« 1126 ありふれた日常 そこから永遠にエスケープする | トップページ | 1204 掉尾の一振、になればいいな »

2017年11月30日 (木)

1130 神スイング


Photo

日比谷公園内のイチョウの木(29日、千代田区で)

Photo_2

国会議事堂前のイチョウ(29日夜)
 
     ◆     ◆
 
Photo_3

三井銀行でもらった鍋(右)とニトリで買った鍋。鍋敷をしいて居間まで持っていく

Photo_4

自分には無用の長物となりそうな、三越伊勢丹の株主様ご優待カード
 

――「これだけ勉強と実践をして儲けたお金なので、不労所得という考え方もなくなり、無駄遣いも少なくなりました」(ゼロから純資産5億円を築いた私の投資法、ふりーパパ著)
 
 確かに。投資で利益を上げるのは結構疲れます。
 
「夢の国」でカネ儲けするゲスなヤツ
◇実質的な12月相場入り。日経平均は2日連続で2ケタの上昇となった。信用取引での大型株中心のスイング・トレードが、今のところうまくいっている。11月は最初で、もしかしたら最後となりそうな、信用の利益確定額が3ケタとなった。半年前に買った新車のローン分に匹敵し、これを返せば自分名義の車となるが、運用した方が利息より高いので返すつもりはない。
  日替わりでスターが現れている。当ブログでは個別銘柄名は出さないとしながら先日はソニーを出してしまったので、少しだけ触れる。その前に、株取引を知らない人のために繰り返しになるけど一応触れておくと、デイトレ(デイ・トレード)はその日に買ってその日に売って(売って買い戻しも)、基本的に持ち越さないトレード。スイングは数日から長くても数か月で売買する。兼業投資家は長期が多い。配当や優待を取りながら株価が上がればキャピタルゲインも取る。そのほかスキャルピングというわずかな値幅を取る方法もある。自分の最近の手法はスゥイング。すべてをミックスしていて、現物株は中長期用、投信は生活費用。その両方を担保に信用取引をし、そのメインが今はスイング。今はと書いたのは、時期やそのときどきの状況で変えている。ほとんど取引しない時もある。今はアベノミクス第2弾、というより世界の日本株ブームという側面が強いと思われるが、先高観がある中での高ボラティリティー(上げ下げが激しい)なのでスイングがベストと思っている。
  前置きが長くなったが、自分にとっての29日のスターは三菱UFJ、30日はOLC(オリエンタルランド=東京ディズニーランド)だった。三菱UFJは割安すぎるだろと、これまで何度か買っては売り利益を上げてきたが、数日前に5千株ほど仕込み、29日に売って8万ほど利益を上げた。しかし本当の上げはきょう30日だった。さらに一時3パー近くの上昇。本日の高値で売れたらさらに5万ほど利益を積み増していた。まあ逆張りトレーダーにはよくあること。売った後にさらに上がる悔しさより、躊躇しているうちに株価が下がってくる後悔の方が、自分には大きい。30日も前日に売った株価より高いものの、再び参戦し、一部は利確した。銀行は今の日本の経済政策では斜陽産業となり、株価は下がることはあっても上がる理由はが合併以外ないというのがほぼ全アナリストの見立てだが、メガバンク、特に三菱UFJは海外で稼ぐので、昨晩の米国市場で持分法(持ち分法適用会社)のモルガン・スタンレーが大幅上昇したため本日の急騰となった。OLCはずっと以前、株主優待狙いで現物を所持し、実際に優待券を得たものの、キャッシュ不足だったので新橋のチケット屋で売ってしまった。だから元・千葉県人なのにディズニーランドには行ったことがない。という理由ではないのだが、インバウンドで成長が見込めると思って優待のない信用で少し買っていて、利益が出たので29日までにすべて利確した。利益は2万5千ほど。なるほど、優待で入場しなくても利確した現金でチケットを買えばいいのだ。チケット屋さんで買えばさらに安いだろう。しかし悲劇は30日。前日夜(だったと思う)、日経新聞が「東京ディズニー3割広く 3000億円投資」の特ダネを報じた。OLC株売り残してないかなとネット証券を改めて確認したが、すべて売った後で残りはなかった。文字通り後の祭り。30日、OLC株はぐんぐん上昇。上昇幅は4パーほどになり株価は1万円台に乗った。これは残念だったで済まされない。高値圏で乱高下する中、下げた場面で買い、さらに下がって顔面蒼白とまではいかないまでも多少のショックが襲い、頑張ってさらに買い増した。熱くならないよう、家事をしたり風呂に入ったりし、後場の1時半過ぎからはいつものように20分ほどソファーで仮眠した。目が覚めたらマイナス圏だった日経平均が120円高を超えていた。指値を入れていたOLCもすべて売却されていた。結果的にデイトレとなり、利益は3万を超えた。夢なら覚めないで、とは思わなかったけど。
  OLCと同じ千葉の会社、イオンもこの日好調。特に材料がなかったと思うが4パー以上も上げた。総合スーパーはどこも苦戦とアナリストが下落を予想していたから上がったのだろうか。急落で損切できず仕方なく現物にして保有している三越伊勢丹もこの日なんと6パーもの上昇。しかし、それ以外の保有株はなぜか軒並み下落し、全体の評価額ではマイナスとなった。あす以降に期待。ちなみに、冒頭のふりーパパという著者は慶応商出身の外資系証券会社元社員で、約20年のサラリーマン生活を経てオークランドに移住してフリーとなり「お金と時間に拘束されない投資生活」を実践しているという方だが、彼が科空売りの怖さを知ったのは伊勢丹株だったそうで、マンションディベロッパーの秀和が同社株を買い占めて、「空売りは青天井(株価に上限がない)から怖い」を肌で感じて現在も相場の教訓としているそうだ。2日ほど前にその三越伊勢丹の優待割引カード(写真上)が届いた。10パーの割引となるそうだが、今の自分は百貨店で買い物することはなさそう。服はユニクロがコスパが高く、売れれば株価が上がり、日経平均株価寄与度が最も高いので、まわりまわって自分のプラスにもなるので、それで十分。と思えるようになってきた。
  先月、今月は失敗、儲け損ねも含めていろんなストーリーに出会うことができ、貴重な体験をすることができ、非常に幸せだった。今回はそのストーリーのほんの一部を銘柄を明らかにしてブログで公開。多少の後悔はあるものの、今後の飛躍のためにあえて。明日も頑張ろう。
 
ひとり鍋 至福の時
  疲れた体と寒い夜には鍋がいちばん。というか、調理が楽なので午前0時頃に食べる「夕食」は最近、鍋オンリー。例年は大きな土鍋を使って台所で作り、大きめの器に移して居間でテレビを見ながら食べていた。しかし夜だけなので全部食べ切れず、古くなる恐れがある。今年は小さな一人用鍋を使っている。京都か大阪に住んでいた頃、当時の三井銀行で口座を開いたときにもらったものだ。物持ちの良さに自分でも驚く。でも、野菜をたくさん入れるとすぐ吹きこぼれる。ということで、トレードも利益が出ているといることから思い切って1300円ほど出費して新たに鍋を買った、近くのビーナスフォートにあるニトリで(写真上)。ちょっと大きいが、深いので吹きこぼれせず、かなり軽くて洗うのも便利。蓋も透明で中が見える。土鍋のように風情はないが、どうせテレビを見ながらだし、日本酒の熱燗とビールを飲みながらだし。このブログのアップが終わったら、この日2度目の風呂に入り、また鍋をしよう。
 
みたえいがNo.41 フィクサー(2007年、米)(レンタルDVD)★★★☆☆ ジョージ・クルーニー NYの大手弁護士事務所のフィクサー(揉み消し屋)の話。
 
よんだほんNo.23 マンガ日本の歴史20「足利義満、「日本の国王」になる」石ノ森章太郎 中央公論社(港区立図書館)
 
たびてれびNo.10 三宅裕司のふるさと探訪 こだわり田舎自慢/千葉県富津市 20171121(1H)BS日テレ
 
たびてれびNo.11 いい旅 夢気分 紅葉SP 太川&蛭子 細川たかし&RG 三遊亭好楽ファミリー/群馬、金沢、房総 20171014(2H24M)テレ東
 
みたどらまNo.154 プラクティス第一話「罪なき被告人」(レンタルDVDおまけ)
 
久留里 くるり 東京湾の旅()

1

久留里城

2

房総でもすでに紅葉がちらほら

3

久留里城の説明板

Img_1105_2

千葉最古の酒蔵、吉崎酒造

4

木更津駅前

5

木更津港

6

JR浜金谷駅

7

浜金谷駅の先は鋸山

8_2

金谷港。正面中央が出発前のフェリー

« 1126 ありふれた日常 そこから永遠にエスケープする | トップページ | 1204 掉尾の一振、になればいいな »

B 日本ぶらり散策」カテゴリの記事

D 私生活」カテゴリの記事

F マネー・投資」カテゴリの記事

G みたどらま」カテゴリの記事

H みたえいが」カテゴリの記事

I よんだほん」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583680/66106737

この記事へのトラックバック一覧です: 1130 神スイング:

« 1126 ありふれた日常 そこから永遠にエスケープする | トップページ | 1204 掉尾の一振、になればいいな »