« 0205 イヴァンカはそんなこと言わんか | トップページ | 0212 「投資家」は裏稼業にします »

2017年2月 8日 (水)

0208 10日がターニングポイントって本当か

81

龍宮城スパホテル三日月(1月9日、千葉県木更津市で)

82

富士見亭

83

ここが嘘の戦争のロケ地のひとつと思われる

84

このあたりにパイロット姿の草彅剛とCAの水島希子が座っていた

 

10日に日米首脳会談
◇ゴルフで日本の将来が左右されるらしい。安倍さんはゴルフでもトランプさんに花を持たせてあげるのだろうか。まあ、キャスターや記者、コメンテーター、専門家らが、いろいろ想定して語るのも仕事なのかもしれないけど、個人としては10日以降の結果がどうなるのかを冷静に見極めたい。多くの経済コメンテーターらは日本経済がダメージを受ける可能性はたぶん薄いとしているから、とんでもないことが起こるリスクも考えておくべきかもしれない。そんな心理からか、個人的に幸福の指標にしている日経平均株価指数は、小さい値幅を上下して連日様子見。好決算が相次いでいるものの、なかなか2万円台は回復しそうもない。自分が予想した通り、予想が外れた。ここは我慢だべ。
 
シムズ旋風
◇霞が関は天下り問題で大きく揺れているが、米プリンストン大学のクリストファー・シムズ教授の新理論が財務省を中心にもっと大きな衝撃になるかもしれないと、個人的には思っている。ノーベル経済学賞を受賞した同教授が日本の全国紙のインタビューに相次いで応じている。どうしてなのかは知らない。割と詳しめに書いていた日経新聞の1面すべてを使った記事をじっくり読んだものの、理論そのものも自分にはよくわからなかった。ただ、彼の理論を、同紙だけでなく他紙や経済専門チャンネルを総合して単純化して言うと、日本は財政赤字があったままでいいし、増税しないと約束することで、日銀が目指す2パーの物価上昇目標に近づくし、景気も回復し、結局のところ財政赤字も解消する、というものだ。1000兆円の赤字があり、国民一人あたり何百万という数字が、財務省のマインドコントロール下にある記者が毎年書いていて、それはバランスシートの黒の部分を無視したとんでもないごまかしだということに、最近はそれなりの人たちは気づいているものの、赤字額は大きいことは間違いない。インフレを起こして実質的に縮小する必要もある。ただ、かなりの御用学者やコメンテーターらが、消費税は10パーどころか、20パー、30パーは不可避、などと<しれっと>言っているのを見聞きするたび、よく恥ずかしくないなと思っていたが、シムズ氏が簡単に論破してくれた。消費増税で自分たちの権力を拡大したい霞が関がなぜ震えるかもしれないかというと、安倍政権の経済政策の要である浜田宏一・イェール大名誉教授が、このシムズ理論に「目から鱗」(といったかどうかはわからないが)といたく感心したというのだ。増税派の読売新聞でも『脱デフレに消費増期待、「増税否定し財政出動を」』との見出しでインタビューの頭出しを2面で展開していた。もちろんどちらが正解かはわからないが、財務官僚よりもシムズ教授、浜田教授を信じた方がいいと、個人的にはすごく思う。しっかり議論してもらいたい。天下り問題よりはるかに大事なことだから。
 
ロケ地
◇昨晩見た連続ドラマ「嘘の戦争」で、草彅剛と水原希子が、自分の家族が皆殺しされるきっかけとなったレイプ犯の現大手銀行次長とその愛人と対峙するそのホテルに、見覚えがあった。先月、房総旅行で訪れた龍宮城スパホテルで、ほぼ間違いなさそうだ。ということで、房総連載は訪れた順が乱れてしまうが、今回、掲載することにした。こういうこともあるから、旅の小さな冒険はやめられない。
 
みたえいがNo.2 誘拐報道 (1982年、東映)(スカパー)★★★★☆ 
 
  
読売新聞大阪本社が1980年に実際に起きた誘拐事件を取材したドキュメントを映画化し、社会現象を巻き起こした大作映画、とスカパーの番組紹介で説明していた。自身、昭和の人間だが、そのいまや古い人間からみても、さらに古さというか歴史を感じさせる映画だった。自分が入社したのは1989年。ただ、就職浪人していて、夏に内定をもらってヒマだということで、前にも書いたが、大阪社会部で一足早く働かせてもらうことになった。大阪本社社会部と社会部阪神支局にもうひとりの同期の記者(現テレビ朝日)と交代で。阪神支局管内が、このドキュメンタリー映画の舞台である。新人記者はまず地方の支局に赴任し、5、6年あるいは長い人は10年ぐらいいて、本社にあがるのだが、自分らは真っ先に社会部で働くという幸運に恵まれた。そして、その一番のラッキーは、この映画に出てくる記者たちの「本物」に会えたことだった。神戸・有馬温泉で休刊日に行われた全舷(もとは海軍用語で、現在は新聞社の部署単位の宴会という意味)にも出席させてくれ、より深く知ることができた。当時は、ひるおびの大谷さんもいた<黒田軍団>が、たぶんいまのスプリングセンテンス(文春)ブームとは比べものにならないくらい全国的な注目を集めていて、東京ではなくあえて大阪本社を希望する記者も多かった時代だ。もっとも、自分自身はまったく逆で、事件記者に対するあこがれはなく、なりたいとも思わなかったのだけど。でも避けることはできず、奈良支局時代は県警キャップまでやるハメになった。そのときの最初の県警本部長が、いまも日経新聞夕刊一面コラム「あすへの話題」に登場する元警察庁長官だった。個人の思い出はこのへんで。映画は初めて見たのだが、なかなかリアルだった。支局長が三波伸介、社会部長が丹波哲郎、警察キャップが大和田伸也、若手記者が宅麻伸、その恋人がともちゃんという藤谷美和子。もちろん実物は、三波伸介を除いて、イケメン揃いだったわけではない。でも雰囲気はそっくり。新聞の宅配所を現本(現地取材本部)にしたところや、勧進帳で原稿を吹き込むところの手帳まで実際に自分が使っていたのと同じ社の緑色だったのには感心した。スカパーの番組表を出していてたまたま見つけ、録画して日曜深夜にみた。

1_2

宝塚直配所が現地取材本部


2

兵庫県警本部でのレク


3

神戸支局のデスク


4

メモ帳片手に原稿を吹き込む記者。手帳表紙の裏に取材先の電話番号が書いてあり(当時は携帯などない)、本物とおもわれる


みたどらまNo.41 ブラックリストS3#19「ケープメイ」
みたどらまNo.42 ブラックリストS3#20「アータックス・ネットワーク」
みたどらまNo.43 ブラックリストS3#21「スーザン・ハーグレイヴ」
 

◆千葉を房総◆8 
 
  富士見亭・龍宮城スパホテル三日月:前都知事が家族で泊り、辞任のきっかけになったことでさらに有名になった。しかし、とてもいいホテルです。三日月グループが運営。木更津では本亭・龍宮亭、新館、富士見亭、温泉テーマパーク・スパ棟、お子様広場・お祭りランドの4棟からなる。東京アクアラインのすぐ近く。アクアラインの写真は後日。


85_2

ロビーからプールと東京湾、横浜方面を臨む

86

他の建物

« 0205 イヴァンカはそんなこと言わんか | トップページ | 0212 「投資家」は裏稼業にします »

B 日本ぶらり散策」カテゴリの記事

E ニュース寸評」カテゴリの記事

F マネー・投資」カテゴリの記事

G みたどらま」カテゴリの記事

H みたえいが」カテゴリの記事

M .新聞記者時代のこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583680/64869057

この記事へのトラックバック一覧です: 0208 10日がターニングポイントって本当か:

« 0205 イヴァンカはそんなこと言わんか | トップページ | 0212 「投資家」は裏稼業にします »