高くなれば、こと産業翻訳では、ますます機械翻訳に移行していくことになると思われる。経済学の基礎で学んだように、最低賃金を上げれば上げるほど失業率が高くなり労働者には不利になる。テンプルで受講したので自分の英語力ではどこまで正しく理解できたか自信はないが、この労働法改正は「多様な働き方」を後押しすることにはならない可能性もある気がする。それより、報酬を払わなかったり(自分も被害者)滞りがちだったりする会社を公表して罰するなどした方がいいと思う。仕事前に交わす複雑な契約書については、確かに見直した方がよい。秘密保持など企業側の権利ばかりが書かれていて、<対等感>がない。個人的には、とてつもない技術を身に着けて、ドクターXの大門未知子のように法外な報酬で依頼されるフリーランスになりたい。でもまあ今は、投資家メインの副業としてなので、とんでもない安価でも請け負いますよ。でもボランティアは不可。
 
テレビ観戦三昧

◇先週末の金メダルラッシュは感動した。事前予想通り、ウルウルきた。多くの人と同じだと思われるので改めてここでは内容について触れない。ただ報道に関しては不満がある。やりすぎ、はしゃぎすぎ。もう少し量を抑えた方がいい。特に定時のニュース。結弦くんの「金」の後の、Nのニュース7では彼の演技をまるまる放送した。感動はわかるけど、先ほどすべて生中継で見たばかり。30分しかない貴重な時間を、繰り返しの映像で埋めないでほしい。NHKは地上波唯一の有料テレビなんだから、多様な視聴者のニーズに応える必要がある。自分のように冬の五輪にそこそこ関心ある人間でもうんざりだから、好きではない人はきっと受信料を拒否したくなるはずだ。フジのように見たくないヤツは見るなというなら、それで結構、でも受信料はタダにすべきですね。もっとも民放も似たり寄ったりだが、無料だから仕方ない。それにしても冬季オリンピック、期間もちょっと長過ぎないかな。ウインタースポーツは確かに五輪でしか見ることのない競技が大半でいい機会ではあるけれど、ドラマを飛ばしてまで放送するものでもない。BSでも十分。もちろん選手に罪はない。
 
新聞も
◇新聞も、日経を除いて大半がオリンピック一色だ。ただ紙媒体はそこを瞬時にスキップすればいいだけで、ほかのニュースが手薄いということを除けば不満はない。不満はないけど、ここ数日でオヤっと感じた記事が、古巣の新聞にもあった。一つ目は、小平選手に「獣のよう」と表現したTBSアナに非難の声、という批判記事。「女性に対して失礼では」という内容で、ネットで最初に読んだ。そのインタビューは自分も生中継で聞いていて、確かに「うまい」とは思わなかったものの、実況で解説者が使っていた表現だし、日頃から関係者間で使われていた、ちょっとしたキーワードという伏線もあっての質問。受け流せばいいくらいのものだった。案の定、ネットのコメント欄では、批判記事に対する批判、が多くアップさせていた。書いた記者は伏線を知らなかったのか、何か書けとデスクに尻を叩かれたのか。いわゆるネット民と読者はイコールではないものの、読者の感覚というか空気感みたいなものをつかみ取れないと、まずまず新聞離れが進むのではと危惧する。先日届いた社報にABC調査の結果が載っていて、朝読日経は20万単位、部数の少ない毎でも10万単位で部数を減らしていた。この例をもってしてそうだというのではないけれど、読者の感覚と離れた記事を書いていると、のちに大変なことになってしまう気がする。二つ目も奈緒ちゃんに関する記事。先月亡くなった元同級生について、記者から質問が出て、彼女が答えた。各紙、それを簡潔に書いている。ネットや週刊誌などで彼女の死はすでにそれなりの話題になっていて、試合が終わったから聞いてもいいだろうということになっただろうか。しかしネットでは、質問した記者を「信じられない」とか「デリカシーがない」とか、一定の批判があったことは事実だ。その同期が自死かどうか自分は知らないし知りたいとも思わないが、そして集まった記者たちはオフレコとなっている事実を知っていたのかもしれないが、多くの読者は自分と同じようにモヤモヤした事実しか知らない中で、突然、美談のように活字となって表れても困る。やはりとまどうのではないかな。眞子さまの結婚延期報道とある面、似ていなくもない。とりあえず報じておこう、でも事実はネットや週刊誌で確認してね、みたいな。この件に関しては、フリーの記者らから厳しい批判も相次いでいる。前にブログでヒューマンストーリーは嫌いではないと書いたけど、「金」一夜明けての記者会見で、あえて触れなくても良かったような気が、自分にはした。
 
また乱高下?
◇20日の日経平均は4日ぶりの反落。200円以上下げたものの、前日は驚きの428円高で、3日間でも1000円ほど上昇していたので、ヘルシーな調整と言えなくもない。乱高下はスイング・トレーダーにはありがたいが、ボラティリティーがこれほど激しいとやっぱり精神的に疲れる。ドキドキは、今はピョンチャンだけでいい。円は一時105円台に接したものの、多くのアナリストが一層の円高を予想していたので、その予想に反するとの自分の予想通り、20日夜時点では107円台へと円安に戻った。しかし、株価も円も、上がったり下がったりすることも、その幅も時期も、絶対に当てられる人は皆無なのだから、どちらになっても対応できるようにするしかない。テレビに出る人は意図的に売り煽りや買い煽りをする場合も多いので、特に注意が必要。希望としては明日、株は上がって、円は安くなって、ほしい。
 
みたえいがNo.9 「ノイズ」(1999年、米)(20180213テレ東)★★☆☆☆ ジョニー・デップ/シャーリーズ・セロン 
 
 同期のジョニデ主演。宇宙から無事に帰還した夫。だが以前と何かが違う。双子を妊娠した妻が抱く疑惑はやがて恐怖へと変わる。
 
みたえいがNo.10 「セルラー」(2004年、米)(20180214テレ東)★★★☆☆ キム・ベイジンガー/クリス・エバンス/ジェイソン・ステイサム
 
 電話が切れたら一巻の終わり。誘拐・監禁された人妻。偶然のSOSコールが繋がった青年が救出のため街中を疾走する、ノンストップ・サスペンス。
 
旅ばんぐみNo.14 美しい日本に出会う旅▽初夢温泉 名湯の旅~日本一の岩風呂とご利益いっぱい湯めぐり 20180110(0H54M)BS-TBS
 
 長野・渋温泉/兵庫・城崎温泉/鹿児島・霧島温泉郷/岩手・花巻温泉郷
 
旅ばんぐみNo.15 美しい日本に出会う旅▽ぬくもりの初夢温泉 秘湯の旅~雲上の絶景風呂とマタギの秘湯 20180110(0H54M)BS-TBS
 
 長野・高峰温泉/青森・青荷温泉/栃木・奥鬼怒温泉/山形・月山志津温泉
 
みたどらまNo.31No.36 ブラックリストS5#3、CSI科学捜査班 第4話~第8話
 
◇「幸せの国」北欧◇30

 
 平昌オリンピックでノルウェーがメダル競争でトップになったので、連載は前回に続いて北欧、ノルウェー。

305

オスロ中央駅

306

中央駅で人だかり


307



火事でした。消防車とパトカーが到着

308

Yo Sushiで一杯

309


中央駅前の海沿いにあるオペラハウス

3010

3011

3012

オペラハウスの中



2018年2月15日 (木)

0215 春が来て綺麗になった 去年よりずっと綺麗になった

291

【連載「幸せの国」北欧・29】オスロ・ヴィーゲラン公園の「怒りんぼうの像」

292

ヴィーゲラン公園

1日だけの春
15日、まだ冷たさは残っていたものの春のような陽気だった。太陽の光は明らかに冬のそれとは違う。冬の陰鬱さもそれはそれでいいものだけど、やはり明るい日差しは気持ちいい。しかしまたあすから寒くなるそうだ。火曜は首都圏もまた雪になるかもしれないそうな。
 
フロリダ銃乱射事件
◇フロリダ州の高校でまたも銃乱射事件が起こった。学校での銃乱射は今年すでに18件目という。17人が死亡した。現場のパークランドは同州最大の街マイアミから北約70キロ。映像を見る限りのどかな感じだ。フロリダ州はリタイア後の人たちの移住先で最も人気を誇る。しかし今回も含め、銃の乱射事件が頻発している。マイアミに数日間いた時は、まったく危険な感じはしなかったのだが。正午のNHK全中では2分ほどの扱いだったが、アメリカのテレビでは当然ながら大半の時間を割き、CBSでもCMを除く約20分中18分近くがこのニュースだった。学生たちが両手を真上に挙げて全力で校舎から逃げ出すシーンや、親や友人と無事を確認して抱き合って泣く映像は、オリンピックの日本人選手の活躍とは違った意味で目頭が熱くなった。日本の報道では、乱射事件では必ず銃規制のことが取り上げられ、今回もトランプ大統領のツイッターに銃規制への言及はなかったとわざわざ言及があったが、日々アメリカのニュースに接していると銃規制が現実的ではないのも理解できる。地理的にも歴史的にも、自分の命は自分で守らざるを得ない人がたくさんいるのだ。そういう意味では日本は本当に恵まれた国だと思う。トランプのような人物が大統領になってしまうのも、ある意味、必然なのかもしれない。
 
ミホ、ナオ、サラ
◇平昌オリンピックはいくつか選んで生で見ている。ジャンプ・高梨沙羅の銅、スピードスケート・小平奈緒の銀、そして特に同・高木美帆の銀と銅には感動した。高校野球選手はよく「観客に感動を与えたい」と言うものの感動を与えていただいた体験は残念ながら自分にはないのだが、彼女たちのパフォーマンスからたくさんの元気と感動と希望を与えてもらった。また彼女たちの競技人生からもいろいろ学ばせてもらった気がする。スポーツ報道では、選手のアスリートとしてだけ伝えればいいのであって、よけいなヒューマン・ストーリーはいらない、との声もよく聞くが、自分はそうは思わない。そちらにばかり焦点を当て過ぎるのもどうかと思う報道もたまにあるけれど、やはり適度に生きざまなどを交えて伝えてほしいと個人的には思う。特に今はネットで何でも情報が入る時代。ベンツやメイクなどのバッシング、友人らの度重なる死、メディア対応など、いやでも耳に入ってきたが、彼女たちのパフォーマンスはそれらを一気に払拭するものだった。それらを乗り越えて余りあるだけのアスリートとしての彼女たちの努力にスポットライトを当てることは、競技としての技術的なこと以上におもしろく、感動を与えてくれると思う。小平は500、高木美は姉と一緒のパシュートで、それぞれゴールドの期待もかかる。金メダルがすべてじゃないけど、取るシーンをテレビの生中継でみたら、たぶん泣いちゃうだろうな。冬季五輪と仕事でがっちり向き合ったのは2002年のソルトレイク・オリンピックの時。大阪本社にいたのだが、五輪編成チームになぜかスポーツ担当数か月だったのに選ばれ、今は取り壊された銀座の日航ホテルに泊まり、期間中、大手町の東京本社まで毎日通った。五輪紙面は時間的にも技術的にも難しく、不慣れな自分には苦しかったけど、今となっては楽しい経験。銀座8丁目の同ホテル前を通るたび、その時のことを思い出す。
 
反発も1日だけか?
◇日経平均株価は15日、3日ぶりに反発した。310円の大幅上げ。前日、友人と来月の遊びの計画を電話で話していて、株の話にも広がり、アナリストでもないのに今日は数々のデータから間違いなく上がるよと“予言”してしまった。もちろんその友人が自分の予想だけで株を買うことはないが、夜のうちに先物が一時下落になった時はちょっと不安になってしまった。安易に予想を口走るものではない。しかし、円高がかなり進んだにもかかわらず日経平均は一時400円を超える大幅反発となった。円高がなければ500円超えもあっただろう。これでちょっと一安心。前に書いたように、銃乱射事件のあとで不謹慎な表現だが、すでに「弾切れ」状態だったのだが、なんとかまた戦線復帰できるようになった。もっとも、このまま一本調子で反転、上昇、とはならないそうだ。あすは金曜。米FRBのパウエルさんの議会証言までは落ち着いてきたとはいえまだバンピーな相場が続くと思われる。五輪紙面制作のように、口から心臓が飛び出そうな場面が何度もやってくるだろうから、反省を生かして上手に対応していきたい。
 
みたえいがNo.8 「クーデター」(2015年、米)(借り放題DVD)☆☆☆☆★ オーウェン・ウィルソン/レイク・ベル 東南アジア、ベトナムと川を接する某国。妻と娘2人を連れて赴任してきた翌日、クーデターに巻き込まれる。

Photo

 
旅ばんぐみNo.11 出発! ローカル線 聞きこみ発見旅「見栄晴と熊切あさ美が津軽鉄道で名所発見20180205(1H55M)BSジャパン

1

2_2

熊切あさ美は歌舞伎役者と破局する前から好きなタレントのひとり


旅ばんぐみNo.12 出発! ローカル線 聞きこみ発見旅「森田順平と祥子が箱根登山鉄道で名所探し20180115(1H55M)BSジャパン
 
みたどらまNo.25No.30 MACGYVER/マクガイバー #18/ブラックリストS5#1#2(スカパー、スーパードラマTV)/CSI:科学捜査班 第1話~第3話
 
◇「幸せの国」北欧◇29 オスロ・ヴィーゲラン公園
 
  オスロ市立美術館もある。212点の彫刻や、公園の象徴でもあるモノリッテンなど、数々のアートをゆっくり堪能することができる。彫刻を造ったグスタヴ・ヴィーラゲン(18691943)は作品の解説を一切拒否したという。

293

294

295

296

297

298





2018年2月 9日 (金)

0210 ゴルディロックスはいずこへ?

Photo

東京・半蔵門で打ち上げ(7日、千代田区で)

1

東京駅前の整備が完了して初めての訪問。確かにきれいになった

2

反対方向を向くと皇居

0208

8日の昼飯は築地・源さんで

「もうはまだなり」
◇8日の米ダウ・ジョーンズNY平均株価は1000ドル超の下落となった。下げ幅は史上2番目。今週1週間で史上最大と2番目を記録した。これほど下げるとブラックマンデーかリーマンショックかと“世界同時不安”が起こっても不思議がないところだが、世の中の雰囲気はとても明るい。経済が好調過ぎることに端を発して将来を心配したのが下げの要因。嵐が通過するのを待っている状態だ。しかし、いまが底なのかはまだわからないので、注意は必要かもしれない。
 9日、日本株も連れ安。日経平均は一時700円超の下げとなったものの、終値は500円ほどの下落で収まった。3連休前でNY市場の動向を2回も反映させなければならず、手仕舞いあるいはポジション調整でさらなる調整も予想させた中で、比較的落ち着いた値動きだった。リスクを取って立ち向かった個人投資家たちに称賛を送りたい。
  この日は午前2時前にベッドに入ったのに、ふだんより1時間以上早い午前7時頃に目が覚めた。珍しく酒を抜いたせいもあるのだろうけど、NY株急落を感じ取ることができたからだろう。体調不良や寝不足になる要因のひとつは寝る前のスマホだと強く自覚することができたので、最近は寝室に持ち込まないことを徹底している。目が覚めるとリビングに行って株価をチェックする。寝る前のCNNでは300ドル以上下げていたので不安だったが、日経電子版ではわずか19ドルの下げになっていた。「よかった」と思って寝室に戻ろうとしながら日経平均先物をチェックすると700円以上の下げ。何のことはない、日経電子版を手動で更新させると1032ドルの下げとなっていた。さすがに二度寝する気にはなれずCNNを付ける。のんきにピョンチャン・オリンピックのことを伝えている。コリア、いや、こりゃダメだとチャンネルをCNBCに。パニックとまでは言えないまでも慌てふためいているNY取引所内の様子をバックに、コメンテーターらが詳しく情報を伝えていた。コーヒーを飲みながら自身の戦略を練る。3連休前。「一時撤退、仕切り直し」という結論に達した。
  前回のダウ平均4ケタ下げの時と違って、まったく疲れなかった。アルコール抜きが奏功した点もあるが、何よりも明るい未来が待っていると思えたから。底値が確認できたら、あとは楽しい旅路が待っているだけ。あとは上がるだけだから。高値の「高所恐怖症」より心理的には楽だから。ただ、修復には時間がかかるし、当然ながらさらなる下値には注意しないといけない。この日、トレードとしては、いわゆる損切りを淡々と繰り返した。こういう時は大胆さが必要だ。中国株バブル崩壊、ブレグジット、米大統領選と、荒波を経験した強みでもある。1月は好調で利確もしてきたので、損切りのメリットとしては税金が戻ってくるということもある。これまで月給100万だったら約20万が税金として引かれていた。これが戻ってくる。株価下落は国にとっても地方自治体にとっても、とっても痛いことなのだ。数日前だったか、年金の前期の収支が6兆円ほどの黒字だったと新聞にベタで載っていた。自分は投資をしていないから株価下落ざまあみろ、とか思っている人たちは、天に向かってツバを吐くようなものである。年金支給開始が80歳からとかになったらどうするつもりなのだろう。頑張ってまた株価を上げていこう。自分ももう少し注意して、というか我慢して資金を待機させていれば、きょうも「買い」で立ち向かって、日本国民のお役に立てたかもしれないのに。残念。ちなみに、ここ最近よく使われ耳にし、日本語訳は当ブログの見出しでも使った、適温相場を意味する「ゴルディロックス相場」のゴルディロックスとはイギリスの少女の名前だそうである。熱すぎず冷たすぎない適温のスープを飲んだ少女が登場する英国の童話にちなんだもの。乱高下は自分のとっても“適温”と言えなくなり、世界経済もすでにゴルディ―ロック相場は終わったと指摘するエコノミストも多くなってきたようだ。株価が一時的に戻るのは間違いないが、また下落したり、経済や景気そのものが悪化したりする可能性も高いので、気を付けて“運転”していこうと思う。今週、個人的にはスキルアップとなるあるプロジェクトが終了し、雪の温泉にでも「一人で」行こうと思っていたものの、経済が悪路に入ってしまったので、しばらく東京を離れないことにした。暖かい部屋で、カネを使わず、オリンピックでも見ることにするかな。
  
ピョンチャン・オリンピック
◇冬季オリンピック開幕。ネガティブなニュースがネットを中心に流れているので日本での盛り上がりはいまひとつな感じ。失敗を期待しているネット民が表面上かもしれないけど多そうなのも残念。少し前にテレビを付けたらちょうど開幕式、しかも日本登場とあって、少しだけどジーンときた。年のせいかな。昨年新春にピョンチャンでも行こうかと友人と計画してみたものの結局行かず千葉・房総の旅となった。今からでも間に合いそうな感じもするが、寒さはともかくとして宿泊や移動はバカ高だということで、終わってから行ければと思う。ソウルもバルセロナもロンドンも、終わってから会場付近を訪ねたら、会場に入れず熱気はなくても雰囲気は味わえる。ブラジル・リオは開始前に出掛けたが、それがいちばん良かったと思う。東京、そして選ばれて自分が生きていれば札幌か。メディアのはしゃぎようは逆にしらけるけれど、自然体で冬スポーツのテレビ観戦を楽しみたい。個人的にはスケートの高木姉妹に注目。
 
みたえいがNo.7 「ソードフィッシュ」(2001年、米)(20180129。テレ東)★★★☆☆ ジョン・トラボルタ/ヒュー・ジャックマン/ハル・ベリ 天才ハッカーが政府の裏金95億ドルを強奪!
 
みたどらまNo.2024 MACGYVER/マクガイバー#13#17
 

旅ばんぐみNo.11 路線バスで寄り道の旅「冬の鎌倉・湘南を巡る旅」20180114(1H30M)テレ朝 鎌倉~藤沢~江の島/シーキャンドル「湘南の宝石」(写真=テレビ画面から)=ライトアップ、218日まで
Photo_2


れきし番組No.4 歴史秘話ヒストリア「世界が驚いた3つのグレートウエーブ葛飾北斎」20170915(0H43M)NHK総合 

Photo_3

 「神奈川沖浪裏」=Great Wave 苦節40年、72歳の作品、ヨーロッパでブーム/米LIFE誌、過去1000年間の重要人物100人に日本人で唯一葛飾北斎/ライバル歌川広重「東海道五十三次」‐北斎嫌い/2019年一新のパスポートデザインに「富嶽三十六次」/誓教寺(東京・上野)北斎の墓、外国人旅行客の聖地/すみだ北斎美術館(東京・墨田区)
 
◇東北極楽浄土の旅◇12 仙台・瑞鳳殿

111

瑞鳳殿は伊達政宗公を祀る霊廟

11

11_2

運よく御開帳の時期に遭遇。写真撮影もあっさりOK

11_3

瑞鳳殿本殿

11_4

観覧券売り場まで山中を歩いてきて、途中で高さ1.5メートルぐらいの真っ黒の動物が近くを走り去るのをみた。売り場のおかあさんに「熊みたいなものを見た」と告げたら、「犬ですよ。よく散歩してるんです」という。でもどうみても犬の大きさではなかった。もしかしたら…

116

観光ガイドの話を熱心に聞く観光客ら

117

118

119

1110

宿泊したのは瑞鳳殿の近くのラドン温泉併設のこの施設。気のせいか、しばらく椎間板ヘルニアの痛みが治まった



 

2018年2月 7日 (水)

0206 あすはあがるといいね

疲れた。東京株式市場は大荒れ。ふだん市場が開いている5時間の間、ずっと家にいるわけではなく、すっと仕事をしていることも珍しく、その間に朝と昼のメシを食べ(昼休みの1時間は別の仕事)、新聞に目を通し、冬はたまに風呂にも入り(夏はシャワー)、20分ぐらい昼寝することも多く、掃除や洗濯などの家事もする。しかし昨日と今日は、テレビで日経CNBCを付けながらも机に座りパソコン画面とずっとにらめっこをした。疲れるのも当然。デスク時代のように、午前9時から夜11時過ぎまで、昼飯の10分間以外ずっと、14時間もデスク編集機というPCの前に座り続けるという体力も気力はない。また必要性もない。当ブログではなく別の組織に送った書簡通り、週明けの株式市場は大荒れとなった。月曜日の寄り付きこそ下げは限定的で、ブログで書いた某電気メーカー株の一部を利益確定させた。しかしPTSで6パー、大方も10パーぐらいは上がるとみていたのに一向に上がらず。日経平均はずるずると下げて、終値は592円安の暴落となった。しかしこの暴落はこれで終わらなかった。その後NY市場でダウは過去最大下げ幅となる1175ドルの下落。前週金曜の665ドル安からさらなるショックとなった。
  しかし、中国株バブル崩壊やブレグジット、トランプ大統領誕生というかクリントンまさかの落選、の時の暴落時に比べて、市場参加者の多くはそれほど恐怖を感じなかったのではないか。自分自身も、「株の大安売り」ぐらいの気持ちで、むしろワクワク感さえあった。日米とも経済のファンダメンタルズは良好で、株が好調過ぎるからのスピード調整だから。「適温相場の終わり」というアナリストも多かったが、経済そのものが悪いわけではない。しかし、6日の一時1600円超の下げは、さすがにちょっと焦った。想定以上だったので、“弾切れ”になってしまったのだ。ちょっと落ち着いた取引をしようと資金の一部を銀行口座に移しておいたので助かった。また呼び戻して参戦してもらった。全体の評価額は2日で驚くほど下げたものの、また本日は追い証こそ発生しなかったが資金不足の警告が出たものの、デイトレ的な売買で利益を絞り出した。落ちるナイフは手でつかむなというのが相場格言だが、下げが1200から1600円と急落していったときに勇気を持って手でつかみ、その勇気のおかげでわずかながら取り戻す形となった。下げ幅縮小といっても数時間で500円以上の戻しだから、それはもうしびれる。だから疲れた。すぐにでも寝たいところだが明日は用事があるため、ぼうっとした頭でブログ更新。あすは戻るかな? NHKが「世界同時株安」と大々的に報じ始めたから、落ち着くはずだけど。自分が自信を持って言える指標のひとつが、NHKが報じたらその流行やトレンドは終わり。これまであまり間違えたことはない。
  さて明日。日経平均先物は6日夜、200円以上上げたり一時100円近く下げたり。どっちやねん。もう勘弁という個人投資家も多いだろう。きょうはビットコインも暴落したそうで、追い証の恐怖で眠れない人も多いと思われる。自分としては、前に書いた3つの大暴落を生で経験していて冷静に対応できたのが自賛する点、反省はもっともっと待って、”引きつけて”から買いに転じるべきだった。せっかちなのが、半世紀も生きているのに治らない欠点。関西に長くいたのが悪かったのだろうか。酒を飲んで早く寝て、また明日に備えよう。日付が変わってしまった。

 

2018年2月 2日 (金)

0202 ”適温”乱高下相場

131

【連載・歴史探訪2017夏・13】伏見桃山城(京都)



0202

2日朝、お台場ビーチは粉雪こそ舞ったものの積雪とはならず。写真だと粉雪がうまく写っていない。動画はFBで

0201

日比谷、プレスセンター脇の人工滝(1日)

適温相場
◇日経平均株価は今年初となる6日連続下落のあと乱高下。前の前だったか当ブログで、信用取引の株の大半を利益確定してしまったので「下がらないかなぁ」と書いてしまい、本当にそうなってしまった。地道にトレードしている投資家には申し訳ない。下がるたびにまた、買い増ししていったが、想定よりも下がり続け、下げの後半では息切れしてしまった。経済を俯瞰して見ているつもりだが、もっと高く飛んで、ビックピクチャーを見る必要があった。日々反省。それでも自分のようなスイングトレーダーには、毎日のストレス度は高いものの、絶好のチャンス到来でもある。木曜日、ようやく400円ほどの大幅反発となった。ようやく少し、利益を出すことができた。さてもう一息、という金曜日、日経平均は再び3ケタ、しかも200円超の下落。予想をして行動するのではなく、どんな相場になってもいかようにも対応する、ということに最近は主眼を置いているので、評価額はまた大幅に下がったものの、それなりの利確をすることができた。年前半で稼いで、後半は投信を中心にしたポートフォリオにして、自分自身は働かず、自分の資産に必死に働いてもらう、そんな体制にしたい。
  決算発表シーズン。金曜日、品川に本社のある某電機メーカーが大引け後に発表した決算は、アナリスト予想を大幅に上回るものだった。自分の想定とはそれほど変わらなかったものの、PTS(夜間取引)で8パーほど上げていた。前の噴き上げのときは全部売ってしまって最大限の利益は得られなかったものの、その後の下げで少しずつ買い増し、1000株を超えた時には一時含み損が3ケタとなったものの耐え忍び、ここ数日の上げで少しずつ益出ししたものの、まだ半分以上は残っているので、月曜日が楽しみだ。バイオのノートパソコンくらいなら買えそう。ついでにスカパーをデジタルに変えようかな。いや、やっぱり温泉に行こうか。アナリストの企業への事前取材が厳しく制限されるようになって、いわゆるアナリスト予想というものが当たらなくなった。日経新聞の記事によると、以前のように決算前に仕込むより、決算を見てから買いまたは売る機関投資家、正確には上司に怒られないための事なかれ主義サラリーマン投資家と言ったほうかもしれないが、そういうプロのトレーダーが増えているそうだ。プロとしては勝負しないので残念な風潮だが、個人投資家にとってはバクチをして大勝ちできるチャンスでもある。そこで勝つコツは、過去の決算書や財務諸表などを見過ぎないことだ、と自分は思う。街に出て街を歩き、話を聞き、その会社の近くに行ったり社員に会ったり、その製品を手にしてみたり買ってみたりする。そうして自分の嗅覚で判断する。トレーダーというとパソコンを何台も起動させ、部屋に引きこもってPCとにらめっこ、というイメージがあるかもしれないが、もちろんそういうチャート信仰トレーダーもいるが、世界の空気を感じて投資判断をする「旅する投資家」もいる。あの優待おじさん、元棋士の桐谷さんも、優待券を使うために自転車で都内を走り回っているからこそ、あれだけのパフォーマンスを上げられるのだと思う。外の世界を知ることが大事。もっとも自分自身は結構、失敗するけどね。でもアナリストの言葉を信じて失敗するよりよほどいい。それらを信じるのは、競馬場で競馬新聞を売る予想屋を信じるのと似たようなものだと思う。そもそも新聞なんかを全面的に信じてはいけないことは身を持って知っている。ちょっと脱線しました。
  でも月曜、「材料出尽くし」で売り浴びせられたらどうしよう。しかしまあ、大荒れのバンピーな相場は、スイングトレーダーにとってというより、上司に怒られず同僚に気兼ねせず、自由に場中の動きを見ることができるフリーランスにとって、とてもいい環境であるのは間違いない。
 
また雪
◇木曜夜から金曜にかけ、都内ではまた雪が降った。しかしお台場では粉雪こそ舞ったもののまったく積もらず。午前3時過ぎまで起きていたが雨のままで、朝は8時過ぎには起きたもののやはり雪にはならなかった。ちょっと残念。いまのプロジェクトは来週で終わるので、ソニーが爆上げしたら車で温泉行こうかな。いや、6月まで頑張るべきか。夜、飲んでメシを食いながら旅番組をみて、その後に熱めの風呂に入ると温泉気分を味わえる。そんなバーチャルもそれなりに楽しい。最近の不満は2つ。野菜が高い。手荒れがひどい。夜食はほとんど鍋で、最近は味の素の鍋キューブがお気に入り。エバラやミツカンより、固形のダシが使いやすい。野菜を切って、肉や魚を入れるだけ。ただ、ニュースにもなっているように野菜の高騰がひどく、4分の1のハクサイが200円とは信じがたい。早く移住計画を実行し、自分で野菜を育てたい。もうひとつの手荒れは以前も書いたが、iPhoneの認証に不便というだけでなく、痛みまで出始めた。包丁で突いて開いた指の穴は塞がったが、肌荒れで血が出るほど切れてしまった指の傷というか穴がなかなか治らない。絆創膏を5か所ほど貼っているが、洗い物のたびの黒くなり、外出のたびに替えなければならない。これもやはり早く移住して、食洗器を備えるのがいちばん手っ取り早い。気がする。そのためにはソニーだけでなく、他の銘柄の爆上げが必要となる。間もなく米雇用統計の発表。
 
みたえいがNo.6「マイ・インターン」(2015年、米)(借り放題DVD)★★★★☆ ロバート・デ・ニーロ/アン・ハサウェイ
 
 「プラダを着た悪魔」(2006)ではメリル・ストリープ編集長の下で働くジャーナリスト志望の新人記者だったアン・ハサウェイが、こちらでは同じファッション業界ではあるものの正反対の立場の通販サイト社長(CEO)。わずか9年でこんなに出世するのはさすがアメリカ。その通販会社にシニア・インターンとして働き始めたのが70歳のロバート・デ・ニーロだ。今のビジネス社会を反映していてとてもおもしろかったし、70歳にはまだ時間があるが非常に参考になった。多くの経験をした大人の男がするべきことは、映画のように若い人たちを支え救うことだと改めて実感した。穏やかな紳士という設定のロバート・デ・ニーロだが、晩年は「ケープ・フィアー」のストーカーの印象が自分には強くて、ちょっと違和感もあった。ロバート・デ・ニーロとメリル・ストリープが共演した「恋に落ちて」(1984)という不倫映画を前の大学時代、京都の6畳一間の下宿で、ゼミの同級生と見たことがある。狭い部屋の万年床の同じ布団の中で見たのだが、終わりかけの時に掛け布団に突っ伏して泣き始めたのには、さすがにひいた。という思い出がある。ちなみに彼女、卒業後はお酒関係の会社のキャンギャルになった。「マイ・インターン」ではアン・ハサウェイが出張先のサンフランシスコのホテルで、ロバート・デ・ニーロに自分の夫が不倫をしていることを打ち明ける。同じベッドの中。夫と別れたら彼はたぶん再婚して自分はひとりになり、ひとりでお墓に入ることになる。それは耐えられないと半狂乱になって泣き始める。さすがにこれも、引いた。女性というのはひとりで生きられない生き物なのか? ロバート・デ・ニーロはやさしく、先だった妻と自分が入る予定の墓に、まだ空きがあるからとアンを慰めるのだが、なんか違う、と個人的に思った。
 
旅ばんぐみNo.9 鉄道・絶景の旅「江ノ島から芦ノ湖へ 富士の絶景と箱根めぐりの旅」 20180123(1H54M)BS朝日
 
旅ばんぐみNo.10 出発!ローカル線 聞きこみ発見旅 群馬・上毛電気鉄道で名所探し 20180122(1H55M)BSジャパン はしのえみ/田尾安志 

1_2

2

釣りてれびNo.3 釣り人万歳▽幽霊魚の居場所を探れ! 東京湾のタチウオ 千葉・木更津 元サッカー日本代表、ヴェルディ監督・松木安太郎
 
みたどらまNo.1419 MACGYVER/マクガイバー #8#12
 

◇歴史探訪2017夏◇13 伏見桃山城、明治天皇陵など

132

133

134

公園として一帯が整備されており、大きな駐車場もある

135

伏見桃山城の入り口

136

明治天皇御陵参道

137

桓武天皇御陵参道





« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »