Fun in Tokyo

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

横浜翻訳生活

ウェブページ

無料ブログはココログ

« アムロスなんかに負けるな | トップページ | 0928 のぞみ かなえ たまえ »

2017年9月25日 (月)

0925 崖っぷち

61

【連載・東北極楽浄土の旅6】胆沢城跡(岩手県奥州市で、7月21日撮影)

62

東北本線、水沢駅(ホテルの部屋から)

63

水沢駅前の飲み屋街

執念とかじゃなくて
◇秋分の日も過ぎて本格的なさわやかな秋になってきた。25日、ジャイアンツの対ヤクルト戦。2回に5点を入れられ、さすがもう秋も終わりかな、一足早くストーブリーグ入りかな、今年の巨人はCS行く資格はないしな、と半ばあきらめて、ニュースセブンにチャンネルを切り替えた。2分延長の番組が終わってチャンネルを元に戻した瞬間、3点目を返していた。同番組のスポーツ速報では5-0のままだったのに。しかし、希望は抱かず、たんたんとナイター中継をみた。負けても気持ちが落ち込まないようにと。そして結局、ご存知のように、5-6と5点差をひっくり返す大逆転劇。推しメン小林も3安打と、何か奇跡の予兆のようなものが出始めた。あすからはドーム。4位ジャイアンツ残り5試合、3位ベイ残り8試合で、1.5ゲーム差をひっくり返すのはほぼほぼ不可能だが、ここまで来たら頑張って最後まで見届けようと思う。
   振り返るのはまだ早いけど、やはりペナントレース入り前のワールド・ベースボール・クラシックが大きな影響を与えた。中田や山田、序盤の小林、今の坂本など、WBCメンバーの不振が素人からみてもわかる。ラッキーボーイの小林だけはあの大舞台でリードを学び、日本一のキャッチャーとなって今の巨人の投手陣を支えているので恩恵はあったものの、打撃陣はほとんど前年よりパフォーマンスを落としている。先日の広島戦で選手たちは覇気がないと批判がネット上に渦巻いていたが、毎日120%の力で戦うことは不可能。120パーで何試合か戦えても、当然その反動は来る。WBCもそのひとつだ。体力だけでなく精神であり、心だけでなく体がついていかない。「疲れが出ているでしょうか」「今そんなことを言っている時ではない」。無駄なやり取りだ。そんなことはわかっている。それでも心も体もついていけないことがある。選手たちは自分たちで言うことができないので代弁しました。上に立つ人間がそれをどうコントロールできるか。スパルタ上司はいっとき力を出せてもトータルでは負けてしまうように、野球でも監督、コーチら首脳陣の力がいま、試されているのだと思う。

日本の選択、じゃなくて日本を洗濯
◇首相が25日、記者会見を開いて解散表明。来月10日公示、22日投開票が正式に決まった。自分は関係ないけど、なんか慌ただしい秋になりそうだ。小池都知事の新たな政党「希望の党」もこの日、結成された。ネトウヨ(ネット右翼)が多いとされるヤフコメ(ヤフーコメント)ではけちょんけちょんだったが、個人的にはとてもおもしろいと思っている。小池さんはこの日早速、師匠である小泉元首相のもとへ足を運んだ。「大義のない」「森友、加計疑惑隠し」の安倍・自民党は当然、議席を減らすだろう。憲法改正をあきらめ、岸田さんへの禅譲を決めたともいわれる中、安倍さんは2020年まで総理を続ける気持ちはあまりないようにみえる。追い込まれ解散で惨敗するのだけは避けたかった崖っぷち解散のように自分にはみえる。たぶん違うだろうけど。山尾氏の不倫問題や細野さんをはじめとする離党ドミノなど民進の“敵失”がいちばんの勝機だったはずだけど、小池さんの動きは勝負をさらに複雑にした。安倍さんにとって必ずしも不利だとも言えない。小選挙区制で、野党が乱立すれば当然与党は有利になる。しかし、小池さんは元自民で、安倍内閣の防衛相。大量の保守層が希望に流れる可能性がある。民進は前原、枝野という「昔の名前」の人による党首選でかなりの国民がそっぽを向かれた。小池さんの党名を借りれば文字通り「希望」のない政党である。個人的には、政治家がその職務で法を破り前科を持ったものが代表代行になるような政党など考えられない。それはともかく、それでも安倍首相ならびに安倍政権にアレルギーを持つ人、あるいはお灸を据えたい人、あるいは新陳代謝を願う保守層ならびにマイルドな革新層にとって、小池新党はその受け皿になりうる。これまでは離党者を集めた選挙互助会などと揶揄されてきたものの、数年前の維新ブーム、あるいは先の都議選のように、突然の大きな風が吹く可能性は高い。政治評論家らがしたり顔で“解説”し、見通しは語っているが、進んでみないことにはわからないこと、不透明要因が多すぎると思われる。ブログを書きながら時折ネットニュースなどをチェックしていると、小池新党が消費増税に反対してくる可能性に言及しているものもあった。消費増税が官僚のためということを知っている多くの国民が、使途変更だけでは物足りないと、もしそうならばこちらに流れる可能性もある。ちょっと脱線するが、観光庁が検討している「出国税」はぜひやめていただきたい。今回の争点にはなっていないものの、空港利用税との二重課税との指摘もある。こんな税を作ったら海外に出て二度と日本に戻ってきてやんないぞ。いずれにせよ、台風の目は希望だ。合流する「日本のこころ」に続き、民進との合流を志向している自由が小池さんにも秋波を送り、民進も送っているようだ。さて、どうなることか。ガラガラポンして、新しいニッポンになるといいね。いつでも、どんな業界でも、新陳代謝は絶対に必要だから。
 
みたえいがNo.22 崖の上のポニョ(2008年)20170922日テレ★★★★☆ 宮崎駿監督 
 
  
日テレ地上波で2週続けてしょうもない映画をやっていたかと思えば、こんないい作品も。際立たせるためにわざとだったんでしょうか。アニメはあまり見ないのだが、この前の通訳ガイドの試験で、ジブリに関する問題がたぶん複数だったと思うけど出た。日本にとっての最大の観光資源のひとつがアニメ。先日、フィリピン・セブ島で英語を勉強していたときの20代女性の「先生」が観光のため来日して、もっとも時間を割いていたのが東京ディズニーランドと、三鷹の森ジブリ美術館だった。”お勉強”のためにみたわけではないけれど、今さらながら、確かに人を惹きつける魅力がジブリ映画にはある。今週の金曜ロードショーは引き続き「天空の城ラピュタ」。
 
たびてれびNo.1 ローカル路線バス旅Z 宮城松島~白神山地 20170923 テレビ東京
たびてれびNo.2 出没!アド街ック天国 関東の極上温泉決定版 20170923 テレ東
  
歴史てれびNo.13 ブラタモリ#82 高野山 20170909 NHK
歴史てれびNo.14 ブラタモリ#83 高野山と空海 20170916 NHK

(記録のために歴史番組と旅番組をブログに載せます)
 
◆東北極楽浄土の旅◆6 水沢(岩手県奥州市)・胆沢(いさわ)城跡
 
  
水沢市は岩手県内部にかつて存在した市。周辺市町と合併して2006年に奥州市となった。水沢はみちのくの小京都として知られる。平泉付近に安宿がなかったので車だったこともありこちらで宿泊した。胆沢城は国指定史跡。802年に蝦夷征討に際して坂上田村麻呂が築城し、政庁をはじめ多くの役所が設けられていた。宮城県の多賀城にあった鎮守府(陸奥の軍政の拠点)が胆沢城に移され、1083年の後三年の役のころまでの約150年間、陸奥支配の中心となった。


64

胆沢城政庁地区の図

65

探訪マップ

66

水沢駅前の繁華街

67

遠州の小京都ととも呼ばれている

68

宿泊した日、地元新聞の1面トップは芥川賞作家が岩手県出身だったというニュース

69

ふだんはグラノールにスクランブルエッグ、ヨーグルト、サラダ、紅茶という洋風の朝食なので、こういうクラシックな和食の朝食は本当にうれしい

610

朝は食堂で

« アムロスなんかに負けるな | トップページ | 0928 のぞみ かなえ たまえ »

B 日本ぶらり散策」カテゴリの記事

E ニュース寸評」カテゴリの記事

H みたえいが」カテゴリの記事

みたてれび」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583680/65837452

この記事へのトラックバック一覧です: 0925 崖っぷち:

« アムロスなんかに負けるな | トップページ | 0928 のぞみ かなえ たまえ »