« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

1231 申酉騒ぎ、戌笑う

2017

2017年バイバイ

東京も初雪
◇大みそか、東京は初雪となった。外は確かに凍えるほどの寒さだった。それでも4年前の師走、クリスマス休暇でスタバなど以外のほとんどの店が閉まってしまった、ニューヨークの大雪の中での絶望感と極寒より、はるかにマシだった。三が日は晴天との予報。
 大みそかの夜、テレビのチャンネルを変えながら、今年最後のブログを書いている。ブログで何度か書いてきたけど、仕事をしない大みそかはほとんどなかったので、いまだに違和感がある。サラリーマン晩年は、自分で勤務ダイヤをつけていたこともあって、ほとんど会社での泊まり勤務だった。役得は、ちょっとばかり正月勤務手当が出るのと、元日付けの新聞をすべてタダでいちばんに読めることぐらいだった。でも毎年、コロシや大火事があって静かに会社にいられた記憶はない。
 突然だが、人類滅亡の日、最後に何をしたいか。若い頃は好きな女と××でもし続けるのかなぁと漠然と思っていたけれど、今は静かに好きな音楽を聴きながらこれまでを振り返るのがいいのかなぁと思っている。でも本当に死を前にしてどう思うのかはまだ想像できない。最初はNHKのニュースをみた流れで紅白歌合戦をみた。内村くんの司会はうまい。有村架純は相変らずかわいい。でも途中、チャンネルをテレ東に変えてみた。「第50回大晦日恒例年忘れにっぽんの歌」 本当に聞きたい名曲」をやっている。なんかしっくりきたので、これを聴きながら書き続けている。演出は地味でシンプルなのがいい。
 今年も当ブログを読んでいただきありがとうございました。来年もペースは少し落としながらも続けていくつもりです。「戌笑い」(戌笑う)とは相場格言、アノマリーのひとつで、相場が活気づき、笑いが止まらないこと。NY株はメディアこそ否定していますがトランプ大統領のおかげで大幅上昇の年となり、年間上げ幅は最大の4956ドルとなりました。日本株も26年ぶりの高値。来年も良い年になるといいですね。皆様も良いお年を。
 
たびてれびNo.22 ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE 20171227(2H10M)テレ東 
 マドンナは三船美佳。台風直撃の台湾を縦断。台北から鵝鸞鼻(ガランピ)灯台へ。
 
みたどらまNo.169 プリズン・ブレイク ファイナル#15 記憶の中で Going Under
みたどらまNo.170 プリズン・ブレイク ファイナル#16 マイアミ The Sunshine State
みたどらまNo.172 プリズン・ブレイク ファイナル#17 The Mother
みたどらまNo.173 プリズン・ブレイク ファイナル
#18 VS VS.
 

◇歴史探訪2017夏◇11 彦根城(下)

20171

彦根はJRで来て、歩いていろいろな観光スポットを回ることができる

20172


20173

城の前は旧家の美しい街並みが続いている

20174


20175

いろは松。高知から移植された松という

20176

JR彦根駅前

20177

彦根駅ロータリーにある井伊直政公像

20178


20179


201710

モダンな街並みとの融合も

2017年12月29日 (金)

1229  予想はよそう

Photo

お台場アクアシティーの観光案内アンドロイド「地平ジュンこ」さんもクリスマスまでサンタコスプレだった

Photo_2

最近よく見かける、お台場の水陸両用バス「SKY DUCK」

              ◆ ◆

Photo_3

景気拡大局面

Photo_4

景気後退局面入り判断の注目は長短金利差

Photo_5

ビットコイン先物

仕事納め
◇例年より1日早い大納会、仕事納め。世間に合わせて、特に大きなストレスはないものの、きょうからリフレッシュしようと思う。料理など家事以外の仕事は一切しない。関西遠征はいつ出発しようか思案中。大みそかの関東は雨の予想で、途中は雪に遭遇するかもしれない。でも、吉高風にいえば、スタッドレスタイヤにチェーンもあるから大丈夫!

大納会
◇きょう29日の日経平均株価はわずかに下げ、掉尾の一振とはならなかったものの、年初と比べ6年連続の上昇となった。しかも大半のアナリストの予想をいい意味で裏切る大幅上昇となり、すでに2万3千円レベル。しかし、そろそろ下落に備えたシナリオも考えておかなければならない。
  大納会が小幅安で終えたのはよかった。大幅下落はもちろん、大幅上昇となれば大発会が心配の種となる。正月休みを心やすらかに過ごすにはきょうのような動きがいちばん。例年、1月は税マネジメントなどで売りが先行することが多い。今年も大発会こそ479円もの爆上げとなったものの、じりじりと下げた。自身の昨年のトレード状況をみると、信用取引の追い証に追われ、100万円以上の損切りの日が連日続き、月間で2千万ほどの負けとなった。よくここまで持ち直したものだと自分で自分をほめたい。と同時に、その前に危ないトレードなどせず郊外に別荘名目ででも小さな家を買っておけばよかった。いつでも儲けられるテクニックと強いメンタルを得たのと引き換えに、安心・安全な平穏な人生というかけがえのないものを失ってしまった。
  詳しい説明は省くが、2018年の後半にもアメリカ経済は景気後退局面に入るとみられている。数回の利上げの後、18年度中に利下げが行われるという、いわゆる「とんでも予測」まで出ている。個人的には十分可能性はあると思っている。一方、日本の株価はまだ上昇余地があるとの見方が大半で、自分もその点では同じ。1月に多少調整し、6月ぐらいがいったんのピークになるというシナリオに賛成だ。それでも、東京オリンピックを2020年に控えてまだまだ伸びしろがあり、下がったところでは日銀の買いも続く、いまの緩和策が当分続く、ということで株価の不安は少ない。むしろポジションを落としていた時に急上昇でしてついていけないという「上昇リスク」もある。20年までが最後のチャンス、失われた20年のリベンジだと思って、また来年も頑張る。だがこの日は何か月かぶりに、いわゆる「損切り」をして、ポジションを思い切り落とした。1月下旬からまたゆっくり参加するつもり。

ビットコインで消費減税を
◇当ブログでビットコインのことを書いてから、見事なほどの下降を続け、ピーク時から3割ほどの下落となっている。今年はビットコインの年だった。昨年末に時価総額1兆7千億だったビットコインの今年のピークは37兆円だった。現在は3割ほど下がったもの28兆円という。分岐したビットコイン・キャッシュも8兆円ほど。そのほかブロックチェーンの仮想通貨のイサリアムは年初に比べ100倍、リップルは250倍になった。問題はその税金。ブログで前に書いたかどうか忘れたけど、個人の利益は雑所得となり、個人の所得によって税率が異なるそうだが、所得税は5パーから、4000万を超えると45パーになるようだ。損をした人に補てんがあるわけではなく、儲けた人には所得税がかかる。現状でも税収は4~5兆円になるという。もう消費増税とかサラリーマンの控除とかいう世界とは別次元の話。しっかり徴収できたら、消費増税中止どころか、消費税減税が可能になるかもしれない。もっとも今の価格はバブルで、そのうち10分の1になるという人もいるし、現状前後という人もいるし、さらに拡大するという識者もいる。ビットコインは投機だギャンブルだと言われているが、ヘタな公営ギャンブルより国はさらに潤う。個人的にはうまく消費減税につなげてくれればと思う。来年は、宣伝効果ということで政治家や芸能人、特にマスコミ関係者を狙って、財務省・国税庁が脱税で告発するのではと自分は思っている。財務省はのどから手が出るほど欲しい税金だかと思うから。元マスコミ人としては、仕事が忙しくて税金の手続きがおろそかになりかねない人はビットコインに手を出さないほうがいいと忠告したい。知らなかったではすまされないから。いつ狙われるかわからない。
 
みたえいがNo.48 イーグル・アイ(2008年、米)(20171221テレ東)★★★☆☆
 
たびてれびNo.21 原田龍二の秘湯めぐり 一湯入魂 20171224(1H54M)BS-TBS 「硫黄島東温泉」(鹿児島県三島村)、「湯俣温泉」(長野県大町市)、「三斗小屋温泉」(栃木県那須町)=強風で行けず、「八ケ岳 湯本本沢温泉」(長野県小海町)=日本最高所の露天風呂
 
みたどらまNo.166 プリズン・ブレイク ファイナル#12セルフレス Selfless
 

みたどらまNo.167 プリズン・ブレイク ファイナル#13裏切りの報酬
Deal or No Deal
 

みたどらまNo.168 プリズン・ブレイク ファイナル#14 取引の極意
Just Business
 

◇歴史探訪2017夏◇10 彦根城(上

20171

天守に向かう坂道

20172

20173

20174

彦根城の前には彦ニャンの姿

20175

渡り廊下

20176

天守に登る階段はかなり急

20177_2

鉄砲を撃つ穴

20178

天守からの展望図

20179

彦根市内

201710

奥は琵琶湖

2017年12月25日 (月)

1225 都内の道は渋滞、相場は閑散

Photo

間もなく新年(17日、雷門から浅草寺へと続く台東区の仲見世商店街で)

日本にもクリスマスプレゼント
◇東京市場は今年最終週。残すところ5日となった。しかしまったくの閑散相場。クリスマス休暇中の欧米に加え、香港、シンガポールも休場で、日経平均先物の商いが9千枚割れと1999年以来の歴史的な薄商いとなったが、「閑散に売りなし」の相場格言通り日経平均株価はわずかながら上昇し、年初来高値を更新した。日本市場の4割を占める外国人投資家が不在の中での上昇は、来年の先高期待を抱かせる。個人的にはほぼ手仕舞い。株価がまったく動かず退屈になったので、後場から出掛けた。
 
気合
◇品川シーサイドのイオンの入るビルでまずは散髪。ここ8年ほど通っていた銀座の店の、時間は8分の1、値段は10分の1だった。夏から短めにしているが、前回の三分刈りから今回は一分刈りへと気合を入れた。気持ち的には阿部慎之助との合宿に挑む前のジャイアンツ捕手の小林誠司と同じ。だがその小林くん、WBCで大活躍し、オールスターでも本塁打を放ち、ゴールデングラブ賞に輝くなど巨人の正捕手に定着したものの、低打率が響き、契約更改はわずか400万円と多くのネット民から驚きと同情の声が上がるほどだった。この髪で、彼とともに来年は捲土重来を期したいと思う。
  店内はクリスマスだというのに、まあクリスマスとは何の関係もなさそうなおじさんたちでいっぱいだった。担当してくれた人が女性だったのはうれしかった。性的偏見はないつもりだけど、男に体を触られるのはどうも苦手だ。10数年前に韓国に行ったとき、せっかくだからと「あかすり」を体験したのだが、その時の人が赤ら顔したなんとなく漁師さんのような中年だったのだが、その人が白いふんどし一丁で個室に入ってきて自分の体を当たり前だがさわってきて、そのときのトラウマみたいなものが今でも残っている。
  髪を切ったあとは本屋さんで雑誌と本のまとめ買い。そのあとイオンで食料のまとめ買い。いずれもWAONカード払いでポイントが2倍となるので、この日まで待っていた。絶対に大物にはならない消費行動だが、もちろん大人物になりたいわけではないので構わない。せこく地味に生きていく。店内は比較的すいていた。
  行くまでの道は年の瀬らしかった。首都高1号羽田線の下を通る海岸通りは、普段よりコンテナ車や大型トラックが多く、品川埠頭方面行きの車線は信号待ちで渋滞していた。ここをスムーズに通るには慣れが必要だ。3車線の道を、行き先ごとに車線変更しないと、左折や右折、高速入り口などの待ちの列に入ってしまい、一向に前に進まないことになる。車線変更できず高速に入ってしまったり望まぬ場所に向かったりすることになる。途中で車線変更するにも技術が必要で、入れてもらう方、入れてあげる方の双方の運転がヘタだと事故になる。超大型車が多いうえにタクシーも交じり、そこに素人が加わるもんだから、いつもちょっとしたカオス状態である。シンプルな道にしてくれるとありがたいのだが、都心で車を乗るのはこういうストレスも不可避なのだろう。いまの通訳機器はTOEICで800点を超えるという。ということは大半の日本人は片言の英語を話すよりこれらの機械を使ったほうがコミュニケーションはうまくいく。運転もそのレベルにきているらしい。自動運転での事故の可能性より、高齢ドライバーや運転ベタな初心者の方が現時点でも高いと思われる。タクシーはすべて自動運転にしてくれると、急な発進や割り込みが減って、こちらの寿命も延びるのだが…。本日も数回ヒヤリ。
 
みたえいがNo.47 スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年、米)(20171215日テレ)★★★☆☆
 
  好みの問題なのだろうが、評判ほどおもしろく感じなかった。しかし封切りされたばかりの最新作はかなりおもしろいらしい。「最後のジェダイ」のRian Johnson監督はテレビのインタビューでこう話していた。“Star Wars, it’s about growing up and finding your place in the world, which is something every one of us has to go through, but then it packages that in a fun adventure. And the combination of these two things I think just instantly make it appealing”
 

歴史てれびNo.19 高島礼子・日本の古都▽大江戸ミステリー「忠臣蔵」15の謎…現場検証…京都で新発見 20171208(0H54M×2)BS-TBS
 
たびてれびNo.19 空から日本を見てみよう+ 絶景渡り鳥の沼&紅葉の山 宮城県登米~栗駒山 20171221(OH54M) BSジャパン
 
たびてれびNo.20 出川哲朗の充電させてもらえませんか? 清里から箱根神社!絶景“富士山街道”20171223(2H24M)テレ東

 
続◇東京スカイツリー◇

 
  地上160階。高さ634メートルで、「ムサシ」と覚えると良いとパンフレットに書いてあった。施工はあの大林組。現存する電波塔としては高さ世界一で、ギネス世界記録の認定を受けた。人工の建造物としてはブルジュ・ハリーファの828メートルに次ぐ世界2位。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開記念ライティングが20151217日―20日に行われ、新悪役のカイロ・レンが持つ赤いライトセーバーが立ち上がる様子を、赤と青の光の動きを使った演出で再現されたという。展望シャトル(エレベーター)内にはテーマ別のパネルが設置されている。3号機は春で「桜吹雪をイメージした桜の空」、夏の4号機は「花火が彩る隅田川の空」、秋の5号機は「鳳凰が輝く祭の空」、6号機は冬で「都鳥の空」。ちなみにこの4機はすべて東芝製。

1

東京スカイツリー


2

京成押上駅


3


4


5


52


6


7


8


9

スタンプ

10

2017年12月21日 (木)

1221 この出費は いタイヤ

12

新橋駅前のSL広場。イルミネーションは毎年違うようだ(19日、港区で)

12_2

ニュー新橋ビルの友人行きつけの店。お互い新橋が似合う年齢になってきた気がする

Photo_2

東京スカイツリーツアーで、お菓子とともに頂いたマスコット。殺風景な仕事部屋兼ディーリングルーム(笑)にクリスマスムード

Photo

20日、ニュース7前の天気予報でたまたま東京スカイツリーからの映像が登場したので撮影。ちなみに左の方はNHKで自分イチオシの女子アナ、ゴーバラさん。雰囲気と体形が奈良支局時代の方とそっくりで、中条あやみの顔にすればウリふたつ

安全・安心を買う
◇冬タイヤを買った。初めての経験。何人かの友人に聞いたが千葉か東京23区在住なので大半が今もスタッドレスではないし、替えるつもりもないという。雪の時はメインのSUVではなく軽自動車にチェーンを巻いて通勤するつもりという友人も。関東南部在住なら必要なのは年に数回程度なので、その時は乗らないというのが一番手っ取り早い。自分もこれまでそうしてきた。だが、これから遊びまわるためにSUVを買ったのだし、資金繰りもうまくいったので買うことにした。高齢の親族らもいてイザというときにすぐ出かけられるようにと“安全保障”の側面もある。でも何より、草津温泉に昨年行った際、峠で立ち往生してJAFを呼んだという苦い経験がいちばんの理由だ。後日飲んだとき、後ろ座席に乗っていた友人が「もうダメかと一瞬思った」と言っていた。ハンドルをどちらに切ってもまっすぐ坂を下り、崖から転落する直前でなんとか止まったのだ。BMWの太く扁平率の高いタイヤがスリップに拍車をかけた。学生時代、京都や神戸で似たような体験をしたことはあるが、安い車だったし事故もそれほど怖くはなかった。でもいい歳したいま、カネもヒマもあるのにそんなリスクを取ることはない。何より当時に比べてスタッドレスタイヤの性能は格段に進歩している。ある元レーサーは、スタッドレスで1年中乗っても問題ないと雑誌に書いていた。ごちゃごちゃいらないことをここまで書いたが、とにかくタイヤを冬用にした。
  いちばんの問題は夏タイヤの保管だった。トランクルームがあるものの、そこは本棚でいっぱいになっている。また部屋に移すと狭くなるし、何より面倒くさい。ベランダは潮風で絶望的。実家は遠い。そこで預かりサービスを利用することにした。車を買ったディーラーでは年2万数千円、オートバックスだと大きさにもよるが自分の場合は月1400円。BMWから乗り換えた時に立体駐車場も小さい方に移ることができ月2000円ほど安くなったので、許容範囲ということにした。タイヤは郊外の大きな倉庫で劣化しないようにきちんと保管されるという。夏タイヤに戻すときは1週間ほど前に連絡すればOK。交換も自分でできなくもないが千数百円でやってくれる。値段を比べて大幅に安くなったオートバックスにした。宝塚市出身の店員さんと話してというか相談しているうち、関西らしく“勉強”してくれることになり、その勉強後に実はここ(その店舗併設の車販売店)で前のBMWを買ったといったらさらに値引いてくれた。タイヤはホイール付きにした。年2回の工賃を計算すると4年ほどでペイする。後で見たら、冬タイヤのアルミホイールの方がカッコよかった。どっちでもいいけれど。ついでにジャッキアップする必要のない非金属のチェーンも購入した。これもまけてもらった。書いていいのかわからないけど合計で20数万円分が17万円を切った。それでも高い買い物だが、安全と安心と、何より雪を恐れず出掛けることができる、なんなら雪の温泉にでも行こうかというワクワク感を手に入れたと思えば、出す価値があったと自分を納得させている。
  実際に走ってみると、少し接地面からの音が強くなった気もするが、気のせいかもしれない。乗り心地も夏タイヤの方が特に電気で走るときにスムース感が強いが、気もせいかもしれない。ちなみに、平日夕方だったので作業までの待ちは3時間、作業時間は30分ということだったが実際は10分ほどだった。雪の予報が出れば当日中の交換はほぼ無理なようだ。

ラストスパート
◇アメリカの大型減税が議会を通過。あとは大統領の署名を待つだけとなった。30年ぶり、史上最大である。いいですね。官僚が弱い国で。まだまだ活力に満ち溢れた米国が続きそうだ。もっとも、減税は法人が大半で、あとは超富裕層。中間層への恩恵はほとんどない。個人消費拡大はそれほど期待できないらしい。それでも個人向け増税オンパレードの日本より、未来は明るい。米国の大型減税は日本企業にも恩恵が広がる。日本市場もあす金曜日を過ぎれば残り1週間。掉尾の一振を期待したい。
  その市場、火曜日だったか、日経平均が一時13000円を超えたものの終値での回復とはならなかった。ファンダメンタルズ的には勢いがあるものの、楽天の携帯参入やゼネコンの談合疑惑などが足を引っ張った。どちらもいろいろ書きたいがしょうもないタイヤのことをグダグダ書いてしまったのでまたの機会に。楽天に関しては、報道が出てから同社を含め携帯4社の株価が大幅安となり、1日で1兆円ほどが溶けたという。もっともこれは利用料金の引き下げが起こる可能性からの悲観的な投げ売りであり、利用者にとってはありがたい話。携帯株を持っていなければ直接的にはうれしい話。ゼネコンに関しては上記のタイヤよりももっと長く書きたいが、とりあえず本日21日、株価は下げ止まって買い戻しが入った。大成、鹿島は3パーを超える上昇。強烈な逆張りをした私もその恩恵に預かり、4本のタイヤの1本分ぐらいの利益にはなりました。
  タイヤの資金繰りのため、この1週間はやさぐれたトレードをした。短期狙いで、アルゴなどに反応して下落した銘柄を一気に買い、少し利益が出たところで売る。その資金でまた別の銘柄を狙う。スキャルピングほどではないが、ほぼデイトレで現金利益を積み重ねた。株価のゆがみを利用する力技。月曜5536円、火曜は0円、水曜57300円、きょう27815円。あすで何とか達成できそうだ。しかしこんなギャンブルみたいなことは、いつまでも続けられない。カネだけに働かせて、自身はスマートに暮らしたい。ぼろぼろになって働くのでは会社員時代と変わらない。フリーランスになった意味がない。
  火曜日、友人と新橋で一杯。会社終わりの夕方に駅を降りると、ニュー新橋ビルの宝くじ売り場には、有楽町のチャンスセンターほどではないものの、通行の邪魔になるほどの長蛇の列ができていた。やっぱりみんな、一攫千金を狙うんですね。「夢を買う」。いいですね。今年の自分のトレードは不運なことばかりだったので宝くじを買えば当たりそうな気もするけど、買う分の原資で宝くじではなく経済書、投資本でも買って、堅実に利益を上げるつもり。タイヤを預けずに自宅で保管できるような自分の城を郊外に築けるよう、頑張る。

みたえいがNo.46 。バンテージ・ポイント(2008年、米)(20171214テレ東)★★★☆☆ デニス・クエイド 大統領狙撃、その時何が?

たびてれびNo.17 素晴らしき日本 鉄道の旅▽初秋の北海道を行く 緑と海の絶景~花咲線・釧網本線~20171210(1H54M)BS-TBS

たびてれびNo.18 鉄道 絶景の旅「紅葉とSL・トロッコ列車 大井川鐡道&天竜浜名湖鉄道の旅」20171212(1H54M)BS朝日

みたどらまNo.163 プリズン・ブレイク ファイナル#9 大いなる成就 
Greatness Achieved
みたどらまNo.164 プリズン・ブレイク ファイナル#10 レジェンド 
The Legend
みたどらまNo.165 プリズン・ブレイク ファイナル#11 賽は投げられた Quiet Riot

 

1

スタッドレスタイヤに交換

2

夏用タイヤのホイール

3

前からみても精悍な印象になった

4

非金属チェーンも購入

2017年12月18日 (月)

1217 絶景本番

1

東京スカイツリーから六本木(左)、新宿(中央奥やや右)方面を臨む。中央奥は富士山(17日、墨田区で)

Photo

Photo_2

隅田川と中央やや右は浅草寺周辺

Photo_2


Photo_4

いよいよエレベーターへ

コンディションは最高
◇日曜日、待ち合わせ場所の京成押上駅に着いて地上に出た時、風こそやや冷たかったものの空は真っ青で雲一つなかった。絶好の東京スカイツリー日和だった。
  中学3年B組の女子有志の発案による観覧ツアーが快晴の日曜日に行われ、楽しかった。写真をいくつかアップします。次回も他の写真を。
 
芸術と凡戦
◇土曜日、2.5試合見た。東アジアE-1サッカー、日韓戦は近年まれにみる凡戦だった。ロシア・ワールドカップを控え、世界に警戒されないためのカモフラージュだったのかな? でも国内Jリーグ組で最高のパフォーマンスをみせても、世界のどこも気にしないと思うのだが。前日みた女子のなでしこもひどかった。当分、低迷期が続くのだろうか。
  メシを食いながら録画しておいた「ローカル路線バス旅Z」をみた。岐阜城から鳥取砂丘を目指す旅。この夏、自分の車で走った懐かしのルートや、学生時代を過ごした京都の街も登場し、懐かしかった。福知山から鳥取に向かう国道9号。ブログでは初告白になると思うのだが、ここで事故をしたことがある。9万円で買ったパワステさえないフェアレディーで、京都の下宿から今回と同じ鳥取砂丘を目指したのだが、パンクが先かぶつかったのが先か定かではないのだけど、ガードレールに衝突してしまった。単独事故で自身にけがもなく(腕がハンドル、英語でいえばステアリングに激しくぶつけて出血し、あざは今でも残っているけど)パンクを直して車は走れるようになったので大きな事故ではなかったものの、紹介してもらった京都のかなり安い板金屋さんで、しかも学生料金?で安くしてもらったものの、18万もかかってしまった。話がまた自分のことになってしまった。路線旅は結局、ゴールできなかった。Qさまにも登場する女優の新婚村井ちゃんが、バスの中で誕生日を迎えてハッピバスデーの歌で泣き、ゴールできなくて悔し涙をこぼしたことが印象的だった。ゴール失敗は前任、いや善人の太川陽介のたたりだったのだろうか。
  そのあと、かつてトヨタカップと言われていたクラブワールドカップの準決勝を少しみて、日本時間午前2時キックオフの決勝を見始めた。翌日は朝早いので少しだけとチビチビ酒を飲みながらテレビ観戦したのだが、あまりの迫力と芸術的なプレーにみとれて、前半すべてをみてしまった。日韓戦をみた後だっただけに、特にその差が際立ったのかもしれない。日本のサッカーの裾野は広がったのかもしれないが、トップのレベルはまだまだ世界には届いていないような気がする。日本の企業と一緒で、何かをドラスティックに変えないといけない気がする。唐突ですが眠いのでこのへんで


Photo_5

回廊

Photo_6

ソラマチのワールド・ビア・ミュージアム、世界ビール博物館でランチ

Photo_7

世界のビール約150種が楽しめる

10


11

浅草寺境内から

12

2017年12月13日 (水)

1212  絶景リハーサル

1

都庁展望室からガラス越しに眺める富士山(12日、新宿区で、残念ながらiPhoneで撮影)

2

ちょっと違う角度

3


Photo

東京スカイツリー

Photo_2

中央奥の赤い建物が東京タワー。東京湾をはさんで奥はおそらく千葉県

Photo_3

中野区側。手前は新宿公園

都内の自転車は命がけ
◇東京都内の昨年(2016年、平成28年)の交通事故死者数は159人で、戦後最少を記録したという。だが自転車が絡む事故は増えており、159人中36人が自転車に乗っていた人だった。今年1212月現在の交通事故死亡者は153人。歩行者が70人、自動二輪が33人、自転車が25人だった。歩行者と二輪が大半を占め、逆に言えば車のドライバーが死ぬ確率は思ったほど高くない。歩行者は高齢者のほか、酔っ払いも多いそうだ。酔って路上に寝てしまい、はねられるケースが大半とか。忘年会の多い時期なだけに、くれぐれも注意を、と警視庁の方が申しておられました。
  免許の更新に行ってきた。東京市場が開いている時間帯だったが、タブレットや携帯をいじっていたら新しい免許はくれないというので、逆にしっかり聞いてやろうと、メモを取りながら集中した。うつらうつらした人もいたようで、「気分でも悪いのですか」と女性教官の厳しい嫌みも飛んでいた。冒頭のデータは、そのメモから。自転車がこれほど多いとは思わなかった。以前にブログで書いたが、会社でサブデスクをしていた時に総局の記者の車と自転車の事故があり、総局長とともに総務的な仕事をして、自転車の危険性を改めて知った。病院に行って、自転車の男性は夜、元気そうな声を耳にしていたのに、翌日亡くなった。あばら骨がバラバラになり、医師も手のほどこしようがなかったと後日聞いた。屈強そうな男性で、結婚を間近に控えていた。Jウォークのように道路を突然横切ったのが衝突の原因とされた。都内ではレンタルサイクルが急激に増えている。お台場など最初は少なかったレンタサイクル置き場が徐々に増え、乗り捨てできるのが好評の理由のようだが、都心は意外と走りにくい。車と歩行者でいっぱいで、自転車の走る余地があまりない。退職時の記念品でカタログから自転車を選んだのだが、結局、ほとんど乗らずに錆びてしまい、海外に行っている間に捨てられてしまった。東京は、乗るのに気が重くなるほど自転車には向かない都市だと個人的には思う。何より危険。歩道を走れば危険度は減るが、最近は自転車が1当(第1当事者)となって巨額な損害賠償も増えているという。更新の講習でも、子供が人をはね、被害者が重度の障害を負ったため、親は9500万円を支払うことになった事案が紹介された。都内に限ったことではないけれど、自転車はくれぐれも気を付けよう。1時間の講習の最後には、交通事故加害者の知人の実話をもとにつくられたという、さだまさしさんの「償い」という曲を、6分間まるまる聞かされた。目に涙をためている女性もいたようだった。
 
都庁展望室からの眺め
◇運転免許更新は今回も都庁内の「新宿センター」で。1度行ったことのある神田センターや、江東試験場、鮫洲試験場の方が近いものの、電車1本で行けるので新宿にした。ゴールドとばかり思っていて湾岸署かと更新ハガキを開いたら、「優良」ではなく「一般」。数日間、違反を思い出せなかったのだが、数年前、大学のクラスメイトの荷物運びを手伝って麻布十番で駐禁違反を1度取られたことに気づいた。その時の反則金も痛かったが、今後5年間の保険料にも影響することになる。気を付けよう、オレも。
  前場の終わりと同時に家を出て、都庁第二本庁舎に向かって第一庁舎を通った時、たくさんの外国人観光客がいて、展望室行きのエレベーターに長蛇の列ができていたのに気づいた。インバウンド、いいねぇ。講習が終わって、ロビーで10数分、旅する投資家らしく大引け前のトレードをタブレットで行って、再び第一庁舎を通った時は、列にほとんど人がいなかった。ちょっと好奇心が沸いて、係の人に聞くと、予約も入場料もいらず、持ち物チェックだけすればすぐ行けるという。この日の昼は偶然にも雲ひとつない青空。で、数人の列の後ろにつき、エレベーターに韓国の女性たちと一緒に乗って45階へ。2分弱で着いた。で、そのときの写真が上。富士山もちゃんと見ることができた。今週末、東京スカイツリーに行くことになっているので、ちょっとどうかと思う気持ちはあったけど。ちなみに、これももしかしたらブログで書いたかもしれないけど、高3だったか浪人時代だったか、近くにあった超高層の住友なんとかビルの最上階ぐらいに友人たちといて、急に火災警報がなったことがあった。その時は数秒間だったけど、ああこれで死ぬんだと本気で思った。本当に死ぬんだと思うと、意外と怖くない、とういか落ち着いた気持ちになる。でも結局、その火災警報は訓練のためだった。今の高層の都庁がなかった時代。
 
みたえいがNo.45 サブウェイ123激突(2009年、米)(20171207テレ東)★★★☆☆ デンゼル・ワシントン/ジョン・トラボルタ NY地下鉄が舞台。
 
たびてれびNo.15 ローカル路線バスの旅<名古屋~能登半島>太川陽介、蛭子能収、森下千里(20171207BSジャパン)
 

たびてれびNo.16 日本の旬を行く! 路線バスの旅「札幌から網走へ 初冬の北海道350キロ横断」俳優・前川泰之(政井マヤの夫)カルビー工場、旭山動物園、層雲峡温泉
 
みたどらまNo.160 プリズン・ブレイク ファイナル#6「チームプレー」
みたどらまNo.161 プリズン・ブレイク ファイナル#7「ハードウェイ」
みたどらまNo.162 プリズン・ブレイク ファイナル#8「代償」

1_2

東京都庁

2_2

運転免許更新の新宿センターは都庁第二本庁舎内に

3_2

展望室は2か所ある。こちらは南展望室行きのエレベーター

4

韓国の女性たちと一緒に展望室へ

5

新宿で遅い昼食。天下一品は何年ぶりだろう。寒波がきたので思わず入った。こってりラーメンとチャーハン、それにギョーザのスペシャル定食

6

「バスタ」前も綺麗なイルミネーション

2017年12月 9日 (土)

1208 クリスマス休暇前の波乱

1

富岡八幡宮(東京・江東区で、2015年3月16日撮影)

2

本殿

3

「横綱力士碑」

4

神輿

5

敬愛する伊能忠敬の像も

6

門仲で事件
◇木曜夜。「ドクターX」を録画ではなく生で見て、そのままテレビを消さずにぼーっとしていたら、番組は「報道ステーション」に変わり、事件ですと中継映像が流れ始めた。予告で大門未知子がラストの来週に倒れることがわかり騒然とした雰囲気で終わったところで、さらにリアルな事件・・・ お隣江東区の富岡八幡宮近くで何人かが日本刀で切り付けられ3人が意識のない状態との一報だった。しばらく映像を見ていても概要がわからず、夜なら車で10分ほどの場所だから過去の悪い習性で現場に行ってみようかと体が動き始めて、でもすぐに冷静になってやめた。行ってどうなるものでもないし、捜査や取材する方たちの邪魔になるだけ。単なる野次馬。迷惑にもほどがある。しばらく番組を見ていた。1人の死亡が確認された。が、どうやら無差別襲撃といったものではなさそうだった。宮司の人事をめぐる姉弟の争いとみられ、この姉弟含め3人が死亡した。門前仲町は月に2回ぐらいは行く場所。もっとも、転勤や飽きっぽい性格からかでいろんな所に住み、近所で殺人というケースが現在の港区のマンションも含め何回かあり、隣でDVがありパトカー出動ということもあったので、「近くでこんな悲惨な事件があるなんて信じられません」と感じはまったくなく、むしろ興奮状態でレポートする記者やアナウンサーの姿にやや違和感を持ちながら画面を眺めていた。仕事でコロシや焼死や強盗を数えきれないほど扱ってきた弊害だろうか。見た死体も1体や2体ではない。でもたぶん、次に門仲へ行ったら、たぶん現場付近に行ってしまうと思う。弟は金持ち息子のとんでもないボンボンだったと、ネットのアエラが書いていた。豊岡八幡宮の境内には大相撲ゆかりの石碑が多数建立されている。災難続きで…
 
はじけるか、さらに上がるか
◇週末金曜の経済番組は朝からビットコインで持ち切りだった。仮想通貨ビットコインの1ビットコイン価格は一時200万円ほどとなった。一昨日に120万円程度だったものが昨日は160万円に。年初は約10万円だったので、20倍近くに上がった計算になる。年初に100万円をビットコインに変えていればきょう、郊外の中古マンションが買えたことになる。もっとも乱高下を繰り返していたので、きょうまで“利確”せずに我慢できた一般の人はまず、いないと思われるが。関連株も上昇し、有名どころではビックカメラが年初来高値を付けた。ビックカメラでは商品をビットコインで決済できるので、販売増が期待できるということらしい。ではどんな人が買っているのか。当初はブロックチェーンに関心のあった技術者が多かったらしいが、価値が上がって投機の対象となることから、会社の規則で株やFXができない金融機関のサラリーマンや会社役員、記者などが買い始めたという。今のところ、規程を設けている会社は少なく、あいまいらしい。ただ使う時に確定申告をして税金を払わないと、脱税ということになる。10万で1ビットコインを買い、それで200万の品物を1ビットコインで買った場合、190万円分に対して税金がかかるそうだ。知らずに放置すれば、国税から告発され、最悪逮捕ということになりかねない。
 この乱高下、来週には少し落ち着くとみられている。大手のシカゴ市場にビットコインの先物が上場する。すでにバブルと感じている市場参加者の多くが「売り」から入る可能性も指摘されている。日本の月曜午前8時から9時の間に、大勢が判明するそうだ。空売りが多ければ大暴落するし、平穏に過ぎれば一層の高値も期待できるという。個人的にはやったこともやろうと思ったこともないので利害関係はない。識者によると、ビットコインの高騰は、国の信任を得た「通貨」がいかに人々に信用されていないかの証左であると述べていた。いろいろ批評、批判はできるが、われわれ善良な一般市民はとりあえず今あるルールの中でゲームしていくしかない。ビットコインに早くから注目し、参加し、利益を上げた人は、いい悪いは別として、さすがだとは思う。
 
日本株も乱高下
◇水曜日、日本株は大幅に下げた。日経平均の終値は445円の下落。下げ幅は一時500円を超えた。今年一番の下げで、昨年のトランプ大統領誕生時以来。そのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都として認定する声明、というニュースが下落の原因だと多くのメディアが指摘していた。NHK(受信料制度合憲のショッキングな“事件”については後日に)のニュース7でも、このニュースを詳しく報じ、現地の様子などとともに、日本株が502円安を付けた瞬間のボードの映像を挿入していた。個人的にはほとんど印象操作か、フェイクニュースの類に近いものだと思う。エルサレム首都認定のニュースはきっかけではあったが直接の要因ではない。予定通りの声明であり、先行き懸念はあるものの直接の衝突などはなく、イスラエルの株価も暴落するどころか上昇だった。水曜日、この週のメジャーSQで市場が開く前から「荒れるSQ週の水曜」ということで株式市場に詳しい記者はそれを寄り付き前から指摘していた。実際、前場は上げていた。後場になって大幅に崩れたが、オプション、先物がからんだ売買が盛んになり、アルゴリズムも反応したのか、一気に暴落した。なお、「クリスマス休暇前の利益確定売り」という見立てもたぶん間違いだと思う。中には「とうとう日本株のバブルが崩壊したのでは」というニュアンスで伝えるアホまでいた。そして木曜日、日経平均は320円上げ、きょう金曜は313円上げた。マイナス445円プラス320円プラス313円は、プラス188円。3ケタの大幅上昇じゃん。結果論だけど。記者に株取引をしてはいけないと言いながら株式市場を理解しろというのは酷かもしれないけど、経済知識なしに国内政治も国際政治も語れないのだから、最低限のことは知ったうえで、われわれ一般国民、善良な市民に、丁寧にニュースを伝えてほしい。
 旅する投資家、トレーダーとしては、この乱高下をうまく利用できなかった。スイング・トレーダーとしては年に何回あるかの絶好機。サーファーにとってのビッグウェーブだった。月、火と下げていて、持ち高を高めていたので、水曜日の下落時に“買う”資金があまりなかった。しかも一気に下落ではなく、徐々に下げ幅を広げたので、待てばいいのに「ここぞ逆張り投資家の真骨頂」と買い進めてしまった。300円下げの時点でもう資金は枯渇し、400円を超えて下げた時は、下げ幅の少ない株を損切りし、その資金で日経レバを買う始末だった。終わってみれば、評価額で前日比80万ほどのマイナス。リアルな損失は56千円となった。午前中の利確16千を合わせ、1日で39千円の“損害”というか損失。もっとも、日経平均の2倍の動きをする日経レバを買い集めたおかげで、木曜、金曜とも数万円のリアルな利益を出し、週でも2ケタの“増益”となった。ちょうど個別株の配当金が入金される時期だったこともあり、今週末は何とか楽しく過ごせそう。もっとも年初からの損失回復にはまだまだ長い道のりではある。現役記者への苦言も、「お前がな」と言われてしまいそうだ。週末、しっかり勉強しよう。
 
みたえいがNo.43 ロスト・イン・トランスレーション(2003年、米)(レンタルDVD)★★★★☆
 
 ソフィア・コッポラ監督。東京を舞台に、倦怠期の中年ハリウッドスター(ビル・マーレイ)と孤独なアメリカ人人妻(スカーレット・ヨハンソン)の淡い出会いと別れを描く。コッポラ自身が若い頃、日本に滞在しており、その体験をもとにした半自伝的作品と告白している。題のLost inは「~に夢中」という意味。映像の大半を占めるホテルは「パークハイアット東京」。
 
みたえいがNo.44 ミッシングID(2011年、米)(20171204テレ東)★★☆☆☆
 
みたどらまNo.157 プリズン・ブレイク ファイナル#3「シャットダウン」
みたどらまNo.158 プリズン・ブレイク ファイナル#4「ワシと天使」
みたどらまNo.159 プリズン・ブレイク ファイナル#5「金庫破り」

 
たびてれびNo.14 出発!ローカル線 聞きこみ発見旅「的場浩司と相田翔子が会津鉄道で聞きこみ旅」20171204(1H55M)BSジャパン

1_3

10日にノーベル平和賞の授賞式が行われるノルウェーのオスロ市庁舎

2_3

外観

3_3

港側から、茶色い建物がオスロ市庁舎

5_2

議会。重厚だ

6_2

窓からの景色

7

日本の人形も

8

近くにあるノーベル平和センター

9

ノーベル記念館はスェーデン・ストックホルムにある

10

その外観

2017年12月 4日 (月)

1204 掉尾の一振、になればいいな

20171

東京湾に浮かぶ大輪(2日午後7時10分ごろ、港区から撮影)

20172

「お台場レインボー花火2017」

――掉尾の一振 年内最後の取引日である大納会に向けて株価が上昇する「年末に起きる株高」のこと。その語源(由来)について国語辞書によると、掉尾(とうび)とは「物事が最後になって勢いが盛んになること」、一振とは「きっぱり取り払うこと」。物事の最終局面で勢いを増すというニュアンスから来ている(金融用語集より)。
 今年も掉尾の一振となることを願います。人の一生でも、掉尾の一振となればいいですね。老いてますます…

バンピー
◇師走入り。外はかなり寒くなったものの、禁煙継続中、というか完全にタバコをやめる形となったので深夜にベランダに出る必要性がなくなり、また外出も半分くらいが立体駐車場から車に乗って出るので、あまり感じることはない。ただし、立駐にいる時のあの凍えるような心底冷える感覚は、なんなんだろう。殺風景なコンクリートに囲まれているからだろうか。個人的な景気については、その立駐ほど冷えてはないものの、熱燗で一杯やりながら鍋をつついている時ほどの暖かさはない。なんとなく先高観はあるものの、ぱっとした明るさがない。日本時間金曜深夜、米ダウは350ドルほど急落した。いわゆるトランプ政権の「ロシアゲート疑惑」。「フリン前大統領補佐官が、トランプ大統領の政権移行チームがロシアに接触するよう直接指示したと認める」という米ABCニュースの報道がきっかけだったという。しかし、大幅法人税減税を柱とする税制改革への期待から下げは縮小。終値は40ドル安と安値から310ドル近く戻した。水と油の2つの材料を十分に消化しきれていない週明け月曜の日本市場は方向感のないまま、日本お得意の「様子見」「問題先送り」ということで、結局ぐずぐずと下げて日経平均の終値は111円安だった。コメンテーターらの解説によると、月曜日の欧米市場次第、ということらしい。個人的には350ドルほど下げ、日経平均先物が大幅下落している時、「関東大震災が起これば関西には絶好のチャンス」と言った某兵庫知事のゲスさとは一線を画すものの、「チャンス」だと思った。調整が進む中で持ち株が少なくなってきたので、安く仕入れるチャンスだったから。株価はアルゴによって以前より振れ幅が大きい。ファンダメンタルズをきちんと反映していない。そこにも個人投資家の付け入る隙、儲ける好機がある。しかし、残念ながら関東大震災のような大幅下落となならなかったものの、決断力のない日本の“プロ”投資家たちのおかげで、多少は安く仕入れることができた。あす株価が上がるとうれしいな。
 
たまや~
◇毎年恒例の、すでにSNSではアップしてしまった「お台場レインボー花火2017」が2日土曜夜、今年も始まった。9162330日の各土曜日、午後7時から約10分間、打ち上げられる。レインボーブリッジが見える場所なら、東京でも千葉でも神奈川でも見られると思うので、気が向いたらぜひ。冬に行われるお台場レインボー花火は、今回を合わせて平成であと2回。23日は音楽とコラボした催しが繰り広げられる。
 
みたえいがNo.42 ユナイテッド(2006年、米)(20171128テレ東)★★★☆☆
 
 9.11アメリカ同時テロ。4機の旅客機がハイジャックされ、3機は目標に到達。この映画は目標に到達しなかった4機目の物語。機内では何が起きていたのか?
 
みたどらまNo.155 プリズン・ブレイク ファイナルシーズン#1「スキュラ」
 
みたどらまNo.156 プリズン・ブレイク ファイナルシーズン#2「オデッセイア」
 
歴史てれびNo.18 歴史秘話ヒストリア「そうだったのか!応仁の乱 “大悪人”畠山義就」 20171201(43M)NHK総合
 
たびてれびNo.13 鉄道・絶景の旅「錦彩る会津の秘境へ 磐越西線・只見線の旅」20171128(1H54M)BS朝日
 
たびてれびNo.14 ブラタモリ#92 岐阜 20171202(45M)NHK総合
 
久留里 くるり 東京湾の旅() 
 
 浜金谷から東京湾フェリーに乗って横須賀へ。港からバスに乗り京急横須賀駅で下車。街をぶらついた後、お決まりの飲み屋へ。
 <東京湾フェリー>横須賀市に本社を置く海運会社。東京湾の入り口にあたる浦賀水道を横断し、三浦半島と房総半島を約40分で結ぶ。運賃の支払いにPASMOが利用でき、鉄道ICカードで乗船券を購入できるようになったのは日本で初めてという。運賃は片道大人720円、5メートル未満の車だと片道3990円。
  東京五輪後のわが移住計画。関西に個人的拠点が集まっているので三浦半島有利と思えたが、アクアラインがあり、この東京湾フェリーもあることがわかったので、頻繁に行き来しないのであれば房総半島でも十分対抗できることに改めて気づいた。今回の「ローカル線の旅」の、もうひとつの個人的“収穫”。

1

貨物船の奥には富士山の姿

2

この日、波があって出航時はけっこう揺れた

3

船内。ビールも売っている

4

横須賀

5

京急久里浜駅

6

JR久里浜駅前

7

JR久里浜駅

8

カキのやかん蒸し

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »