« 0904 お尻に火がついた! | トップページ | 0915 本当につまらない男の、幸せ »

2016年9月 8日 (木)

0907 道なき未知の道をいく

※ブログしばらく休載します。飽きたとか書くネタがなくなったとか、疲れたとか生きる希望を失ったとか、ネガティブな理由ではなく、単に家のインターネットがしばらく使えなくなるからです。開通は今月下旬くらいになりそう。もし気が向けばノートパソコンかタブレットを使って手持ちの携帯用WiFiルーターで更新するかもしれませんが、たぶんすることはないと思われます。更新しなくても上記の理由であり、肉体的、精神的な病気等ではないのでご心配なく。
 
◇水曜日、雨の中、担当の若いお嬢さんが自宅まで来てくれた。5月末に一度その会社と契約したものの、2週間ほどネットが使えなくなることをあとで知り、いったんペンディング。株式取引では予断を許さない時期ではあるものの、マイナスの波乱要素は少ないと思われ、仕事もヒマなことから、思い切って回線会社を変えることにした。引っ越し当初に契約した社の回線は、集合住宅ということもあって速度が遅くなる時があり、無線LANもルーターが悪いせいかもしれないが最近はほとんど使えないというかつながらない。自宅なのに携帯用Yモバイルのルーターを使用している始末である。その5月末ごろ、別の会社の人が、マンションに新しい光回線を入れただか増やしただかしたということで自宅に勧誘に来られ、ふだんだったら飛び込みの訪問勧誘は絶対に無視するのだが、そのときは世界旅行から帰ってきたばかりで気が緩んでいたのか、あるいはインターフォンの画面に映ったのがきれいな女性だったためか、つい玄関を開けてしまった。そして先のような苦しみにさいなまれていたこともあって変更することにしたのだ。前回の契約通りでいいので進めてくれと2日ほど前に会社の方に連絡したものの、その担当者はぜひまた家に伺いたいとのことだったので、来てもらった次第。手続きとしては改めて説明を聞いてサインするだけだったが、楽しいひとときを過ごした。それでこの件はおわり。
 
◇日本時間火曜深夜から水曜にかけて一気に2円ほど円高が進んだ。米国の経済指標が悪かったため。8月非製造業景況感指数が51.4と予想平均の54.9を大きく下回り、先に発表された製造業も50割れのサプライズだったこともあり、早期利上げ観測が急速に後退、円高が進んだ。非製造業の指数は2010年以来の悪い数字だという。発表は日本時間623時からだった。日本メディアのネット等で調べたものの記事はなかなか現れず、サッカーW杯対タイ戦直後ということもあって、また酒を飲んでいたこともあって、軽くスルー。寝る前に為替をチェックすると102円台にまで円高になっていた。まあすぐに知っていてもどうすることもできなかったが・・・。水曜朝、防衛作戦を考えたものの、来客があるのでプチ大掃除をしたため、十分にはできなかった。それでも日経平均株価は午前中一時180円ほど大幅に下げたものの、終値はわずか69円の下落。日本株、特に日銀のETF買いの凄さを改めて実感することになった。先の日本銀行の追加緩和、ETF買い増額は、裏でPKO(プライス・キーピング・オペレーション=株価維持策)などとも言われており、株価が下げない、つまり買い場がない、あるいは市場原理を歪めると、専門家からは不評な部分もあるものの、われわれ零細で気の弱い個人投資家にとってはありがたい。昨年夏の中国株バブル崩壊、今年の英国ブレグジットで心も資産も傷ついた者たちにとっては、株価が大きく下げない、国が守ってやる、という姿勢は大変喜ばしい。まあ、下げたときに日経レバを買い、上がれば売るという投資家には厳しい相場だが。昨日の日経新聞夕刊によると、9月以降、ETF買いは加速するという。8月は4回しか買い出動がなかったが、年間6兆円を購入するためにはかなりピッチを上げなければならない。きょうのように午前中に大きく下落した日でなくてもETF買いは入ることもありそうだという。こういう時はホームランは狙わず、イチローのようにヒットを重ねるのが得策だと思う。ヒットを続けていけば、たまにホームランもある。マイアミのイチローも昨日、今季第1号が出たそうだ。めでたしめでたし。オレにもそろそろホームランが出そうな感じがする。
 
みたどらまNo.207 CSI:マイアミ S6#6「怪奇日食」
みたどらまNo.208 CSI:マイアミ S6#7「父子の闘い」
みたどらまNo.209 CSI:マイアミ S6#8「地獄のバカンス」
みたどらまNo.210 CSI:マイアミ S6#9「銃口のプライド」
みたどらまNo.211 CSI:マイアミ S6#10「親の品格」
 
  世界を歩く26◇ブラジル・リオデジャネイロ9
 

 コパカバーナ海岸からインパネ海岸を経て五輪メイン会場のバッハ五輪公園まで徒歩で目指す。10キロほどだから十分歩いていけると思ったものの、途中で歩道がなくなったり自動車専用道しかなかったりしたため、6時間近く歩いたが、途中からタクシーを利用した。そのタクシーも五輪会場近くで道に迷う。改めて大変なオリンピックだったんだと思い返した。あすはいよいよリオ・パラリンピックの開幕。

1

インパネ海岸の南端から五輪メイン会場に向け峠を歩く

2

海岸沿いをひたすら歩く。見えるのが競技も行われたインパネ海岸

3_4

このあたりまでは歩道兼自転車道が整備されていた。左の建物はシェラトンホテル

4_2

シェラトンホテル

5

目の前には大きなファベーラ(スラム街)

6

ファベーラのふもとにある小学校。手前はバス停

7

歩道がない・・・ 仕方なく車道を歩く。この先もずっと、歩道は使えなかった。オリンピックの頃には補修できていたのだろうか

8

本当に道が消えていた・・

9

なんとか隣の街へ。パラグライダーのメッカのようだ

10

近くの海岸ではテレビクルーが撮影中。お台場ビーチで見なれた風景

« 0904 お尻に火がついた! | トップページ | 0915 本当につまらない男の、幸せ »

A 世界ぶらり散策」カテゴリの記事

D 私生活」カテゴリの記事

F マネー・投資」カテゴリの記事

G みたどらま」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583680/64172893

この記事へのトラックバック一覧です: 0907 道なき未知の道をいく:

« 0904 お尻に火がついた! | トップページ | 0915 本当につまらない男の、幸せ »