Fun in Tokyo

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

横浜翻訳生活

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 0401 四月バカではありません | トップページ | 0405 サクラ満開 »

2017年4月 4日 (火)

0403 新年度はグチから

Photo

新宿・思い出横丁も”桜”満開(新宿区で、2日撮影)

1

バスタ新宿の奥にライトアップされた建物

2

NTTドコモ代々木ビル(渋谷区)でした(2日)

満開
◇あすは夜桜観賞。ということで早めの更新。
 
誓い
◇名実ともに新年度入り。自分自身は特に何も変わらないけど、気持ちだけは新たに、いろいろリセットして、また来年度に向かっていろんなことをしたいと思う。まずはブログ書きの短縮から(笑)。どうでもいいことを長く書き過ぎる。忙しい世の中。ゆとりを持って暮らすには、逆のようだが何事もスピィーディーにこなさなければ実現できない。仕事と家事と、自分の場合はやはりブログかな。文章は短いに限る。本より雑誌、雑誌より新聞、でも新聞よりバカッターというわけにはいかない。SNS断捨離は少しずつだがうまくいっている。
 
悪徳?
◇タブレットのACアダプターが、接触が悪くなったせいか電気を送れなくなり、本体が充電しなくなった。以前にサーフェスを熱心に勧めてくれた量販店のサーフェス専用コーナーに行った。それほど高くなかったら新品のアダプターを買おうと思って聞いたところ、「ない」という。注文待ちかと思いきや、メーカーではもう作っていないという。確かに数年前の機種ではあるけれど。嫌みでもクレームでもなく、本当に純粋な気持ちで、「充電できないと本体ももう使えないってことですね」と口走ってしまった。それまで他の客に執拗なくらい売り込みをしていた店員さんもさすがに困った顔をして「そうなりますね」。まあ、この店員さんが悪いわけではないけれど、メーカーも少し考えてもらいたいものですね。トップは世界一の金持ちなんだから。広がる一方の「格差」をなくせ!と声高に言うつもりは毛頭ないけれど、せめてアダプターくらい残しておいてほしいよね。あるいは、新しい機種と共通にするとか。そういう時代なんだろうけど、何か無理やり新しいものを買わせようとする魂胆がみえて、気分が沈む。ネットで探すと、知らないメーカーのものが、一応売ってはいた。iPad◇仕方がないので古いiPadをまた使い始めた。こういうこともあるので、安易に捨てたり人にあげたりしないほうがいいと実感した。家ではパソコンで十分だが、旅先にはノートといえども重い。スマホだけでは不便だ。タブレットは必需品。ガイド類は“自炊”して、Eチケットの控えはスキャナーで読み込んで、それぞれタブレットに入れていく。スマホだとガイドの地図が読みづらい。また、世界のどこにいても仕事ができるということが「自遊人」の証なら、どこでもトレードできる環境が必要で、それにはせめてタブレットがほしい。ストレスのかかるトレードは、旅先ではできるだけ避けたいものの、何が起こるかわからないから最低限の準備はいる。ということで、iPad2を再び使い始めた。でも、新しいiPad ProをテレビCMでみてからほしくなり、何度か手にとってみた。確かにいい。自分の古いサーフェスはカバー兼用のキーボードのレスポンスが遅く、たくさんの量を書くのには適していなかった。iPad Proはその点、快適そのもの。でも、今の自分には少々お高い。数日間、デイトレで頑張ってみたけれど、捻出できなかった。とりあえず、当分はiPad2を使うことにした。その量販店でSDカードを読み取るアダプターを買おうとしたところ、3500円もすることが判明した。iPad Proや使っているiPhone6Sとプラグの形状が違う。いまのものにも使えるなら3500円の出費でも心は痛まないが、さすがに、という気持ちになる。結局やめた。ITの進化についていけない自分。会社にいたとき、グーグルをゴーグル、ヤフーをヤッホーと呼んできたオジさんたちを冷ややかな目でみていた。いま自分がそういうオジさんと同じだと思うと、情けない。
 
出費
◇日経平均は2万円を目指すどころか1万9千円を割って下に向かい始めた。何度か失敗しているので大胆な空売りを仕掛ける勇気も元気もない。個別株もいまいちうまくいかない。そんな苦しいなか、日本年金機構からハガキ。来月、クレジットカードから19万4370円引き落としますよ、という連絡だった。マイレージのためにクレジットで一括払いにしている。月々の引き落としか天引きだったサラリーマン時代は何も感じなかった年金支払いがこんなに重いとは。間もなく自動車税の催促もくる。新年度は、多額の支払いから始まる。年貢で苦しんだ昔の人と、いまもまったく変わらない。
 

◇自動車税の次に、6月には車検がやってくる。前にも少し書いたけど、車検を今度通すにはかなりの出費がかかる見込み。ブレーキ系統とバッテリーの交換。ウインドーの電気系統もちょっと危ない。タイヤは4本とも無理かもしれない。ナビはもともとバカなうえ、地デジ前のものでテレビが見られない。なん十万もかかるなら、いっそのこと買い替えようか。車は自由に遊ぶための必需品。ないわけにはいかない。フリーランスなのでローンは厳しいものの、幸い低金利で投信や株を担保に借りることができる。テレビも見られるナビもほしいし、何より自動ブレーキなどの安全装置もほしい。事故のリスクを抑えられるのなら多少の出費でも割に合う。タイヤもできればスタッドレスにして雪国にも行きたい。長距離を走るなら燃費もいいものに、できればハイブリッドに。いまの車、大好きなんだけど、リッター6とか時代遅れすぎる。
  先日、日経新聞の1面アタマで、キャンピングカーで全国を回る40~60代の人たちのことが取り上げられていた。最近の特徴は、自室のような豪華なキャンピングカー。記事の見出しは「インドア派 キャンピングカーと 旅に出る」だった。キャンピングカーは究極のインドアで、愛好家によると「家ごと持っていく感じで、旅先でのストレスや緊張もなく、ゆっくりくつろげるのが中高年世代には魅力的」という。これなら別荘がなくても、その気分を味わえることができる。いますぐにキャンピングカーは無理にしても、そんな雰囲気で旅をしたい。“夢”は膨らみながら、やはり無理してもSUVを買おうと決意した。資金は別として、最大の難関である駐車場に空きがあるか、管理事務所に電話した。タワー式駐車場だが、ミニバンなども利用している。車高の高い車?用の空きを尋ねた。なんと、21人待ち。32階建てとはいえわずか1棟のマンションだけで、21台分ものスペースが足りないのだ。リストに載せますかと聞かれたが断った。おそらく1年待っても空かないだろう。これなら転居した方が早い。それでも、「それなら引っ越しますわ」とキレたい気持ちをぐっと抑えて、お手数かけました、ありがとうございましたと、お礼を言った。これまでのウキウキした気分が、一気にしぼんだ。確かに、これほどのSUVブームは最近のことではあるけれど。長期戦略を練るしかなさそう。そしてきょうも、短時間で書くブログの誓いを、破ってしまった。
 
みたどらまNo.95 「24」S4 13:00
みたどらまNo.96 「24」S4 14:00
みたどらまNo.97 「24」S4 15:00
みたどらまNo.98 「24」S4 16:00


1_2

キャリーバックでリックのように背負えるものを探していたがなかなか見つからない。発想を変えてバックパックにキャリーの付いているものを探したら、ありました。アウトドアショップを数軒回ったものの、結局、東急ハンズで購入した。機内持ち込みもギリギリ可能な43リットル

2_2

ローラーのついたキャリーバック、スーツケースは便利だが、これを持って街歩きするときに石畳の道などで結構、難儀する

3

そこで、このショルダーベルトが威力を発揮する

4

車輪が背中に当たらないように、こうやってクッションでカバーする

« 0401 四月バカではありません | トップページ | 0405 サクラ満開 »

D 私生活」カテゴリの記事

G みたどらま」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583680/65105130

この記事へのトラックバック一覧です: 0403 新年度はグチから:

« 0401 四月バカではありません | トップページ | 0405 サクラ満開 »